遠藤チャンネル ロシア。 遠藤チャンネルがロシアの番組に出演!ダイヤモンドプリンス号の乗客に。

日本代表、背番号7の系譜。伊東輝悦、中田英寿、遠藤保仁、柴崎岳、多士済々のゲームメイカーが放った存在感(フットボールチャンネル)

遠藤チャンネル ロシア

LINEニュースに関連する動画をYoutubeから収集して紹介しています。 youtube. 超有料級な情報も惜しまず発信して参ります。 ビジネス系、YouTube集客、広告収入、 紹介料収入、時事ニュース、 トレード関係(別チャンネル) などの動画を公開しております。 infotop. ソフトの使い方、画像&動画編集、集客、 サポート、メンテナンスなどなど お困りの際はSkype&遠隔操作にてご対応致します(相談無料) お気軽にお問い合わせ下さい。 teamviewer. formzu. youtube. formzu.

次の

遠藤、38歳でのロシアW杯でリベンジに意欲「国のために少しでも力になりたい」(フットボールチャンネル)

遠藤チャンネル ロシア

MFがブンデスリーガ2部で、昨秋に大きな転機を迎えるきっかけをつくったのは、やはり元ドイツ代表FWの同僚だったようだ。 ドイツ誌『キッカー』が伝えている。 遠藤は昨夏に買い取りオプション付きのレンタルでベルギーのシントトロイデンからシュツットガルトに加入。 ティム・ワルター前監督は、シーズン開幕直前の獲得やインターナショナルウィーク毎の不在などを理由に挙げ、スべン・ミスリンタートSD スポーツディレクター が主導で獲得した遠藤をなかなか起用しなかった。 しかし、同監督は昨年11月3日に行われた第12節ディナモ・ドレスデン戦の終盤にようやく遠藤を投入。 3週間後の第14節カールスルーエ戦以降は公式戦全13試合でフル出場と、ウィンターブレイク中に就任したペレグリーノ・マタラッツォ新監督の下でも中心的な存在となっている。 遠藤がシュツットガルトで定位置を確保した主な理由は、ドレスデン戦でアディショナルタイムを含めて約5分間と限られた出場時間で決定機をつくり出し、初先発のカールスルーエとのダービーでは中盤でほとんどのデュエルや空中戦を制するなど、その実力をしっかりと示したからだろう。 しかし4日発売の『キッカー』に掲載されているM・ゴメスの特集記事では、そのきっかけをつくったのが、このベテランFWだったことが改めて取り上げられている。 「ゴメスの意見には、チームメイトや責任者の誰もが耳を預ける。 ティム・ワルターが求めていた前がかりでリスクを冒すプレースタイルによって結果が出なくなったとき、彼がそれまで注目されていなかったワタル・エンドウの名を挙げて、それが最終的に彼の起用につながった。 日本人選手を『うちのベストプレーヤーの1人』と評価する34歳FWの声がしっかりと届いたのだ。 それ以来、エンドウ抜きのチームはもはや想像すらできなくなった」 シントトロイデンは先日、シュツットガルトが遠藤の買い取りオプションを行使したことを正式に発表した。 以前、ロッカールームではM・ゴメスの隣の席だと明かしていた遠藤だが、そのベテランFWの高い評価と強い発言力がなければ、完全移籍には至っていなかったかもしれない。

次の

LINEニュースまとめサイト 遠藤チャンネルさんロシアのニュースに登場!?

遠藤チャンネル ロシア

監督:アルベルト・ザッケローニ 戦績:グループステージ敗退 背番号7:遠藤保仁(ガンバ大阪) 生年月日:1980年1月28日(34歳) 個人成績:2試合出場/0得点0アシスト 遠藤はアルベルト・ザッケローニ監督が就任した日本代表でも主力として活躍を続けた。 11年のアジアカップでは2大会ぶりの優勝に貢献し、12年10月には井原正巳の持つ国際Aマッチ最多出場記録を更新している。 代表デビューから10年を経てチーム最年長となったが、依然として不可欠な存在だった。 14年のブラジルワールドカップには3大会連続でメンバーに選出された。 しかし、自身が調子を落としていたこともあり、中盤のファーストチョイスには長谷部と山口蛍が選ばれている。 初戦のコートジボワール戦で、遠藤は1点をリードした54分に長谷部と交代で投入されたが、チームはその後に2失点を喫して逆転負け。 続くギリシャ戦は前半のうちに相手選手が退場となり、遠藤はハーフタイムに投入される。 しかし、日本代表は最後まで相手ゴールを割ることができず、スコアレスで試合を終えた。 グループステージ突破へ苦境に立たされた日本代表は、第3戦で中盤の構成を変える。 しかし、2戦まで先発していた山口に代えて起用されたのは、遠藤ではなく青山敏弘だった。 後半に3失点を喫して力の差を見せつけられたコロンビア戦を、遠藤はピッチに立つことなく終えた。 34歳で迎えた3度目のワールドカップは、2試合に途中出場した。 しかし、短いプレー時間で力を発揮することはできず、日本代表を2大会連続の決勝トーナメント進出にチームを導くことはできなかった。 しかし、監督がハビエル・アギーレからヴァイッド・ハリルホジッチに代わると出場機会が減少。 長谷部誠のパートナーには山口蛍や井手口陽介が起用され、トップ下にも香川真司がいたため、アジア予選で柴崎は影を潜めた。 鹿島アントラーズで10番を背負い、2015年12月のFIFAクラブワールドカップではレアル・マドリードから2得点を奪って注目を集めた。 そして16年冬から半年間はスペイン2部のテネリフェでプレーし、翌シーズンはヘタフェに移籍。 しかし、11月に左足中足骨を骨折してしまい、後半戦はほとんど先発の機会がない状態だった。 ワールドカップを控えた4月にハリルホジッチが電撃的に解任される。 すると、後任に就いた西野朗は柴崎を本大会のメンバーに選出した。 本番直前の2試合は途中出場だったが、その2試合に先発していた大島僚太が2戦目のスイス戦で打撲。 ラストマッチとなったパラグアイ戦で先発の機会を掴んだ柴崎は、グループステージ初戦の先発メンバーにも名を連ねた。 コロンビアの選手の退場で日本代表が1人多かったこともあり、長短のパスを縦横に繰り出した柴崎は攻守に存在感を放った。 2-1で勝利を収めた試合後に、指揮官は柴崎のゲームメイクを称えている。 続くセネガル戦にも先発した柴崎は、ロングパスで34分の乾のゴールをお膳立て。 大迫へのグラウンダーのクロスはゴールにならなかったが、高いパフォーマンスを見せた柴崎は、日本代表の勝ち点1獲得に貢献した。 3戦目のポーランド戦にも柴崎は先発し、日本代表はグループステージ突破を決める。 そして、ラウンド16でベルギーと対戦。 前半をスコアレスで折り返すと、48分に柴崎のスルーパスから原口元気が先制ゴール。 直後に乾のゴールで追加点を奪った日本代表だったが、終盤に3失点を喫して敗北した。 プラチナ世代の司令塔として世代別の日本代表の中心だった柴崎は、26歳で初めてワールドカップの舞台を踏んだ。 自身は前年の骨折でコンディションを落とし、チームは監督交代に揺れたが、大一番で見せた柴崎の能力は日本代表を3度目の決勝トーナメント進出に導く活躍を見せた。

次の