ひとり 親 の 支援。 ひとり親家庭のお父さん・お母さんの資格取得と就労の支援|足立区

ひとり親家庭等医療費助成/札幌市

ひとり 親 の 支援

ひとり親家庭福祉推進員が各地域にいます・・・・子ども家庭課(さわやか保健センター2階)、電話:077-561-2364 滋賀県が各地域にひとり親家庭福祉推進員を配置し、ひとり親家庭の各種の悩みの相談に応じています。 また希望された方に、「ひとり親家庭サポート定期便」をご自宅までお届けします。 専門的な相談に応じます 教育・法律・子育て等、専門家による相談を行っています。 心配ごと相談(草津市社会福祉協議会内)、電話:077-566-1266• 市民相談室(市役所1階)、電話:077-561-2329• 中央子ども家庭相談センター、電話:077-564-7867 滋賀県の相談窓口 就業に関する相談や情報提供などのサポートを行っています。 滋賀県母子家庭等就業・自立支援センター 総合相談窓口として、ひとり親家庭等の様々な相談に対して、専門の相談員がアドバイスやサポートを行います。 ひとり親家庭総合サポートセンター 支給されます 自立支援教育訓練給付金事業(ひとり親家庭の父・母)・・・子ども家庭課(さわやか保健センター2階)、電話:077-561-2364 対象となる講座を受講し、修了された場合、受講料の60%を支給します。 (上限20万円、12,000円以下はなし) 看護師等の専門資格の取得を目指す養成課程を対象に追加し、その養成課程を受講する人については、支給上限額を最大80万円に引き上げます。 事前に申請が必要ですので、詳しくはお問い合わせください。 高等職業訓練促進給付金事業(ひとり親家庭の父・母)・・・子ども家庭課(さわやか保健センター2階)、電話:077-561-2364 看護師・介護福祉士・保育士・理学療法士・作業療法士などの資格取得を目的とし、養成機関で1年以上のカリキュラムを受講するひとり親家庭の母および父に、生活資金を援助します。 事前に申請が必要ですので、詳しくはお問い合わせください。 JR通勤定期乗車券の割引・・・子ども家庭課(さわやか保健センター2階)、電話:077-561-2364 児童扶養手当受給世帯の方のJR通勤定期乗車券が3割引になります。 また、就労に向けた訓練等に要するJR定期乗車券代についても割引対象となる場合があります。 詳しくはお問い合わせください。 税の軽減・・・税務課(市役所1階)、電話:077-561-2309 母子家庭・父子家庭の母または父などでお子さんを扶養されている方は、所得税や住民税の「寡婦(寡夫)控除」が受けられる場合があります。 詳しくは税務署または市役所の税務課でおたずねください。 利子非課税貯蓄 金融機関で預貯金の預入や公債の購入に際して、遺族基礎年金等を受けている妻、児童扶養手当を受給している母子家庭の母は、利子非課税貯蓄制度を利用できます。 福祉定期預金 児童扶養手当や遺族基礎年金などの受給者はゆうちょ銀行でニュー福祉定期預金を利用することができます。 ひとり親家庭のための貸付金制度 利用者負担額(保育料)の減免があります・・・・幼児課(さわやか保健センター2階)、電話:077-561-2365 認可保育所・幼稚園・認定こども園等に入所されている乳幼児を持つ母子・父子家庭の保護者に対して、利用者負担額(保育料)の減免があります。 ただし、所得等により対象にならないことがあります。 詳しくは幼児課でおたずねください。 児童育成クラブ保育料が減免されます・・・・子ども・若者政策課(さわやか保健センター2階)、電話:077-562-7882 公設・民設児童育成クラブに入所している児童を持つ母子・父子家庭の保護者に対して、利用者負担額(保育料)が減額されます。 詳しくは子ども・若者政策課でおたずねください。 就学援助費・・・学校教育課(市役所6階)、電話:077-561-2421 経済的な理由で、子どもの就学に必要な経費の負担にお困りの保護者に対して援助されます。 ただし、所得制限があります。 詳しくは学校教育課学事係でおたずねください。

次の

母子家庭(シングルマザー)に役立つ17の手当て・支援制度を徹底解説|離婚弁護士ナビ

ひとり 親 の 支援

1 児童扶養手当(母子家庭・父子家庭) ひとり親家庭の方に、児童扶養手当を支給します。 (所得制限があります。 2 ひとり親家庭等医療費助成事業(母子家庭・父子家庭) ひとり親家庭の保健の向上と福祉の増進を図るために、医療費の一部を助成しています。 (所得制限があります。 ) 3 母子・父子・寡婦福祉資金貸付金(母子家庭・父子家庭・寡婦) ひとり親家庭や寡婦の方の経済的な自立をお手伝いするとともに、扶養しているお子さんの福祉の増進を図るため、福祉資金の貸付を行っています。 4 ひとり親家庭等就業・自立支援センター(母子家庭・父子家庭・寡婦) ひとり親家庭の親や寡婦の方の就業・自立を支援するために、就業相談・養育費相談をお受けしています。 5 養育費の取り決めについて(母子家庭・父子家庭) 養育費について詳しく紹介しています。 6 母子家庭自立支援給付金事業(母子家庭・父子家庭) ひとり親家庭の親の自立に向けた就業支援のため、自立支援給付金事業を実施しています。 県内の市にお住まいの方は、各市役所へお問い合わせください。 7 ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業(母子家庭・父子家庭) ひとり親家庭の親や子どもが高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す場合に、対策講座の受講費用を助成しています。 県内の市にお住まいの方は、各市役所へお問い合わせください。 8 母子・父子自立支援プログラム策定事業(母子家庭・父子家庭) 児童扶養手当を受給しているひとり親家庭の親を対象に、面接を通じ自立支援プログラムを策定し、ハローワーク等と連携した就業支援を行ないます。 県内の市にお住まいの方は、各市役所へお問い合わせください。 9 ひとり親家庭等日常生活支援事業(母子家庭・父子家庭・寡婦) ひとり親家庭の親や寡婦の方が日常生活を営むのに支障が生じている場合に、家庭生活支援員を派遣して生活の安定を支援しています。 (参考)市町村リンク集(ひとり親家庭の支援関係).

次の

一般社団法人 ひとり親支援協会

ひとり 親 の 支援

6月20日 7月13日 締切 6月20日 7月13日 締切 6月10日 6月 9日 6月 4日 6月19日 締切 5月27日 はあと飯田橋はご来所による相談を再開いたします。 ご来所の際は、 をご確認ください。 ) 5月 2日 第2回 就業支援講習会(PC)飯田橋会場 開催中止のお知らせ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、 中止いたします。 5月 1日 支援情報まとめページを作成しました。 是非ご覧ください。 4月27日 4月22日 「 」 は当面の間メールおよび電話で実施いたします。 4月11日 「」を開始します。 4月 9日 4月25日開催 「副業セミナー」 実施方法をオンラインセミナーに変更いたします。 【受付終了】 4月 7日 4月 6日 メールでの相談を受け付け開始します。 詳細・お申込みはこちらから 4月 2日 4月11日開催「看護師への道」セミナー開催中止 のお知らせ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、 中止いたします。 4月 1日 第1回 就業支援講習会(PC)飯田橋会場 開催中止 のお知らせ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、 中止いたします。 ひとり親家庭の子供の養育、健康、生活相談や、養育費、離婚前後の法律の相談をお受けしています。 また、東京都の「こころといのちの相談・支援ネットワーク」の相談窓口にもなっています。 ひとり親になるとき・なった時、ひとり親なら ではの暮らしの悩み、子育ての不安など 電話または来所による相談に応じます。 03-5261-8687 通年 (祝日含む) 9:00〜16:30 (火・木・金・土・日) 9:00〜19:30 (月・水) 子供の成長に必要な教育費の取り決めなどに つ いて相談に応じます。 まずはお電話 ください。 面接による養育費専門相談も行っています。 <一般相談 > <専門相談受付 > 03-5261-1278 通年(祝日含む) 9:00〜16:30 (火・木・金・土・日) 9:00〜19:30 (月・水) 離婚前後の親権、婚姻費用、慰謝料、財産分与、 養育費、面会交流などについて、ひとり親の家庭の 状況を理解して、家事事件に精通している 弁護士による法律的な助言を行います。 <受付> 03-5261-1278 通年(祝日含む) 9:00〜16:30 (火・木・金・土・日) 9:00〜19:30 (月・水) 面会交流の取り決めをしても、 具体的に どのよう に進めていけばよいかわからない 場合や、 相手と 直接会う のが難しい 場合 などに、 実施までの 連絡調整、 相談に応じます。 〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1番1号 セントラルプラザ5階 (一財)東京都ひとり親家庭福祉協議会内 TEL:03-5261-8687 FAX:03-5261-1343 E-mail: アクセス:JR中央・総武線「飯田橋駅」東口:徒歩3分 地下鉄各線「飯田橋駅」B2b出口:徒歩1分 (JR飯田橋駅東口改札より) ご来所による相談をご希望の方は、相談室の利用状況もありますので、 事前にお電話でご連絡いただきますようお願い致します。

次の