スナップえんどうレシピ。 【解説】スナップえんどうの栄養価/簡単レシピ付き/

スナップえんどうのレシピ

スナップえんどうレシピ

ALL RIGHTS RESERVED. 20分• 343kcal• 1965• 4267 鶏胸肉 大根 【A】 おろしにんにく 酒 しょうゆ 片栗粉 サラダ油 【B】 砂糖 みりん しょうゆ 酒 刻みねぎ• 25分• 491kcal• 2406• 5484 かつおのたたき 白菜キムチ 白ごま 刻みねぎ ポン酢 ごま油• 10分• 102kcal• 2206• 4667 トマト 新玉ねぎ 大葉 【A】 ポン酢 サラダ油 砂糖 かつお節パック• 10分• 68kcal• 2540• 5097 アスパラガス 豚ひき肉 薄力粉 【A】 卵 おろししょうが 片栗粉 塩 サラダ油 【B】 ポン酢 砂糖 酒 みりん• 20分• 440kcal• 2935• 5292 スナップえんどう しょうが 卵 塩 こしょう サラダ油 しょうゆ• 15分• 220kcal• 4336• 7819.

次の

スナップえんどうのレシピ

スナップえんどうレシピ

Contents• スナップえんどうとは スナップえんどうは、さやえんどうのようなシャキシャキした食感と、グリンピースの豆の甘みを合わせ持っています アメリカで開発された新しい品種で、成熟しても固くならず柔らかいので、さやごとそのまま食べることができるのが特徴です 市場に出回るようになったのは、1970年代以降と比較的新しい野菜ですが、その手軽さとおいしさから、サラダや和え物、炒め物などに幅広い人気です スナップえんどうは• スナップピース• スナックエンドウ• スナップタイプエンドウ• スナックタイプエンドウなど 色々な名称で呼ばれて分かりづらかったため、 1983年(昭和58年)農林水産省により名称が統一され スナップエンドウ(スナップえんどう)が正式な名称とされました スナップえんどうの成分 スナップえんどうの成分 スナップえんどうに含まれるおもな成分• カリウムなどのミネラル• ビタミンB群(特にビタミンB1やB2)• ビタミンC• 食物繊維• 2度言いますが、 生活習慣病へのリスクを高める動脈硬化を予防する効果が、スナップエンドウにはあるんです 抗酸化作用には動脈硬化を予防する効果もあるのです。 ただスナップエンドウには ビタミンKも豊富に含まれているので注意してください ビタミンKには 止血をする因子を活性化させる効果があるため、ワーファリン(抗凝固剤)の服用者は摂取を注意しなければなりません。 関連記事: 便秘改善効果 スナップエンドウに便秘改善効果がある理由は、 食物繊維が豊富に含まれているからです また, 便秘解消だけでなく腸内環境を整えることにも効果が期待できるので、積極的に摂取したい食べ物です 疲労回復効果 これはスナップエンドウに含まれる リジンの効能です リジンは必須アミノ酸のひとつで、ほかに 肝機能強化する効能やカルシウムの吸収を促進する働きがあります 高血圧やむくみ予防 スナップエンドウには高血圧やむくみを予防する効能もありますが、これは カリウムの効果です 利尿作用があるカリウムが高血圧の防止やむくみの予防や解消に有効なんです スナップえんどうの調理法 スナップえんどうの調理法と言っても ポイントは下ごしらえ、茹で方、保存方法ですね ちゃんと処理すればサラダ、炒めもの、煮物の彩り、パスタなどいくらでも使用法はあります 採れたばかりの新鮮なスナップえんどうは生のままで十分甘くおいしいのですが、今回はスーパーなどで買った前提でお話します スナップえんどうの下ごしらえ 筋取り スナップエンドウは筋が固く、残ると食感が悪くなるため、丁寧に取りましょう とはいえ、スナップエンドウは身が大きく筋を取る方法は簡単です 重要なのは両側の筋を取ることです 先がとがっている方を左に持ち、先を折ったらへたに向かって筋を引きながら取ります そのままへたをカーブしているほうに折り、カーブに沿って反対側の筋を取り除くだけです 茹で方 そのまま食べる場合は約1分半、炒めたり加熱料理に使う場合は約1分茹でると覚えてください スナップエンドウの美味しい茹で方にはコツがあります 色を鮮やかに保つためのコツは1000ccのお湯に対して小さじ1杯くらいの塩を入れることです 筋取りしたスナップエンドウは水分を含みやすいので、茹で上がったらきちんと水分を切りましょう そうすることでべちゃっとした食感になるのを防ぐことができます レンジでチン スナップえんどうは栄養価が高いのですが、 茹でるとせっかくの栄養が溶け出してしまいます 先ほどは茹で方についてお話しておきながら心苦しいのですが、 栄養面でのベストな処理はレンチンです 炒めたりする場合は生のままでレンチンは必要ありませんが、サラダや和え物の場合は平たく並べて500wで1分30秒位を目安に調整してください 水にさらすと栄養価が溶け出しますから禁物です 茹でること自体を全否定はしませんが栄養価を重視するなら、レンジでチンがおすすめです スナップえんどうの保存法 スナップエンドウの保存方法ですが、冷凍保存がおすすめです スナップえんどうは鮮度や栄養価が落ちやすいので 冷蔵保存より冷凍保存に向いているのです すぐに食べてしまう場合はジッパーに入れて冷蔵庫保存で大丈夫ですが、冷凍する場合は 固めに茹でて平らに並べて冷凍する方法がおすすめです スナップえんどうの簡単レシピ スナップえんどうのレシピは他サイトでもたくさん紹介されていますが、せっかくですから簡単なものを3つだけ、ご紹介させていただきます スナップえんどうとベーコンの卵炒め 材料 (4人前)• スナップえんどう・・12本• ベーコン・・・・・・100g• 卵・・・・・・・・・2個• 塩コショウ・・・・・適量• バター・・・・・・・10g• 麺つゆ・・・・・・・20cc 作り方• 筋を取ったスナップえんどうを斜切りにする(そのままでも大丈夫)• ベーコンを3cmほどの拍子切りにする(スライスベーコンでなら少し太めに)• スナップえんどうとベーコンを塩コショウで軽く炒めて取り出す• 加熱したフライパンにバターを敷いて、麺つゆを加えて溶いた卵を流し込み、固まる前に素早くかき混ぜる• 取り出しておいたスナップえんどうとベーコンをフライパンに加え、なじんだら完成です きのこ類(免疫力アップ)やトマト(アンチエイジング)を加えると更に栄養価が高まります スナップえんどうのナムル 材料 (4人前)• スナップえんどう・・10本• 人参・・・・・・・・1cm• 醤油・・・・・・・・30cc• 砂糖・・・・・・・・10g• ごま油・・・・・・・5cc• おろしニンニク・・・好みで• すりごま・・・・・・5g 作り方• スナップえんどうをばらして、さやの部分と人参を細切りにする• スナップえんどうと人参を500wのレンジで15秒加熱する• その他の調味料すべてをボウルに入れてしっかりと混ぜ合わせる• カリウムなどのミネラル• ビタミンB群(特にビタミンB1やB2)• ビタミンC• 食物繊維• リジン(必須アミノ酸) スナップえんどうの効果• 美肌やアンチエイジング効果• 動脈硬化予防• 便秘改善効果• 疲労回復効果• 高血圧やむくみ予防 今回はスナップエンドウの栄養に成分、茹で方、保存方法について解説しました スナップエンドウの調理は下処理とコツを覚えれば簡単です しかし、 鮮度を保つための保存方法や栄養を最大限に引き出す調理方法が大切です。

次の

スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など):白ごはん.com

スナップえんどうレシピ

彩り鮮やか、肉厚&シャキっとした食感がおいしいスナップえんどう。 クセのない味で、子供から大人にまで人気の野菜です。 茹でたり、炒めたりと色んな使い方ができますが、もっとも簡単なのが 「和える」という方法。 スナップえんどうと身近な調味料だけで、バリエーション豊かで立派なおかずができちゃうんですよ! 「家にあるものでパパッと1品作りたい」 「お弁当作りを時短したい」 「深夜に小腹が空いた…今すぐ何か食べたい!」…etc. *** スナップえんどうを電子レンジで加熱する 熱を通すにはレンチンが楽ちん。 買ってきたスナップえんどうを水洗いしてヘタを取り、両側の筋を取ったら… シリコンスチーマーに入れて電子レンジで加熱します。 えんどうの大きさにもよりますが、大体600Wで1分30秒ほどを目安にすると、シャキッとした食感が楽しめます。 20種類以上の調味料の中から、スナップえんどうと相性のいい組み合わせを徹底リサーチ! 味付けを変えながら食べ比べ、ピックアップしたのはこの11種類。 片手でひと掴みほどの量のスナップえんどうに対して、マヨネーズ(約大さじ1)とお好みで塩こんぶを混ぜるだけ。 すでにほんのり塩味がついていますが、物足りない人はしょうゆを少々加えるとよりしっかりとした味に。 ツナは軽く油を切ってから使うとベチャッとしません。 こちらも、しっかりめの味付けが好きな人は、しょうゆと塩をお好みで少々加えましょう。 純和風のおつまみになります。 味変するなら、マヨネーズともごまとも相性のいいしょうゆを2〜3滴プラスするのがおすすめです。 とにかくパクパク食べられて、副菜としてはもちろん、お酒のおつまみにもってこい! 甘じょっぱい味付けが好きなら、ここにプラスで砂糖(約小さじ1)を。 または、さっぱり食べたいならポン酢を数滴加えましょう。 [番外編]簡単おいしい「オイル和え」 マヨネーズやごまなど、不動人気の味付けには及ばないものの、「シンプルなのに意外とイケる!」と盛り上がったのがオイル和え。 味付けは、オリーブオイルと塩ひとつまみ。 超シンプルだけどおいしい! 塩の代わりに塩こんぶを和えてもこれまたGOODです。 (今回はオリーブオイルをご紹介しましたが、ごま油で和えてもおいしかったです〜!) スナップえんどうは加熱してしばらく放置すると、水分が抜けてシワになりやすいので、オイル系の食材で和えておけば、冷蔵保存する時の見た目もきれいですよ。 海苔の佃煮はご飯にのせて食べるのが普通においしい…。 ただ、あともう少しの工夫でおいしくなりそうなポテンシャルはひしひしと感じました。 佃煮とオイスターソースをベースに「こんな風にするとおいしいんだから!」というナイスな情報を発見した方はぜひ教えてください。 *** バリエーションは無限大!お弁当のおかずにもぴったりです レンジでチンして和えるだけ。 これなら誰でも失敗なし!鍋やフライパンを使わなくても、食材を買い足さなくても、簡単においしく食べられるスナップえんどう。 彩りがよく食べごたえもあるので、お弁当のおかずにぴったり。 これからの行楽シーズンにも大活躍してくれるはず。

次の