インスタ 質問 箱 作り方。 Peing(質問箱)で特定したい!特定する方法やされる/バレる可能性は?

【Instagram】インスタで「Peing」質問箱を使う方法

インスタ 質問 箱 作り方

Peing質問箱とは? 「Peing質問箱」は、インターネット上で質問を募集できる無料サービスです。 もともと、Twitter用のサービスとして人気ですが、インスタグラムでも質問を受け付けるのに活用することができます。 なお、質問と言うと、インスタグラムのストーリーズにも近い機能があって、「Peing質問箱」と同様に質問することができます。 それがストーリーズの「質問」機能で、ストーリーズを作成する際に、「ハッシュタグ」や「メンション」などの各機能を選択する画面に、「アンケート」や「クイズ」と並んで「質問」があります。 このストーリーズの質問機能もとても便利なのですが、「Peing質問箱」との大きな違いは、「Peing質問箱」は 質問する人が 匿名で投稿できるという点です。 ユーザーにとって、 匿名の方が質問しやすく、投稿のハードルが下がるうえに、インスタグラムの「質問機能」はストーリーズの有効な24時間だけの募集となるのに対し、 プロフィール画面にURLを貼っておけば、いつでもアクセスして質問することが可能なのが特徴です。 特に、インスタグラムはコミュニケーションツールとして、ユーザー同士でコミュニケーションをとることで人気のアカウントとなります。 そのため、趣味で活用しても、インスタ集客やインスタグラマーになりたいと思って活用しても、人気のアカウントのほうが活用しやすくなりますよね! そして、「Peing質問箱」の作成方法や使い方はとても簡単で、すぐに作成して始めることができます。 作り方の手順やインスタで活用する方法、ストーリーズでの宣伝の仕方を解説していきますので、あなたのインスタライフを充実させるために、すぐに作ってみてくださいね! Peing質問箱の作り方 作成手順 「Peing質問箱」はインスタグラムのアカウントをもっていれば、下記の流れで作成できます。 Peingから、こんなメールが届いているので、URLをクリックして認証完了させます。 インスタグラムのプロフィールに質問箱のURLを貼る方法 上の手順から得た質問箱のURLをインスタグラムのプロフィールに貼って、質問を受け付けます。 1)インスタのプロフィールページの「プロフィールを編集」をタップ 2)「 ウェブサイト」欄にコピーした 質問箱のURLを張り付けて「完了」をタップ プロフィールに質問箱のURLが表示されるので、これでいつでもアクセス可能になり、質問を受け付けることができます。 ストーリーズでのPeing質問箱宣伝の仕方 インスタグラムの ストーリーズで、質問を受付中の旨を定期的にお伝えしていきましょう。 下のように、プロフィール画面をスクショした写真を加工して、実際に「Peing質問箱のURLはここにあるよ」とわかるようにして、質問を募集すると分かりやすいですね! また、毎回同じストーリーズ投稿だと飽きられてしまうので、他のパターンも作成して、わけて使うとより良いです。 ストーリーズのリアクションを工夫する 質問箱の活用はユーザーからの質問に対し、回答をするというやり取りで、コミュニケーション機会を増やすことができるので大変おすすめです。 そして、フォロワーからのエンゲージメントをさらに上げていくために、ストーリーズや投稿でも同じですが、質問箱で質問を受け付けた内容に対し、しっかりリアクション(回答)することが重要です。 質問してくれた人に個別でメッセージのやり取りをすることも重要ですが、それ以上に、ユーザーからの質問を引用して ストーリーズで回答する方法がおすすめです。 ユーザーからの質問に対して しっかり回答していることをアピールすることで、ユーザーからすると「答えてくれた」という信頼感や、親近感がわきますよね。 さらに、まだ質問していないユーザーにとって、ここで質問すれば回答することも伝えられるので、他のユーザーからの質問やアンケートへの回答を促進する副次的な効果も期待できます。 例えば、下記のような形です。 ユーザーからの質問を引用し、個別に返信するのではなく、他のフォロワーにも伝わる形でストーリーズへの投稿で回答しましょう。 インスタ&Peing質問箱の使い方まとめ インスタを趣味で活用したり、インスタ集客やインスタグラマーとしてビジネスで活躍したりするためにも、ユーザーからの反応、エンゲージメントを上げることがとても重要です。 そのため、今回は、インスタのフォロワーやフォローされていないユーザーも含めて、閲覧者からのエンゲージメントを上げるていくための方法として、インスタグラムで「Peing質問箱」を活用するやり方をご紹介しました。 インスタも含めて、SNSコミュニケーションツールですので、コミュニケーションを取りながら関わる機会を増やしていくことで、会ったことが無い人でも 知り合いに近い、親近感のある存在に変わっていき、より あなたのアカウントに興味を持ってもらうことができます。 また、ちょっとしたひと手間によって、一方的にコンテンツを投稿するだけのアカウントよりも、 よりコミュニケーションができるアカウントという印象を受けてもらうことで、コミュニケーションが活発化し、アカウント同士の個別の関係性をさらに強化していくことができます。 「Peing質問箱」は簡単に作成できて、すぐに使えるので、ぜひ活用してくださいね!.

次の

いまさら聞けない!TwitterでPeing質問箱のやり方教えます

インスタ 質問 箱 作り方

Twitterで緑の枠に囲まれた質問画像とその回答ツイート、見かけたことないでしょうか。 これは Peing(ペイング)というサービスの質問箱を使ってやり取りをしています。 この Peingに登録し、 Twitterで自分のアカウントのPeing「質問箱」を設置します(リンクをシェアする)。 すると匿名で質問を募集でき、その回答をツイートできるのです。 このサービス、今や 1日に 100万人が利用するほどの人気となっています。 まだまだ盛り上がりを見せている「質問箱」をあなたも始めてみたいと思いませんか。 「質問箱」にきた質問に答えることで、フォロワーに自分のことをもっと知ってもらえますし、思いもよらない質問で自分でも新しい発見があるかもしれませんよ。 質問に答えるなんて、インタビューみたいでちょっと有名人気分にもなれますよね。 今回の記事では、この Peingの「質問箱」のやり方と不快な質問についての対応策についても詳しく解説していきます。 今からでも遅くありませんよ。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 Peing「質問箱」は Twitterで匿名の質問ができるサービス まず、簡単におさらいです。 Peing「質問箱」はTwitterで人気の匿名で質問ができるサービスです。 はじめは個人の Webサービス開発者せせりさんが 6時間で作った Peingをリリース、それからわずか 1ヶ月で Webサービス企業ジラフが買い取ったことで話題になりました。 匿名で気軽に質問できるのが人気となり、 2018年 9月時点では月間の利用者数はなんと 3,500万人!今後は海外展開にも力を入れていくそうです。 現在では Twitterだけでなく Instagram・Facebookにも連携ができるようになっています。 「質問箱」の作り方(登録) Peingが「まずは質問箱を 5秒で作ってみましょう」といっているように、登録はとても簡単です。 2-1. Webサービス版・アプリ版がある Peingに登録し利用するには、 Webサービスからと、スマホアプリから両方可能です。 どちらも登録方法は同じですが、 スマホにアプリを入れておくと自分にきた質問・自分がした質問を管理できたり、通知が確認できるので利用するのがおススメです。 登録に際しまず、 Peingの Webサービスのトップ画面に行くか、アプリをダウンロードして開きましょう。 Twitterアカウントで登録する場合 登録方法も2通りあり、 Twitterアカウントで登録する方法とPeingIDを作成して登録する方法です。 まずは、Twitterアカウントで登録する方法からご紹介します。 Twitterアカウントのユーザー名、もしくはメールアドレスとパスワードを入力し、ログインで登録完了です この時次の画面でメールアドレスを設定すると、質問を受け取った時に通知がメールに飛びます。 質問メールで通知を受け取りたい場合には入力しておきましょう。 メールを登録しても後で設定画面からメール通知のオン・オフは変更できます。 自動質問募集機能(質問募集ツイートを自動化する機能)を使いたい場合は、こちらのチェックボックスも「レ」にしておきましょう。 (詳しくは4章でご紹介します。 ) 2-3. PeingIDで登録する場合• ログインの際に使う任意の PeingIDを入力( 4~ 15文字)• 表示名を入力• パスワードを設定して登録完了 3. 「質問箱」の使い方 登録が終わったら「質問箱」を使ってみましょう。 3-1. 「質問箱」で質問を募集する 「質問箱」で質問を募集するには、ツイートして「質問箱」をシェアする必要があります。 自動で Twitterのツイート画面になり、 Peing「質問箱」の URLとハッシュタグ(#質問箱 peing)がついたツイート文が入力されています• このままで「ツイート」しても、編集して「ツイート」しても OKです さあ Twitterであなたの質問箱がシェアされました。 あなたに質問が来るのを待ちましょう。 3-2. 「質問箱」に質問を送る あなたがフォローしているアーティストや有名人、スポーツ選手などファンになっている人が「質問箱」をシェアして、匿名で質問することができたら・・・ちょっと嬉しいですよね。 質問方法も簡単です。 シェアされたリンクから「質問箱」にいけるので質問したい内容を記入して「送信を送る」でOKです。 質問する側は、 Peingに登録していなくても質問できますし、Twitterで「質問箱」のアカウントをフォローしていなくても大丈夫です。 気軽に質問できますね。 3-3. 【 質問への回答方法 】• 回答すると自動的に連携しているTwitterアカウントにツイートされます。 動画や音声でも回答できますが、この機能が使えるのは10問回答したユーザーからとなります。 動画・音声回答の機能につきまして、10問回答を行ったユーザ様からご利用できるように仕様変更をさせていただきました。 利用し始めのユーザ様には、なるべくシンプルな状態でご利用いただければと考えております。 「質問箱」で質問を集める2つのワザ 「質問箱」を作ってシェアしたら、質問を受けるのをドキドキしながら待っているもの。 でもこの「質問箱」のユーザーの悩みに多いのが「質問がこない・・・」だそう。 この章では質問を集める方法をご紹介していきます。 4-1. 「自動質問募集機能」を使う 1回ツイートで「質問箱」をシェアするだけでは、フォロワーに質問箱の存在に気付いてもらえないかもしれません。 質問を集めたいなら、登録の解説でも出てきた Peingの「自動質問募集機能」を使うと便利です。 設定方法は、設定画面から「自動質問募集」の項目をオンにします。 この機能をオンにしておくと、 週に2回Twitterや連携しているSNSに質問募集の投稿を自動してくれるので、何度も自分でお知らせの投稿をしなくて済むので便利です。 4-2. 「固定ツイート」に「質問箱」を置いておく 自分のタイムラインのトップに「固定ツイート(ピンツイート)」として質問箱を置いておくのもいいでしょう。 プルダウンメニューから「プロフィールに固定表示する」を選択• 「質問箱」を止めるなら退会をする はじめは楽しんでいた「質問箱」も、質問がくるのがウザくなった、変な質問が多くて嫌になった、など止めたくなることもあるでしょう。 ここでは「質問箱」のやめ方について解説していきます。 Peing側での退会と Twitter側からの Peingとの連携解除が必要です。 4 -1. 退会方法• まず「質問箱」の画面下にある歯車マークをタップします。 Webサービス版では をクリックして右サイドバーの歯車マークをクリックします。 Twitter との連携を解除する方法 の設定画面に行き、「 Twitterアカウントと連携されているアプリ」から、 Peingの「許可を取り消す」をクリックします。 「質問箱」で不快な質問がきた時の対応策 5-1. 質問してきた相手を特定はできないがブロックできる 匿名で質問ができる気軽さがこの「質問箱」の人気の理由ではありますが、それゆえにいたずらや悪口なの不快な内容の質問がくることもあります。 何度も同じ相手から誹謗中傷や不快に感じる質問をうけた場合には、「ブロック」の機能を使って相手からの質問が自分に届かなくなるように設定しましょう。 ただし、 一度ブロックすると解除することはできませんので慎重にしましょう。 【ブロックの方法】• ブロックしたい質問者の質問を表示します• 質問の右下にある「通報する」を押すと Peingに通報することができます• 「同じ質問者からの質問を今後ブロックしますか?」に「はい」を選択します これで、ブロックした質問者からの質問は自分に届かなくなります。 つまり質問者は質問を送れなくなります。 このブロックは、送信したユーザーの IP(ざっくりいうとネット上の住所のようなもの)からの送信を受け付けなくなるというものです。 複数の人からブロックされた IPアドレスは、 IPアドレスを表示されることがあります。 悪質な質問者はだれなのか、突き止めたくなりますがこのIPアドレスだけではどこの誰だかは突き止めることはできません。 よっぽど悪質な場合には、警察に通報し、プロバイダー経由で情報開示を求めることもできます。 そんな質問者はきっぱりブロックして関わらず、「質問箱」を楽しみましょう。 5 -2. 不快な質問を防ぐにはフィルター設定をしよう Peingの設定画面から投稿フィルターをオンにすると、不適切な言葉が含まれる質問が少なくなります。 設定画面からオンにしておきましょう。 まとめ 今回は、 Twitterで人気の Peing「質問箱」のサービスについてご紹介してきました。 とても簡単に始められる面白いサービスだということがお分かりいただけたでしょうか。 この記事では、以下を解説してきました。 「質問箱」やり方 -登録・募集・質問・回答・やめ方を解説• 不快な質問に対する対処法 「質問箱」で質問すると、その回答によって相手のことを良く知ることができますよね。 何気ない質問でも思わず人柄が出ていて「くすっ」と笑ってしまうような内容だったり。 またあなたが回答する立場でも、その回答によって自分のことをフォロワーによく知ってもらえるというメリットもあります。 ぜひ「質問箱」を使って Twitterを今まで以上に楽しんでみてくださいね!.

次の

質問箱サービス『BoxFresh』とは?その使い方・Botの自動質問への対応・ログインできない場合など徹底解説!

インスタ 質問 箱 作り方

「BoxFresh」は、URLをInstagramやTwitterのプロフィールページに貼り付けて、質問を受け付けることができるのは他の質問箱ツールと同様ですが、「BoxFresh」を使用している他のユーザーのフィードが閲覧できることなど独自の機能が用意されています。 BoxFreshの基本的な使い方 ではここから質問箱としての「BoxFresh」の基本的な使い方をご紹介いたします。 これにてBoxFreshのアカウント連携が完了いたしました。 InstagramのプロフィールにBoxFreshのリンクを掲載する方法 Instagram のプロフィールページにBoxFreshのリンクを掲載する方法です。 注意 InstagramでBoxFreshのURLを掲載する時の注意点は、必ず ウェブサイトのところにペーストを行うことです。 Twitterと同じように 自己紹介の欄にURLのペーストを行った場合、問題なくURLを表示させることができますが、タップした時に画面が切り替わらないただのテキスト表示になってしまいますので、必ず ウェブサイトにペーストするようにしましょう。 TwitterへのURL貼り付けは「Web」の欄と「自己紹介」の欄に貼り付けることによって、BoxFresh質問ページに移動する「リンク化」がなされます。 もし、自分が既にホームページなどを所有していて「Web」の欄にはそのサイトへのURLを掲載したい場合、BoxFreshのURLは自己紹介欄に掲載するようにしましょう。 インスタで返答する方法 Instagramでその返答を行う場合は基本的にストーリーズで回答する形になります。 画像保存して独自で質問に答える方法 Instagram の場合ストーリーズではなく通常の投稿で返答画像をアップしたい場合、もしくはその他 SNS で回答を行いたい場合は、質問画像をダウンロードしてから各SNSに投稿することができます。 補足 Instagramで複数アカウントを持っている場合は、 意図しているアカウントに投稿されるか確認が必要です。 Instagramへ移動した時は直近でログインしているInstagramアカウントでの「ストーリー編集画面」となるためです。 BoxFreshの画面・機能解説 ではここからはBoxFreshのアプリにおける各ページの機能や役割を解説していきます。 ここに掲載されている質問は自分宛の質問として回答することもできます。 画面上部では おすすめ 新着 今週 履歴と回答数や注目度で人気の質問を確認することができます。 「質問」ページ 質問ページはいわゆる受信箱です。 自分宛に投稿された質問や、BoxFreshの bot が作成するランダムな質問に対して、こちらのページから返答を行うことが可能です。 ここでは おすすめと 新着にページが分けられており、 注目度や見られた回数などによっておすすめに登場するようになっています。 また、質問を受け取ったユーザー側の画面でも投稿者を特定できる情報は何一つ表示されていません。 もちろんBoxFreshを経由しないコミュニケーションややりとりがあればその限りではなく、質問の内容で投稿者が特定できるような情報は入力しないことが前提となります。 さらに一般のユーザーから投稿された質問か、Botが自動的に投げかけてくる質問かどうかはBoxFreshなアプリ上では判別できません。 純粋にユーザーからの質問を受け付けたい場合はできるだけBotからの質問を削除したいですよね。 そんな時は、以下の判断基準で 「Bot質問である」と考えることができます。 このような質問は実際的には一般のユーザーからの質問ではなく、Botが自動的に表示しているものとなります。 回答直後に受信する質問 またBoxFreshアプリから回答を行った直後に、相次いで質問を受け取る時があります。 それらの質問はBotからの自動配信である可能性が高いです。 なぜなら、今回の検証にて、一度BoxFresh上で回答を行った直後、Instagram・Twitterで掲載中のURLを一時的に削除した際にこのようにいくつかの質問を受け取ったためです。 もちろん、閲覧ユーザーがURLを独自に保存・コピーして質問ページにアクセスし質問を行うことも技術的には可能ですが、通常質問箱のURLを保存することは考えにくいため、これらの質問はBotからの自動質問である、ということが考えられます。 Twitterログインしている場合、「スキップしてはじめる」で再確認 Botの自動質問を見分ける、という目的に対して、やや手間が多いですが、確実に判別する手段は、Twitterログインしている状態から一度ログアウトし スキップしてはじめるで再ログインして再確認する方法です。 そうすると、特段認証などを行わずユーザー名のみ決めてサービス利用を開始することができますが、その後、 質問タブを見てみましょう。 Twitterで認証して利用していた時と同じ質問が表示されている場合、 その質問はBotからの自動質問とほぼ断定することができます。 理由は、Twitterで認証して利用することと、認証せずに利用することは全くの別ユーザーとしての利用になるはずですので、質問が同じ場合、アプリ内に保存されている=閲覧ユーザーが行ったものではない、ということになります。 Bot質問への対処方法 アプリ上で表示される質問一覧の中では、Botからの質問か、一般ユーザーからの質問かも 判別が難しい状況ですが、ある程度Botからの質問を少なくさせるという方法は 「ブロック」があります。 こちらのブロックを行うことでBotからの連続する質問を軽減させられる可能性があります。 明らかなBot質問は削除する、という手段もある Botからの質問であることが明確で、BoxFreshアプリ上で以降その質問を見たくないという場合は、それらの質問を個別に削除する方法があります。 質問を削除することによって、以降その画面内においてBotからの質問が目に入らなくなりますので、余計な情報が入ってくることを避けることができます。 【お知らせ】 現在アクセス数の急増によりサーバーが一部ダウンしております。 また、今は世の中全体が自粛中で、日本全体のネット速度が低下傾向にありますので、深夜でもログインできない場合は、 より遅い時間に何度か試してみると良いでしょう。 BoxFresh側で非対応の文字が名前に使用されている ログインできない原因の可能性として挙げられているのが 「非対応の文字が含まれていること」があります。 ユーザー名が特殊なフォントのため対応出来ていない可能性があります。 お手数ですがTwitterのユーザー名を一時的に変更し、再度BoxFreshにログインして頂けると幸いです。 お使いの端末の通信環境 上記以外でログイン不備として考えられるのが、 「端末の通信環境」です。 見落としがちなのが、コンビニやレストランなどで提供されている公共のWi-Fiを利用して、 回線速度が知らぬ間に「超低速」や不安定な状況になっている場合。 その時は、通信が遅いばかりか、とぎれとぎれになってしまっていることでも、うまくログインできない要因になることがあります。 そのような時は、一度Wi-Fiの通信を切り、携帯キャリアが提供する4G等に接続し、再度ログインを行ってみるようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は質問箱として 人気急上昇の「BoxFresh」というサービス/アプリの解説をいたしました。 質問箱サービスとしての使い方は、Instagramのストーリーズの編集画面へ直接移動できる点などがPeingやマシュマロと似通っています。 また良くも悪くも矢継ぎ早に質問が数多く飛んできますので、 自作自演に抵抗が無い方は「質問に困らない」という状況を楽しむことができます。 自分のプロフィールページにどの質問箱サービスを設置しようか悩んでいる方は、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

次の