クッキング プロ レシピ。 クッキングプロ(電気圧力鍋)|ショップジャパン公式 通販|圧力鍋

クッキングプロでビーフシチュー4人分のレシピ!市販のルゥで簡単に

クッキング プロ レシピ

クッキングプロのレシピ本「おまかせレシピ100」を見ながら、私の それほど高くない料理スキルで家族の食事を作ってみました。 新しい調理器具を手にして、そのレシピを見て8割くらいのレシピは「このレシピ作れる気がしない…」と思いながら眺める主婦です。 3分で弁当も作れません。 たくさんレシピが載っていても、もしほとんど作れる気がしなければ悲しいですよね。 クッキングプロの使い初めは常に説明書とレシピ本「クッキングプロおまかせレシピ100」を片手に操作しています。 果たしてクッキングプロのレシピは、無理なく、失敗せずに作ることができるのでしょうか? 当記事では、クッキングプロのレシピ本を参考に作った料理について書いていきます。 クッキングプロで「チーズリゾット」を作る まず作ったのは、 チーズリゾットです。 「クッキングプロおまかせレシピ100」P78に掲載レシピを参考に作りました。 クッキングプロで作ったチーズリゾット お昼ご飯を作るのがめんどくさいな~と思っていたので、家にある材料で、何かできないか「クッキングプロおまかせレシピ100」を探して、見つけたのがチーズリゾットです。 マッシュルームは常備しておらず、固形コンソメを砕いて使用しました。 レシピは塩分が多めなので、ベーコン半分、無塩バターを使いました。 (しかし、子どもからは味が薄いと言われて、チーズを多めに追加) これまで、チーズリゾットは炊飯器で作っていたので、それほど手順も迷わずに作れました。 おまかせレシピ100 チーズリゾットを作った感想 まあ、普通かな?(よくわからない) 「ごはん」メニューを使いました。 思ったように炊きあがっていて、味も安定していい感じに完成しました。 同じような手順で、「海老ピラフ」や「鶏めし」もできそうです。 クッキングプロで「さばの味噌煮」を作る 次は、 鯖の味噌煮に挑戦です。 「クッキングプロおまかせレシピ100」P39掲載レシピを参考に作りました。 フライパンで作ったことがありますが、出来上がりの頃合いが判断できず、美味しくできないんですよ…。 鯖の味噌煮の材料は準備できた *ショウガがないがしょうがない クッキングプロで鯖の味噌煮作りは、私に「無理」さを感じさせるのか、試してみました。 まずは材料を用意。 ショウガがないので、チューブを使用。 サバはスーパーで切身を買ってきました。 小骨はついたまま、霜降りなどの魚の下ごしらえは行っていません。 ふたを開けたまま「水、酒、砂糖、みそ」をひと煮立ちさせる 「煮込み/炒め」ボタンの調理を習得して、煮汁を煮つめるレシピも作れそうな気がしてきました。 材料を加えて加圧 ここからフタを閉めて圧力調理を行います。 「魚・野菜」ボタンを押して、時間は2分に設定。 ピンが下がったので、フタを開けた 煮つめて、仕上げる サバを取り出して 、煮汁を煮つめます。 すると、とろっとしたさばの味噌煮のあの煮汁が完成しました。 おおお~。 おまかせレシピ100 さばの味噌煮を作った感想 失敗する気がしない。 さばの味噌煮作りは、 かなりの楽さを体感しました。 生臭さが気になって、フライパンや鍋で作ることに抵抗感があり、苦手だなー、無理だなーと思っていましたが、クッキングプロだと材料を入れて、ボタンを押したらいい感じにできあがっていて、失敗を感じさせないのがいいですね。 調味料の量をきちんとはかって作れば、毎回失敗を心配せずに作れそうです。 この辺から、クッキングプロの使い方にも慣れてきて、レシピを少しアレンジしたり、食材を追加したりした料理を作り始めます。 クッキングプロでイカの煮物を作った感想 鍋で作らないのが正解 この日は、イカと大根と里芋を一緒に煮ました。 私が食べたかったからです! どの食材も、中までしっかりと味がしみ込んでいて、やわらか~!大根はくさみや苦味もなくほっくほくです。 材料を入れてできあがるまで箸でさわらないので里芋も煮崩れることなく形をキープしています。 クッキングプロで「炊き込みご飯」を作る 次に作ったのは、 炊き込みご飯です。 この日は、鶏肉がなかったので、かわりにベビーホタテを入れて作りました。 ゴボウを入れたかったのですが、それもないので、ちょっと寂しい。 舞茸と油揚げを入れて、うま味とあぶらみを気持ち追加してみました。 おまかせレシピ100 炊き込みご飯を作った感想 ちゃんとできると思ってた。 クッキングプロの使い方も慣れ始めたので、作る前からうまくできるだろうな~と思っていました。 思った通りか、それ以上のできあがりだったので、満足です。 ただ、普段はお米は3合くらい炊くので、「ごはん」ボタンが2合以上・以下になった場合は、時間は何分になるのかわからないな~と思いました。 (後で調べる) クッキングプロで「豚の角煮」を作る 自分で作ることを諦めていた「 豚の角煮」にチャレンジしました。 豚の角煮は、圧力鍋の定番メニューなんだとか。 昔、 私の母が圧力鍋を使っている時に、湯気がシュー!とすごい音が出ていた光景を見て、圧力鍋に恐怖を抱いていたので、今まで何度か買おうと思ったことがありましたが、使うことがないままでした。 この度、圧力調理をすると食材が美味しく仕上がるのがわかってきて、料理のできあがりの満足度がアップして喜んでいます。 おまかせレシピ100 豚の角煮を作った感想 いい感じできあがったけれど 家族はそれほど喜ばなかった 豚の角煮は普段食べない料理だったからか、あまり喜んでくれませんでした。 豚肉の部位のチョイスを間違えたのが要因だと思うので、また再チャレンジしていみます。 カボチャを煮ました。 できあがったカボチャは、カボチャサラダに。 子ども達が大喜びです。 カボチャは、ボウルに移して、で潰しました。 おまかせレシピ100 を見てカボチャを煮た感想 かぼちゃの皮も柔らかい かぼちゃの皮がかたいのが嫌で食べない子ども達も、全く気にせず食べていました。 皮まで柔らかくしようと、鍋で煮ていると煮すぎてみがくずれて失敗…みたいなことが多く、嫌になっていたので、蒸し器を使っている時期もありました。 しかし、蒸し器をだすのがめんどくさい! かといって電子レンジはラップをかけるのもめんどうだし、できあがりが美味しいと思っていなかったので、あまりかぼちゃは使わなくなっていました。 むしろかぼちゃが嫌いでした。 クッキングプロだと、できあがりが美味しかったので、ちょっとがんばってかぼちゃを煮ようかなと、思いました。 クッキングプロで手羽元のアレンジレシピ 手羽元のアレンジレシピです。 子ども達が骨付きのお肉を喜んでくれるので、肉も柔らかく味も中までしみ込んでいて美味しいです。 おまかせレシピ100 を参考に作った手羽元レシピの感想 よし、また作ろう 手羽元は、たまに中まで火が通っていないような感じになって 失敗感を感じる避け気味の食材だったのですが、クッキングプロで作ると中までちゃんと火が通っているので、「また作ろう」と思いました。 日頃、高いレベルではありませんが食事を作っているので、作りたい料理のレシピを見て、作ることができました。 私は、何か作ることが基本的に好きなので、わりと楽しみながら作っています。 一度失敗すると、もう一度作るのが嫌になるのですが、失敗もなく作れたのでいいと思いました。 ちょっとしたミスで失敗しがちなレシピも、わりと失敗せずに作れ、しかも美味しくできるので、なんだかわからないですが、料理が上手にできるようになった気がして気分がいいですね。 クッキングプロで、おかずが一品完了するので、ガスコンロを使う頻度も少なく、キッチンの掃除も少し楽になったかも?と感じています。 この後は、カレー、シチュー、おでんのレシピに挑戦します。 今回、私が使った調理器具は、ショップジャパンのクッキングプロです。 クッキングプロ2台+レシピ本2冊がセットになった「 20周年大還元セール クッキングプロ 特別2台セット」なども販売されていて、身近な方とも便利さを共有することができそうです。 モニターの動機は「夫が気軽に食事を作れるようになってもらいたい」なので、その実現まで試行錯誤します。

次の

レシピ本なしでも楽しめる クッキングプロのレシピ

クッキング プロ レシピ

炊飯器の早炊きより早いやん! と思ってしまいました。 でもこれは間違い。 6分はあくまで、圧力がかかってる時間。 圧力がかかるまでに約10分、圧力がかかる時間が6分、その後、圧力ピンが下がるまで約30分かかって、結局 お米が炊きあがるまでに 約46分ほどかかりました。 圧力ピンは、圧力切り替えバルブをゆるめて、強制的に下げることもできますが、最低でも10分の蒸らし時間は欲しいところ。 その場合でも 約26分かかります。 ということで、 炊飯器の早炊き機能にはかなりません。 あと、炊飯の 予約機能もついていません。 クッキングプロでごはんの味は? クッキングプロでごはんを炊いてみましたが、正直なところ、 おいしくなかったです。 いつも使っている可変圧力の炊飯器(おどり炊き)の方がおいしい。 水位通りに水を入れてると、少し固く感じたので、少し多めに入れてみたところ、全体的にベチャっとしているのに、ところどころ芯が残っているような・・・。 クッキングプロを炊飯器として使いたい方へのアドバイス 炊飯器の性能って 火力と お釜の厚さだと思うんですよ。 炊飯器にはランクがあります。 値段が安い炊飯器は火力が弱く、じわじわ温度があがります。 高級炊飯器は、火力が強く、一気に高温になります。 クッキングプロの薄い釜 また、安い炊飯器は、お釜の厚さが薄いです。 高級なものは、持つと重く、材質にもこだわりがあります。 クッキングプロは、定価で14,700円。 可変圧力等の機能の整った炊飯器にはお米の味はかないません。 5,000~10,000円台の炊飯器と同じぐらいの炊きあがり具合かな。 普段それ以上の炊飯器を使っておられる方にはちょっと物足りないかもしれません。 クッキングプロの炊飯機能は、• 10,000円台の炊飯器と同じぐらいのお米の炊け具合• 早炊きはできない• 保温機能がない• 炊飯器として使うと同時進行でおかずは作れなくなる このあたりのことが納得できる方なら、炊飯器としても活用できると思います。

次の

クッキングプロでお米を炊く 炊飯の方法とお味は?

クッキング プロ レシピ

どうも!最近「肉料理」にはまっているです。 今日は便利な調理家電について紹介します! 材料をそろえて、ボタンを押したら料理が完成する。 そんな魔法のようなクッキング家電と言えば、 ショップジャパンのプレッシャーキングプロなんですが、実際に使い始めてみると「忙しいママ」にとって、とても強い味方になってくれるんだろうなぁと、とても実感しています。 なんといっても子供が家にいると、「育児」に忙しくて料理に集中できないですもんね…。 これって育児あるあるでしょうか(笑) そんな、 料理に集中できない状況であっても「ほったらかし」で調理をしてくれるのが「プレッシャーキングプロ」で、我が家も大変重宝していたのですが、なんとこの度リニューアル! 電気圧力鍋のクッキングプロと名前を変えて新発売となったのです。 プレッシャーキングプロの時点で大変便利な調理家電でしたから、 何をリニューアルしたのか?違いはどこにあるのか?について気になっていたのですが、この度ご縁がありましてモニターさせていただくことが出来ましたので、ピックアップして口コミを紹介。 この記事では、実際に使っている方の口コミや評判をチェックしつつ、使用感を合わせてお伝えしたいと思います。 また、旧タイプのプレッシャーキングプロとの違いについてもメーカーに確認をとりましたので、一緒に紹介していきますね。 クッキングプロが届いた所の口コミ まずはクッキングプロが届いた所からお伝えしていきたいと思います。 こちらがお届けいただいた「クッキングプロのパーフェクトセット」です。 パーフェクトセットになると、専用シリコン落としぶた(2,000円:税抜)と、蒸しプレート(3,500円:税抜)、延長保証4年間が付いてきます。 おまかせレシピ100については、単品購入をしてもセット商品として届きます。 クッキングプロの「おまかせレシピ100」には、クッキングプロを使って作ることが出来るレシピが100個も入っており、大変便利です。 こちらが専用蒸しプレート。 5cm」となっており、脚高は約3cm。 クッキングプロを使った蒸し料理を楽しみたいときに、こちらのプレートを利用することが出来ます。 こちらは「専用シリコン落としぶた」です。 落としぶたとしてはもちろん、アク取り、キャップオープナー、滑り止めとしても使用することが可能な優れもの。 そしてこちらが、クッキングプロ本体のケースです。 蓋を開けてみると、簡単使い方ガイドと、クッキングプロの取扱説明書&レシピが登場しました。 クッキングプロ本体の梱包状態は…、完璧。 ショップジャパンさんクオリティは、「さすが」です。 ぐるぐるに巻かれていたビニールを剥がしてみると、クッキングプロ本体が登場しました。 こちらが正面の写真です。 プレッシャーキングプロと比較すると、メニューがわかりやすくなった印象です。 違いについては後程紹介します。 こちらが正面のメニュー操作ボタン(コントロールパネル)のアップ写真になります。 こちらが底の部分です。 こちらは圧力切替バルブ。 圧力モード、排出モードを切り替えられます。 こちらは圧力表示ピン。 上がっている状態は圧力がかかっている状態で、下がってくれば圧力が抜けていった形になります。 本体背面には「つゆ受け」があります。 なべを取り除いてみた写真がこちら。 なべは一般的な大きさで、お米を炊くのに便利なメモリも付いています。 旧商品、プレッシャーキングプロと比較すると、色合いも落ち着いているように思います。 あとは、お手入れ用ピン、軽量カップ、しゃもじが付属品として入っていました。 こちらは専用の計量カップ。 最後は電源コードです。 マグネットプラグになっていますので、近づけるとパチン!とひっつくようになっています。 以上がクッキングプロが届いたところをレビューした内容です。 口コミが集まってきたら、また更新します! 1. 商品自体は扱いやすい 「洗うのはウチブタと釜だけ、これはTVの通り、肉じゃがも手早く出来て時短でした」 という口コミを発見しましたので検証してみますが、こちらは実際に使ってみると納得の内容です。 とにかく調理は「 ほったらかし」の時短調理が可能ですし、調理後のお手入れも簡単! 実際には奥さんがメインで使用することになる調理家電ですが、「使いやすい」と満足しながら使用しています。 お肉が柔らかく満足 「とてもお肉が柔らかく満足にできました」 続いての口コミはコチラの肉の「柔らかさ」に関する口コミですが、これは超納得の内容です。 これはプレッシャーキングプロの頃からわかっていたことですけど、とにかくクッキングプロを使用すると「 肉の柔らかさ」が違います。 我が家では肉料理=クッキングプロとなっているくらい、肉調理の大定番調理家電なのです。 クッキングプロのレシピを試してみた! では、そんなクッキングプロを使って「レシピ」をいくつか試してみたいと思います。 材料に関しては、全て書かれていた通りのものを用意したわけではないですが、少しアレンジしながら調理していきますね。 スペアリブ まず最初に取り掛かってみたのは、スペアリブ。 玉ねぎとお肉を投入して「肉料理」で調理を開始。 圧力をかけて約15分、お肉も玉ねぎも「やわらかい状態」に仕上がりました!! プレッシャーキングプロを使っている時も同じことを感じていましたが、肉がとにかく「美味しく仕上がる」んですよね。 で、最終的な味付けをしてみたんですけど、激うまな味わいになりました! やっぱりクッキングプロの「圧力調理」は最高です。 ポテトサラダ 続いて作ってみるのはポテトサラダです。 ジャガイモを蒸しプレートの上にのせて…加圧を開始。 出来上がった「ジャガイモ」は箸を押し込んでみると… 奥までズボッと押し込めるくらい、ジャガイモがホクホクに仕上がっていました! ほったらかし調理なのに、これは便利ですねぇ。 そんなホクホクのジャガイモを使ってポテトサラダを作ってみましたが、いつも作っているポテトサラダよりも断然おいしい! 水っぽくならずにホクホク。 素材の美味しさが伝わってきますよ。 追記:キーマカレー 続いて試してみたのはキーマカレーだったのですが、驚くほど美味しいカレーが仕上がりました。 普通に鍋で作るよりも美味しくできてしまうのが、クッキングプロの実力なんでしょうか。 我が家の子供はカレーがあまり好きではなかったんですが、こちらのクッキングプロをつかってカレーを作ってみると…ちゃんと食べるんです。 こちらのキーマカレーもレシピに載っていたものを少しアレンジしたものなんですが、驚くほど美味しいので試してみて下さい。 追記:蒸し芋(さつまいも) 続いて「さつまいも」を蒸してみました。 蒸しプレートを下に敷いて、しっかりと蒸してみると…あらまびっくり。 ほっくほくの「蒸し芋」が出来上がりました。 甘みがましているのかデザート感覚でいただけてしまう味わいは、子供も「おやつ」として大満足の味わい。 いったんセットしたら放置しておけるのもクッキングプロの利点の一つだと、使い込んでいくうちに感じてきますね。 追記:炊き込みご飯 続いて試してみたクッキングプロのレシピは「炊き込みご飯」です。 ご飯を炊くことも出来るクッキングプロなら「炊き込みご飯」もいけるだろうと思って、炊き込みチャーハンのレシピなんかも確認しながら作ってみると… これまた美味!美味しい。 炊き込みご飯が好きな一家だからと言う話もあるかもしれませんが、味がしっかりしみ込んで濃厚にしあがりました。 1分パスタ 続いて作ってみたのは調理時間「1分」で出来上がってしまう超簡単パスタです。 パスタを半分に折って「なべ」にいれて、 近所で売っていた「たっぷりミートソース」を投入。 適量の水をいれたら、パスタモードで1分間の調理開始。 圧力をかけるのに5分程度、調理終了後の圧力を下げるのに5分程度かかりましたが基本的には「ほったらかし」です。 調理完了後にフタを開けてみると…こんな感じ。 あれ?凄くおいしそうに仕上がっている!! お皿にパスタを盛ってみると、普通に調理したミートソースパスタよりも美味しそうな仕上がりになりました! 粉チーズをふりかけてみると、これまた完璧な仕上がりになって感動もの。 実際に食べてみると、普通に湯がいたパスタよりも「もちもち」な食感!ミートソースの味も麺にしっかりとしみ込んで美味しく出来上がりました。 これは手抜きをしたいときに、めちゃくちゃオススメです。 追記:ペンネパスタ 続いて、同様の方法にてペンネパスタで作ってみました。 今回は魚介系・クリーム系のソースを使って作ってみたんですけど… 魚介系のペンネパスタは激うま。 味がしみ込んでいるし、もちもちとしたペンネも味わい爆発。 もちろんですが使用しているソースはドラッグストアで購入してきた100円の物。 ブロッコリーが残っていたので色見としていれてみただけの簡単レシピです。 クリーム系も同様です。 クリーム系のソースを使う場合には生クリームをたっぷりと入れた状態で圧力をかけるか、ペンネパスタを仕上げてからソースは後からかけるほうが美味しくいただくことが出来ますね。 追記:大葉と小エビのパスタ クッキングプロで茹で上げたパスタに、オリーブオイルをいれていき…、 大葉と小エビを上からかけて、塩をふったら完成! ほぼ、ほったらかしで「大葉と小エビのパスタ」が完成してしまったのですが、めっちゃくちゃ美味しい。 クッキングプロで茹で上げたパスタはもちもちでめっちゃ美味しいし、オリーブオイルとも絡みやすいので味わいが店の味になってしまいました! これからもドンドン「クッキングプロ」を使っていきながらレシピを追加していきたいと思います! 面倒くさがりな自分が、そう思ってしまうほど「使いやすい」調理家電ってことですね。 クッキングプロとプレッシャーキングプロの違い では、旧プレッシャーキングプロ(写真左)と、リニューアルしたクッキングプロ(写真右)の 違いについて、販売元のショップジャパンさんに確認を取ったので紹介しておきます。 旧プレッシャーキングプロでは1台で6役を担える調理家電となっていましたが、 クッキングプロではスロー調理(低温調理)と炒めが加わって、1台で8役を担える調理家電になりました。 圧力調理• 無水調理• スロー調理• 温め直し• 煮込み• 圧力調理• 蒸し調理• 煮込み• 無水調理• 温め直し プレッシャーキングプロのコントロールパネルが「わかりにくい」という声が一部投稿されていたようで、クッキングプロでは、コントロールパネルがリニューアルされたのです。 実際、ボタンも大きくなったので、使いやすくなりました。 あとは、かまも改良されて、内側にメモリがつきましたので「ご飯が炊きやすくなった」と言う事ですが、これも確かに使いやすくなりましたね。 ショップジャパンさんに確認して教えていただいた「違い」は以上の2点となります。 基本性能が上がっているので、基本的にはクッキングプロを購入されたほうが良さそうですね。 クッキングプロの口コミのまとめ 子供としっかりと向き合いながら育児をしたいけど料理も頑張りたいママさんや、仕事で夜遅くにしか帰ることが出来ない方、火を使うのが怖くなってきた高齢者の方など、電気圧力鍋の「クッキングプロ」をオススメしたい人は沢山いらっしゃいます! そんなクッキングプロの価格は、14,700円 税抜。 今回紹介しているパーフェクトセットなら、16,800円 税抜。 ご飯も炊けますし、調理も可能な調理家電としてこの価格なら、お値打ちですよね! 当口コミが、購入を検討されている方の参考になれば、うれしい限りです。 今回紹介した情報の詳細は、ショップジャパン公式サイトに掲載されていますので、どうぞチェックしてみてください。

次の