ムゲンダイナ わざ。 ムゲンダイビーム

ムゲンダイビーム

ムゲンダイナ わざ

この記事にはポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレが含まれています。 あらかじめご了承ください。 ポケモンのシリーズによっては、ストーリー上避けて通ることのできない伝説のポケモンとの戦闘があります。 最新作であるポケモン剣盾でもムゲンダイナというポケモンが登場し、捕獲しないと先に進めない仕様となっていました。 こうした伝説のポケモンはストーリー中1匹しか手に入らないため、よく考えて捕まえる必要があります。 今までの伝説はどのみちレート対戦で使うことができなかったことから軽視されてきましたが、今回のムゲンダイナに関してはそうも言っていられないと感じたので記事にすることにしました。 2020年1月18日追記:『ムゲンダイナの努力値を考える』の項を追加しました。 ムゲンダイナはマックスレイドバトルで活躍する ポケモン剣盾では4人のトレーナーが1匹ずつポケモンを持ち寄って戦うマックスレイドバトルというものがありますよね。 このマックスレイドバトルで大活躍するのがムゲンダイナというポケモンなのです。 マックスレイドバトルは何度もこなす必要がある まず、このマックスレイドバトルの必要性について語っていきたいと思います。 マックスレイドバトルはレベル上げ、技レコード集め、夢特性持ち、高個体値のポケモンなどなど、様々を報酬を手に入れられるコンテンツとなっています。 クリア後の遊びとして何度もこなすこととなるでしょう。 少しでも成功率を上げるため、また効率的に周回するためにもムゲンダイナを育てておくと役立つことでしょう。 ムゲンダイナは特攻キャラ! ムゲンダイナの専用技であるドラゴンタイプの「 ダイマックスほう」は、ダイマックスしたポケモンに2倍のダメージを与える効果があります。 ソシャゲでいうところの特攻キャラみたいなところですね。 また、ムゲンダイナはドラゴンタイプの通らない相手に毒で弱点をつけ、苦手な鋼タイプにも自力取得するかえんほうしゃで対抗できるため、どんなレイドにも参加することが可能な万能な1匹となっています。 ザシアン・ザマゼンタも特攻キャラ! 他にもザシアン、ザマゼンタが覚える「 きょじゅうだん」という技もレイドでは有効です。 しかし、鋼タイプなので通りが悪く、持ち物も固定になってしまうため万能ではありません。 ザシアンの特性による火力アップもレイドで効果的ではあるのですが、レイドバトルのポケモンが能力変化を打ち消す行動をしてくることがあります。 そのため、持ち物による火力アップが期待できるムゲンダイナ( こだわりメガネ推奨)のほうが信用できると思います。 攻撃モーションがながい点は考えものですが… ムゲンダイナの種族値からおすすめの性格を考える ムゲンダイナの詳細を見ていきます。 ムゲンダイナの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 140 85 95 145 95 130 特攻と素早さが高く、攻撃が低いのがわかると思います。 物理技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り攻撃を落とす性格を選ぶこととなります。 控えめと臆病どっちがいい? 特攻の上がる控えめと素早さの上がる臆病で迷う方が多いと思います。 結論から言うと、 マックスレイドバトルで活躍させることを考えるなら控えめを選ぶべきでしょう。 マックスレイドバトルにおいて、ムゲンダイナの素早さは過剰すぎます。

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選は不要!育成方法についても説明

ムゲンダイナ わざ

Zワザ効果: 自分の防御のランクを1段階上げる。 「あなをほる」を使っている相手にも攻撃が当たり威力が2倍になる。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 ヒードラン専用技。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 ヒードラン専用技。 75倍になる。 相手が使った状態異常にするわざや能力を下げるわざなどの変化わざを跳ね返す。 Zワザ効果: 自分の特防のランクを2段階上げる。 5ターンの間、味方と相手が道具を使えなくなる。 Zワザ効果: 自分の命中率のランクを1段階上げる。 使ったターン、相手のわざにより受けるダメージ・状態変化・能力変化を無効にする。 連続して使うと失敗しやすくなる。 使ったターン、相手のわざにより受けるダメージ・状態変化・能力変化を無効にする。 連続して使うと失敗しやすくなる。 「アイスボール」「ころがる」で与えるダメージが2倍になる。 Zワザ効果: 自分の命中率のランクを1段階上げる。 シルヴァディ専用技。 Zワザ効果: 下がった能力を元に戻す。 使ったターン、相手のわざにより受けるダメージ・状態変化・能力変化を無効にする。 連続して使うと失敗しやすくなる。 使ったターン、相手のわざにより受けるダメージ・状態変化・能力変化を無効にする。 連続して使うと失敗しやすくなる。 1ターンの間に2~5回連続で攻撃する。 サトシゲッコウガが使うと威力20になり3回攻撃する。 場がミストフィールドのとき、技の威力が上がる。 地面にいるポケモンはドラゴンのわざで受けるダメージが半分になり、状態異常にならなくなる。 Zワザ効果: 自分の特防のランクを1段階上げる。 フィールドに虹が掛かり、4ターンの間、味方のわざの追加効果が出やすくなる。 「くさのちかい」の後に使うと、くさタイプ威力150のわざとなる。 フィールドを湿原にし、4ターンの間、相手の素早さを下げる。 Zワザ効果: 自分の特攻のランクを1段階上げる。 連続して使うと失敗しやすくなる。 ゴーストタイプのポケモンがこのわざを受けると、ノーマル・かくとうタイプのわざが当たるようになる。 Zワザ効果: 急所率のランクを2段階上げる。 そのターンに相手の特殊わざで受けたダメージを2倍にして相手に与える。 Zワザ効果: 自分の特攻のランクを1段階上げる。 あくタイプのポケモンがこのわざを受けると、エスパータイプのわざが当たるようになる。 Zワザ効果: 自分の特攻のランクを1段階上げる。 フィールドで使うと、手持ちポケモンに自分のHPを分け与える。 Zワザ効果: 下がった能力を元に戻す。 使用後は元の姿に戻る。 このわざ使用した次のターンは反動で動けなくなる。 ムゲンダイナ専用技。 相手が「みがわり」を出していても攻撃が当たる。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 Zワザ効果: 下がった能力を元に戻す。 5倍にして相手に与える。 ソルガレオ専用技。 相棒イーブイ専用技。 同性・性別不明の相手には効果なし。 Zワザ効果: 下がった能力を元に戻す。 Zワザ効果: 自分の命中率のランクを1段階上げる。 Zワザ効果: 自分の攻撃・防御・特攻・特防・素早さのランクを1段階上げる。

次の

ムゲンダイナ (ムゲンダイマックス)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ムゲンダイナ わざ

/レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 2回使うと『もうどく』状態になる。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンは効果を受けない。 『どく』タイプのポケモンが出ると効果がなくなる。 『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。

次の