新幹線 領収書。 交通費精算に新幹線の領収書は必要?領収書の入手方法は?

新幹線 領収書のもらいかた|宛名 但し書き 手書き 後から記入 JR

新幹線 領収書

みどりの窓口で新幹線切符を購入した場合の領収書は? 新幹線切符の基本的な購入方法となるみどりの窓口の場合は、窓口の係員に一言領収書を発行してほしい旨を伝えるだけです。 切符を購入する側から伝えない限り、領収書は発行してもらえません。 窓口係員から「領収書は必要ですか?」と問われることはまずありませんので、必要な方は忘れずに自分から伝えましょう。 また、 領収書を発行してほしい旨だけを伝えると、発行されるのは基本的に新幹線切符と同じ形状の領収書となり、宛名は自分で書くことになります。 手書きの領収書が必要なときは、「手書きの領収書を発行してもらいたい」とはっきり伝えるようにしましょう。 指定席券売機で新幹線切符を購入した場合の領収書は? 金券ショップで新幹線切符を購入した場合の領収書は? 金券ショップで新幹線回数券などの格安チケットを購入するときは、金券ショップ名義の領収書を発行してもらうことになります。 また、お店によっては、きちんとした領収書は発行してくれず、 レシートに「領収書」と記載された簡易的なものになる場合もあります。 さらに、チケット代金が30,000円以上になると領収書に収入印紙を貼る必要が出てくるため、収入印紙代の支払いを求められたり、領収書(レシート)一枚あたりの合計金額が30,000円以下になるように何枚かに切り分けて発行されることもあります。 購入した後でこんなことになるとトラブルになりかねないので、購入前に希望通りの領収書を発行してもらえるのか確認するようにしましょう。 新幹線の領収書をもらい忘れてしまったときの対処法!後日発行はできる? 新幹線の切符を購入したのは良いものの、その場で領収書をもらい忘れてしまい、後になって気付くこともありますよね。 そこで次は、 新幹線の領収書をもらい忘れてしまった場合の対処法をシーンごとに分けてご紹介していきます。 なお、今回ご紹介するのは、正規ルート(みどりの窓口や指定席券売機など)で新幹線切符を購入された場合の対処法となります。 旅行会社や金券ショップなどで購入後に領収書のもらい忘れに気付いた場合は、お店によって対応が異なりますので、一度購入店舗にご相談ください。 新幹線切符を購入した後すぐに領収書のもらい忘れに気付いたら? みどりの窓口や指定席券売機で新幹線切符を購入した後すぐに領収書のもらい忘れに気付いたら、面倒ですが購入した駅のみどりの窓口に戻りましょう。 そこで、購入した切符を見せて、領収書をもらい忘れてしまったことを伝えれば、発行してもらうことができます。 みどりの窓口が混み合っているようでしたら、指定席券売機付近にいる駅係員に購入した切符を見せて、領収書を発行できるか尋ねてみましょう。 また、購入した駅のみどりの窓口には行けないものの、他の駅にあるみどりの窓口に行くことはできるのであれば、そちらでも同じ手順で領収書を発行してもらえることもあります。 ただし、その場合は、 会社が同じ(JR東海ならJR東海の駅)であることが条件となります。 購入した側からするとJRの駅なので同じ会社のように感じてしまいますが、JRからすると全くの別会社です。 旅行会社のJTBで国内ツアーを申し込んだとして、そのツアーの領収書を別の旅行会社であるHISが発行することはできないのと同じ原理ですね。 そのため、JR東海で購入した新幹線切符の領収書はJR東海でしか発行することができず、JR東日本などで発行してもらうことはできませんので、注意しましょう。 新幹線切符を購入した日中に、JR会社が同じ駅のみどりの窓口に行けば、特に問題なく領収書を発行してもらえるかと思いますので、ご安心ください。 新幹線は全国に9路線あります! JR各社が運行する新幹線は、全国で9路線。 会社ごとに運行している新幹線をまとめると、 JR北海道 北海道新幹線 (新青森~新函館北斗) JR東日本 東北新幹線 (東京~新青森) 秋田新幹線 (盛岡~秋田) 山形新幹線 (福島~新庄) 上越新幹線 (東京~新潟) 北陸新幹線 (東京~金沢) JR東海 東海道新幹線 (東京~新大阪) JR西日本 山陽新幹線 (新大阪~博多) JR九州 九州新幹線 (博多~鹿児島中央) となります。 新幹線切符の購入から数日後に領収書のもらい忘れに気付いたら? 新幹線切符を購入した日には領収書のもらい忘れに気付かず、数日たってから領収書が必要なことを思い出したときはどうすれば良いのでしょうか。 とされており、これはJR各社共通のルールとなっています。 そのため、後日購入した新幹線切符をみどりの窓口に持って行き、購入時に領収書をもらい忘れたことを伝えれば、発行してもらうことができます。 後日領収書を発行してもらう場合も、JRの会社が同じことが条件となりますので、その点は注意が必要です。 新幹線に乗った後で領収書のもらい忘れに気付いたら? 新幹線に乗車した後で「そういえば、領収書をもらっていない!」と気付いた場合は、どうすれば良いのでしょうか。 こういった場合は、• 切符購入駅と同じJR会社の駅で降りるとき 例:JR東海の駅で購入した新幹線切符で、降りる駅もJR東海の駅のとき• 切符購入駅と違うJR会社の駅で降りるとき 例:JR東海の駅で購入した新幹線切符で、降りる駅はJR西日本の駅のとき によって対処法が異なります。 切符購入駅と同じJR会社の駅で降りるときの対処法 切符購入駅と同じJR会社の駅で新幹線を降りるときは、到着駅の改札口で駅係員に領収書がほしいこと伝えれば発行してもらうことができます。 ただし、 改札口の外を出てしまうと領収書は発行してもらえなくなります。 「改札口の外に出る」=「自動改札機に切符を通した後」になりますので、切符は回収されています。 切符が回収されてしまうと、 購入したことを証明するものが無いので、領収書は発行してもらえなくなってしまうということです。 例えば、JR東海の名古屋駅で切符を購入した後に東海道新幹線を利用し、JR東海の東京駅で下車するとします。 この場合、改札の外には出ず、改札内にいる駅係員に先程利用した新幹線切符を見せて「この新幹線を利用したのですが、まだ領収書を発行してもらっていないので、発行してほしい」と伝えれば、領収書を発行してもらうことができます。 同じ状況で、下車した後にうっかり改札口の外に出てしまい、切符が回収されてしまった後で「先程まで利用していた新幹線の領収書がほしい」と伝えても、JRとしては• 切符が無いため実際に乗車したのか分からない• どこで新幹線切符を購入したのか分からない• どのような新幹線切符を購入したのか分からない ということになり、利用の確認が取れない領収書は発行することができませんので、断るしかありません。 そのため、 新幹線に乗車した後で領収書をもらい忘れたことに気付いた場合は、改札口の外に出る前(切符が回収されてしまう前)に駅係員に領収書の発行を依頼しましょう。 切符購入駅と違うJR会社の駅で降りるとき 切符購入駅と違うJR会社の駅で新幹線を降りるときは、到着駅の改札内であっても、領収書を発行してもらうことはできません。 乗客からすると、同じJRの新幹線を利用しているように感じていても、JRとしては全くの別会社ですので、会社が違えば領収書を発行することはできません。 JR東海で購入した切符の領収書はJR東海でしか発行することができず、その他のJR北海道、JR東日本、JR西日本、JR九州にも同じことが言えます。 しかし、複雑なことに、 新幹線には会社をまたいで繋がっている路線があります。 例えば、名古屋駅から広島駅まではのぞみを利用すれば直通で行き来できますが、名古屋駅はJR東海(東海道新幹線)の駅であり、広島駅はJR西日本(山陽新幹線)の駅ですよね。 こういった場合は、 下車駅で新幹線切符を自動改札機に通さず、駅係員に「無効印」を押してもらいましょう。 無効印ってなに? 無効印とは、切符が使用済みになったことを証明するスタンプのことです。 無効印を押すことで、自動改札機に通さず、旅客が切符を持ち帰ることができるようになります。 無効印は駅によってデザインが異なっており、「使用済」「無効」「乗車記念」など、様々なスタンプがあります。 旅の記念に切符を持ち帰りたい人に広く利用されています。 名古屋駅で新幹線切符を購入して新幹線を利用し、広島駅で下車したのなら、そのまま改札口にいる駅係員に「この新幹線切符を持ち帰りたいので、無効印を押してもらいたい」と伝えましょう。 もちろん、伝える前に改札の外に出てしまい、切符が回収されてしまったら無効印は押せませんので、出ないように気をつけてください。 広島駅で無効印を切符に押してもらえれば、切符を持ち帰ることができます。 あとは、広島駅から名古屋駅に戻った際に、その無効印を押した切符を見せて、「以前利用した新幹線切符の領収書を発行してもらいたい」と伝えて、領収書を発行してもらうだけです。 少し手間はかかりますが、どうしても領収書が必要な方は諦めずに試してみてくださいね。 新幹線の領収書は再発行できる? 新幹線の領収書を発行してもらったものの、無くしてしまったり、宛名や但し書きを間違えてしまうことだってありますよね。 そこで次は、 新幹線の領収書を再発行したいときの対処法についてご紹介します。 なお、 領収書を再発行する場合においても、新幹線切符を購入したJR会社と同じであることが大前提となります。 領収書の再発行に関するご紹介も、みどりの窓口や指定席券売機で購入した場合の対処法となります。 旅行会社や金券ショップで発行してもらった領収書の再発行は、購入店によって取り扱いが異なりますので、お店にご相談ください。 手元にある新幹線の領収書を再発行したいときは? 手元に新幹線の領収書があるものの、宛名などを間違えてしまい、再発行したい場合はどうすれば良いのでしょうか。 こういった場合は、 みどりの窓口に領収書を持って行き、再発行を依頼しましょう。 「宛名を間違えてしまったため、領収書を再発行してもらいたい」など、事情をきちんと話せば、領収書を再発行してもらうことができます。 なお、再発行した際に、間違えてしまった領収書はJRに返すことになります。 新幹線の領収書を紛失してしまったときの再発行は? 新幹線の領収書をうっかり無くしてしまい、再発行したい場合はどうすれば良いのでしょうか。 この場合は、状況によって対処法が異なります。 新幹線に乗車する前に紛失した領収書を再発行する 新幹線に乗車する前の再発行は、みどりの窓口に購入した新幹線切符を持って行き、切符を見せて領収書発行を依頼すればOKです。 以前発行していたとしても、その点は特に問題にならないことがほとんどかと思います。 私も以前、うっかり新幹線の領収書を無くしてしまい、みどりの窓口に購入した新幹線切符を持って行き、「この新幹線切符の領収書を発行してもらったのですが、不注意で紛失してしまいました。 再発行は可能ですか?」と正直に話して相談してみたところ、「大丈夫ですよ!次回からはお気をつけください」と丁寧に対応していただいたことがあります (あのときの駅員さん、本当にありがとうございました!)。 JRは駅員さんによって対応が異なったりすることがありますので、より気さくそうな駅員さんに相談してみるのが良いのかもしれません。 新幹線に乗車した後に紛失した領収書を再発行する 新幹線に乗った後の再発行は、到着駅が切符購入駅と同じJR会社かによって異なります。 同じ場合(JR東海で購入した切符で、到着駅もJR東海)は、到着駅の改札口で駅係員に領収書の再発行を依頼しましょう。 違う場合(JR東海で購入した切符で、到着駅はJR西日本)は、切符に無効印を押してもらい、後日購入駅と同じJR会社で領収書を再発行してもらいましょう。 どちらの場合でも、切符が回収されてしまうと領収書は再発行できなくなりますので、 改札口の外には出ないように気をつけてくださいね。 新幹線の領収書は切り分けたりまとめたりできる? 経費などを精算するための領収書になると、• 一人が複数人分の新幹線切符を購入したが、領収書は一名分の料金が記載されたものを人数分発行してもらいたい• 個別で購入した新幹線切符の領収書を一枚にまとめてもらいたい といったこともあるのではないでしょうか。 みどりの窓口で購入した場合なら、一名分ずつ切り分けたり、複数人分を一枚にまとめて領収書を発行してもらうことができます。 指定席券売機で購入した場合も、端末で領収書は発行せずに、購入した切符をみどりの窓口に持って行けば、同じように切り分けたりまとめたりすることができます。 新幹線の領収書は一部区間だけ発行してもらえる? 購入した新幹線切符の一部区間、例えば東京駅から新大阪駅までの新幹線切符を購入したとして、領収書は東京駅から名古屋駅までの区間にしてほしいということもあるかもしれません。 残念ながら、 新幹線の領収書は、一部区間だけを発行することはできません。 その理由は、新幹線の料金設定のルールにあります。 のぞみ指定席の料金 (通常期) 区間 チケット代 合計 東京-新大阪 14,450円 14,450円 東京-名古屋 11,090円 17,650円 名古屋-新大阪 6,560円 このように、東京駅から新大阪駅までを通して購入した場合と、東京駅から名古屋駅・名古屋駅から新大阪駅と切り分けた場合では、3,200円もの差額が発生します。 新幹線の乗車券や特急券は、長い距離であればあるほど、切り分けずに通しで購入したほうが安くなるというルールがあるからです。 実際の購入金額は14,450円なのに対し、切り分けて発行すると17,650円になってしまいます。 徴収していない金額の領収書はもちろん発行することができないため、JRでは利用する区間の一部区間だけで領収書を発行することはしません。 どうしても一部区間の領収書が必要な方は、割高にはなりますが、切り分けて購入するしかありません。 新幹線チケットを払い戻したら領収書はどうなる? 新幹線チケットを購入して、払い戻しをする際に、払い戻し手数料の金額の領収書がほしい人もいるのではないでしょうか。 この場合も、みどりの窓口で払い戻しをする際に、「払い戻し手数料分の領収書がほしい」ということを伝えると発行してもらうことができます。 購入時に新幹線切符代の領収書を発行している場合は、係員に返すようにしましょう。 新幹線の領収書はなるべく購入時に発行してもらいましょう! ここまで新幹線の領収書に関することを詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか。 原則として、新幹線の領収書は購入時に発行するものとされていますので、その場で発行してもらうようにしましょう。 もらい忘れた場合や、再発行が必要になったときは、今回ご紹介させていただいた対処をお試しいただければと思います。 旅好きなあなたにオススメの記事.

次の

新幹線 領収書のもらいかた|宛名 但し書き 手書き 後から記入 JR

新幹線 領収書

領収書の再発行はきっぷの購入方法で異なる 近年はインターネットでの予約サービスが普及したことで、新幹線のきっぷの購入方法は多様化しています。 購入方法によって領収書の発行方法は異なるほか、再発行できるかどうかも異なります。 駅や旅行会社できっぷを買う場合 駅や旅行会社の窓口できっぷを買う場合は、係員に領収書を発行してもらいます。 券売機で買う場合は、きっぷが発行される前に領収書発行ボタンが画面に表示されるので、それにタッチします。 駅や旅行会社の窓口できっぷを買った場合は、領収書の再発行はできません。 インターネット予約できっぷを買う場合 JR各社はインターネットで新幹線のきっぷを予約できるサービスを提供しています。 事前に駅や旅行会社に出向く必要がないほか、 きっぷ代金の支払い前であれば、変更手数料がかからないメリットがあります。 インターネットで予約して駅の券売機できっぷを受け取る場合は、先ほどの「駅や旅行会社できっぷを買う場合」と同様に、駅の券売機で領収書を受け取ります。 この場合は、きっぷの現物がある場合、又は、クレジットカードの利用明細があれば再発行可能です。 モバイルsuica特急券やEX-ICサービスのようなチケットレスサービスの場合は、駅の券売機できっぷを受け取らないので、駅で領収書をもらうことはできません。 インターネット予約のサイトで表示される領収書を印刷します。 予約サイトで表示される領収書の発行回数は、JRの会社によって対応が分かれていて、発行が1回限りで再発行できない場合と、期限はあるものの発行回数が無制限の場合があります。 発行が1回限りで再発行できない場合は、 表示される領収書のデータを保存しておくことが推奨されています。 プリンタの不具合で印刷に失敗したときや印刷した領収書を紛失したときなどにもう一度印刷することができるので、事実上、再発行が可能になります。 なお、予約サイトから印刷した領収書を駅の窓口に持ち込んで、手書きの領収書として再発行してもらうことはできません。 予約サイトから印刷した領収書が経費精算に使用できるかどうかは、前もって確認しておいたほうがよいでしょう。 (出典:) 新幹線のきっぷの領収書を紛失した場合 インターネットで予約した場合を除いて、新幹線のきっぷの領収書は再発行されません。 このような場合の対応方法をいくつかご紹介します。 ただし、必ずしも勤務先が精算を認めるとは限らないので注意が必要です。 新幹線のきっぷで代用する まだ新幹線に乗る前で手元にきっぷが残っていれば、きっぷで代用できる場合があります。 新幹線を降りて改札機に投入すると、きっぷは回収されてしまいますが、係員のいる改札口で事情を話せば、きっぷを持ち帰ることができます。 通常、新幹線のきっぷには乗車区間と運賃・特急料金が記載されているので、出張に出向いたことと、運賃・特急料金を支払った事実を示す有力な証拠になります。 しかし、きっぷでの代用を認めるかどうかは、勤務先によって判断が分かれるので、 前もって上長や精算担当者に確認することをおすすめします。 きっぷもない場合 新幹線のきっぷは降りるときに回収されます。 したがって、出張から帰ってきたあとで領収書を紛失した場合は、新幹線のきっぷは手元にありません。 もし、クレジットカードできっぷを買ったのであれば、利用明細や請求明細で購入の事実が証明できるので、それらで代用できないか上長や精算担当者に相談するとよいでしょう。 きっぷを現金で買って、領収書ときっぷ以外に購入の事実を証明するものがない場合は、まずは、上長や精算担当者に相談しましょう。 新幹線の運賃・特急料金はJRの駅に掲示されているほか、市販の時刻表やインターネット上の経路検索サイトでも確認することができます。 また、経費精算の実務では近距離の交通費は領収書を不要としている場合も多く、不正を防ぐために領収書の提出を求めているのが実情です。 したがって、過失によって領収書を紛失したことと、出張に行った事実が確認できれば、運賃・特急料金を類推して精算することは不可能ではありません。 ただし、この方法で経費を精算してもらえるかどうかは、会社の判断によります。 まとめ 新幹線のきっぷに限らず、領収書は購入した時に発行してもらうことが基本であって、再発行はされません。 領収書は購入した時に発行してもらい、受けとった領収書は紛失しないことが基本です。 最近では、クレジットカードが普及したことや、ネット予約によるチケットレスサービスもあることから、新幹線のきっぷの領収書にもさまざまな種類があります。 経費精算に使える領収書の種類は事前に確認しておくことをおすすめします。 関連記事 ・ ・ ・ 経費精算はスマホで完了の時代へ! 脱エクセルで経費申請を完了するはクラウド型経費ソフトです。 創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。 「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。 お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。 本ブログは、を提供しているマネーフォワードが運営しています。 月末月初の経路検索、辛くないですか? 経費精算に対するホンネ徹底調査ブックをプレゼント!.

次の

「領収書をなくした」と言われたときの証拠書類はこう残す

新幹線 領収書

交通費の領収書は原則必要と理解しましょう おそらくほとんどの会社では、1,000円以内程度の交通費精算については、領収書を不要として精算していると思います。 けれども、それは領収書が発行されないから不要なわけではありません。 そもそも僅かな切符代でも、駅員に言えば領収書を出してもらえますし、Suicaでチャージすれば領収書も出ます。 にも関わらず領収書なしで交通費精算しているのは、会社の内規で一定以下の交通費については、領収書の添付を不要としているからなのです。 なぜなら、仮にすべての交通費に領収書の添付を求めると、経理担当は膨大な領収書の束を管理しなければならなくなるため、現実的ではないのです。 税務上も、このような合理的な理由があれば、内規で領収書不要の規定を設けても特段問題ないのです。 新幹線の場合は領収書が原則必要 ただし、交通費の金額が多額になる新幹線や航空券の場合については、たとえ内規で領収書不要と規定しても、万が一税務調査が入れば不適切との指摘を受ける可能性があります。 例えば東京都の会社であれば、都内の移動程度であれば領収書は不要という認識で良いと思いますが、他県に股がって長距離を移動したり、特急や指定席を利用するような場合については、領収書を提出してもらうようにしましょう。 まとめ 交通費精算の際の領収書の扱いは、中小企業の場合グレーな運用をしていることも多いため、判断がつかない時は顧問税理士などに一度確認すると良いでしょう。 また、交通費精算を楽にするクラウドの経費精算システムの導入がまだお済みでない場合は、経理の効率化のためにも是非これを機会に検討してみてはいかがでしょうか。

次の