マグロ 漬け 丼 たれ。 絶品!美味しいマグロ丼のたれ!誰でも簡単に作れるレシピ教えます!

漬けマグロ丼のレシピ・作り方

マグロ 漬け 丼 たれ

美味しいマグロが手に入ったのだけど、ちょっと量が多かったりして 一日で食べきれないときなどあるかと思います。 そんな時には、つけだれなどにしていただくといいかもしれません。 美味しいマグロ丼のつけたれレシピについて調べていきました。 簡単に作れる美味しいたれのレシピはこれ! 簡単に作れる美味しいたれをご紹介します。 そのほか多めのたれを作っておきたい場合には、 しょうゆ大匙4、酒大匙2、みりん大匙2、水100ml、ほんだし小さじ2でもできます。 この場合は、酒とみりんを火にかけて沸騰させた後にしょうゆとほんだしを入れて完成です。 酒とみりんのアルコール分を飛ばします。 もちろんかけだれにするのもいいです。 そこに、薬味のネギをちらしたり、焼きのりをトッピングすると美味しいです。 その他にも薬味をふんだんに使ったたれもあります。 大葉10枚、みょうが2本、ネギ5cm、おくら2本、しょうゆ大匙1、酢大匙1、塩、水50ccわさび適量です。 大葉やみょうが、ネギ、おくらはみじん切りにします。 ボールにしょうゆと酢を合わせて、薬味を入れます。 味を見ながら水と塩を足して、お好みでわさびもどうぞ。 お酢の効果もありさっぱりとしたたれが仕上がります。 どれぐらい日持ちするの? 作ったたれは冷蔵庫で3日くらい保存可能です。 ほんだしなどを入れた場合には、味にコクが出ますが 日持ち時間が短くなるので、日持ちさせたい場合には、ほんだしを入れずに、お砂糖を小さじ2杯ほど 入れるといいかもしれません。 たれを日持ちさせるときには、みりんや酒を火にかけてアルコール分を 飛ばして、たれを作り清潔なガラス容器に入れて保存してください。 かけだれはすぐにでも作れるので、作ったその日のうちに使いきれる分量をつくるのもいいかもしれません。 まとめ お醤油などでは物足りないときなどに、簡単にできるたれがあるとマグロ丼が一層美味しく 感じられます。 しょうゆとみりんと酒で基本のたれを作っておいて、必要なときに使うといいですね。 お砂糖を入れれば日持ちもしますし、漬けたマグロも4日間ほどは食べられる様子です。 たれは火を通しておくといい様子です。 美味しいマグロ丼をいただきたいものです。

次の

簡単&失敗なし。安い刺身が一変。びんちょうマグロとアボカドの漬け丼がうますぎる。

マグロ 漬け 丼 たれ

マグロとアボカドの漬け丼の材料。 主な材料は、 ・マグロの赤身(びんちょうまぐろを使うとトロっぽい雰囲気かも)・・・【150gくらい】 ・アボカド・・・【1個】 ・万能ねぎ・・・【最後に散らす程度】 ・海苔・・・【全形のり1枚をちぎるか細切りに】 ・わさび・・・【チューブで2cmくらい】 です。 そして漬けのタレは、 ・しょうゆ・・・【大さじ2】 ・酒・・・【大さじ2】 ・みりん・・・【大さじ1】 これでだいたい 2人分ですが、マグロの分量が多いとこれではタレが足りないので、その時は倍量に増やして作るとよいです。 タレが足りないと味がうまくしみないので、ちょっと多いかなあというくらいでも割と大丈夫ですよ。 ていうか、丼はタレがごはんにジワッとしみるくらいが美味しいのであります。 マグロとアボカドの漬け丼の作り方。 まずは 漬けのタレを作ります。 途中で冷ます時間とつけ込む時間が必要なので、余裕をもって作ることをオススメしますよ。 なべに、醤油、酒、みりんを全部入れまして、 一回沸騰させます。 こうすると、アルコールがとんでまろやかなタレとなります。 鍋じゃなくても、レンジOKの大きめの容器に入れてチンしてもよいですよ。 ちょっとブクブクいって、10秒くらいしたらもう火を止めて大丈夫です。 煮詰めすぎ注意。 火を止めたら、タレを冷ましておきます。 ここちょっと面倒ですけど、熱いままマグロを入れると煮えちゃいますので、やっぱり冷ました方がよいのではないかと思います。 だいたい常温で置いておいて20分くらいでほどよく冷めました。 急いでいる時は、鍋の廻りに氷水をつけるとよいですね。 タレが冷めたら・・・ マグロを食べやすい大きさに切ります。 私はだいたい1. 5~2cmくらいの角切りにしてます。 切り身で買って来ている場合はそのまま漬ける方向でもよいかと。 切ったマグロは、あらかじめ作っておいたタレの中へ投入。 写真はコンロの上で作業してますけど、火はつけてませんよ。 そして20分くらい冷蔵庫で寝かせておきます。 そろそろ20分になるなあっていうころを見計らって、次の準備をしておきます。 アボカドはあんまり早くに切っちゃうと色が黒くなってしまうので、なるべくギリギリに準備します。 切る大きさはお好みですけど、マグロと同じくらいの1~2cmの大きさで私は切るようにしてます。 細かい方がいっぱい入ってるように見えますし・・w マグロを漬けてから20分くらい経過したら、冷蔵庫からマグロを取り出します。 醤油の色がしみてきてます。 ここで、ワサビをチューブで2cmくらいの量を混ぜておきますよ。 そしてアボカドも合流。 ざっくり混ぜたら、さらに5分くらい置いておきます。 こうして漬けを作っている間に海苔を刻んでおいたり、ネギを刻んでおくとよいですね。 海苔はどっちみち見えなくなるので、ちぎっても全く問題ないです。 細切り海苔があれば便利ですけども。 そして約5分後・・・ あったかごはんを盛りまして、 海苔をのせまして、 漬けにしたマグロとアボカドを盛りつけまして、ねぎを散らせば完成であります。 いろいろ細かく書きましたけど、実際作ってみると、とっても簡単なことに気がつくと思われます。 漬け加減とかはだいたいの目安なので多少前後しても大丈夫です。 しっかり味をしみこませたい場合は長めにおいておくとよいというか。 そして簡単なのに豪華に見えます。 夏の暑い日は、料理の時に火を使うのも億劫ですからねえ。 なんていい料理なんでしょ。 アレンジもおすすめ。 この漬け丼、びんちょうマグロのとろーんとした食感と、アボカドの濃厚さがぴったりでビールにもよく合います。 今回は びんちょうマグロで作りましたけど、マグロのかわりにサーモンなんかでも美味しいんじゃないでしょうか。 その際はマヨネーズを最後に細くかけるとか。 あとは、マグロ+アボカド丼の時は納豆をトッピングしても、んまいです。 長いもをトッピングも今度チャレンジしてみようかと思ってます。 青じそを刻んでのっけてもいいと思いますし、彩りも華やかにいろんなアレンジが結構楽しめそうな予感してます。

次の

鮪のプロ直伝♪マグロ漬け丼に!漬けタレ♪ by ☆Sonomi☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

マグロ 漬け 丼 たれ

マグロの漬けとタレの作り方 たまにスーパーで安くなっているマグロの赤身やビンチョウマグロ。 晩ごはんの献立は決まっているけど本日の特売品という時はヅケにしてしまえば3~4日は保存が可能。 そのまま漬けると醤油が効きすぎてしまうので、熱湯でさっと湯引きすることで見た目も鮮やかに保存期間も長くなります。 タレにはマグロのヅケに最適な煮切り醤油を使うことで、甘ったるくならず飽きのこないさっぱりとしたヅケに。 醤油もしみ込み過ぎないので数日漬けても塩っ辛くならない、美味しい漬けマグロのレシピです。 ・氷水は多めに用意する。 醤油9:酒1の割合 ・火を止めて冷ます。 ・沸騰した湯をマグロの柵全面にかける。 ・表面が白くなったらすぐに氷水で冷やす。 ・キッチンペーパーで水気を切り、ビニール袋やジップロックなどに入れて煮切り醤油を注ぐ。 ・冷蔵庫で寝かせる。 一晩も漬けるとしっかりと煮切り醤油の味がしみて、旨味が増します。 左の画像は3日漬けたもの、右は2日漬けたビンチョウマグロ。 丼にごはんと盛ればそのままマグロのヅケ丼に、トロロをかければヅケの山かけ丼になります。 湯引きすることで醤油が効きすぎることもなく、数日漬けても塩っ辛くありません。 表面に熱湯をかけることで保存期間も長くなるので、特売の時に買って作っておくと使い勝手のいい食材になります。 水気が抜けてハムのような食感に。 6日経っても塩気が効き過ぎることもなく、また違った食感で美味しくいただけます。

次の