コロナ コインランドリー。 新型コロナウイルス、親が気をつけたいポイントは? 小児科医に聞きました

最新の「コインランドリー」はこんなに進化していた!おしゃれでキレイは当たり前【東京】|じゃらんニュース

コロナ コインランドリー

女性スタッフが常駐するコインランドリー虹ハウス=28日、下関市 無人、完全セルフが一般的なコインランドリー業界が変わりつつある。 下関市王司本町のコインランドリー虹ハウスは日中、スタッフが常駐し、要望があれば洗濯、乾燥を代わりに行うなど仕事や育児に忙しい女性らをサポート。 店内は土足厳禁で、洗濯機や乾燥機を使用するたびに消毒を徹底しており、新型コロナウイルス感染症への不安が広がる中でも「安心して利用できる」と注目を集める。 同店は2017年にオープン。 コインランドリーの中心客層は学生や単身赴任者だが、オーナーの細田利正さん(60)は「仕事を持つ女性がますます増える中、家事の負担低減を手伝い、女性に好かれるコインランドリーに」と新しいタイプの店を目指した。 店内には家庭用サイズから綿布団がそのまま洗える市内最大の35キロ収容タイプまで洗濯機4台、乾燥機5台、靴洗い専用機1台があり、24時間営業のうち午前9時から夕方までは女性スタッフらが常駐する。 無人の店では洗濯、乾燥が終わったランドリーを次の客が勝手に取り出してトラブルになるケースもあるが、ここでは利用客以外でランドリーに触れるのはスタッフだけで、「安心」「安全」を確保。 利用客の8割は女性といい、出勤前に立ち寄って洗濯物を預け、仕事帰りに回収するケースも少なくないという。 スタッフの目があることで、不衛生なペット用品やおしめなどの持ち込みも防いでいる。 同市岬之町の会社員、梶原康弘さん(53)と妻純子さん(35)はオープン当初からの常連客。 「家で洗った衣類の乾燥や布団の洗濯でよく利用している。 床も作業台もいつも清潔で安心です」と話す。 コロナ以降、外出自粛などでコインランドリーの利用客も減少傾向にある。 細田オーナーは「コインランドリーは自販機のように、だれが経営しているのか、だれが使用したのか顔が見えない。 使っていただく方の不安を解消するには、安心安全、清潔な環境を維持する必要がある。 ありがとう、助かりますと喜んでもらえると励みになる」と話す。 (久岡照代).

次の

【コロナ対策で安全なコインランドリー】トリオマネジメントの感染予防対策|コインランドリー経営・開業支援【コインランドリービジネス.com】

コロナ コインランドリー

今日にも大阪府を含む7都府県に緊急事態宣言が出される予定です。 当店は、現時点では自己判断により変わらず24時間営業を続ける予定です。 その理由は、• いわゆる 「3つの密(密閉・密集・密接)」には当たらないこと• 生活必需のサービスであって、洗濯を当店に頼っておられるお客さまがおられること です。 ですから、今後あらためて行政当局から直接の指示・指導がない限り、コインランドリー爽片山坂店はこれまでどおり営業しております。 この状況下ですので清掃の際に除菌剤を使うなど、店側としても最大限の配慮はしていますが、無人店舗という性格上感染の防止はお客さまご自身で考慮いただきたく存じます。 さて、嬉しいアンケートがBOXに入っておりました。 山手町のファイアー中島さまより 乾燥機をかけた後の洗濯物がサイコーです。 いつもありがとう! いえいえ、こちらこそありがとうございます。 こういう反応がいただけるとスタッフ一同たいへん嬉しいです。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の

【コロナウイルス】コインランドリーを利用したいけど感染しない?

コロナ コインランドリー

新型コロナウイルスへの感染が広がる中、外出したときの服は通常時と同じ洗濯の仕方で大丈夫なのだろうか(写真:マハロ/PIXTA) 現在、数百万人のアメリカ人が新型コロナウイルス蔓延の抑制のため、できる限りの自宅待機を指示されている。 そのため人々は社会的距離を確保する対策に従いながら、日々の家事の方法を見直している。 これには洗濯が挙げられる。 自宅に洗濯機や乾燥機がある場合でも、地元のコインランドリーを利用している場合でも、ウイルスへの暴露や蔓延のリスクを軽減する方法がいくつかある。 そこで、専門家3人へのインタビューに基づく、質問と回答をいくつか紹介する(ただし、新型コロナウイルスについてのさらなる発見により、最善とされる慣行が変わる可能に留意してほしい)。 ウイルスはプラスチックやスチールで3日間生存 衣服からの感染リスクはどれくらいか? 最も単純な答えは、ほとんどの場合において、衣服は最も懸念すべき事項ではない。 専門家は、最善の予防策として、何よりもまず水と石鹸による手洗い(また、持っている場合は手指消毒剤)を頻繁に行うことの重要性を強調した。 新型コロナウイルスは呼吸飛沫によって移動する。 そのため、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ち、他者との接触を最小限に抑えることが、自分を守る最善の方法である。 一部研究では、ウイルスはプラスチックやスチール(ボタンやジッパーなど)のような表面上で最大3日間は生存できるとされているが、これらの素材に触れることによる感染のリスクは比較的低い。 アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によると、伝染は、モノや素材を通してよりも、飛沫を介して「はるかに一般的に」起こりやすい。

次の