一日葬 参列マナー。 一日葬のマナー|葬儀・葬式・家族葬なら日比谷花壇のお葬式

家族葬:参列者のマナーの悩み!通夜の弔問は?香典・弔電は送る?服装は?

一日葬 参列マナー

一日葬に関する基礎知識や事例• 一日葬とは、通常2~3日ほどかけて執り行われるお葬式の日程を1日に短縮して執り行われるお葬式の形式です。 一日に葬儀のスケジュールが短縮されるため、通夜は行われないのが一般的です。 一日葬は、ホー... 一日葬の流れは、一般的なお葬式の日程から通夜を省略した日程となります。 通夜を省略する形式となるため、葬儀当日は朝から納棺を行い、午前中から午後にかけて葬儀・告別式を執り行った後、火葬場へ移動す... 喪主やご遺族として一日葬を執り行う場合には、ご参列される皆様への配慮が重要となります。 参列される方々の中には、一日葬や火葬式など一般的なお葬式よりも簡略化されたお葬式を好まない方も多いため、参列... 熊川式典が提供する葬儀・葬式の基礎知識と事例• 葬儀社選びは非常に重要で、葬儀社選びが葬儀の質や喪主様のご負担を大... 神道葬 神式葬 は神道の方のためのお葬式です。 神道のお葬式は、仏... 火葬式 直葬 とは、火葬だけで故人様をお見送りするシンプルなお葬式... 葬儀のマナーは、宗教・宗派によって異なる部分もありますが、服装やア... お亡くなりになられた方が生活保護を受給していた場合には、「葬儀費用... 葬儀・葬式の流れは宗教・宗派によって異なります。 例えば、仏教葬の... 一般葬とは、故人様のご家族だけでなく、ご友人やお知り合いの方なども... 日本の伝統的な宗教である神社神道の教えに基づいた葬儀が神葬祭と呼ば... 密葬とは、ごく限られた人だけで静かに執り行なうお葬式のことをいい、... 熊川式典 主な関連キーワード 福祉葬・民生葬に関するキーワード• 家族葬に関するキーワード• 一般葬に関するキーワード• 火葬式 直葬 に関するキーワード• 葬儀 葬式に関するキーワード• 宗教に関するキーワード• 東武スカイツリーラインに関するキーワード•

次の

火葬場での参列者のマナーとは?服装や収骨についてのマナーを解説!|終活ねっと

一日葬 参列マナー

全国の 葬儀場• 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 全国の 火葬場• 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 葬儀の 知識• 07 一日葬の基礎知識 それではまず、一日葬についての概要となります。 一日葬とは? 一日葬とは「通夜を行わず、葬儀・告別式と火葬を1日で終わらせるタイプの葬式」のことです。 「ワンデーセレモニー」といわれることもあります。 一日葬の特徴 一日葬では「一般葬よりも費用や手間を抑えつつ、火葬式よりも簡略しすぎない形で式を行える」という特徴があります。 一日葬では通夜を行わないため、会食の用意や式場の費用がかかりません。 また、2日間行う場合は、遠方からの参列者の宿泊代や貸布団などにも気を配らなくてはいけない可能性がありますよね。 こうした費用を抑えつつ葬儀・告別式を行うことで、最後のお別れ自体はしっかりできるというのが一日葬の特徴です。 一日葬が選ばれる理由 まずは先述の通り、費用の削減という面で注目されています。 会場費や会食の費用はかなりのウェイトを占めるので、それが省けるのはかなりありがたいことです。 さらに現代は仕事などで多忙な方が多いため、2日間の日程を抑えることが難しいケースも増えてきています。 喪主であれば会社などに依頼すれば休めるかもしれませんが、参列者側となるとそうはいきません。 特に遠方であれば移動も合わせて2日以上休まなくてはいけない場合も考えられます。 そうした方々にとっては、全ての工程を1日で済ませることで負担が大きく減りますよね。 また、高齢化が進む世の中では、参列者が高齢者ばかりになる可能性もあります。 そうした方にとっては、2日間のスケジュールというのは体力的にも辛いかもしれません。 このような経済的な事情に加えて社会的要因も重なり、一日葬が徐々に選ばれ始めています。 徐々にではありますが、一般葬以外の葬式形態も浸透しつつあるというわけです。 一般葬儀・家族葬・火葬式との違い では他の葬式形態とはどのような違いがあるのでしょうか? 一般葬儀との違い 一般葬が2日間かかるのに対して、一日葬は1日で終わります。 通夜を行わないので、会場費はもちろん通夜の後に行う「通夜振る舞い」という会食の準備を省くことも可能です。 このあたりの費用を省けるので、ご遺族側からすると負担の軽減に繋がりますよね。 家族葬との違い 家族葬の基本的な流れは一般葬と同じ。 2日間に渡り、通夜・葬儀・火葬までを行います。 しかし家族葬はその名前の通り、参列者を家族などのごく親しい者に限りさらに少人数で行うことを目的とした形式です。 通常の葬式の場合、ご遺族や親族はもちろん、故人の友人や会社関係者など幅広い方々も参列することが多いですよね。 もちろん故人の死を悼む方が多いのは素敵なこと。 しかし参列者が多くなると、会食の準備や香典返しなどの負担が増えます。 さらに参列者の対応にも時間を取られるので「ゆっくりとお別れができなかった」という気持ちになる方も少なくありません。 そうした負担を減らし、ご遺族が故人との最後の時間をゆっくり過ごせるようにしたのが家族葬なのです。 家族葬についての詳細は下記の記事もよく読まれています。 ・ ・ ・ ・ 火葬式との違い 火葬式は最もシンプルな形の葬儀です。 火葬のみで終わるため、通夜・会食・葬儀・僧侶の読経など大きな費用がかかる部分を全て省くことができます。 また、参列者の数もかなり絞られることが一般的。 ご遺族だけで行うことも珍しくありません。 どうしても経済的に余裕がなかったり、あまり宗教的儀式にこだわりがない方が火葬式を選択する場合が多いです。 火葬式・直送についての詳細は下記の記事もよく読まれています。 ・ ・ ・ ・ 一日葬の流れ では具体的に一日葬を行うまでにどのような準備などが必要なのでしょうか?当日の詳しい流れや注意点等も合わせてご紹介します。 申し込みから当日まで ご臨終を迎えたら、まずは医師に「死亡診断書」を作成してもらいます。 この死亡診断書が死亡を証明する公的な書類となるため、これがないとご遺体の搬送等が行えません。 また、死亡診断書の左側が「死亡届」になっている場合が多いため大切に保管しておきましょう。 同時に葬儀社へも連絡をします。 葬儀プランの打ち合わせはもちろん、ご遺体の安置場所に関する相談が必要な場合もあるので速やかに連絡しましょう。 亡くなってから24時間以内の火葬は法律で禁止されているため、一旦はご自宅か安置室に搬送されるかと思います。 場合によっては葬儀社に寝台車で迎えに来てもらうことも可能です。 この後は葬儀社との打ち合わせを行います。 一日葬を行いたい旨を伝えるのはもちろん、他にも故人やご遺族の希望があればしっかりと伝えておきましょう。 基本的には以下のような内容を確認できれば大丈夫です。 ・日程をいつにするか? ・喪主を誰にするか? ・火葬場や葬儀場の確認 ・お世話になっている菩提寺の予定 ・参列者をどれくらい呼ぶか? ・祭壇や棺の種類 ・戒名をどうするか? ・遺影をどれにするか? ・棺に入れる遺品は何にするか? このようなことを打ち合わせることで、葬式費用がいくらくらいになるのかが決定します。 もちろんご遺族にはそれぞれの予算があるでしょう。 あまり希望を詰め込みすぎると予算がオーバーする可能性もあるため、そのあたりの金額感もしっかり伝えておくことが大切です。 特に一日葬の場合、前日にご遺体を会場に搬送して翌日に葬儀を行うとなると、2日分の会場費を請求されるパターンもあります。 そうした面も含めてしっかり確認しておくといいでしょう。 その後は必要に応じて学校や会社に連絡を入れたり、参列者がいる場合は葬式日程等に関する連絡もしておきます。 この時に「一日葬である」という旨も伝えておかないと、一般葬の感覚に慣れてしまった方が受け入れられない可能性もあるため、忘れずに伝えておきましょう。 簡単に「一日葬である理由」について付け加えておくといいですね。 この「周囲の方への連絡の仕方」についても葬儀社と打ち合わせておくのがオススメです。 これと合わせて、死亡届の提出や火葬許可証の発行など、必要な行政手続きも忘れずに行いましょう。 書類の提出が遅れると罰金が科せられることもあります。 斎場や葬儀社選びの注意点 上記のように、葬儀社にはたくさんのことを相談しなくてはいけません。 そのため、しっかりした葬儀社を選ばないと内容や費用面で後悔することになります。 では、どのような基準で葬儀社を選ぶといいのでしょうか? まずは担当者の雰囲気をしっかり見ておきます。 髪型や服装などの基本的な身だしなみはもちろん、対応が丁寧かどうかも評価ポイントの一つです。 言葉遣いや電話応対を見ていくと、葬儀社が普段どのような教育をしているのかがわかってくるでしょう。 特に費用面に関しては注意深く見ておいておください。 きちんとした葬儀社であればご遺族の予算に合ったプランを提案してくれますが、場合によっては高めの料金を提示されたり、追加料金に関しての説明がなかったりすることもあります。 説明があやふやでごまかすような葬儀社ならば変える必要があります。 また、どのようなプランが用意されているのかも確認しておいてください。 一日葬だけでなく様々なパターンに対応している葬儀社であれば、ご遺族のニーズに柔軟に応えてくれる可能性が高いです。 斎場に関しても、大きく費用がかかる部分なので慎重に選んでいきましょう。 先述の通り、斎場によっては一日葬であっても2日分の料金がかかる場合もあります。 そのため「使用した時間数で料金が決まる斎場」や「一日葬のプランに自社斎場の料金が含まれているもの」などを選ぶといいでしょう。 もちろん場所の問題も考慮が必要です。 また斎場によっては、2日分の料金はかかるがご遺族が故人と一晩ゆっくり過ごせるような場合もあります。 このように斎場を決める際は、予算や場所、ご遺族のスケジュールなどを踏まえて一番最適な斎場を選ぶ必要があります。 あらかじめしっかりした葬儀社に依頼しておけば、可能な範囲で対応してくれます。 当日の流れ 一般葬では通夜の前に納棺を行います。 しかし一日葬には通夜がないため、葬儀・告別式の前にご遺族だけで納棺を行うのが一般的であり、葬儀社などがサポートを行い進めていきます。 故人に死化粧を施したり、旅支度を行います。 副葬品として手紙や思い出の品がある場合は用意しておきます。 まずは葬儀・告別式から始まり、僧侶による読経や弔電などの紹介があります。 そして僧侶からの合図でご焼香を開始。 こうして別れの儀式が終わったら、いよいよ出棺です。 先ほど準備しておいた副葬品やお花を棺に入れて、故人への最後の声かけ等を行います。 そして喪主が挨拶をした後に棺を乗せた霊柩車が出発。 火葬場へと向かいましょう。 火葬場へ到着した後、火葬炉の前で「納めの式」を行うことがあります。 これは僧侶に読経してもらいながら最後のご焼香をすること。 順番は先ほどと同じです。 この納めの式が終わったら、火葬が終わるまで控え室で待機しましょう。 だいたい1〜2時間ほどかかります。 火葬が終わったら「骨上げ」を行います。 骨上げでは、二人一組になって箸を使いながら骨を骨壷に入れていきましょう。 喪主が最初に入れた後に、故人と血縁関係の深い者から順番に入れていきます。 足の骨から始めて最後に頭の骨を入れてください。 締めにご遺族が喉の骨を入れることで骨上げは終了です。 この骨壷は布で包み喪主が持ち帰ります。 この時に「埋葬許可証」も受け取るのでしっかり保管しておいてください。 基本的にはこれで終了です。 しかし、火葬時間が短かったり、参列者が少数の場合は、斎場で精進落としの会食を食べることもあります。 火葬時間が長い場合は、その待ち時間で食べることもあるのであらかじめスケジュールを決めておきましょう。 葬儀後の供養・流れ 一般的な葬儀では、この後に四十九日法要や一周忌などの年忌法要が行われます。 これは一日葬だからといって特に扱いは変わりません。 一日葬の場合でも変わらずに行うことが多いです。 この際の法要の費用相場は一般葬と同じです。 お布施は3万〜5万円前後で準備をしてください。 故人の命日に近い法要である四十九日法要や一周忌くらいまではこの相場で渡すことが多く、そこから先の三回忌や七回忌は徐々に下がります。 香典を辞退しないのであれば香典返しの準備も行いましょう。 2千〜5千円前後の品物を用意すれば大丈夫です。 また、法要であれば会食を行うこともあるかと思います。 その場合の料理の値段は、一人あたり3千〜1万円前後であることが多いです。 しかし最近では、こうした伝統にはとらわれない「お別れ会」を開く方も増えています。 法要を開く場合は、お布施や会食費用、お返しの品物代などがほぼ固定でかかってしまいますよね。 しかしお別れ会に関しては、どのような内容にするのかはご遺族の自由です。 故人がよく聞いていた音楽の演奏会を行うこともあれば、立食パーティー形式にすることもあります。 そのためご遺族が本当にやりたいことにだけ費用をかけることが可能なのです。 もし興味があれば、葬儀社やお別れ会のプロデュースを行っている会社に問い合わせてみてください。 費用面は内容によって違うのでそれぞれにあったプランを提案してくれるでしょう。 一般葬との流れの比較 以上が一日葬の流れです。 基本的には、通夜やその後の通夜振る舞いを省くところ以外は一般葬とそこまで違いはありません。 マナーや法要、お布施や会食費用の相場などに関しても同じです。 ただ、開始時間の違いはありますし、通夜がないとはいえ一連の流れを1日で行うのでその密度は一日葬の方が濃いかもしれません。 一日葬の費用内訳と相場 それでは一日葬では、具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用と内訳 まず一日葬全体の費用相場について。 地域や宗派などにもよってばらつきはありますが、だいたい30万〜60万円前後が一般的といわれています。 一般葬の平均費用が120万円前後なので、かなり費用を抑えられているということがわかります。 やはり要因としては、通夜とその後の通夜振る舞いの費用をそのまま省けるということが大きいのでしょう。 では具体的にどのような部分に費用がかかってくるのでしょうか?内訳は以下のようになります。 ・会場費用 ・祭壇費用 ・火葬費用 ・遺影代 ・お布施 ・控え室の使用料金 ・香典返しの品物代 ・ご遺体の搬送代 ・骨壷代 ・ドライアイス代 ・人件費 通夜に関する費用が削れるのでその分は抑えられますが、それ以外に関してはほぼ一般葬と同じです。 メインである葬儀・告別式の費用や、金額の大きいお布施などを省くことはあまりないでしょう。 日程が半分だからといって必ずしも費用も半額になる、というわけではありません。 ただし場合によっては追加料金が発生することもあるので注意しましょう。 例えば葬儀社によっては、病院から安置所への搬送代と安置所から火葬場への搬送代が別料金になっていることもあります。 またご遺体の保存が長引けばドライアイス代が追加されることもあるでしょう。 あるいは、先述の通り会場費用が2日間分かかる可能性もあります。 こうした細かい料金設定に関しては葬儀社ごとでバラバラです。 そのため打ち合わせの際には、どのような費用がかかるのかをしっかり考慮した上でプランを選びましょう。 一般葬・家族葬との費用比較 上記にもありますが、一般葬の平均費用が120万円前後であることを考えると、一日葬の30万〜60万円というのはかなり抑えた数字です。 特に一日葬の場合は、参列者を少なめにして故人とのお別れの時間を優先したいという方もいます。 そのような方は香典返しの費用などを抑えることができるので、さらに節約することができるでしょう。 一日葬のメリット・デメリット このように様々な側面がある一日葬。 もちろん良いところばかりではないので、改めてメリット・デメリットを整理していきましょう。 一日葬のメリット まずはメリットについて。 一番のメリットは「費用を節約できる」という点です。 通夜と、その後の通夜振る舞いという大きな部分を省けるので節約になります。 また先述の通り、一日葬では参列者を限定する場合もあるので香典返しの費用も抑えられるでしょう。 そもそも人数が少なければ葬儀・告別式の会場を広いところにする必要もありませんよね。 さらに「1日で全ての工程を終わらせる」ということが、ご遺族側と参列者側、双方の負担軽減に繋がります。 例えば、忙しいサラリーマンの方でも1日だけであれば日程の調整がしやすいですよね。 遠方から参列してもらう場合でも、1日であれば日帰りも可能です。 また最近では、高齢化の影響によりご遺族と参列者の中にも高齢者の割合が増えています。 高齢者にとって2日間の拘束というのはかなりの負担になってしまうでしょう。 そうした身体的負担を軽減できるのも一日葬のメリットといえますね。 一日葬のデメリット 次はデメリットについて。 懸念されるのは「周囲の理解を得られない可能性がある」という点です。 一日葬の割合が増えつつあるとはいえ、まだやはり一般葬の方が主流。 1日で済ませることに対して「それできちんと供養ができるのか?」という反対意見が出ることもあるでしょう。 もちろん葬儀では故人を偲ぶ気持ちが一番大切ですが、形式的なものを気にする方がいても不思議ではありません。 場合によってはお世話になっている寺院からも反対にあう可能性もあるため、事前に相談しておくことが大切です。 また、人によっては「1日にすることで逆に参列できない」という可能性もあります。 一般葬であれば夕方頃に通夜を開始するため仕事終わりに参列することもできました。 しかし一日葬では通夜がなく葬儀・告別式を昼頃に行うため、会社勤めの方にとっては参列が難しいかもしれません。 もし参加できない場合は、後日弔問客が増えることも考えられます。 一日葬当日にお別れができなかったので、お線香だけでもあげたいという方がいても不思議ではありません。 しかしその数が多くなるほど、今度はそちらの対応が負担となることもあるでしょう。 後日の弔問客対応の方が負担になると考えられる場合は、あえて一日葬にはしない方がいいかもしれませんね。 一日葬のマナー・注意点 それでは実際に一日葬を行うにあたって、どのようなマナーや注意点に気を配ればいいのでしょうか? 施主の場合のマナー・注意点 何よりも周囲の方の了承を得ておくことが大切です。 先述の通り、これまでの伝統とは違う形式で行うため親戚や僧侶から異議を唱えられる可能性があります。 特に寺院によっては、通夜と葬儀・告別式を必ず行わなくてはいけない場合もあり、従えないと納骨を拒否される危険性もあるのです。 そうしたリスクを考えて、必ず事前に話を通しておきましょう。 もしどうしてもダメなら通夜も行うか、あるいは宗教を問わず入れる霊園に納骨する必要が出てきます。 また、香典や弔電などを辞退する場合はあらかじめその旨も伝えておきましょう。 一日葬は費用を抑えるために行う方もいるので、参列者の中には気を遣って「香典を渡したら香典返しの費用がかかってしまうから迷惑ではないだろうか?」と迷ってしまう方もいます。 そうした手間をかけないためにも、あらかじめご遺族の意思ははっきり示しておきましょう。 参列者の場合のマナー・注意点 一日葬の場合は、当然ながら通夜の日時や場所がお知らせ状に書かれていません。 最初は不思議に思うかもしれませんが、現在では様々な葬儀形態があるので印刷ミスとは思わず素直に書いてある日程に従いましょう。 もし通夜の時間しか空いていなくとも、無理やりその時間に弔問しようとするのは逆に迷惑になります。 弔問する場合は、後日日程を合わせてご遺族の負担とならないようにしましょう。 あるいは参列できない代わりに弔電を打つこともあるでしょう。 しかしお知らせ状に弔電を辞退する旨が書いてあった場合は、それに従います。 一日葬では弔電をはじめ、香典なども辞退するケースが多いため無理に渡すことはマナー違反です。 一日葬についてのよくある疑問 以上が大まかな一日葬に関する主な内容です。 ここでよくある疑問点についてまとめておきましょう。 食事の場を設けるのか?その際の内容は? まず通夜が無いので通夜振る舞いはありません。 火葬後の会食も基本的にはありませんが、参列者が少数の場合は精進落としを食べることもあります。 ここはスケジュール次第で自由に決めても問題ありません。 内容は仕出し弁当や懐石料理などが一般的。 昔は文字どおり肉や魚を使わない精進料理を食べていましたが、現代では参列者へのねぎらいの意味合いが強いためそこまで質素な料理は出さなくなりました。 ただし伊勢海老や鯛などのお祝いの席で出される食材は使いません。 菩提寺がある場合の対応は? 菩提寺とは、お世話になっている寺院のことです。 もし菩提寺があるなら、事前に一日葬を行う旨を相談しておきましょう。 先述の通り、寺院の中には「伝統に則り2日間で葬式を行うべき」という考えを持つ場合もあります。 そうなると、一日葬を許可してもらえなかったり、行なったとしても納骨を断られる可能性も考慮しなくてはいけません。 もちろん中には新しい葬式形態に理解を示す寺院もあります。 しかし全てがそうではないので、事前に話をしておくのは必須です。 戒名を付けるには? 一日葬であっても基本的には戒名をつけます。 ここの相場は一般葬と特に変わりません。 宗派や寺院によって違うので一概にはいえませんが、20万円前後を戒名料として渡す方が多いようです。 ただし戒名には位があり、どれを選ぶかにもよって金額は大きく変わります。 最も選ばれることの多い「信士・信女」の場合は15万〜30万円前後であることが多く、次の「居士・大姉」では15万〜30万円前後、最高位の「院居士・院大姉」では100万円〜となります。 戒名については『 』もよく読まれています。 お布施は必要? 基本的にはお布施は必要です。 火葬だけで済ませる「火葬式」では僧侶を呼ばないこともあるのでお布施がいらないこともあります。 しかし一日葬では葬儀・告別式で読経まで行うので、お布施は準備しておきましょう。 相場は20万〜50万円前後であることが多いです。 しかし一日葬であれば読経の回数も少ないということから、15万円程度になることもあります。 この金額に関しては地域差や宗派、寺院との関係性によっても変わるので、わからなければ僧侶や葬儀社の方に確認しておきましょう。 お布施についての詳細はこちらの記事もよく読まれています。 ・ 一日葬についてのまとめ 以上が一日葬に関するご紹介です。 以下に今回の内容をまとめておきます。 ・一日葬とは「通夜を行わず、葬儀・告別式と火葬を1日で終わらせるタイプの葬式」のこと。 「ワンデーセレモニー」といわれる。 ・一日葬では「一般葬よりも費用や手間を抑えつつ、火葬式よりも簡略しすぎない形で式を行える」という特徴がある。 ・一日葬は「費用の削減」「スケジュールが抑えやすい」「体力的に一般葬よりも楽」という面で注目されている。 ・一般葬が2日間かかるのに対して、一日葬は1日で終わる。 家族葬では、参列者を家族などのごく親しい者に限りさらに少人数で行う。 ・火葬式は最もシンプルな形の葬式で、火葬のみで終わる。 ・葬儀社を選ぶ際は「担当者の雰囲気」「費用面に関する説明」をよく見ておく。 ・斎場に関しても大きく費用がかかる部分なので慎重に選ぶ。 予算や場所、ご遺族のスケジュールなどを踏まえて最適な斎場を見つける。 ・当日は、葬儀・告別式の前にご遺族だけで納棺を行う。 納棺が終わったら午前11時〜12時くらいから一日葬を行うのが一般的。 ・四十九日法要や一周忌などの年忌法要の扱いは一般葬と変わらない。 最近では「お別れ会」を開く方も増えている。 ・一日葬の費用相場は30万〜60万円前後が一般的。 一般葬の平均費用が120万円前後なのでかなり抑えめな数字。 一日葬のメリットは「費用を節約できる」「1日で全ての工程を終わらせられる」という点。 デメリットは「周囲の理解を得られない可能性がある」「後日の弔問客が増える可能性がある」という点。 ・施主側は「周囲の方の了承を得ておく」「香典や弔電などを辞退する場合はあらかじめ伝えておく」ということに注意する。 参列者側は「素直に書いてある日程に従う」「お知らせ状に弔電を辞退する旨が書いてあった場合もそれに従う」という点。 ・一日葬では通夜振る舞いは無いが、参列者が少数の場合は精進落としを食べることもある。 ・菩提寺があるなら、事前に一日葬を行う旨を相談しておく。 場合によっては納骨を断られる可能性もある。 ・一日葬であっても基本的には戒名をつける。 ・一日葬では葬儀・告別式で読経まで行うので、お布施は準備しておく。 以上です。 このように一日葬には、ご遺族の負担軽減に繋がる面もあればデメリットもあります。 ただ、葬式で一番大切なのはやはり故人を偲ぶ気持ちです。 やむを得ず一日葬を選ぶ方もいると思いますので、そうした時はしっかりと故人への気持ちがあることを説明した上で周囲に説明してみてください。 しっかり話せばきっと理解をしてくれるでしょう。 一日葬についての記事を読んだ方には下記の記事もよく読まれています。 ・ ・•

次の

一日葬のマナー|葬儀・葬式・家族葬なら日比谷花壇のお葬式

一日葬 参列マナー

貸切葬とは 貸切葬とは、一日一喪家と言われるように、1日1組限定で執り行われる葬儀のことを言います。 葬儀場での葬儀では他のお葬式が並行して行われることが多く、隣で行われている葬儀のプランや宗派、参列者の人数などが気になってしまう人もいます。 貸切葬ではこのような心配が一切なく、関係者だけで気兼ねなく葬儀を行うことが可能です。 貸切葬は、家族葬や一日葬などのコンパクトな葬儀や、宗教にとらわれない葬儀が増加しているという時代の流れを受け、サービスの向上とプライバシーの確保を目的として利用されるようになってきています。 最近は貸切葬に対応するための設備を完備した葬儀場が増えており、キッチンや浴室などの設備が充実しているところもあり、まるで自宅にいるような感覚で過ごせるように工夫されています。 様々なスタイルの葬儀が増える昨今では、葬儀会場内で多種多様な葬儀が行われることも少なくありません。 昔のように葬儀スタイルが似ている葬儀ばかりではないため、隣で行われている葬儀との違いが気になってしまう喪家や参列者もいます。 葬儀はあくまで故人と親族の想いが反映されたものであり、他の葬儀内容と比べるものではありません。 新しいスタイルの葬儀でも気兼ねなく行えるよう、貸切葬では1日1喪家を実現しています。 また、葬儀会場の飾りつけを自由にアレンジしたり、故人が好きだったBGMを流すことが可能な葬儀会場もあります。 このように、従来の形式にとらわれないオリジナリティあふれる葬儀を行いたい方にもおすすめです。 遠方からいらっしゃる方が少しでも楽に過ごすことができるよう、まるで自宅で過ごすかのような空間を演出し、リラックスした状態で葬儀が行えるよう工夫されています。 葬儀は長丁場ですから、途中休憩ができる設備があることによって、高齢者や体に不自由のある方でも無理なく過ごすことが可能になります。 このように、他の人の目を気にせずに行える貸切葬では、葬儀を行う遺族や参列者がゆったりとした気持ちで葬儀を行えるプランです。 急な死や悲しい死と向かう葬儀という場だからこそ、故人への想いが詰まった葬儀を行うのも素敵な選択肢のひとつですね。 お葬式の豆知識• お葬式の種類• お葬式用語• 宗教と宗派•

次の