キュウリ 植え方。 コンパニオンプランツとは?おすすめの植物や植え方一覧

キュウリの育て方|howto情報

キュウリ 植え方

・ 暖地、中間地では「地温が15度を確保できる時期」を選ぶようにします。 キュウリをハウスで栽培する際には、 上記の月日から更にマイナス20日ほどの計算で良いです。 植え付け日のおおよその目安をつけておきましょう。 を初めて育てる方には、接ぎ木苗を使うことをお勧めします。 [キュウリ 種からの育て方 ] 1.播種日=種まき日を決める キュウリの発芽適温は、25~30度、 育苗の最低温度は8度、最高温度は35度とされています。 種まき日は、定植から育苗日数(種から植え付けできる苗に育つまで)を、 さかのぼって決めます。 地植え栽培、プランター栽培とも、30~35日になります。 キュウリの本葉が2枚~3枚出たくらいが定植時期に適します。 2.播種=種まき適期 ・加温育苗の場合……3月中~下旬 ・無加温育苗の場合…4月中~下旬 ・直まきの場合…………5月下旬~7月上旬 ポリポットとセルトレイ 3.播種=種まきに必要な道具 ・黒ポリポットかセルトレイ あまり小さいものだと根づまりが早いので、 セルトレイは50穴のもの、黒ポリポットは12cm鉢(4号ポット)が良いでしょう。 ・育苗用の土 ホームセンターで売っているもので良いです。 ポットで育苗しているようす 4.播種=種まき ポットやセルトレイに土を入れます。 この時に全体に詰め込むのではなく、 上から土を入れて表面をならして、地面にトントンと軽く落とします。 軽く用土が、詰まったところで、また上から土を入れます。 ポットやセルトレイの中央付近に軽く穴を開けて、 種を2~3粒まき、土をしっかり被せます。 キュウリは、とくに低温だと 嫌光性なので、 土をやや厚めに被せるようにします。 好光性種子は、種から発芽するまでに光があると発芽が良くなります。 逆に嫌光性種子は光が当たらないほうが発芽が促されます。 また、この中間のタイプの種もあります。 嫌光性種子の場合は土をやや多めにかけておく必要があります。 最後に水をあげます。 セルトレイの底から水がしたたってくるまで与えてください。 キュウリの双葉 5.水やり 1週間程度で芽が出てきます。 発芽するまでは用土が乾き過ぎないように、 また種が流れないようにやさしく水やりをします。 育苗中期になってくると葉が大きくなり土の乾きが早くなるので、 晴れの日であれば毎日、曇りの日や雨の日は2日に1回くらい、 の割合で水を与えるようにします。 6.間引き ポットに幾粒かの種をまいた場合は、発芽したら間引きをします。 生育の一番良い芽を選び、あとは間引きします。 残す芽の根元を指で軽く押さえて、ほかの芽を抜くようにします。 難しいようなら、地際をハサミで切る方法でも大丈夫です。 本葉2~3枚に生長したら苗を植え付けます 7.定植 育苗日数約30~35日、本葉2~3枚の苗で、 ポット全体に白っぽく太い根が張った苗を選び定植します。 定植数日前から外気に徐々に慣らしておくと、 生育が安定して良くなります。 愛菜花PG? 種まきの頃に、まだ20度に満たないときは室内で管理します。 昼間は日当たりの良い窓辺で、夜は窓から離しておきます。 この時、暗い場所に移動するか、容器の中に入れて、 暗い環境を作ってあげるようにします。 加温の方法は、簡単な方法はビニールをかぶせたり、 発泡スチロールの箱に入れることです。 温度が足りない、正確な温度管理をしたい場合は、 各社から販売されている育苗器や加温器を使用すると便利です。

次の

キュウリ栽培☆秋どりきゅうりの種まき時期と育て方

キュウリ 植え方

キュウリ・・・ウリ科 原産地:ヒマラヤ山麓南部の高原地帯 キュウリとは キュウリとはウリ科の1年草でヒマラヤ山麓南部の高原地帯が原産地とされています。 日本には平安時代前後に伝わったが近年まであまり普及していなかった。 以前はイボの色が黒い黒イボのものが多かったが、現在はほとんどが白いぼのものとなっている。 キュウリは元々苦みの成分を持っているが、低温や乾燥により苦いキュウリが出来てしまう事があります。 栽培のポイント キュウリの根は酸素の要求度が大きい植物で、比較的浅い所に根が張ります。 水分も多く必要としますので乾燥が続くようならば灌水を行う必要があります。 乾燥を防ぐために稲わらやビニルでのマルチが有効です。 土壌病害が発生しやすいので、接ぎ木苗を利用するのがおすすめです。 5 輪作年限 2〜3年 生育には温暖な気候を好み、連作は避けましょう。 タネまき タネまきはポットまきを行います。 ポットに土を入れたら2〜3粒タネをまき覆土をして上から軽く押さえます。 定植までに1本に間引きを行います。 暖かくなったら直接畑に直播もできます。 苗を購入し育てる場合には、接ぎ木の苗がおすすめです。 畑の準備 植え付けの2週間前に畑の土づくりを行います。 堆肥と石灰、油かすなどの肥料を畑に散布し土とよく混ぜ、畝をたてて植え付けの準備を行います。 植え付ける直前には元肥として「」を土に混ぜ込み、マルチもあらかじめ張っておきます。 定植 本葉が3〜4枚になるくらい苗が育ったら定植します。 株間45〜50cm、条間45cm程度に定植をします。 定植後、倒れないように支柱やネットを張り、結束テープや紐で固定してください。 支柱の立て方、ネットの張り方は「」をご覧ください。 管理 親づるが伸びるに従いネットなどに固定しますが、下から5〜7節目まで伸びてくる子づるは摘芯し取り除きます。 その後は、子づるの2節目で摘芯をするか雌花が着いた次の葉を残して摘芯します。 水やりは土が乾燥しないように行いましょう。 特に育成初期に乾燥させると生育が悪くなります。 収穫期には水を切らさないようにしましょう。 雌花が咲きはじめたら2〜3週間に1回追肥を行います。 親づるは手が届かなくなる前に摘芯してください。 病害虫対策 アブラムシ類、コナジラミ類、うどん粉病には虫と病気にダブルで効く 「モスピラン・トップジンMスプレー 800ml」を散布します。 べと病、炭そ病には長期間効果のある総合殺菌剤「ダコニール1000」を散布します。 収穫 長さが20cm前後になりましたら収穫してください。 最盛期には開花数も多く、数日で大きくなってしまう為、毎日確認して肥大しすぎないように早どりで収穫するのがおすすめです。 作業内容(地這栽培) 1. タネまき タネまきはポットまきを行います。 ポットに土を入れたら2〜3粒タネをまき覆土をして上から軽く押さえます。 定植までに1本に間引きを行います。 暖かくなったら直接畑に直播もできます。 畑の準備 植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕等を散布し、よく混ぜておきます。 定植 予め幅が1m前後のマルチを張っておき、本葉が3〜4枚9前後でマルチの中心に株間1m間隔に定植します。 定植後、稲わらなどを敷きます。 管理 地這きゅうりは親づるには雌花が着きません。 必ず本葉が5〜6枚になったら親づるを摘芯し、子づるを伸ばします。 子づるも葉が10枚前後で摘芯し、孫づるの発生を促します。 収穫 20cm程度の長さになったら収穫しますが、取り残しの無いよう注意してください。 キュウリの根元を踏みつけないよう注意してください。

次の

キュウリの育て方

キュウリ 植え方

もくじ• キュウリの植えつけ後の最初の管理方法とは 摘芯・摘果を簡単に解説(植えつけ後の最初の管理) キュウリを育てた経験のある方ならご存じだと思いますが、胡瓜は一番最初の節から、花が咲いてキュウリが成ることがありますよね。 キュウリを植えた後は、大きくなるまでしばらく待っておこう。 喜んでいるとキュウリの果実に栄養を取られてしまってキュウリの株自体が大きくなることができなくなってしまい、病気になって枯れてしまう。 こんな事ありませんか。 キュウリは野菜の中でも成長が早いし、とてもデリケートな野菜です。 難易度が高い野菜といわれるのはその加減や栽培方法が色々煩雑になっているからなんでしょうね。 これではキュウリが沢山取れないのは当たり前です。 それはさておきここでは 植えつけ後の絶対してほしい管理「脇芽カキ・摘果」 これについてお話します。 キュウリ栽培ではよく摘芯と摘果作業といいますが、まず最初は 脇芽かきになります。 作業の内容はコチラです。 キュウリが活着して、1週間たった頃になると、このような状況になります。 作業の方法 30cm以下の茎のわきから出ている、花・芽をすべて取り除きます。 このように、寝かせて植えていた場合は、 茎の長さの40㎝位は取り除いています。 このように最初の脇芽と花はすべてです。 これで植えつけ後の管理は完了です。 簡単ですがとても大切な作業です。 この 作業は本や農家によっては、本葉8枚まで取る、地面から30㎝の高さ迄取る、50㎝の高さまで取り除くとまちまちに書かれています。 特に気にすることはありません。 初めのうちは、胡瓜の主となる軸(主軸)に栄養を送り、栄養成長を促したいのが目的です。 それよりも、後から同じ場所から出てくる脇芽を気を付けて取り除きましょう。 脇芽かきと聞くと難しそうに感じますが、なれればとっても簡単、小さいうちに早めに摘み取った方が良いです。 大きくなるとハサミでないと取れません。 小さいうちなら、手でなでるように取り除くことができます。 後になると、どれが脇芽なのかわからなくなりますよ。 キュウリ果を強引にひっぱり取ると茎が折れてしまします。 ・キュウリの生長点を間違えない。 先端の芽は触らない。 生長点をキュウリがまだ小さい場合の茎は非常に弱いです。 ・キュウリの葉が裏返っても気にしない。 後で勝手にキュウリの葉が上を向きます。 (2日程度できれいにそろいます。 ) ・接ぎ木部分がちぎれるかもしれないので丁寧に。 接ぎ木した部分が弱かったり活着していないときに株を触るので「ポキっ」ってならないように注意しましょう。 なぜ、このような作業を最初必要なのか? キュウリは活着後は成長が早いのですが、胡瓜は果実が付きますよね。 最初の生育にとってキュウリの成るのがが早すぎるのです。 その為には、果実を取って、果実の方に栄養がいかないようにする作業です。 その為、最低30~40㎝位の高さになるまでは、栄養をキュウリの株に専念させることが必要となっています。 例えばある品種の雌花の特徴です。 この表は雌花がどの程度咲くのか表したもので 8月から9月の主茎は雌花率(50~60%)小枝(脇芽から出た枝)の雌花率(70~80%)となっています。 これは10節に5~6本のキュウリが成る。 子枝(脇芽の枝)は10節に7~8本なる特徴のあるキュウリという説明です。 2~3月だともっと成るという事ですね。 自分の背丈位伸びたキュウリは主軸だけでも10本以上は取れるということです。 最初はキュウリをもったいないと思って残さないこと ほんの一例ですが、それくらいキュウリは沢山出来るというものです。 しかもキュウリの花がすぐに咲きます。 また開花から7日から10日位で収穫です。 時期にもよるのです6日、キュウリ農家は毎日、朝と夕方に収穫しています。 トマト・かぼちゃで花が咲いてから大体55日かかるので、最速ですね。 キュウリは単為結果(たんいけっか)性の野菜です。 簡単に言えば受粉しなくてもキュウリが採れるというもの。 同じ仲間でもメロンやスイカは受粉が必要です。 キュウリの 雄花です。 雄花は残念ながら無用です。 キュウリの 雌花です。 受粉の必要はありませんが、受粉した方か肥大が早いといわれています。 でも、タネのあるキュウリは食べないですよね。 キュウリは未熟果を食べる代表的な野菜かもね。 1日経てばもとどおりです。 きゅうりはちゃんと巻きツルを伸ばし、葉を上に向けます。 参考動画 摘芯(てきしん)とは 摘心とは、 草花や野菜の茎の先をカットすることによって、脇芽の成長を促進したり、果実の肥大を促したりすることを言います。 ピンチ、芯止めと言い方もします。 一般的に植物は頂芽優勢 ちょうがゆうせい と言って、茎の一番先端(頂点)の芽を優先的に生長し、それより下の脇芽の成長を抑えようとする性質があります。 そのため、自然に育てると茎の頂点にしか花が咲かなくなりますが、摘心をすることで、脇芽の生長が始まります。 キュウリは品種にもよりますが生育を見ながら剪定作業(摘芯)をしていきます。 脇芽カキ 脇芽はキュウリの茎と葉っぱの付け根から出る側枝のことをいいます。 これを取る作業のことを脇芽かきと言います。 摘花・摘果 同じく葉と節々の間にキュウリの花や果実が付きます。 これを取る作業を摘果と言います。 関連する記事• 2020. 比較的有名な病気ですね。 致命的な病気ではありませんが、そこで今回[…]• 2019. 11 もくじ1 きゅうりは、お客さんのことを第一に色々なこと考えて生きてきました。 1 味は特に気にしない!見た目が大事!だってサラダにドレッシングかける[…]• 2019. 18 もくじ1 まくわ瓜・漬け瓜は夏の風物詩であり、日本的な伝統!1. 1 マクワ瓜品種1. 2 漬け瓜の品種1. 3 「黒瓜が黒くない」問題1. 4 まくわ瓜・漬[…]• 2020. 04 家庭菜園では定番のキュウリです。 何もしなくても根がついてしまえば放っておいても2~3本は取れると思います。 しかし、根が付かないときは何をやっても枯れて[…].

次の