蕁 麻疹 手の甲。 蕁麻疹と湿疹は同じではない?違いと見分け方

蕁麻疹は肝臓がんが原因の場合も?腎臓など内臓や酒のせい?

蕁 麻疹 手の甲

蕁麻疹の種類 蕁麻疹にはいくつか種類があります。 「アレルギー性蕁麻疹」は、食物や薬などのアレルギーが原因でできる蕁麻疹。 「物理性蕁麻疹」は、皮膚が摩擦されたり寒さにさらされた時などにできる蕁麻疹。 そして、皮膚に日が当たりすぎた時にできる 「日光蕁麻疹」。 また、ストレスや発汗などによる蕁麻疹である 「コリン性蕁麻疹」などがあります。 このように蕁麻疹は原因となるものがたくさんあるため、なかなか原因を突き止めるのは難しいです。 しかし、蕁麻疹ができるきっかけそれぞれ違っても、蕁麻疹のができる仕組みはどれも同じなのです。 蕁麻疹ができる仕組み 皮膚の血管内や血管周辺には、「マスト細胞」という細胞が存在します。 この細胞にはとても小さい粒子が詰まっていて、その中には「ヒスタミン」という成分も含まれています。 そしてマスト細胞は、アレルギーや皮膚への刺激などを受けると、ヒスタミンを放出し血管内に広げます。 すると血管に目に見えないほどの小さな穴がたくさん開き、そこから「血漿 けっしょう 」という血液の成分だけが漏れ出てしまいます。 それが蕁麻疹で、皮膚が盛り上がったようになったり、赤くなったりしてしまうのです。 また、ヒスタミンという成分がかゆみ神経を刺激するため、蕁麻疹はかゆみを伴うというわけなのです。 蕁麻疹が出やすい人の特徴 蕁麻疹が出やすい人は、 「アトピーやアレルギーがある体質の人」が多いです。 そして• ストレスを感じやすい• 運動不足• 食生活の乱れ• 基礎体温が低い• 睡眠の質が悪い• 便秘・下痢になりやすい 蕁麻疹が出やすい人はこのような特徴があります。 これらの特徴は、体内に毒素や脂肪を蓄積させたり、栄養不足や免疫力の低下などにつながることから、蕁麻疹が出やすくなると考えられます。 蕁麻疹の体質改善法 蕁麻疹は、 「抗ヒスタミン薬」で抑えることができますが、できれば薬に頼らず、蕁麻疹ができにくい体質になりたいものですよね。 そこで次に蕁麻疹の体質改善法をご紹介していきます。 プチ断食でデトックス 蕁麻疹ができにくい体質に改善するには、体内の毒素を排出し、デトックスすることが大切です。 体に毒素が溜まりすぎたり、腸内環境が悪化してしまうと、皮膚から毒素が排出されてしまい、蕁麻疹ができてしまうことがあります。 そんなデトックスするためには、 「プチ断食」をするのがオススメです。 「断食」と聞くととてもつらいイメージがありますよね・・・。 しかしプチ断食は、「水やお茶、また野菜ジュースなどの飲み物は飲む」という断食の方法ですので、意外とできてしまうものですよ。 消化するのが大変な固形物を食べないようにして、腸の消化活動などを休ませ元気にすることで、毒素を便から体外に排出しやすくします。 もちろん「プチ断食は週末の1日だけにする」など、なるべく無理のないように工夫してみてください。 また、 酵素ドリンクを利用して行うのもよいですね。 軽い運動を習慣づける 蕁麻疹が出にくい体質に改善するためには、体温のコントロールをすることも重要です。 運動不足やストレスなど様々な要因により、体温の調節を司る「自律神経」が乱れると低体温になってしまいます。 そして低体温になると、血流が悪くなり免疫力が低下、そしてアレルギーを発症しやすい状態になってしまうため、蕁麻疹が出やすい体質へとつながってしまいます。 なので 軽い運動を習慣にして自律神経を整え、体温調節機能を向上させるようにすることで、蕁麻疹が出にくい体質を作ることができますよ。 足湯・サウナ・岩盤浴 蕁麻疹が出にくい体質に改善するためには、 「足湯・サウナ・岩盤浴」も効果的です。 足湯・サウナ・岩盤浴は、体温が普段より少し上がり汗をかくので、自律神経の働きをよくします。 そして、体温調節機能を高めて低体温を防ぎ、蕁麻疹の出にくい体質になっていくのです。 また、汗をかくことによるデトックス効果も期待できますよ。 なので、先ほどお話しした「軽い運動」が難しい人にも、足湯・サウナ・岩盤浴はオススメです。 また整体やマッサージなども、血流が良くなり体温が上がりますので効果的です。 ストレスを軽減する 「ストレス」は様々な体の不調の原因になるほか、蕁麻疹の原因にもなってしまいます。 ストレスを溜めすぎると、自律神経が乱れ低体温となり、免疫力が低下してしまいます。 また便秘や下痢になることで、毒素や老廃物の排出がうまくできなくなってしまい、それらが蕁麻疹ができやすい体質へのつながってしまうのです。 なので、趣味や友人・家族との時間を楽しんだりするなどして、自分なりのストレスを軽減する方法を見つけ、蕁麻疹ができにくい体質を目指しましょう。 まとめ 体質を改善するためには、当然長期的な継続が必要になります。 蕁麻疹ができなくなったからといってすぐにやってきたことをやめてしまうと、またスタートに逆戻りしてしまいかねません・・・。 なので続けやすい方法で、蕁麻疹のできにくい体に体質改善していきましょうね。

次の

蕁麻疹の症状が治らない原因/改善しない、悪化する時の注意点

蕁 麻疹 手の甲

そのため、 蕁麻疹の原因は、その人がどんなアレルギーを持っているかによって異なります。 例えば、りんごアレルギーを持っている人がりんご果汁の入った食品を誤って食べたとき、アレルギー症状として蕁麻疹が出ることがあります。 同様に、ある特定の抗生物質に対してアレルギーを持っている人が知らずに抗生剤を服用し、蕁麻疹が出るケースも。 また、 血管が拡がると出やすいため、お酒を飲んだときやお風呂に入ったとき・運動した後は悪化しやすいと言えます。 すると、外部からの刺激に対する抵抗力が弱まるため、アレルギー反応が起きやすく、蕁麻疹が出やすい状態に。 つまり、 ストレスや疲労・体調不良は、それ自体が蕁麻疹の直接的な原因になるわけではないものの、蕁麻疹が出やすい状態を作り出してしまうのです。 いつ症状が出たのか• どこにいるときに症状が出たのか• 何をしているとき• 何をした後に症状が出たのか• どの部位に症状が出たのか こういった項目をヒアリングし、蕁麻疹が出たきっかけや原因を探していきます。 例えば、食事をした後に全身に蕁麻疹が出たのであれば、その食事に含まれていた食品が原因である可能性が強くなります。 首など、衣服が直接肌に触れていた部位にのみ出たのであれば、衣服の繊維が原因ではないかと予測できます。 ただし、血液検査をしても、結論が出ないケースも多々あります。 蕁麻疹は アレルギー体質や物理的な刺激・ストレス・体調不良などさまざまな要因が重なって症状が出るため、原因をひとつに絞るのはとても難しいのです。 蕁麻疹の皮膚症状に対しては、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤(かゆみを抑える薬)の飲み薬の処方を行います。 炎症がひどい場合は、ステロイドの塗り薬を処方することもあります。 なお、ステロイドの塗り薬の使い方については以下の点に留意してください。 強い薬のため少量を長期間塗り続けるのはNG。 必要な量をしっかり塗って短期間の使用に抑える• 子供への使用は1週間未満に• 大人の場合も1カ月以内以上は使わない• 例えば、肝機能疾患では蕁麻疹と似たような皮膚湿疹が出ることがあります。 一般の方が自己判断するのは難しいので、気になる症状がある方は医師の診察を受けてみましょう。

次の

蕁麻疹の主な症状・種類

蕁 麻疹 手の甲

自分なりの原因特定はコレ! かなり精神的ストレスが重なっていましたが、初めはダニによるじんましんかと思い、ダニ対策を行っていました。 しかし場所問わずじんましんや息苦しさが発生し、同時に自分でもストレス過多を感じていたため、もしかして「ストレスによるじんましんか!? 」と感じ始めたのがきっかけです。 さらに、夜遅くにアルコールを摂取したその翌日から、一気にじんましんが悪化。 疲れ+アルコールによる血行促進+ストレス+寝不足のコンボが原因かなと、自分なりに感じました。 そのさらに翌週、アルコールを摂取しなかったところ、じんましんはかなり軽度ですぐに消えました。 ストレスが軽減する土曜日にノンアルコールを飲んだところ、こちらもじんましんは軽度で、翌日夜には消えました。 これは筆者の体調と状況によるものですので、当然個人差があります。 参考程度に留めておいてください。 ストレスの自覚症状がなくても、心因性じんましんは出る! 心因性蕁麻疹は、例え自覚症状がなくとも、ストレスによる危険信号、体からのSOSだと思いましょう。 実際、筆者はきちんとストレスケアをしているつもりでも、数々の心因性病が身体に出始めていました。 今の自分の生活スタイルや仕事の内容を見直してみて下さい。 治らない場合、医療機関への受診をおすすめします。 手遅れにならないよう、ご自身の心と体に丁寧に向き合ってあげて下さいね。 記事の情報内容については、特定の商品やサービス、方法などの効能効果や完全性、正確性を保証するものではございません。 適切な治療のためには医療機関での診察・治療を受けましょう。

次の