がらがらどん 続編。 『バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)』(施川ユウキ)の感想(130レビュー)

【愛すべきケッタイな国・ノルウェー オスロ便り(32)/DFDSのクリスマス】

がらがらどん 続編

・内容があまりにも意味深 そんな『となりのトトロ』のワンシーンに、『三匹のやぎ』という絵本が登場します。 どこに登場するかは、実際に作品を見て確かめてみてください。 しかしこの絵本、内容があまりにも意味深すぎて、「トラウマになった 笑 」や「ひでえ!」という声が出ているのです。 ・ノルウェーの昔話 正式名称は『三びきのやぎのがらがらどん』といい、もともとはノルウェーの昔話として言い伝えられていた作品です。 「がらがらどん」という名のやぎが3匹登場し、身体の大きさが大、中、小と違います。 名前だけ同じです。 ・やぎの前にトロルが現れた! がらがらどんたちは、太るために山の上の草を目指して移動します。 その道中、トロールという巨大なモンスターに出くわし、小と中のやぎは「あとからもっと大きいやぎがくる」と言って見逃してもらいます。 トロル、けっこう優しい! ・トロルがバラバラに砕け散る!! しかし最終的に、大やぎのハリケーンミキサーばりの攻撃により、トロルはバラバラに砕け散って死んでしまいます。 「欲張ると悪いことになるよ」という教訓かもしれませんが、あんまりです。 読者からは「小さいやぎも食ってしまえばよかったのに」という声もありますが……。 ・トトロを見たときに「トトロ!」と言った理由!? 『となりのトトロ』の熱狂的なファンの推測では、めいちゃんがトロルの存在を絵本を読んで知っており、トトロを見たときに「トトロ!」 トロル! と言ったのではないかという説があります。 ・ためしに読んでみては? それにしても、トロルの最後は凄まじいですね……。 『三びきのやぎのがらがらどん』は、いま現在も根強い人気で読まれ続けています。

次の

『バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)』(施川ユウキ)の感想(130レビュー)

がらがらどん 続編

・内容があまりにも意味深 そんな『となりのトトロ』のワンシーンに、『三匹のやぎ』という絵本が登場します。 どこに登場するかは、実際に作品を見て確かめてみてください。 しかしこの絵本、内容があまりにも意味深すぎて、「トラウマになった 笑 」や「ひでえ!」という声が出ているのです。 ・ノルウェーの昔話 正式名称は『三びきのやぎのがらがらどん』といい、もともとはノルウェーの昔話として言い伝えられていた作品です。 「がらがらどん」という名のやぎが3匹登場し、身体の大きさが大、中、小と違います。 名前だけ同じです。 ・やぎの前にトロルが現れた! がらがらどんたちは、太るために山の上の草を目指して移動します。 その道中、トロールという巨大なモンスターに出くわし、小と中のやぎは「あとからもっと大きいやぎがくる」と言って見逃してもらいます。 トロル、けっこう優しい! ・トロルがバラバラに砕け散る!! しかし最終的に、大やぎのハリケーンミキサーばりの攻撃により、トロルはバラバラに砕け散って死んでしまいます。 「欲張ると悪いことになるよ」という教訓かもしれませんが、あんまりです。 読者からは「小さいやぎも食ってしまえばよかったのに」という声もありますが……。 ・トトロを見たときに「トトロ!」と言った理由!? 『となりのトトロ』の熱狂的なファンの推測では、めいちゃんがトロルの存在を絵本を読んで知っており、トトロを見たときに「トトロ!」 トロル! と言ったのではないかという説があります。 ・ためしに読んでみては? それにしても、トロルの最後は凄まじいですね……。 『三びきのやぎのがらがらどん』は、いま現在も根強い人気で読まれ続けています。

次の

【愛すべきケッタイな国・ノルウェー オスロ便り(32)/DFDSのクリスマス】

がらがらどん 続編

子どもが落書きしたような、個性的なイラストも人気の秘密。 2009年発売のプールが舞台の作品は、人口が516万人のノルウェーで、11万部も発行されており、 ノルウェーの絵本界のベストセラーとなっています。 ノルウェー語ですが、旅行のお土産に本屋さんで買ってみてもいいかも? オスロにある新劇場では、プール編の続編が子ども向けに舞台化されています。 まるでゴミの塊のような姿をしている、意地悪なトロールにも注目!• 特派員プロフィール• オスロ特派員 鐙 麻樹 【Asaki Abumi】上智大学フランス語学科卒業。 オスロ大学でメディア学学士号・大学院で修士号を取得。 ジャーナリスト、写真家。 ノルウェー国際報道協会 理事会役員。 現地取材を受けることも(雑誌、 )。 最大手紙にも寄稿実績あり。 2015年にノルウェー政府の産業推進機関イノベーション・ノルウェーより活動実績を表彰される。 、 、 、 、 、 、 、 、 著書『』• ノルウェーの今• ノルウェーを旅する• ノルウェーの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の