文鳥 な つく。 かわいい?かしこい?人懐っこい?文鳥の魅力|文鳥デイズ

文鳥が見せる行動!その仕草の意味は?

文鳥 な つく

「羽を抜いている(いじっている)」場合に考えられる原因 小鳥さんは1日に約2時間、羽繕(はづくろい)に時間を費やします。 羽を繕う(つくろう)作業が過剰になったり、繕っていた羽を抜いてしまったりする場合は注意が必要です• 発情(メス)• ネグレクト• 不規則な生活• 日光浴不足• 同居動物との関係• 環境問題(飼育環境以外の問題)• 飼育環境問題(飼育環境衛生問題など)• 羽咬症、毛引き症、自咬症• 栄養障害• 外傷、事故• 寄生虫疾患(羽毛ダニなど)• 甲状腺などの内分泌疾患• 皮膚炎疾患(皮膚炎、皮膚腫瘤など)• ウイルス性疾患(PBFD、BFDなど)• その他の疾患 「出血している」場合に考えられる原因 小鳥さんの出血を見つけたときはまず「止めること」を一番に考えます。 もし止められない、出血部位が分からない時は早急に病院へおいで下さい。 事故、外傷• パニック(特にオカメインコ)• ケンカ(同居鳥、同居動物など)• その他の外皮系疾患(羽根、皮膚、その他)• 自咬症(SMB)• 中毒疾患(鉛など)• 消化器系疾患(ソノウ炎、腸炎、総排泄腔疾患、腫瘍など)• 内臓疾患(肝臓疾患など)• 泌尿器系疾患(腎臓疾患、腫瘍)など• 生殖器系疾患(精巣、卵巣、輸卵管)• 腫瘤疾患(体表、腹腔内など)• 上部気道疾患(鼻血)• 下部気道疾患(喀血)• その他の疾患 「くちばし(嘴)の形が変形してきた」場合に考えられる原因 小鳥さんのくちばし(嘴)が伸びるスピードは思っているより速いです。 しかし、伸びすぎてしまう事はありません。 それはこまめに手入れを(咬んだり、こすったり)しているからです。 伸びる場合考えられる原因は大きく分けて2つあります。 1つ目は、くちばし(嘴)を手入れしない、あるいは出来ない理由がある。 2つ目は伸びるスピードが速い場合があります。 先天性障害• 栄養障害• 事故、外傷による変形• くちばし(嘴)への感染による変形• 上部気道感染症の後遺症• 内科疾患(肝臓疾患など)• 代謝性疾患(高脂血症など)• 内分泌疾患(甲状腺機能低下症など) 「くちばしや脚の色が白っぽくなった」場合に考えられる原因 くちばし(嘴)の色は小鳥さんの状態を表すバロメーターになります。 特に文鳥さんではくちばし(嘴)の色がはっきりしているため、健康状態を判断しやすいです。 栄養障害• 中毒疾患(鉛など)• 事故、外傷など• 自咬症(SMB)• 喀血疾患(上部気道疾患、下部気道疾患)• ソノウ疾患• 胃疾患• 腸疾患• 総排泄腔疾患• 腹腔内疾患(腫瘤など)• 内臓疾患(心臓疾患、肝臓疾患、腎臓疾患、生殖器など)• 内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)• 感染症(ウイルス性、細菌性、真菌性、原虫性、寄生虫性など)• 腫瘍性疾患• 自己免疫性疾患• その他の疾患 「お尻から赤いものが出ている」場合に考えられる原因 お尻から赤いものが出る時、血液、腸、総排泄腔、輸卵管など重大な問題が発生していることを表しています。 すぐ病院へおいで下さい。 事故、怪我(総排泄孔)• 羽咬症、毛引き症、自咬症• メスの卵に関係する繁殖疾患(総排泄腔脱、卵管脱など)• 腸疾患(細菌性、真菌性、原虫性、寄生虫性など)• 総排泄腔疾患(感染性、腫瘤性など)• 腹腔内疾患(オス:生殖器系疾患)• 腹腔内疾患(メス:総排泄腔脱、卵管脱以外の生殖器系疾患)• 腹腔内疾患(肝臓疾患、腎臓疾患など)• 腹壁疾患(腹壁ヘルニア、キサントーマなど)• 会陰ヘルニア• その他の疾患 「目をよくつぶる」場合に考えられる原因 人は目をつぶるときに上まぶた(上眼瞼)を主に閉じます。 しかし、小鳥さんは逆に下まぶた(下眼瞼)が動いて閉じます。 小鳥さんも寝る時は目を閉じます。 しかし、目を閉じたままにはなりません。 片目を閉じているのか、両目を閉じているかをよく観察することが重要です。 体調不良(全ての病気)• 眼球疾患(事故、怪我、感染、緑内障など)• 結膜疾患(感染症など)• 瞬膜(第三眼瞼)疾患(感染症など)• 眼瞼(まぶた)疾患(事故、怪我、感染など)• 神経疾患(感染、腫瘤など)• 上部気道疾患(感染症、オカメインコの開口不全症など)• その他の疾患 「吐く(嘔吐)」の場合に考えられる原因 小鳥さんはオスもメスも繁殖期に吐くことがあります。 求愛行動です。 この求愛行動と病気を区別する必要があります。 繁殖期の求愛の場合は対象物(人、同居鳥、同居動物、自分、物など)が存在します。 オスは対象物に食事をあげるため、メスは子育てのつもりで求愛行動をとります。 繁殖期の求愛行動(オス)• 繁殖期の求愛行動(メス)• 食後の激しい運動• 異物、刺激物、中毒物の摂取、誤嚥• 神経疾患(発作など)• 中毒疾患(鉛など)• 口腔内疾患(感染、腫瘤など)• 食道疾患(腫瘤など)• ソノウ疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 頸部疾患(腫瘤など)• 胃疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腸疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腹腔内疾患(炎症、腫瘤、内臓疾患など)• 腹腔内疾患(生殖器系疾患)• 内分泌疾患(甲状腺疾患など)• 下部気道疾患(ウイルス性、細菌性、真菌性、寄生虫性など)• 薬物反応性• その他の疾患 「口(くちばし)を開けて呼吸している」場合に考えられる原因 口(くちばし)を開けて呼吸をすることを開口呼吸と言います。 小鳥さんは口(くちばし)を開けて呼吸をすることはあまりありません。 時に文鳥さんで緊張や興奮で見られます。 しかし、落ち着けば口(くちばし)を閉じて元の呼吸に戻ります。 成長障害(ヒナ)• 栄養障害(主にヒナ)• ストレス• 警戒、威嚇• 興奮(オカメパニックなど)• 温度(高温)• 湿度(高温、多湿)• 中毒(鉛など)• 貧血(出血、内臓疾患、自己免疫性疾患など)• 事故、怪我など• 神経性疾患(発作など)• 口腔内疾患(感染、腫瘤など)• 頸部疾患(腫瘤など)• 上部気道疾患(ウイルス性、細菌性、真菌性、事故、怪我など)• 下部気道疾患(ウイルス性、細菌性、真菌性、寄生虫性など)• 食道疾患(腫瘤など)• ソノウ疾患(感染、腫瘤、など)• 内分泌疾患(甲状腺疾患など)• 胃疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腸疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腹腔内疾患(炎症、腫瘤、内臓疾患など)• 腹腔内疾患(生殖器系疾患)• その他の疾患 「呼吸が早い」場合に考えられる原因 小鳥さんの呼吸が早いのを見分けるのはなかなか分かりづらいです。 重要なポイントが2つ。 尾羽を振りながら呼吸をしている(ボビング) 上を見て(顎を上げて)呼吸をしている(スターゲイジング) 病状が非常に悪い事を表しています。 この症状を見たらすぐ病院へ来る必要があります!!• 成長障害(ヒナ)• 栄養障害(主にヒナ)• ストレス• 興奮(オカメパニックなど)• 温度(高温)• 湿度(高温、多湿)• 中毒(鉛など)• 事故、怪我など• 神経性疾患(発作など)• 口腔内疾患(感染、腫瘤など)• 上部気道疾患(ウイルス性、細菌性、真菌性、事故、怪我など)• 下部気道疾患(ウイルス性、細菌性、真菌性、寄生虫性など)• 食道疾患(腫瘤など)• 頸部疾患(腫瘤など)• ソノウ疾患(感染、腫瘤、など)• 内分泌疾患(甲状腺疾患など)• 胃疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腸疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腹腔内疾患(炎症、腫瘤、内臓疾患など)• 腹腔内疾患(生殖器系疾患)• アレルギー• 発作性• その他の疾患 「咳をする」場合に考えられる原因 小鳥さんの「咳」は「くしゃみ」と非常に区別がつきづらいです。 咳は「ケッケッ、キャンキャン」など比較的、乾いた感じで聞こえます。 くしゃみは「クシュクシュ」など連続して出ることが多い。 ただ、咳でも重度になると「ゲチョッゲチョッ」と湿った音になります。 この時は重度の呼吸障害を伴います。 病状が非常に悪い事を表しています。 この症状を見たらすぐ病院へ来る必要があります!!• 温度、湿度• 吸入中毒(刺激性ガスなど)• 下部気道感染症(ウイルス性、細菌性、真菌性、寄生虫性など)• 内分泌疾患(甲状腺疾患など)• 腹腔内疾患(心臓疾患、肝臓疾患、腎臓疾患など)• 腹腔内疾患(腫瘤、のう胞、腹水など)• 生殖器系疾患(オス腫瘤、嚢胞など)• 生殖器系疾患(メス腫瘤、嚢胞など)• その他の疾患 「飛ばない(飛べない)」場合に考えられる原因 小鳥さんが飛ぶことは非常にデリケートで繊細な行動です。 神経、骨、筋肉どれ1つとっても欠かせないものになります。 さらにそれが上手く連携しなければ飛べません。 何らかの理由で飛ぶことができなくなった時、大きなストレスとなりさらなる病気の原因となることもあります。 成長障害(ヒナ)• 栄養障害(主にヒナ)• 重度に痩せている(食事忘れなど)• 過肥(重度)• 事故、怪我• 中毒(鉛など)• 神経症状(中枢性、非中枢性など)• 関節症(変形性、カルシウム沈着など)• 羽の腫瘤(良性、悪性、キサントーマなど)• 羽咬症、毛引き症、自咬症(FDB、SMB)• 外部寄生虫疾患• ウイルス性疾患(PBFD、BFDなど)• 内分泌疾患(甲状腺疾患など)• 上部気道疾患(ウイルス性、細菌性、真菌性など)• 下部気道疾患(ウイルス性、細菌性、真菌性、寄生虫性など)• 腹腔内疾患(炎症、腫瘤、内臓疾患など)• 腹腔内疾患(生殖器系疾患)• 精神的(心因性)• その他の疾患 「足を引きずる(跛行)」場合に考えられる原因 小鳥さんは歩くときにオウム、インコ類はヒョコヒョコ歩き(ウォーキング)、文鳥(フィンチ類)はピョンピョン跳ねて(ホッピング)歩きます。 脚を何らかの理由で痛めると、バランスを崩した歩き方になります。 また、この時に小鳥さんの立ち姿勢も変化していることが多く見られます。 成長障害(ヒナ)• 栄養障害(主にヒナ)• 事故、怪我、外傷など• 中毒(鉛、薬物など)• 低血糖(フラフラする)• 低カルシウム血症(産卵中、前、後)• 自咬症(SMB)• 関節症(変形性、カルシウム沈着など)• 関節炎(感染性、非感染性、痛風結節など)• 靭帯の損傷• 神経疾患• 代謝性疾患(痛風など)• 腹腔内疾患(炎症、腫瘤、内臓疾患など)• 腹腔内疾患(生殖器系疾患)• その他の疾患 「下にうずくまっている(立てない)」場合に考えられる原因 小鳥さんが下に降りることは命の危険に直結するので、基本的には行いません。 ただ、メスの小鳥さんで発情行動の「巣ごもり行動」や「巣作り行動」または「抱卵行動」としてみられる場合があります。 発情行動(巣ごもり行動)• 発情行動(巣作り行動)• 抱卵行動• 中毒(鉛中毒、薬物中毒など)• 栄養障害• 低カルシウム血症(産卵中、前、後)• 事故、怪我、外傷など• 自咬症(SMB)• 関節症(変形性、カルシウム沈着など)• 関節炎(感染性、非感染性、痛風結節など)• 靭帯の損傷• 神経疾患(発作、斜頚、脊椎疾患など)• 腹腔内疾患(炎症、腫瘤、内臓疾患など)• 腹腔内疾患(生殖器系疾患)• その他の疾患 「よく水を飲む」場合に考えられる原因 一部のコンパニオンバードを除き、多くの小鳥さんは水をあまり飲みません。 水を飲んでいるのか?遊んでいるのか?の区別がつかない場合があります。 その時は便とそれに付着している尿を見てください。 小鳥さんのおしっこは2種類、白い尿酸と、透明な尿です。 基本的に飲んだ分だけおしっこは出ます。 よく水を飲むことによって透明な尿が増えます。 塩土のかじりすぎ• 精神的(心因性、ストレス性など)• 栄養性• 発情性(メス)• 発情性(オス)• 内臓疾患(肝臓疾患、腎臓疾患など)• 代謝性疾患(糖尿病、高カルシウム血症など)• ソノウ疾患(感染、腫瘤、など)• 内分泌疾患(甲状腺疾患など)• 胃疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腸疾患(感染症、腫瘤、異物など)• 腹腔内疾患(炎症、腫瘤、内臓疾患など)• 腹腔内疾患(生殖器系疾患)• その他の疾患.

次の

文鳥がなつく方法って?ペットとしての文鳥の飼い方をご紹介

文鳥 な つく

文鳥は人によく なつく鳥といわれていますが、その反対に、 なつかない、という声も耳にします。 この違いはどこからくるのでしょうか。 文鳥を飼いたいと考えている方にとっては、とても気になることでしょう。 せっかく飼うのであれば、たとえば、手乗り文鳥にしてかわいがってあげたい、と思うことだってあるでしょうから。 実は、文鳥は飼い方に注意すれば誰にでもなついてくれる鳥といわれています。 文鳥はもともと人なつっこい性格の鳥なので、飼い主が愛情をこめて育ててあげれば必ずそれにこたえてくれるからです。 そこで、この記事では「文鳥がなつく方法」について、• 飼い主になつく文鳥となつかない文鳥との違い• 文鳥を飼う際のメリット、デメリット• 文鳥をなつかせる飼い方とその注意点 文鳥をケージに入れたままにしておくと、なつかせることが難しくなります。 文鳥になついてもらうためには、 スキンシップを 頻繁にとることが大切です。 しかし、 ケージに入れっぱなしでは、スキンシップの時間がもてないからです。 また、ケージの中は狭いため、そのままにしておくと、運動不足となり肥満の原因になります。 さらには、同じ場所に居続けることでストレスが溜まり、自分で毛を引き抜いてしまう羽咬症を発症する可能性もあるのです。 そのため、1日のうちに文鳥をケージから出す( 放鳥)時間を 定期的にとるようにしましょう。 放鳥を始めたばかりの頃は、文鳥が飼い主のもとに来ることはないかもしれません。 しかし、何度か放鳥を繰り返すうちに飼い主の腕にとまったりするようになります。 放し飼いにしている文鳥は飼い主との スキンシップの 時間が多くなるので、なついてくれる可能性も高くなるのです。 放鳥をする際に注意したいのは、ケージに戻す際の取り扱いです。 嫌がる文鳥を 強制的につかまえて戻すことはしないほうがよいとされています。 文鳥との 信頼関係が壊れてしまい、次からは手に乗らなくなったりすることがあるからです。 文鳥は賢い動物で、自分がされて嫌だったことは覚えているといわれています。 そのため、なついてもらうためには文鳥が嫌がることはせず、たとえばケージに文鳥が好む餌を用意するとかの方法で、自然にケージに戻ってくる環境を整えることが大切でしょう。 文鳥は飼い主と触れ合う時間が長いほどなつきます。 文鳥は コミュニケーション能力が 発達した 動物です。 そのため、飼い主ともコミュニケーションを頻繁にとりたがるのが特徴の1つともいわれています。 これが、飼い主と触れ合う時間が長いほどなつく理由なのです。 飼い主はそんな文鳥の 特徴をよくつかんで スキンシップをとる時間を多くもつようにしましょう。 個体によってなついてくれるまでの時間は異なりますが、手乗り文鳥にすることもできます。 ただし、どのような場合でも時間をかけることが大切です。 早くなつかせたいからといって、つかまえて無理やり手の上に乗せたりしてはいけません。 まずは文鳥との間に 信頼関係を築くところから始めましょう。 文鳥になついてもらうためには雛から育てるとよい、というのは本当です。 雛の時から時間をかけ、愛情をもって育てることにより、文鳥のほうで飼い主を信頼できる パートナーとしてみてくれるようになるからです。 信頼関係ができれば 手乗り文鳥にすることもできます。 また、いわゆる 握り文鳥となるのはほとんどが 雛から育てたものといわれています。 これに対して 成鳥から育てた場合、人になつくのは 稀だといわれています。 しかし、そう一概に決めつけることはできないようです。 確かに、雛から育てたほうが文鳥の飼い主に対する警戒心も低くなり、なつきやすいのですが、成鳥だからといってまったくなつかない、ということはないといわれています。 成鳥といえど、飼い主が 愛情をもって接していけば、 時間はかかりますが、なつかせることは可能です。 ペットとして文鳥を飼うことを考えた時に気になるのは、どのようなメリット、デメリットがあるのか、ということではないでしょうか。 実際に文鳥を飼っている方々は、世話がしやすい、癒される、といった メリットを強調されます。 その反面、部屋が汚れたり、旅行などの楽しみが制限されるといった デメリットについても言及されます。 しかし、 共通しているのは、その愛らしさと人なつこさがたまらないから、少々のことは苦にならない、という気持ちをもたれていることです。 いくつかあるデメリットを帳消しにしてしまうほど、文鳥を飼うメリットは大きい、ということなのでしょう。 ここからは、文鳥を飼うメリットとデメリットについて解説していきます。 必要なもの 使い方など ケージ ケージには、水入れ、餌入れ、止まり木が基本的にセットされている バードバス 水浴び用の水入れ。 水浴びの好きな文鳥には便利 飛散防止シート ケージの周りに取り付けることで餌の飛散を防止する ケージカバー ケージを覆うカバー。 ケージ内を暗くすることで文鳥を寝かせることができる 小鳥用ヒーター 温度管理のため、必要 巣 つがいを飼って繁殖させたい時に必要 偽卵 無精卵を産む抑止効果があるとされている 餌 文鳥用の餌が売られているので、それを利用 挿し餌用のポンプ 雛から挿し餌で育てる場合に便利 外用の止まり木 放鳥の際の止り木。 台座にフンをすることが多いので、部屋の汚れを抑制できる 文鳥の体温は40度から42度といわれています。 人間と比べて高いため、特に寒さへの対策が必要です。 体温が下がると 免疫力が 低下し、病気になるリスクが高くなってしまいます。 そのため、文鳥を飼う部屋の室温は常に 22度から 25度を保つようにしましょう。 冬などはケージ内にヒーターを入れるなどして 温度が 低下しないように 注意することが必要です。 適切な温度が保たれていないといけないため、暑くなりすぎないようにすることも大切です。 また、外出などで家を空ける際にも冷暖房は切らず、 適温を保つことが必要となります。 少しでも様子がおかしい場合などは、すぐに病院に連れて行きましょう。 のように小鳥専門の動物病院があるので、お近くの病院をチェックしておくと安心です。 文鳥を飼うのであれば、手乗り文鳥にしたいと思う方は多いことでしょう。 そのための方法として、餌を手であげる、ということがいわれています。 手乗り文鳥にするためには、飼い主の手に乗ることに慣れてもらうことが必要です。 そのために餌を手であげるところから始めるのですね。 最初は手をこわがって乗ってこないかもしれません。 しかし、 根気よく続けましょう。 思ったよりも時間がかかることもあります。 そのような時には、文鳥が手をこわがる 理由を考えてみましょう。 たとえば、手で背中から捕まえるのは文鳥が嫌がる行為です。 それによって文鳥が手に 恐怖を感じてしまうのです。 もし、そのようなことを行っているのであればやめるようにしましょう。 そのうえで、手の上で餌を食べるようになるまで待ちましょう。 時間はかかっても文鳥が警戒心をといてなつくまで 気長に待つことが大切です。 手の上で餌を食べるようになれば、 信頼関係ができたと考えてよく、 手乗り文鳥にすることができます。

次の

文鳥が見せる行動!その仕草の意味は?

文鳥 な つく

この記事でまとめたこと• 文鳥とは? 文鳥はインドネシア原産の小型の鳥です。 大きさは15cm程度で、カラーバリエーションが豊富な美しい羽毛を持っています。 人によく慣れ手乗りにもなるので、ペットとして人気がありますよ。 文鳥の歴史は? 文鳥の原産地はインドネシアのジャワ島です。 英語では「Java Sparrow」 ジャワのスズメ と呼ばれていますよ。 400年以上前に野生の文鳥が初めて日本に輸入され、以降は中国を経由してオランダ船で運ばれるようになりました。 一般的な野鳥でしたが、羽毛の美しさに人気が高まりました。 「文鳥」という名前は、中国の言葉で「色鮮やかで美しい模様の鳥」という意味があります。 江戸時代には観賞用として高値で取り引きされましたが、明治時代以降は繁殖が盛んに行われ、今では身近なペットになりました。 文鳥の性格は? オス 明るく活発 メス おとなしい 共通 飼い主さんが大好き さみしがり屋 繊細 明るく活発 オス 個体差がありますが、文鳥のオスは明るく活発な性格が多いです。 メスに比べて気が強くデリケートで、見慣れないおもちゃなどに対して怯えたり威嚇したりすることがあります。 オスは基本的に怖がりなので、静かな飼い主さんが大好きですよ。 最初は警戒されるかもしれませんが、優しく接し続けてあげればべったりと甘えてくれるようになります。 おとなしい メス メスは人懐っこく穏やかな性格が多いです。 触れ合うことも大好きなので、よく遊んでくれる飼い主さんが大好きです。 スキンシップを続けていると愛情が高まって、卵を産むことがあります。 卵は無精卵ですが、そのまま温めさせることをおすすめします。 取り上げてしまうとまた卵を産み体力を消耗してしまうので、注意が必要です。 飼い主さんが大好き 飼い始めは警戒心が強い文鳥ですが、一度飼い主さんを好きになるとその小さな体で精いっぱい愛情表現をしてくれますよ。 部屋に放すと飼い主さんの後をチョンチョンと追いかけてきたり、ピョンピョン跳ねる求愛ダンスをしたりします。 一途な性格なので、飼い主さんがほかの人や鳥と親しくしているのを見ると、嫉妬してその人に攻撃しようとすることもありますよ。 雛は時に遊びで飼い主さんにかみつくことがあります。 遊びだと知らないで振り払うと、飼い主さんを「敵」と思い込んでしまいます。 さみしがり屋 オスメスともに、かまってあげないとストレスがたまります。 信頼していた飼い主さんでも怖がるようになることもあります。 忙しい時でも、ケージの外から声をかけてください。 手が空いたら、ケージから出して遊んであげてくださいね。 繊細 文鳥は繊細な一面も持ち合わせていて、環境の変化に敏感です。 新しい個体を迎えたり、別種の鳥と一緒にしたりすると、縄張り意識から攻撃的になってしまうことがありますよ。 飼い主さんに心を開くまで時間がかかる子もいるので、焦らずじっくり慣らすのがおすすめです。 文鳥にしてはいけないこと 指やペンようなとがったものを向けたり、声を荒げて怒ったりすると、文鳥は威嚇されたと勘違いします。 信頼関係が崩れてしまうので注意が必要ですよ。 文鳥の特徴は? 文鳥には次のような特徴があります。 体温が高い• 水浴びが好き• 鳴き声がうるさくない 体温が高い 文鳥の体温は42度と高温です。 熱帯地方原産で寒さに弱く、少し体温が下がるだけで死に至ることもあるので、冬場は特に温度管理が大切です。 水浴びが好き 文鳥は水浴びをして羽毛を清潔に保っています。 水浴びできないと、体調を崩したりストレスがたまったりしてしまいます。 ケージに水浴び用の容器を入れてあげると喜びますよ。 鳴き声がうるさくない 個体差はありますが、文鳥は他の鳥と比べると鳴き声がうるさくありません。 近所迷惑にならないので、安心して飼うことができますね。 文鳥の鳴き声は? 文鳥は甘えるときに「キュルー」と鳴きます。 誰かに呼びかけるときは「ピッ」と短く強く鳴きます。 「ポポポ」や「ピピピ」はあいさつの鳴き声ですよ。 オスは機嫌が良い時には「ピチューイ」「ピーヨ」などと歌うように鳴きますよ。 スズメほどの大きさですよ。 文鳥は飼育下で様々な品種が確認されています。 どの文鳥も共通してくちばしは固く、先端がとがっています。 色はピンクで、先は白色です。 オスは上のくちばしのつけ根が盛り上がっていますよ。 アイリングは赤色です。 並文鳥 ノーマル文鳥 極めて野生に近いスタンダードな種類です。 体は灰色、頭部としっぽは黒色、ほっぺは白色です。 腹部は薄いピンクで、全身のコントラストがはっきりしていますよ。 ペットショップでの値段は1,500~2,000円前後です。 桜文鳥 並文鳥と白文鳥の掛け合わせで誕生した種類です。 体に白い羽毛が混ざっているのが特徴ですよ。 白いまだら模様が桜の花びらのように見えることが名前の由来です。 一羽ずつ模様が異なるので、個性的な文鳥といえます。 値段は2,000~3,600円前後です。 並文鳥との見分け方は? 並文鳥と桜文鳥はよく似ていますが、羽毛の色で見分けることができます。 並文鳥 あごの下が真っ黒、胸は灰色の一色 桜文鳥 あごの下が白色、胸に白い羽毛が混ざる 白文鳥 名前の通り、全身がつやつやとした白色の羽毛をした文鳥です。 アルビノとは違い、色素を抑える遺伝子の影響で白くなりました。 愛知県弥富町が発祥とされていて、海外では「Japanese Rice Bird」と呼ばれ人気がありますよ。 値段は2,500~3,600円前後です。 シルバー文鳥 1980年代にヨーロッパで誕生した、銀灰色の文鳥です。 頭や胸、翼が銀灰色で、ほっぺと腹は白色です。 個体によって濃淡があり、濃いものを「ダークシルバー」、薄いものを「ライトシルバー」と呼ぶこともありますよ。 寒さに強いのが特徴で、値段は5,000~9,700円前後です。 シナモン文鳥 頭としっぽが濃い茶色、胸や腹、翼は薄い茶色をしています。 「フォーン文鳥」と呼ばれることもありますよ。 1970年代にオランダで誕生した種類で、黒い色のもとであるメラニン色素を持たないために色が薄く、目も赤いのが特徴です。 シルバー文鳥と同じく寒さに強く、値段は5,000~6,500円前後です。 文鳥を飼う前に準備するものは? 文鳥を飼育するには、次の物が必要です。 文鳥の雛の育て方 雛から育てた文鳥は、飼い主さんのことが大好きになります。 雛の育て方にはいくつかポイントがありますよ。 最初は見守る 生まれてすぐの雛は体が弱く寝ていることが多いので、あまり触らずそっとしておきます。 雛の成長に合わせて、徐々にスキンシップを増やしていきます。 温度・湿度管理 雛は温度の変化に敏感で、寒いと死んでしまうことがあるので、小鳥用のヒーターを使って温めます。 乾燥にも弱いので、加湿器や濡れタオルを使って湿度の調節もします。 餌の与え方 雛がひとりで餌を食べられるようになるまでは、飼い主さんが「さし餌」をします。 小さじ一杯程度のあわ玉をお湯でふやかし、人肌程度に冷ましてから、スポイトでのどの奥に流し込みます。 生後1ヶ月くらいになると、自分で餌を食べ始めますよ。 室温の調整 文鳥は暑さと寒さに弱い生き物です。 夏は風通しが良く涼しい所にケージを置き、冬はヒーターで温め体調管理をします。 他のペットの攻撃 文鳥の他にもペットがいる場合は、攻撃されないように気を配る必要があります。 金魚などの水槽は、文鳥が誤って落下しないように蓋をしておくと安心ですよ。 文鳥を飼う時の注意点は? 文鳥を危険な目にあわせないように、いくつか注意することがあります。 部屋に放すとき 文鳥が外に逃げ出さないように、窓やドアをしっかり閉めたあとケージから出します。 好奇心旺盛な文鳥は、あちこち飛び回ったり狭い所にもぐり込んだりするので、目を離さないようにします。 文鳥を怒らせる行為 ペンなどの先がとがったものは、文鳥にとってなわばりを荒らす敵に見えます。 怒って攻撃することがあるので、文鳥の目に触れないようにします。 年をとった文鳥 文鳥は年をとると足の力が弱くなり、止まり木から落ちることがあります。 万が一落ちても大丈夫なように、止まり木を低い位置に移動すると安心ですよ。 止まり木のすぐ下に水入れがあると、落ちた時に溺れて死んでしまう場合があるので注意が必要です。 爪切り 文鳥の爪は少しずつのびてきます。 爪切りをせずに放置しておくと、止まり木をうまくつかめなくなったり、ケージに引っかかって怪我をしたりします。 爪の伸び過ぎが原因で指が変形してしまうこともあるので、健康のためにも定期的に切ってあげると良いですよ。 文鳥の寿命は? かかりやすい病気• 気道炎• 卵づまり• 栄養性脚弱症• 毛引き症• コクシジウム病 気道炎 「細菌やウイルスの感染」「のどの傷」「空気の汚染」「急な寒さ」といった様々な要因がもとで起こる病気です。 咳をしたりのどからプチプチと音がしたりする場合、気道炎が疑われます。 タバコや殺虫剤のような、文鳥の体に悪影響があるものの使用は控えて、栄養のある餌と青菜を与えます。 卵づまり カルシウム不足による軟卵や、輸卵管の血行障害が原因です。 産卵予定日を過ぎても卵を産まずに苦しそうにしていたら、獣医さんに相談してくださいね。 普段からボレー粉などのカルシウムを食べさせると、卵づまりをリスクを下げることができます。 栄養性脚弱症 カルシウムやビタミンが不足した時に起こる栄養障害で、指や足の関節が曲がったり、うまく立てなくなったりします。 若鳥に起こりやすい傾向がありますよ。 十分な栄養を取らせるために、餌をこまめに交換して、青菜やボレー粉といった副菜を積極的に食べさせます。 毛引き症 自分の毛を引き抜いてしまう病気です。 主な原因はストレスや欲求不満といった精神的なものですが、寄生虫が関係している場合もあります。 普段から羽繕いの様子を観察しておくと、毛引き行動にすぐ気づくことができますよ。 コクシジウム病 コクシジウムという寄生虫が腸管に寄生する病気で、フンが水っぽくなったり、餌を食べても太らなくなったりします。 くちばしを半開きにする姿が見られるようにもなります。 万が一感染した場合は、他の個体に近づけないようにして、ケージや器具類は全て煮沸消毒する必要があります。 文鳥の選び方は? 元気で丈夫な文鳥を選ぶには、2つのポイントがあります。 ペットショップの選び方 小鳥の専門知識が豊富で、扱いに慣れているお店だと安心ですよ。 文鳥の出生日や出生地がきちんと明記されているかどうかもポイントです。 色々な種類の鳥と一緒に育てられていたり、ケージが汚れていたりするような所はあまりおすすめできません。 体が大きく体重があり、足の力が強い子がおすすめですよ。 じっとしていたり目をつぶっている子は、体調が悪い可能性があります。 手乗り文鳥 文鳥は雛から育てると「手のり文鳥」になります。 生後1ヶ月までは飼い主さんを「親」と思いますが、1ヶ月以降は「パートナー」として見るようになります。 それまでに信頼関係を築ければ、自然と手の上に乗ってきてくれるようになりますよ。 文鳥はきちんと世話をしてくれる飼い主さんが大好きです。 ケージの掃除はもちろん、毎日水浴びをするので、文鳥用のお風呂も用意してくださいね。 2歳くらいまでの文鳥は気性が荒く、噛みついたりすることもあります。 でも決して大きな声で怒ったりせず、根気よく愛情を注ぎ続けてください。 いつか必ず応えてくれますよ。

次の