ドコモ 二 年 契約 機種 変更。 ソフトバンクで機種変更を2年以上経ってからすると損する?得する?

よくある勘違い!機種変更は、2年以内でも違約金はかからない!?

ドコモ 二 年 契約 機種 変更

ドコモのスマホは基本的には2年使ったら機種変更した方がお得です。 なぜなら、大体のスマホは月々サポート対応で 月々サポートは24か月間で終了します。 月々サポートとは、言い換えると割引サポートです。 特定の端末を使う事を条件に24か月割り引くというものなので 24か月たつと割引が終了するので機種変更した方がお得というのがこの考え方です。 契約満了月とは、2年定期契約の料金プランや各種割引サービスの満了を表しており この後、2か月間は解約しても解約金がかからない期間です。 これは機種変更だけではなく、例えば他社への乗換えにも関係します。 この解約満了期間外だと解約金として「9500」円と端末の分割を組んでいる場合は 端末分割の残りがかかります。 この契約満了月後の契約変更期間なのですが以前は1か月間だけだったのですが、 今だと2か月間猶予が与えられました。 例えば2016年2月に新しいドコモの定期契約にしたとしますよね? でしたら解約金がかかる期間が2016年2月~2018年2月までで 2018年3月と4月が契約満了月となります。 「別に新しい契約なんてしたつもりないよ!」 なんて思っている人も多々いるでしょうが機種変更すると月々サポートを利用する為に 新しい定期契約が必要です。 ですので、大体の人は機種変更とともに新しい定期契約をしております。 ここの所、格安SIMへの乗換えを検討する人も多く機種変更以外にも この契約満了期間を気にする人が多いようです。 今回はネットから簡単にドコモの契約満了月を確認する方法をご紹介しましょう。 ドコモの契約満了月を確認する方法 ではさっそくドコモの契約満了月を契約する方法を確認していきましょう。 まずはマイドコモにアクセスしてください。 そのまま、下の方へスクロールしてください。 ドコモオンライン手続きの一覧の中にある ご利用内容の確認・変更を選びましょう! そしてdアカウントでログインしていない人は dアカウントログイン画面がでるので、 dアカウントでログインしてください。 そして登録情報の2ページ目へ進んでください。 そこの1番上にこんなのがあります。 僕はiPhoneXを2018年11月に契約しました。 ですので契約満了月は2020年11月です。 11月の支払い分で月々サポートが終了します。 その後、2020年12月と2021年1月は他社へ乗り換えても解約金が9500円が発生しない期間です。 是非、機種変更やMNPをするならこの期間を理解しとく必要がありますね。 続いては、お得に機種変更する方法やMNPで最高のキャッシュバックを貰う方法をご紹介していきましょう! ドコモで機種変更するなら ドコモでおとくに機種変更する方法をご存知でしょうか? それは最近、様々なところで利用されているオンラインショップを利用するのです。 え、機種変更ってオンラインショップでできるの? なんて声が聞こえてくるかもしれませんね。 そう、ドコモならオンラインショップで機種変更ができちゃいます。 それがドコモオンラインショップです。 今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん 機種変更もできちゃうんです。 ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。 ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。 そんなメリットをご紹介しましょう。 まずは時間的なメリットが大きいです。 ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね? しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。 まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。 続いては経済的なメリットです。 ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。 またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかります。 それがドコモオンラインショップだと無料なんです。 また2018年9月1日(土曜)以降 すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。 ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。 時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。 ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。 色々相談したいという人もいるでしょう。 そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を 自宅またはドコモショップと選べます。 ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。 金額はドコモオンラインショップの安いままで ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ! まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし 詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。 ドコモオンラインショップはこちらです。 ドコモオンラインショップはこちらです。 当サイト限定でドコモオンラインショップで使える割引クーポンを発行してます。 機種限定だったりしますが誰でも使えるのでお目当ての機種のクーポンがないか 是非一度覗いてみて下さいね。 非常におとくです。 最近ではあまり見かけなくなったMNPによるキャッシュバックもありますし、 日本全国どこからでも使えます。 また、同じようなサービスがいくつかあるのですが タイミングによってキャッシュバック金額が変わってきます。 是非、全てに問い合わせをして一番キャッシュバックが高い所で MNPする事をおすすめします。 ではおすすめなサービスをご案内して行きましょう! 条件は全て同じです。 ご紹介するランキングは僕が某話題のスマホでMNPするとしたら実際に いくらキャッシュバックをもらえるかを聞いてランキングにしました。 申し込む機種はもちろん、申し込むプランやオプションなども条件は全て一緒です。 ただ、キャッシュバック金額は時期や機種によってもかわりますので 全てに問い合わせしてキャッシュバック金額を確認して一番高いところで 乗り換え(MNP)するのをおすすめします。 日々のノルマもあるので毎日キャッシュバック金額が変るみたいなんですよね~ ですので、日々確認して貰うのが確実だと思いますよ! メール送りやすいように雛形も用意したので問い合わせは簡単にできますよ! 第1位SoftBank SMART PHONE STORE まず一番おすすめなのは SMART PHONE STOREです。 まだまだSMART PHONE STOREというサービスの知名度は低いです。 こちらサービス開始が2016年と後発なんです。 そんなんでまだまだ知名度低いです。 ただその分、現在力を入れているようでキャッシュバック金額は非常に高いです。 試しに確認したところ、今回ご紹介する中では一番高額なキャッシュバック金額でした! またこのサービスを行っているのが株式会社 ALL CONNECTという会社なんですが 同社が展開するサービスに「モバレコ」なんかあり、 ネット関連、スマホ関連ではかなりの大企業です。 ですので安全面でも問題ないです。 詳しくはこちらでご紹介しております。 第2位おとくケータイ.net 続いては「おとくケータイ.net」です。 こちらはソフトバンクへの乗り換えサービスの中でも老舗なんで知っている人も多いでしょう。 僕も今まではずっとここを押してました。 キャッシュバック金額が高いのはもちろん、実績も多々ありテレビなどでも紹介されていたので 安全性は抜群です。 またソフトバンクとの付き合いが深い為、在庫量が多いんですよね。 昨年iPhone7の在庫がどこにもない時にここにはしっかりあったんですよね~ そんなのもあり押してましたけど、 残念ながらキャッシュバック金額では若干ですが負けてました。 まぁキャッシュバックに関してはどこにも負けない全面対抗といってるので SMART PHONE STOREでキャッシュバック金額を聞き、こちらにぶつけると もっと金額があがるかもしれません。 netも絶対に抑えておいた方がいいですよ。 おとくケータイ. com そして第3位はケータイ乗り換え. comです。 こちらの特徴はネットや電話での申し込みのみでなく、 首都圏では対面で手続きできるのが特徴です。 ですので乗り換え(MNP)したいと思ったら即日可能なのが特徴です。 また対面なんでキャッシュバック金額低いのかと思いきや意外と高いんですよね。 東京や大阪などへ行く事ができる人はここもいいかもしれません。 ケータイ乗り換え. 1つ目ははじめにも書いたけど、複数の会社で金額を確認することです。 1社でも多く確認して、その情報を元に一番高そうな所、金額だせそうな所と交渉しましょう。 おそらく今回ランキング1位の「SoftBank SMART PHONE STORE」が出してくれると思うんですけどね~ 高額キャッシュバックを貰う2つ目の方法は電話をせずに まずは問い合わせフォームから問い合わせをするというものです。 いきなり電話をしちゃうともう相手のペースに引き込まれます。 別にいつ決めてもキャッシュバック金額一緒なのに 今ならこの金額出しますなんて販売トークしてくるんです。 ですので、まずはお問い合わせフォームから問い合わせて 返信をメールで貰いましょう。 そして複数社を比較して改めて連絡するようにしましょう。 そんな問い合わせに使えるフォームを作りました。 在庫はありますか?もし、なければいつ頃は入りそうでしょうか? キャッシュバックの金額や、 毎月の料金、注意事項など教えて頂けますか? 宜しくお願いします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー コピーしてどんどん使ってください。 この2つの方法を使うとキャッシュバックが少しでも高額になると思いますよ! iPhone 8 アイフォン8 やiPhoneX(アイフォンテン)しても貰えるか? 結論からいいましょう。 もらえます。 ちょっと金額書くのは、まずそうだから控えますが iPhone8 アイフォン8 に関しては確認しました。 貰えるそうです。 iPhoneX(アイフォンテン)に関しては問題なく貰えるそうです。 それがMNPの醍醐味なんでしてくれるはずです。 新規の場合は是非、SMART PHONE STOREを使ってみて下さい。 せっかくMNPするなら高額キャッシュバックを是非狙ってくださいね!.

次の

ドコモ機種変更のベストタイミングは存在する?違約金と契約縛りを解説

ドコモ 二 年 契約 機種 変更

ドコモに0円スマホはなくなりました 2019年6月、NTTドコモは基本料金プランを値下げする代わりに、従来適用されてきた「月々サポート」・「端末購入サポート」などの機種割引をすべて廃止しました。 今後ドコモでは今までのような「実質0円」という販売方式は行われません。 2年経つと、割引が終了する 携帯電話やスマホを購入すると、ドコモの場合では「月々サポート」と呼ばれる毎月の割引があります。 ほとんどのユーザーはこの月々サポート(月サポ)を受けて利用し始めることになると思いますが、この月サポは購入後24回分となっており、それ以降は割引が無くなります。 月サポの割引額は契約した回線の種類・プラン・機種によって異なりますが、モデルによっては毎月3000円~4000円近くの割引になっています。 一方、端末本体代金を分割支払いにしていた場合、同じく24回の分割払いが終わるのが2年後のタイミングです。 そのため、2年を過ぎた時の支払い代金がそれ以前と変わっていないように感じても、実は支払額が増えていることもあります。 このような状態になってしまった場合には、機種変更で月サポの付く端末への買い替えをおすすめします。 この状態から下記のリストに掲載した「実質0円以下」の機種へ月サポが適用出来るプランで移行すれば、実質の料金は全く増えずにスマホを新しく出来るはずです。 場合によっては料金は安くなる端末もあります。 2017年6月1日~ ずっと割引が続く docomo with(終了) 本記事を最初に作成した当時は「実質0円」で買えるスマートフォン・携帯電話が存在していたのですが、2016年春からの総務省による機種代金値下げ規制の煽りを受けて、0円を下回る機種が一部を除き無くなってしまいました。 しかし、2017年6月1日から発売開始となる2017年夏モデルの一部の機種を対象に、 新たな機種購入をしなくてもずっと割引が続く「docomo with ドコモ・ウィズ 」という新しい販売体系が適用される低価格スマートフォンの発売が開始されます。 2018年の時点ですでに300万回線以上がdocomo with割引を使っているとドコモは公表(2018年9月3日時点)しており、多くの節約志向の高いユーザーに人気があるとのことです。 お得にドコモスマホを契約したいのなら、新プランが始まる前に購入しておくことを推奨します(すでにdocomo withを適用中の場合、今後も対応プランを継続している限りは割引も続きます)。 2019-2020冬モデル人気No. 1 激安AQUOS sense3 2019年11月に発売され、他の最新ハイエンドモデルをおさえて オンラインサイト上の月間売れ筋ランキングナンバーワンを獲得したのは、ドコモの長期ユーザーにも人気のAQUOS sense SH-01Lの後継機、AQUOS sense3 SH-02Mでした。 旧モデルに比べてCPUの処理能力やメモリ・ストレージ容量を大幅に強化したにも関わらず、価格は旧機種から殆ど変わらない31,680円(2020年1月時点、税引前の価格)という格安スマホです。 2020年1月時点で、 FOMAガラケーからの買い替え時には「はじめてスマホ購入サポート」を適用することで22,000円引き(ウェブ購入時は同額のポイント還元)で買うことが出来る、超特価機種です。 Galaxy A20 SC-02Mの本体定価は21,384円(税込み、2020年1月時点)であるのに対して、はじめてスマホ購入サポート(FOMAガラケーからの買い替え)うを適用すると16,500円値引き(ウェブオーダー時はポイント還元・事務手数料無料)により、 本体実質4,884円の負担で機種変更が可能です。 Galaxy A20は定価も2万円の格安モデルであり、性能の高いスマホではありませんが防水機能あり・おサイフケータイにも対応した、初心者向けには十分な性能と機能を持たせたモデルです。 スマホにこだわりが無い・ガラケーでも困っていなかったというユーザーにはオススメです。 しかも、3年目以降もずっと割引が続きます。 F-03Kでもインターネット・アプリの利用は一般的なスマホと同じように使うことも可能ながら、初心者には携帯電話機種として重要な通話・メール機能にすぐにアクセスできる専用のホーム画面があります。 F-01Lでは花の写真を撮るとAIが種類を判定して日記を付けられるアプリが入っています。 2018年冬モデルとして、従来機種よりも大幅に性能を引き上げることで長期ドコモユーザーにとって長く使いやすいスペックをもたせることにこだわった次世代機 Galaxy Feel2 SC-02LおよびAQUOS sense2 SH-01Lの販売が始まりました。 (左が2017年モデル、右が2018年モデルGalaxy Feel) 2017年モデルの初代Galaxy Feelもコンパクトで使い勝手が良かったのですが、2018年モデルでは流行の縦長ディスプレイをdocomo withスマホでも選べるようになり、最新鋭の高額機種を買うほどにはコダワリがないユーザーでも、軽く動画やゲームを楽しむ程度は誰でも満足できる水準が求められているということで、大画面化&処理能力向上が行われています。 2019年時点では型落ちしたモデルながら、他のdocomo withスマホに比べると処理性能が圧倒的に高く、人気のiPhoneがドコモ回線のまま激安維持も出来るようになります。 新規でも機種変更でもお得に買えるiPhoneということで、初心者にも向いています。 docomo withの割引を月々サポートと同様に24ヶ月間適用した場合を考慮すれば実質3888円(24ヶ月分)、27ヶ月目で0円以下となり、価格面でも有利です。 docomo with回線を使った格安スマホ維持は2019年5月31日まで限定の契約テクニックとなってしまいましたので、docomo with受け付け廃止前に家族・子供のスマホデビューを検討しておきましょう。 05更新] 2年実質価格:docomo with割引(8%消費税時,毎月1620円引き)を月々サポートと同じように、24ヶ月分として本体割引から引いた場合の負担額 2018年第2世代 Galaxy Feel2 SC-02L 2017年に登場し、初のdocomo with対応スマホとして人気があったGalaxy Feel SC-04J の後継機 Galaxy Feel2 SC-02Lが発売されました。 1年前のモデルに比べて画面サイズ・処理性能が圧倒的にアップしており、スマホでゲームや動画を楽しみたい人も格安で使える端末として大幅リニューアルされました。 画面が大きくなった影響でやや実利用可能時間は短くなりましたが、それでもドコモスマホ最長クラスの140時間を誇るコスパ&電池長持ちスマホになっています。 発熱も少なく、同じ機種を長く使い続けたいユーザー向けです。 上記の写真は人気のiPhone 4. 7インチ と画面サイズを比較したものです。 上下の余白部分を細くすることで、本体いっぱいに画面を広げています。 5インチという画面のサイズの割にボディは小さく、軽量に作られているため持ち易さでもdocomo withスマホ随一です。 もちろん防水・防塵、おサイフケータイなどの機能にも対応しています。 他社の最新ハイエンドモデルに比べると低価格スマホであるL-03Kの処理能力は低めとなっていますが、Twitterやインスタグラム、ポケモンGO程度の軽量なアプリの動作ならば十分快適に行えます。 他のdocomo with対象機種の中では少し価格が高いL-03Kは、そのぶん少しだけスペック・機能が良いスマホです。 より詳しいL-03Kのレビュー・評価を見たい方は以下の記事を参照下さい。 2年毎の買い替えに疲弊を感じるのであればドコモ・ウィズ適用機種への機種変更をオススメします。 総務省の規制により、0円以下の表記の機種はほぼ無くなりました。 ここでは過去の簡単な情報のみを一覧にしていますので各機種の機能詳細・価格情報は公式の「」を参照して下さい。 機種名 定価 実質負担 機種発売日 ディスプレイ 重さ バッテリー容量 AQUOS sense2 SH-01L 31,752円 -7,128円 2018年12月14日 5. 5インチ 155グラム 2700mAh arrows Be F-04K 33,696円 -5,184円 2018年5月25日 5. 0インチ 146グラム 2580mAh AQUOS sense SH-01K 30,456円 -8,424円 2017年11月10日 5. 0インチ 148グラム 2700mAh Galaxy Feel SC-04J 36,288円 -2,592円 2017年6月15日 4. 7インチ 149グラム 3000mAh MONO MO-01K 25,272円 -13,608円 2017年11月30日 5. 0インチ 153グラム 2800mAh らくらくスマホ me F-03K 38,880円 0円 2018年2月28日 4. 5インチ 138グラム 2100mAh iPad 第5世代 32GB 57,024円 一括0円 2017年3月25日 9. 7インチ 478グラム 非公開 dtab Compact d-01J 45,360円 -22,023円 2017年5月25日 8. 4インチ 325グラム 4980mAh AQUOSケータイ SH-06G 36,288円 0円 2015年6月26日 3. 4インチ 123グラム 1410mAh ARROWSケータイ F-05G 36,288円 0円 2015年6月19日 3. 4インチ 129グラム 1700mAh arrows fit F-01H 57,024円 0円 2015年10月7日 5インチHD 149グラム 2330mAh AQUOS EVER SH-04G 54,432円 0円 2015年6月19日 5インチHD 139グラム 2450mAh ARROWS NX F-02G 93,312円 0円 2014年11月19日 5. 2インチQWHD 166グラム 3500mAh Xperia Z3 Compact SO-02G 68,688円 0円 2014年11月12日 4. 6インチHD 129グラム 2600mAh GALAXY S5 ACTIVE SC-02G 93,312円 0円 2014年5月30日 5. 1インチFHD 171グラム 2800mAh AQUOS PHONE EX SH-02F 67,392円 0円 2014年1月24日 4. 5インチFHD 120グラム 2120mAh Disney Mobile on docomo F-03F 75,168円 0円 2013年12月13日 4. 7インチHD 147グラム 2600mAh ARROWS Tab F-03G 93,312円 0円 2014年11月8日 10. 5インチWQXGA 433グラム 7840mAh iPad mini4 16GB 62,856円 0円 2015年9月20日 7. 9インチ 298. 8グラム 非公開 dtab d-01G 32,400円 -29,808円 2015年2月26日 8インチWXGA 340グラム 4650mAh ARROWS NX F-04G 93,312円 0円 2015年5月28日 5. 2インチWQHD 155グラム 3120mAh DM-01G 83,592円 0円 2015年5月29日 5. 2インチFHD 149グラム 2920mAh らくらくスマートフォン3 F-06F 64,800円 0円 2014年7月26日 4. 4インチ 150グラム 3000mAh dtab compact d-02H 49,896円 0円 2016年1月20日 8. 0インチ 345グラム 4650mAh dtab d-01H 58,968円 0円 2015年12月17日 10. 1インチ 498グラム 6500mAh arrows Be F-05J 28,512円 -10,368円 2017年6月1日 5. 0インチ 141グラム 2580mAh [更新履歴]2019. 11 ルーター HW-01L追加 2018. 14 docomo with機種の割引を2年分として、0円を下回る機種をリストに追加 2016. 6 d-01H,d-02Hが0円になりました 2016. 18 ルーターHW-02G,L-01Gが一括0円に値下げされました 2016. 11:F-06Fが一括0円に値下げされました 2016. 1 価格改定が行われました 2016. 12:SH-06G,F-05Gが値下げされました 2015. 04 SH-03G,F-01Hなど複数機種が値下げされました 2015. 29 : dtabが値下げされました 2015. 7:arrows fit F-01Hが発売されました ただし、シェア特割への加入が必須 2015. 01:XperiaA4が値下げされました 2015. 30: SH-04Gが値下げされました 2015. 30: F-03Gが0円に到達しました *割引は増えたり減ったりすることがありますので、公式サイトで最新情報をチェックしてください。 *2月26日以降、F-01H,SH-04G,DM-01Gは端末購入サポートの適用によって実質0円から、一括0円へと変わりました。 *2016年3月18日より、F-04Gが実質0円から一括0円へと変わりました。 *2018年3月20日より、iPad 第5世代 が一括0円になりました。 *2019年5月31日を以って新たに月々サポートを使うことが出来なくなります。 [追記] 2019年5月31日、月々サポート廃止が決定 NTTドコモは2019年新料金プランを2019年6月1日から開始することを発表し、同時に月々サポート・docomo with・端末購入サポートなどの新規受付を停止することも確定させました。 月々サポートが廃止されることで、 ドコモでは0円で買える携帯電話・スマホが一切無くなる見込みです。 基本料金自体はたしかに新プランのほうが多少安くなりますが、機種代金負担が2019年6月から激増してしまうので、割引の大きい機種を買うのなら2019年5月31日までに手続きを完了させてください。 月々サポート・一括割引の端末購入サポートが使える最後のチャンスとなる5月後半は契約が大変混雑する可能性があるため、早めの機種変更をオススメします。 もし順番待ちなどが長くて当日契約出来なくても救済措置が取られないかもしれませんので・・・ 「」 親世代のユーザー特典「ハピチャン」(終了) NTTドコモでは29歳以下のユーザーを対象として、特定の店舗・サービスで使える商品引換券・割引券(クーポン)特典の「ハピチャン」を提供しています。 総務省により 「携帯電話の0円販売禁止」を受けて、長期の利用者に対する苦肉の還元策=ハピチャンというわけです。 他社でも似たようなキャンペーンを実施していますが、ドコモで29歳以下のドコモスマホユーザーが対象となります。 長期ドコモユーザーそのものは対象外となりますが、子供や孫世代のスマホ回線で使える可能性があります。 ドコモの一般的なスマートフォン・iPhone向けプランを契約している利用者が対象となり、スマホの画面にクーポンを表示させることで利用が出来ます。 2019年4月のハピチャン特典 2019年4月のハピチャン特典は、ローソンで貰えるおにぎりクーポン(2個)と、dTVの3ヶ月無料特典です。 機種変更手数料が無料化 NTTドコモは同社が運営する公式オンラインストア・ドコモオンラインショップを経由して注文する場合に限り、2018年9月1日より新規・のりかえ(MNP)・機種変更(取替・契約変更)の すべての契約種別において、契約事務手数料を撤廃することを発表しました。 ショップ契約よりも時間が節約できるだけでなく、料金も安くなるオンラインショップの利用方法を覚えて無駄な出費を減らすことが出来るようになりました。 店頭で契約すると何時間も待たされ、ややこしいプラン・契約説明を口頭で長々と伝えられえても把握しづらいと感じることもありますが、オンラインショップなら自分が納得できるまでプランを自由に選ぶことが出来るメリット・操作は簡単でスムーズに入力を行えば誰でも10~15分程度もあれば機種変更が出来ます。 まだオンラインショップを使ったことがなく、店頭で高額な手数料や頭金を支払って損をしている方は、以下の申し込み体験を参考にしてみてください。 「」 【期間・機種限定情報】 2019年6月、ドコモのウェブサイトではオンライン手続き限定値引き・ポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。 期間限定で5,000円相当のポイントが高確率で当たるキャンペーンや、機種限定でポイントや特典が貰えるキャンペーンもあります。 決算期の大混雑する携帯ショップに嫌気が差した方は、ウェブ手続きでお得に、待ち時間無しで機種変更をしましょう。 【抽選特典】:2019年6月1日~30日~ Special Days 抽選で5人に1人、3000ポイントが当たる 【抽選特典】:2019年5月5日~15日~ Special Days 抽選で10人に1人、5000ポイントが当たる 【先着特典】:2019年3月15日~ Xperiaスペシャル(対象のソニースマホを買うと特製ボールペンがもらえる) 【先着特典】:2019年3月18日~Galaxyスペシャル(SC-02Lを買うと急速充電器がもらえる) 【抽選特典】:2019年3月1日~3月31日 AQUOSスペシャル(対象のシャープスマホを買うと1万ポイントが当たる) 関連記事: 【ここより下の情報は古くなっています。 ドコモ以外のユーザーや利用期間の浅いユーザーでもキャンペーン自体には参加できますが、 キャンペーンの特典が貰えるかどうかは長くドコモを使い続けているユーザーほど有利です。 2019年1月31日まで対象の機種をウェブサイトから機種変更すると、dポイントクラブの会員ステージに応じて当選確率がアップします。 長期利用の条件別では、 15年以上のユーザーなら10倍(プラチナ)・10年以上の長期利用者は8倍(4th)です。 初めてドコモを使うユーザーさんにも当たらないわけではないのですが、 当選確率が10倍も優遇されましたので、実質長期利用者用の特典と言っても過言では無いでしょう。 同期間中にはおそらく何十万円もする豪華プレゼントが当たる抽選キャンペーンもやっていますので、ドコモスマホを買うのなら2019年1月31日までの期間に余裕を持って手続きを行ってください。 iPhone6sやXperia Z5, AQUOS Compactなどの人気機種への機種変更に適用される値引きです。 適用機種であれば「月々サポート」と同じ適用条件で割引が聞きますのでハードルが低いです。 最大2万円ほどの大きな値引き施策なので、欲しい機種が安くなっていないか確かめて見てください。 なお、2015年7月からは 過去半年以内に月サポを適用した機種を購入済みの場合、新たに買った端末へ月サポを適用することが出来ませんので、つい最近買い替え済みの方は注意して下さい。 ドコモで4年以上利用しているユーザーは2016年夏モデルスマートフォン5機種を対象に「 感謝のきもちスマホ割」が適用できます 本割引は終了しました。 長期ユーザーのみ月サポが2年合計5184円アップします。 2017年最新情報 2017年4月時点のドコモ向け機種変更では、従来契約プランが小容量(データSパック・シェア5)の契約を行うと月々サポートが減額され、実質負担額が値上がる・家族まとめて割の割り引き対象外になるという仕様でしたが、それらの 条件が緩和されています。 これにより表記上の価格は0円に届かなくても、機種変更時の維持は以前の「実質0円」と同等レベルになることもありますので、お買い得な機種を選んで購入してみましょう。 カテゴリー• 192• 164• 132• 132• 1,053• 318• 260• 117• 2 最近の投稿• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より• に ちゅん より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

スマホの変え時・機種変更はいつ?2年?

ドコモ 二 年 契約 機種 変更

あなたはこの2つをドコモと 「約束」をしているので、約束を破ったら罰として「違約金」を取られるか「割引を終了」されてしまいます。 つまりドコモを解約しなければ違約金が発生することはありません。 では、この「月サポ」についてもう少し掘り下げていきましょう。 一見すると、割引が入るのでお得なように感じますが、この割引の「キモ」は、 分割払いが終わっても支払う料金が変わらないという点です。 例えば 24,000円の掃除機を24回の分割で買った場合、毎月1,000円を24ヶ月間で払うので、25ヶ月目からは0円で掃除機を使い続けることはできますよね。 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 … 24ヶ月目 25ヶ月目 26ヶ月目 … 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 0円 0円 … そうです。 私達の常識では 「分割」はいつかは支払いが終わるのが普通なんです。 しかし、スマホの場合はどうでしょう。 例えば 120,000円のスマホを24回分割払いにして、毎月5,000円を払うと仮定します。 そこに毎月の通信料5,000円を加えると、あなたが毎月払う金額は10,000円ですよね。 上で挙げた掃除機の例をスマホに当てはめると、 普通は以下のような支払いイメージになると思います。 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 … 24ヶ月目 25ヶ月目 26ヶ月目 … 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 5,000円 5,000円 … 端末の分割払いが終わっているのであれば、25ヶ月目からは通信料の5,000円だけで良いはず。 しかし、実際は以下のような支払いをしています。 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 … 24ヶ月目 25ヶ月目 26ヶ月目 … 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 … 分割払いが終わっても、ドコモに支払うお金は減っていない! 何故このような意味不明な状況が成立しているのでしょう? 実は分割終了時点で支払う金額が値上がりしている この状況が成立している理由は、スマホ購入時に契約した 「月サポ(月々サポート)」が原因。 月サポは端末代金の分割払いが終わる24回まで通信料の割引をするけど、支払いが終わった25回目からは割引が無くなるので、通信料の割引が0になり、 結局ドコモに支払う金額は変わらないんです。 本来なら端末の分割払いが終わると、支払う金額は安くなると考えますが、スマホは掃除機と違い毎月の支払額は変わりません。 「掃除機は電波を使わないから当然」「支払い金額が変わらないなら使い続けても良いじゃない?」と思うかもしれませんが、では「分割」ではなく「一括」で支払った場合で考えると、衝撃を受けるはずです。 「分割」ではなく「一括」で支払ったらどうなる? もう一度上のスマホの例を使うと端末代は120,000円。 これを 一括で払ったと仮定します。 端末の残債は0円となり、通信料10,000円に5,000円の割引が24回入るので、毎月5,000円を24ヶ月間払います。 ではこのまま25ヶ月目を迎えたらどうなるのでしょう・・・? 25回目以降になると通信量の割引が終わるので… なんと、 毎月の支払額は10,000円に戻ります!既に端末代金は完済しているのに、この価格が永遠に続くんです。 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 … 24ヶ月目 25ヶ月目 26ヶ月目 … 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円 10,000円 10,000円 … まぁ、この金額は敢えて計算しやすく数字を揃えた「例」ですが、一括払いの支払いイメージとしてはこんな感じです。 裏を返せば、ドコモは「2年経ったら機種変更してね」というメッセージを暗に含んでいることが分かります。 「月サポ」の機種変更は25ヶ月目がベストタイミング 前置きが長くなりましたが、「月々サポート(月サポ)」を契約している人が機種変更をするベストタイミングは、 「24回の支払いが終わった直後」です。 理由は上でも説明した通り、割引期間が終わって通常の価格に戻るから。 月々サポートの金額は機種によって異なり、毎月1,500円~2,500円の割引が入りますが、24ヶ月前に機種変更をしてしまうと割引がストップしてしまいます。 以上のことから、無駄なくすべての割引を受ける事ができる 「25ヶ月目」に機種変更をするのがベストタイミングなんです。 ただし、端末購入サポートの注意点としては、12ヵ月の継続契約が条件になっているので、 1年以内に機種変更をすると高額な割引額返還(解除料)が発生します。 自分の2年契約はいつまで?更新月を調べる方法 自分のスマホの契約年数(月数)や、「月サポ」「端サポ」の加入状況については から簡単に確認することができます。 また、WEBの操作が不慣れな方は電話でも確認することができます。 ドコモの携帯電話から:151 ドコモ以外の電話から:0120-800-000 電話する前に、契約電話番号と4桁の暗証番号を準備しておくと、オペレーターとの話がスムーズに進みますよ。 docomo withは対象機種が変わると割引終了に 2年縛りというテーマからは少し外れますが、現在ドコモwithの対象機種を使用して毎月1,500円の割引を受けている場合、対象機種以外の機種に機種変更をすると、割引が終了してしまいますので注意が必要です。 ドコモwithは24回という制限がなく、対象機種を使い続けている限りずっと割引が続くのが最も大きな特徴。 もし、今後も引き続きドコモwithの割引を継続させたい場合は、 新しく変える機種もドコモwith対象機種から選ぶようにしましょう。 最近はiPhone7などの人気機種もドコモwithの対象機種に含まれるなど、豊富な種類からお気に入りの機種を選べるように鳴りました。 いま機種変更をしておけば、今後も1,500円の割引は継続するので、早めにチェックをしておきましょう。 関連記事 2年目以降は「フリーコース」すると解約金の心配無し 「晴れて2年縛りが終わったのに、翌月から再び2年縛りに入るのは嫌!」 「でも今すぐにドコモを解約したいわけじゃない!」 という方は 「フリーコース」で契約をすることもできます。 フリーコースで契約をすると、以降は解約金がかからないので、自分の好きなタイミングでドコモを解約(他社への乗り換え)することができます。 ただし、フリーコースに入ると 「更新ありがとうポイント」と「ずっとドコモ割」の割引サービスが適用されなくなるので、「これから2年以内にドコモを解約する予定」という方以外は、今まで通りの契約内容で使い続けたほうが良いと思います。 機種変更をするならオンラインショップがお得 機種変更をする際、ドコモから出なければ「2年縛り」や「解除月」の違約金は発生しないので、基本的には無視しても構いません。 ただ「月々サポート」や「端末サポート」などの割引サービスに契約している方は、機種変更のベストタイミングがあります。 「月々サポート」・・・25ヶ月目 「端末サポート」・・・13ヶ月目 上で書いた記事を参考に、少しでもお得に機種変更をしてくださいね。 また、機種変更はドコモショップよりも、 ドコモオンラインショップが超オススメです。 ショップで必ず取られる 頭金や事務手数料(約13,000円)は完全に0円なので、支払いは端末代金のみ。 待ち時間も無いので自分の好きな時に機種変更をすることができます。 あまり知られていないのですが、ショップ店頭の表示金額には 「頭金」と 「事務手数料」が含まれています。 頭金の金額は店舗により差がありますが、約1万円~2万円が一般的。 ここで厄介なのが、ショップでは手数料に「頭金」という名前を付けていること。 スマホの場合はいくら頭金を支払っても端末の分割金額が減りせん。 車や住宅ローンの頭金と同じに考えると、結果的に多くの手数料を取られてしまいますので、手続きをする場所は慎重に選びましょう! ちなみにオンラインショップスマホを購入した場合は、この頭金が 無料。 ドコモであれば事務手数料も 無料になりますよ。

次の