京都 セミコンダクター - 京セミが光半導体の製造能力強化、工場のIoT化も:5G需要増で引き合い多く(2/2 ページ)

セミコンダクター 京都 京セミ、変調帯域40GHzのフォトダイオード開発:PAM4を利用した400Gbps伝送向け

IoTを支える京セミの光センシング・デバイス 最先端からレガシーまで多様な要求に応える光センサー

セミコンダクター 京都 京都セミコンダクター、高さがわずか1.1mmで波長範囲の広い赤外線フォトダイオードを製品化:福田昭のデバイス通信(247)(1/2 ページ)

セミコンダクター 京都 京都セミコンダクターのIPO新規上場観測情報

セミコンダクター 京都 京セミが光半導体の製造能力強化、工場のIoT化も:5G需要増で引き合い多く(2/2 ページ)

京都セミコンダクターのIPO上場観測

セミコンダクター 京都 京セミ、変調帯域40GHzのフォトダイオード開発:PAM4を利用した400Gbps伝送向け

5G通信を実現する超高速30GHz 送受信用光デバイスを開発|株式会社 京都セミコンダクターのプレスリリース

セミコンダクター 京都 5Gを支える京セミの光通信デバイス 光通信技術の開発が加速焦点は早くも6G対応へ

京セミ、変調帯域40GHzのフォトダイオード開発:PAM4を利用した400Gbps伝送向け

セミコンダクター 京都 京セミ、変調帯域40GHzのフォトダイオード開発:PAM4を利用した400Gbps伝送向け

ごあいさつ

セミコンダクター 京都 5Gを支える京セミの光通信デバイス 光通信技術の開発が加速焦点は早くも6G対応へ

セミコンダクター 京都 5Gを支える京セミの光通信デバイス 光通信技術の開発が加速焦点は早くも6G対応へ

セミコンダクター 京都 会社概要|株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ

京セミが光半導体の製造能力強化、工場のIoT化も:5G需要増で引き合い多く(2/2 ページ)

順調に売り上げを伸ばしており、安定成長している点も評価できるポイントです。

  • 出典:京都セミコンダクター 受光波長の範囲を広げることで応用分野を拡大 フォトダイオード(PD)は、光を照射すると電流が流れるデバイスである。

  • 基板として使われるインジウムリン(InP)とは、xが0. サプライヤーには、応用機器の機能や性能に応じて、デバイスの特性をきめ細かく最適化した製品を供給する個々の応用への対応力が求められる。

  • シリコンで考えると30年前の装置で製造している」と高橋氏は語る。

京都セミコンダクター、高さがわずか1.1mmで波長範囲の広い赤外線フォトダイオードを製品化:福田昭のデバイス通信(247)(1/2 ページ)

高性能、高精度を誇る光通信向けおよびセンサー向けの半導体を、ユニークなパッケージング技術をもとに日本の自社拠点で前工程から後工程の一貫体制で製造し、世界のお客様に供給しています。

  • 今回は、同製品の特長と構造を説明したい。

  • とくに高速光通信網でデータ伝送用キャリアとして用いられる近赤外光を高感度で受光するInGaAsベースのPDでは、世界の中でも際立った豊富な実績を誇っている。

  • 京都セミコンダクターは、世界水準の技術を武器に日本品質のものづくりで、光デバイス・ソリューションをリードします。

株式会社 京都セミコンダクター 代表取締役社長の交代および新経営体制に関するお知らせ|株式会社 京都セミコンダクターのプレスリリース

新製品は、40GHzのPD変調帯域を実現するため、電磁シミュレーションを活用し、PDチップを搭載する基板(キャリア)の形状や、高周波特性に優れた電極パターンを最適化した。

  • 京都セミコンダクターは、世界水準の技術を武器に日本品質のものづくりで、光デバイス・ソリューションをリードします。

  • 光半導体デバイスの製造は、プロセッサやメモリなどのシリコンデバイスとは異なり、先端のプロセスや設備を使用しているわけではない。

  • KPDEH12LC-CC1Cの外観 京都セミコンダクターは2020年6月、変調帯域40GHzを実現したインジウムガリウムヒ素フォトダイオード(InGaAs-PD)「KP-H KPDEH12LC-CC1C」を開発したと発表した。

株式会社 京都セミコンダクター 代表取締役社長の交代および新経営体制に関するお知らせ|株式会社 京都セミコンダクターのプレスリリース

スマートフォンへの実装が可能な小ささである。

  • SiとInGaAsの2つのフォトダイオードを積層 光半導体デバイスの専門メーカーである京都セミコンダクターは2020年5月26日、受光波長範囲が400nm~1700nmと広く、高さが1. 報道関係者各位 2020年7月28日 株式会社 京都セミコンダクター 5G通信を実現する超高速30GHz 送受信用光デバイスを開発 電子情報通信学会 マイクロ波・ミリ波フォトニクス研究会で論文発表 創業40年世界水準の技術を武器に日本品質のものづくりで光デバイス・ソリューションをリードする株式会社 京都セミコンダクター 代表取締役社長兼CEO高橋恒雄、本社: 京都市伏見区 は、波長850nmを用いた超高速30GHz 送受信用光デバイスの試作・評価を行い、2020年7月16日にオンライン開催された、電子情報通信学会 マイクロ波・ミリ波フォトニクス研究会 MWP研究会 *1で論文発表いたしました。

  • エレベーター設置工事の中でもホームエレベーターを取り付ける際の注意点などを解説します。

  • *3 産業技術総合研究所 電磁界標準研究グループ についてはこちらを参照 *4 Vertical Cavity Surface Emitting LASER VCSEL : 垂直共振器面発光レーザ 30GHz 送受信用光デバイス 試作機 京都セミコンダクターは、1980年に光半導体の専業メーカーとして京都で創業しました。

IoTを支える京セミの光センシング・デバイス 最先端からレガシーまで多様な要求に応える光センサー

分光分析では多種の測定項目をカバーする光源波長の多波長化(多色化)、また、受光素子側では、光源に 対応する広い波長域で感度を有することが重要です。

  • 61歳。

  • 高性能、高精度を誇る光通信向けおよびセンサー向けの半導体を、ユニークなパッケージング技術をもとに日本の自社拠点で前工程から後工程の一貫体制で製造し、世界のお客様に供給しています。

  • 加えて、製品を製造する工場の設備と運用体制も、メモリー工場とは異質な、カスタム品の多品種少量生産に最適化した設備と運営体制が整えられている。

旧式設備をIoTで接続しダウンタイム70%削減 設備を5年延命|株式会社 京都セミコンダクターのプレスリリース

京都セミコンダクターでは2020年4月1日にBCPタスクフォースを立ち上げ、翌日の4月2日から即座に適応した。

  • このため「必然的にエンジニア一人ひとりの役割が広くなり、部門にとらわれずに多様な技術の引き出しを駆使して問題解決策を探ることができます。

  • そのため、それら基幹となる要素技術を使用する設備に関しては20~30年使用し続けることも少なくありません。

  • 高性能、高精度を誇る光通信向けおよびセンサー向けの半導体を、ユニークなパッケージング技術をもとに日本の自社拠点で前工程から後工程の一貫体制で製造し、世界のお客様に供給しています。




2021 cdn.snowboardermag.com