岩手 県 コロナ なぜ でない。 コロナ感染者がいない県の理由は?最新都道府県別ランキングから考察

岩手県に新型コロナウイルス感染者がいない(ゼロ)のはなぜ?隠蔽や検査拒否の実態を調査│めでぃらぼ

岩手 県 コロナ なぜ でない

Contents• ・岩手県の病院が検査拒否している ・人口密度が圧倒的に低いため ・県民の一人一人が感染しないように気をつけている それぞれ一つずつチェックしていきましょう。 そしておそらく、そのような情報は表には出てこないでしょう。 検査拒否ではなく、検査の体制が整っていないという意見もあります。 どちらにしても、検査数が少ないのは間違いないようです。 Livedoorニュースに具体的な数字は公表されていましたので、ご覧ください。 岩手県によると、8日までに県内で実施したPCR検査はわずか127件で、岩手より人口が少ない鳥取県と比較しても検査数で劣る。 感染していても発症していない人らがいた可能性について、三浦課長は「可能性は完全に否定はできない」と述べた上で「重症者がいれば必ず情報が上がってくる。 その報告はない」としている。 これがすべての理由であると断定はできませんが、1つの理由としてありうるのではないでしょうか。 以下、 Livedoor ニュースに掲載されていたコメントです。 専門家にも意見を聞いてみた。 感染症に詳しい「けいゆう病院」(横浜市)の菅谷憲夫医師は「人口がまばらで、東京や大阪など都市部との行き来も少ない。 感染者が出ていない理由として、間違いないだろう」と話す。 その上で、都市部を中心に人から人への感染が拡大していると指摘し、「ウイルスは風に運ばれて人に感染するわけではない。 人同士の接触が少ない県は、当然感染のリスクも低くなる」と見解を示した。 実際、岩手県は日本の中で、2番目に人口密度が低い県です。 (ちなみに一番低いのは北海道です。 ) 以下、人口密度の低さを下から見た表です。 43位:島根県(100. 46) 44位:高知県(98. 21) 45位:秋田県(83. 00) 46位:岩手県(80. 29) 47位:北海道(66. ちなみに人口密度がトップの東京は、1平方キロメートル当たり、 6,354人が住んでいる計算になります。 人口密度をばかりが、人と人との接触が少ない理由にはなりませんが、一つの目安として考慮することはできるでしょう。 岩手県は新型コロナウィルス感染者がまだ確認されていない。 人口密度が低いとか、検査体制が整っていないとか色々いわれてますが、自治体や住民一人ひとりの予防意識はすごく高いのも事実。 また、注意深い・控え目・周りに気を使う・・・こんな性格の人が多い県民性も理由のひとつじゃないかな?。。 大型商業施設が少ない。 他県から人が集まるような催し物がほとんどない。 車社会。 米や味噌汁中心。 根野菜や山菜。 出歩かない。 あまり喋らない。 緑が美しく空気がキレイなとこです。 コロナ落ち着いたら皆さん来て下さい。 — 藍色 DCVibBUwxxhRedH 確かに、東北に住んでいる人の人間性としては、「控え目」であるとか、「注意深い」といった性格があるのでしょう。 それに、自然が多くて空気がきれいなことも間違いないと思います。 岩手県に感染者が出ていないことを知って、岩手県に避難しようとする都会人もいるようですが、おそらくごく少数派でしょう。 つまり、人の出入りも少ない県だといえるのです。 人との接触が多ければ多いほど、新型コロナウイルスの感染する可能性は高くなってしまいますので、 あまり人と接触しない岩手県民が、感染しにくい状況にあるのは間違いないでしょう。 最近ハニー&ヨーグルトにハマっておりまして。 栃蜜が終わっちゃったのでりんご蜜を買ってきました😊 岩手も養蜂が盛んで、蜂蜜屋さんが多いんですよ。 実はこれがコロナウイルスに強い理由だったりして。。 食べ物の種類によって新型コロナウイルスに打ち勝てるのであれば、これほど簡単な話はありません。 でも、可能性がないわけではないんですよね。 もし、はちみつが新型コロナに効くのであれば、お店ではきっと買い占めが起こってしまうでしょうけれど。 そもそも、感染している人はいるけれど、表に出ていないだけの可能性も十分にあります。 いずれにしても、いつかは岩手県からも感染者が出てしまうでしょう。 大切なのは、一人一人が自覚を持って行動することで、爆発的に感染者数を増やさないようにすることですね。 よろしければ以下もどうぞ!.

次の

コロナ感染者がいない県の理由は?最新都道府県別ランキングから考察

岩手 県 コロナ なぜ でない

岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのはなぜ? 岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのはなぜか、その理由を知るには岩手県が持つ特徴や個性を知ることがポイントといえます。 寒い気候や広い面積、豊かな自然など岩手県の特徴はたくさんありますが、新型コロナウイルス感染者がいないことと必ずしも結び付くものでもありません。 そんな岩手県で新型コロナウイルス感染者がいない理由として、次の3つが考えられます。 岩手県の人口密度は、下のように全国で北海道に次いで低い都道府県になっています。 これによって感染リスクが高まるといわれる「密閉」「密集」「密接」の3密の状態に他県よりなりにくいといえます。 じゃ北海道はなぜ多いのかという声が聞こえてきそうですが、北海道は札幌雪祭りの時に春節で中国人が大挙押し寄せたことが原因として考えられます。 人口密度(人/㎢) 1位 東京都 6,354. 79 2位 大阪府 4,631. 03 3位 神奈川県 3,807. 54 : 46位 岩手県 80. 29 47位 北海道 66. 93 さらに岩手は北上山地を中心として内陸と沿岸の2つに大きく分けられていて、人の移動も少ないことも理由にひとつといえそうです。 お上からお達しがでたことには素直に従う県民性でもあり、よく指示を守っています。 また、緊急事態宣言が発令される前から新型コロナウイルスに対しては警戒感がありました。 ここ数か月、テレビでは毎日、朝から晩まで新型コロナウイルスの話題で溢れていますから岩手にいつ入ってきてもおかしくないと感染予防に努めてきたことも功を奏してきたといえるでしょう。 今の日本社会のこれだけ人・物の行き来が激しい時代において、岩手だけ新型コロナウイルス感染者がいないというのはどうしても考えづらいことです。 岩手県の人口は現在、約122万人なのですが、そのうち約30万人が県庁所在地の盛岡市に集中しています。 北東北の玄関口で人の往来も多い盛岡市で新型コロナウイルス感染者がいないのは、もはや運がいいといいとか考えられません。 岩手県民も薄々はどこかにいるはずだと思っていますし、運が占める要素が強いのかなと思っています。 岩手の新型コロナウイルスの検査数 新型コロナウイルスの国内での感染拡大以来、問題となっている日本のPCR検査数ですが、医療崩壊を防止するという目的ですべての方に実施してきませんでした。 世界から見ても日本のPCR検査数はかなり少ないですが、そんな中で 岩手県のPCR検査数は全国最小の302件です。 (4月27日まで) 人口に対する検査人数においても0. 008%と全国最低となっており、次いで低い福島県の0. 018%と大きな差があります。 上述した人口密度の低さも影響しているので一概には何とも言えませんが、このような検査数の少なさが感染者がいないことに影響しているのではないかという声もあります。 医療崩壊を心配して検査の申し出を控えていたとすれば話は別ですが、新型コロナウイルスに感染したと疑われる症状がないということであれば、岩手の新型コロナウイルスの検査数の少なさも納得できる数字というところでしょう。 岩手の新型コロナウイルス感染者~まとめ 今回は、岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのはなぜか、検査数は十分なのかなどについて見てきました。 岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのは、人口密度の低さ、まじめで実直な県民性、そして運がいいということが理由としてあげられます。 また、岩手はPCR検査数が全国最少となっていますが、この検査数の少なさが感染者数ゼロに影響しているかどうかは何ともいえないところです。 岩手県民も感染者はいるはずだと思っていますが、できればこのまま感染者ゼロ記録が続くことを祈ります。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

岩手県に新型コロナウイルス感染者がいない(ゼロ)のはなぜ?隠蔽や検査拒否の実態を調査│めでぃらぼ

岩手 県 コロナ なぜ でない

Contents• 隠蔽されているかもしれないと、 疑っているようですね。 検査数が少ないことに関しては、 何も岩手県に限ったことではなく、 日本全国の方針だと思われます。 「検査件数を更新しました」 ってあるけど、どこで見れますか? クリックしても見れないんですが。 岩手県が運営している、 『新型コロナウイルス感染症に関する情報』 のページを見てみると、 相談件数が1日あたり 10数件程度しかない日が続いています 一般の相談に関しては、 多い日でも5~6件です。 このような少ない数字を見て、 県民は不安になり、 岩手県が感染者数を隠蔽していると 勘ぐってしまうのではないでしょうか。 その点を踏まえたうえで、 隠蔽について考えてみましょう。 岩手県が隠蔽しているとしたら、 その理由はやはり、 経済的な問題が 一番大きいのではないでしょうか。 自然に育まれた岩手県は、 宮沢賢治の生まれとしても有名ですね。 お寺やレジャー施設、 アウトドア体験など、 これから暖かくなるに従って、 観光ビジネスが栄えるシーズンを迎えます。 ところが新型コロナの 感染者が出たとなれば、 県全体の観光産業が 成り立たなくなります。 もちろん、観光だけではなく、 一般企業や個人の活動も 収縮してしまいます。 そのような事態を避けるために、 検査数をコントロールしているのでは ないでしょうか。 日本政府の方針として、 医療機関における検査数を増やさないのは、 医療崩壊を避けるためだった という説があります。 実際にイタリアでは、 政府が国民に検査数の制限を 伝えなかったために、 ごく些細な症状の人も病院を訪れる という事態が発生しました。 それにより人が密集し、 病院内での感染が広まってしまったのです。 医者にまで感染が広まったため、 完全に医療崩壊を起こしてしまいました。 その点日本は、国民に対し、 病院に行っても重症でない限り 検査には及ばないと、 メディアを通じて伝えました。 結果、マナーの良い日本人は、 我先に病院に訪れるようなことは しませんでした。 うがいや手洗いなど、基本的な対策も、 日本人はよく実践していると思います。 そのような先手の対策が功を奏したため、 感染した数の爆発的な増加を 食い止めることに成功した、 ともいえます。 当ページに記載してある内容は、 岩手県の公表に基づくものではありません。 その点に留意して 読んでいただければ幸いです。 以下もどうぞ!.

次の