ウォシュレット 感染。 新型コロナはウォシュレットでも感染する?医師が勧める3つの対策(bizSPA!フレッシュ)

新型コロナウイルスでもっとも危険性が高いのがトイレ感染!?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

ウォシュレット 感染

今や日本のトイレにはなくてはならない存在となったウォシュレット。 中には、ウォシュレットがなければ用を足すことができないという方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、ウォシュレットについて詳しく説明していきます。 メリットとデメリットはもちろん、そもそもウォシュレットってどういうもの?どのような種類があるの?水漏れや詰まりのリスクは?など様々な疑問にお答えしていきます。 [PR] ウォシュレットとは 皆さんが普段、ウォシュレットと呼んでいるものの正式名称は、温水洗浄便座。 では、なぜウォシュレットと呼ばれているのかというと、温水洗浄便座のうち、大手住宅設備メーカーのTOTOが製造している商品名がウォシュレットで、この言葉が世間に広く知れ渡ってしまったからです。 この「ウォシュレット」という商品名は、商標登録されているので、他の企業は使用することができません。 同じく「シャワートイレ」というのは、同じく住宅設備メーカーのLIXILが商標登録している商品名です。 ですので、本来は温水洗浄便座という言葉を使った方が正しいのですが、一般的に「ウォシュレット=温水洗浄便座」といったかたちで認知されているので、このページでは、ウォシュレットという言葉を使って説明していきます。 ウォシュレットの種類 ウォシュレットには、大きく分けて貯湯式と瞬間式の2つに分けることができます。 貯湯式とは、その名の通り、洗浄に使う温水を一定量、タンクの中に貯めておいて、必要に応じてその中からお湯を使用する方法です。 特徴は、瞬間式に比べると製品の本体の価格が安い一方、常にお湯を温めておかなければならないので、電気代が高くなってしまうことです。 瞬間式は、使用する時に水を瞬間的に温めてお湯を沸かす方法。 その都度、温めているので、連続で使用しても、お湯がなくなる心配がありません。 ただし、ウォシュレット本体の価格は割高になってしまいます。 使用方法 ウォシュレットは、他人が使用しているところを見る機会はほとんどないので、自分の使い方が合っているかどうかわからず、それぞれが思い思いの方法で使用していると思います。 今回は、メーカーが発表している使用方法を紹介していくので参考にしてみてください。 まずはじめに、用を足し終わったらお湯で肛門を洗います。 その後にトイレットペーパーで水分をふき取り、最後にもう一度、お湯で流し、乾燥させたらおしまいです。 最初にトイレットペーパーで拭いてしまうと、便が括約筋のシワの部分に入り込んでしまうため、まずはお湯で流してしまいましょう。 お湯の洗浄時間の目安は10秒程度。 あまり長くお湯をあててしまうと粘膜がなくなってしまい、周囲が切れやすくなってしまうので注意が必要です。 メリット では、ウォシュレットのメリットを紹介していきます。 トイレットペーパーで拭く回数を減らせる ウォシュレットを使うと、ある程度、便をお湯が洗い流してくれるので、トイレットペーパーで何度も拭く手間を省くことが出来ます。 また、力強く拭く必要もないので、肌を傷つける心配もなく、痔などの病気を抱えている人も患部に刺激を与えずに洗浄することが可能です。 感染病の予防につながる 人体に影響のあるノロウイルスは、便の中に含まれ、空気中を浮遊します。 ですので、できるだけ便に手を近づけないことが予防につながりますが、ウォシュレットだと先に便を洗浄してしまうので、ほとんど便に手を近づけることなく用を足すことが可能です。 デメリット それではデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか 自分の便を観察する機会が減る ウォシュレットを使うと、トイレットペーパーに便がほとんど付着しないため、きちんと拭けているかどうか確認することが少なくなります。 場合によっては、自分の便を一切、見ないまま水を流してしまうというケースも少なくありません。 便には、血便など便によって自分の体調の変化に気づかせてくれるという役割があります。 そのような機会がなくなると自分の体調が分からないということがあるので注意しましょう。 価格 ウォシュレットの価格は、貯湯式だと安いもので1万円台から購入することができ、瞬間式だと2万円台からとなります。 ただし、先ほども説明しましたが、電気代は貯湯式の方が高くなるので、本体価格だけでなく電気代も計算しながら購入するのがおすすめです。 水漏れのリスク度合い ウォシュレットは、一般的な洋式トイレのオプションのようなかたちになるので、ない場合に比べると、水漏れのリスクは当然、高くなります。 しかも水周りにある電化製品で、貯湯式だと常に水が貯まっている状態なので、こまめに点検をするのがおすすめです。 つまりのリスク度合い ウォシュレットが便器ではないので、つまりのリスクはほとんど変わりません。 むしろ、ウォシュレットを使うことで、使用するトイレットペーパーの量が減るので、どちらかというとつまりのリスクは減少します。

次の

マスクより大事!携帯用ウォシュレットで命を守る!

ウォシュレット 感染

「んーそんな深いかな?この話…」 そもそも、肛門のまわりには、腸内にバイキンが侵入しないように粘液が分泌されてるんだけど この雑菌から守ってくれるはずの大切な粘液を ウォシュレットで綺麗さっぱり洗い流しちゃってる不届き者が多いみたいなんだ。 これはやり過ぎると、大腸炎や直腸炎といった病気になることもあるので笑えないね。 また、女性の場合『ビデ』で洗い過ぎると 膣を酸性に保って綺麗にしてくれてる善玉菌 『デーデルライン乳酸菌』を洗い流してしまって、細菌性膣症にかかる女性も増えてる。 特に妊婦さんの場合は、流産や早産に繋がるリスクも上がるので注意してほしいんだよ。 よく考えてみてほしいんだ。 ずっとタンクに溜まってたウォシュレットのお水がどれだけ雑菌まみれか・・・ ノズルも一応洗浄機能はついてるみたいだけど完全に綺麗になってはいない事が多い。 つまり、このノズルからタンクに病原体が入り込んでる可能性が高いんだ。 もし、そんな雑菌の入ったお水をコップに注いで『飲んで』と頼まれたらどうだい? まぁ、断るだろうね。 でも、それを下の口から摂取してるようなもの・・・ 病原体だらけの水が、君の体内に直接入り込んでくることを想像してほしい。 オエーーーー!!!って感じでしょ。 笑 100歩譲って、それが綺麗なお水だったとしても 前途したように、そもそも必要な粘液までも洗い流してしまってることは自覚しておいてね。 これはもうね・・・ そもそもの使用目的からも外れてしまってるからね。 笑 もう、そういうお店いってらっしゃいw しかし、意外にこの変態プレイにはまってしまうと抜けられなくなるようなので要注意。 あとね、水圧マックスのままにされると、次に使う人がビックリしちゃうからね。 せめて元に戻してからトイレを立ち去るように。 確かに、一時的にみれば、肛門の筋肉を刺激することで便を促す効果はあるだろう。 ただ、これを続けていると、自然と排便する人体が持つ機能を更に低下させてしまい ウォシュレットをしないとウンコできない体になってしまうのだ! 便秘だからと言って、ウォシュレットに甘えることなく 自力で元気よくブリブリ踏ん張りたまえ! ウォシュレットの正しい使い方とは 基本的には、使う必要すらないと思うが・・・ どうしても使う場合には、水圧は弱めで数秒当てる程度で十分だろう。 そして、肛門の中心に直接当てるのではなく あくまでも肛門の周囲にだけ当て、すぐにやさしく拭き取る。 これが、本来のウォシュレットの使い方らしい。 (まぁ、私は使わないけど・・・。 ) ちょっとくらいウンコがこびりついてるくらいが健康的なのよ! お尻に限らず、基本的に過度な洗浄は逆効果になることが多い。 手を洗いすぎると、細菌をバリアしてくれる常在菌まで洗い流してしまい、かえって雑菌が増えることも有名だ。 以前、福山雅治やタモリさんが、シャンプーやボディソープ類を一切使わないと 俗にいう『タモリ式入浴法』がメディアで取り上げられ、話題になったりもしたよね。 実は、私ももう2年近く、洗顔もシャンプーもボディソープも使っていないんだけど 以前より、肌の調子もいいし、長髪なのにフケやかゆみも全然ないんだよね。 毎日シャンプーしてるお父さんたちがハゲ散らかってて お風呂に入ってないはずのホームレスにハゲが少ないという矛盾にそろそろ気付こう。 笑 僕らは大企業が商品を売りたいがための宣伝広告(洗脳)にまんまと流され過ぎてはいないだろうか? 特に、最近ではやたらと除菌、除菌、除菌、除菌・・・・ とにかく一方的に菌を排除しようとする『除菌』の押し売りには要注意だよ、みんな! 幼少期、そこそこ汚い家で育った子供のほうが健康で強い体だったり。 無菌状態に慣れすぎた人体ほど脆くなるものね。 見てみてよ。 ドブネズミやゴキブリがどれだけたくましいことか。 だからもう神経質になりすぎず、ケツだってちょっとこびりついてるくらいで健康的でいいんだよ! まず、人体端末理論的には、ウォシュレットの必要性は全くない。 それどころかマイナスしかないからね・・・ TOTOの『お尻だって、洗ってほしい。 』というキャッチコピーを聞いて きっと全国のお尻たちは、全力で首を横に振っていただろう。 べつにそんな事言った覚えねーよ!ってね。 (おしりの首って意味わかんないけどねw) アナファンとは? ついに封印が解かれた。 コロナ後の脱city文明の世界線。 つまりアナファンとは「アナザフロンティア」なる文明開化を待ち望むファンの略称である。 そしてキミと僕らにかけられた都市伝説のホンモノのアンサー、コロナマトリックスの封印を解くピースが集まっている、SONKYOZINEのメンバー限定ページだ。 このコロナマトリックスから逃れキミの封印を解くか? 元の世界に戻るか? キミの時空を切り替える鍵は、キミがずっと探していた、この先の師匠や仲間たちがヒソカに持っているとしたら….

次の

温水洗浄便座の使い過ぎは危険?デメリットと正しい使い方 [医療情報・ニュース] All About

ウォシュレット 感染

感染拡大の理由が判明!ヒトからヒトへ、ではなかった! 日本政府、そして都や県知事など行政トップが非常事態宣言を通じて感染拡大を防ごうと努力しています。 だがしかし、これだけ不要不急の外出制限をしているにも関わらず、感染者発生は増えるばかり。 どうして、対策の効果が現れないのでしょうか? これについて、米国の医師、日本の医師の間で、ある仮説が信憑性をもって語られています。 こういうと、デマにあたると指摘されそうですね。 日本の「武田邦彦さん」がブログ投稿して、この説を証明しようとしています。 その節とは ヒトからモノへ、ウイルスは移り、そしてモノからヒトへ感染する。 職場や自宅での生活で、 感染者から距離を置くことが重要になっていましたが、実際に ヒトからヒトに移るケースは10パーセントほどだったので す。 つまり、感染者が触ったものに触れると、コロナは感染したのです。 コロナウイルスに最も感染しやすい場所はどこなのか? それは、ズバリ、 トイレなのです! 職場や家庭で今すぐやるべき対策について、まとめました。 ところが、 糞便を介した感染拡大について 新たな見解が出てきました。 カリフォルニア大学リバーサイド校の生物工学者であるJiayu 准教授の 指摘です 出典ニュースリリース訳by牧ノ瀬雅明氏)。 感染者のせきによる飛沫感染や、汚染された表面に触った手で目、鼻、口を触ることが新型コロナウイルスの主な感染経路であることは疑いようありません。 それに加えて、トイレの使用について日本国内でも医師が警鐘を鳴らし始めました。 では具体的な対策を見ていきましょう。 一番必要なことは、勤め先や自宅、さらに外出先でのトイレの使用の際に「ウォシュレット」の使用を一時的にやめることです。 2003年、香港のアモイガーデンという集合住宅では、下痢の症状を呈したSARS患者がトイレを使ったことで、下水管を通じてが報告されています。 香港の場合はウォシュレットの設置のない集合住宅でしたが、日本国内で一般化した「ウォシュレット」は新型コロナウイルスを糞口経路によって感染させる可能性があります。 まずは、感染拡大の危険性が収束するまで、職場、家庭、そして外出先での 「ウォシュレット」の使用をストップしましょう。 なぜなら、最も感染源となるものが残されているからです。 それは、ズバリ、 タオルなのです。 トイレに限らず、職場や家庭での手拭きタオルの共同使用を中止しましょう。 「使いまわしのタオルは使わないように」との周知を身の回りで起こすことも大切です。 使用後に水を流す際、その水しぶきは2メートル周囲にまで飛び散ることもあアリます。 特に大人より身長の低い子供の場合、水しぶきによって飛沫感染してしまう恐れがあります。 必ずフタを閉めてから流すように心がけてください。 その場合、次亜塩素酸水 で手洗いをするようにしましょう。 「次亜塩素酸水」は厚生労働省の食品添加物として認められる電気分解方式で調製された微酸性次亜塩素酸水で、家庭向けに販売されている商品にも同じものが多くあります。 「次亜塩素酸」系のもので、家庭であるものも使えます。 具体的には、漂白剤として用いられる消毒殺菌剤です。 商品名でいうとほ乳瓶洗浄用の「ミルトン」や「チュチュベビー」をはじめ、漂白剤でおなじみの「ハイター」「ピューラックス」「ブリーチ」などが該当します。 ただし、除菌シートなどは手のしわの間には届かないため、手洗いをしたほうが効果的とのことです。 食器類は食器用洗剤で充分除菌可能ですが、できれば食洗機も使うことをお勧めします。 本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。

次の