液晶 タブレット 安い。 お絵かきにおすすめのタブレットPC人気ランキング10選【iPad・Surfaceも!】

初心者こそ液タブからスタートした方が断然いい理由とおすすめタブレット

液晶 タブレット 安い

ApplePencil 第2世代 はiPad 第7世代 で使えないため注意! これなら 約5万円で購入することができます! 容量は128GBと32GBがありますが、 お絵かき専用機として使うなら32GBあれば十分だと思います。 ただ、画像や動画をたくさん保存しておきたい場合は128GBをおすすめします! (32GBと128GBの価格差は1万円程度なので、予算に余裕があれば是非検討を!) 画面は 10. 2インチなので、絵を描く分には問題無いくらいの広さだと思います。 描き心地についても安定のAppleクオリティなので安心です! 私も上位機種のiPad Proを使っていますが、Wacom液タブ以上の描き心地ですよ! そしてこの『』は、OSが Windowsなのです! つまり、この機種であれば買い切り版の『 』が使えます! そのような理由で「 どうしてもWindows版じゃないと嫌だ!」という方におすすめです! ただ、iPadには優秀な買切ペイントソフトの『』もあるので、 一番安価に抑えたい場合は『』+『』+『』 になると思います。 (Procreateの価格は買切1,220円) パソコンが必要な液タブ パソコンへの接続が必要なタイプの液タブで、 安さ重視で選ぶとなると 海外製液タブが候補に挙がります。 「海外製液タブって大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、 最近はものすごい勢いで進化していてトップシェアのWacomに追いつきつつあります! あと液タブも道具なので、数年したら買い換えるはずです。 最初に安価な液タブを選んでおけば、 相性が悪かったら別の液タブや板タブに変えることも可能です。 そのため本当は安定のWacom液タブをおすすめしたいところですが、 入門機として購入するなら海外製液タブでも全然問題無いと思いますよ! XP-Pen Artist12 パソコンに接続するタイプの液タブで一番安いのは、 アメリカ企業『』社の『』です!• 3万円以内で購入が可能で、液タブとしては破格の値段です。 ただ一つだけ不満点があるとすれば、 『』には『 傾き検知機能』が搭載されていません。 傾き検知とは、ペンタブの傾き具合によって線の描写が変わる機能のことです。 例えば鉛筆を傾けて描くと薄くて太い線が描けるのですが、 傾き検知が無いとそういった線を再現することができません。 しかし、 そもそも傾き検知機能に対応しているブラシ自体があまり無いので、 そこまで気にする必要がある機能というわけでもありません。 (細かいことを言うとそれぞれの色域は表示できる範囲が微妙にズレています。 数千円の価格差でこの性能差は大きいと思うので、 もう少しお金が出せるなら『』をおすすめします! お金を出せるならWacomの液タブもおすすめ! 今回は安さ重視で液タブをご紹介させていただきました。 ただ、当ブログとしては Wacom製の液タブを推しています! 料金はかかるのですが、やはり性能と安定性ではWacomがピカイチだと思います。 過去にWacom製の液タブについて解説した記事もありますので、 そちらとも比較して検討してみてください。 海外製の液タブがどれだけ安いのかわかるはずです(笑).

次の

液晶タブレットってなに?選ぶポイントとおすすめの製品8選を解説

液晶 タブレット 安い

パソコンと繋がなくても気軽にデジタルアートが楽しめる、OSを搭載した液晶タブレット。 近年はお絵かきタブレットとも呼ばれており、仕事や趣味でお絵かきする人におすすめです。 しかし、機種によって、OSやサイズ・ペンの種類・機能などはさまざま。 Apple・Microsoft・Wacomをはじめ、多くのメーカーが販売しているため、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 お絵かきにおすすめのタブレットPCの選び方と、商品を人気ランキング形式で紹介していきます。 タブレットPCはアート以外にも、さまざまな使い方できるのが魅力です。 早速、自分にとって使いやすい、お気に入り商品を選んでいきましょう。 なお、タブレットPCとは本来OSのなかでもMicrosoft社のWindowsを搭載したものを指すのが一般的ですが、今回はOSを搭載したタブレット全般をご紹介していきます。 タッチペンで直接画面にイラストなどを描き込めるタブレットPC。 通常の液タブや板タブはあくまでデジタルペンの筆跡を入力する周辺機器であり、PCやスマホといったOS搭載機器に接続しなくてはいけません。 しかし、タブレットPCは本体に OSを搭載することで、 PCやスマホに接続せず いつでもどこでも気軽にデジタルアートを楽しめるのが魅力となっています。 デジタルペンによる入出力とディスプレイ画面が一致しているので大人から子供まで使いやすく、画用紙に線を引くように直感的に作業できるのもポイント。 イラストレーターや漫画家、デザイナーなどの プロだけでなく、 趣味でイラストを描きたい人にも便利 です。 コミックエッセイをブログに載せたい人も重宝するでしょう。 もちろん、 持ち運んで屋外で使うことも可能。 隙間時間を使って作業すれば効率も上がりますよ。 早速、自分にあったモデルを選んで、お絵かきに最適な環境を手に入れましょう。 タブレットPCの画面サイズは、スマホに近いコンパクトなものから、パソコンに近いものまでさまざまです。 小さいほど携帯しやすいですが、その反面、画面が見づらくなり作業効率も悪くなりますから、使い方にあったものを選びましょう。 携帯性と作業性が両立するおすすめサイズは10インチ画面。 趣味で使う場合や使用頻度が少ない人、もっぱら 携帯して使うなら7~8インチでも充分です。 精密で正確な作業が要求される プロユーズなら、せめて13インチ以上はほしいところでしょう。 画面の見やすさはディスプレイの解像度にも左右されます。 多少お値段は張りますが、 解像度が高いほうが細部までこだわってお絵かきできるので、スペックを確認しましょう。 お絵かきタブレット選びに迷ったら、お絵かき用として人気のApple・Microsoft・Wacomから選ぶのもひとつの方法です。 例えば、iPadを販売している Appleは、お値段が高めでも、スタイリッシュなデザインと使い勝手の良さで人気。 Surfaceシリーズを販売する Microsoftも、さまざまな業界の クリエイターから支持されています。 Microsoftは、アプリの使い勝手や処理の速さに定評があり、実用性を重視する人にもぴったりです。 また、 Wacomは、ペンタブレットの世界シェア8割を占める実力派メーカー。 初心者や趣味でお絵かきする人からプロクリエイターまで、幅広いニーズにマッチする商品を展開しています。 どれも信頼性の高いメーカーなので、描きやすさを期待して選ぶことができるでしょう。 高性能なペン付きのタブレット。 ちょっと思いついたときにメモ書きしておくのにも便利ですよ。 本体が重いのがネックですが、 別売りのモバイルスタンドを使えば、角度をつけてタブレットを置くことも可能。 3つの段階に角度の調整ができるので、好きな姿勢で絵を描くことができるでしょう。 OS Windows 10 画面サイズ(解像度) 13. 4mm(1. 44kg) 持ち運びやすい11. 6インチのタブレット。 また、 8192段階の筆圧感知力があり、スムーズな描写が可能。 細かなところまで綺麗にイラストを描きたい方におすすめです。 ペンが持ちやすいことも魅力のひとつ。 6角形の持ち手がぴったりと手にフィットし、滑りにくい仕様です。 より普通のペンに近いタッチペンをお探しの方に適しているでしょう。 OS Windows 7以降・Mac OS X 10. 10以降 画面サイズ(解像度) 11. 5mm(-) Wacomならではの描きやすさと使いやすさにこだわった商品です。 専用のWacom Pro Pen 2は8192レベルの高感度で、 デジタルでも筆圧に合わせた濃淡を出しやすく、ナチュラルな描画ができる ことが特徴。 お絵かきソフトなどがついていないため全くの初心者向けではありませんが、Windows対応なので使えるソフトが多いのも魅力です。 内臓スタンドでは 角度を自由に変えながら精密な描写も可能。 細かいタッチの絵も画面上で楽しむことができるでしょう。 OS Windows 7以降・Mac OS X 10. 12以降 画面サイズ(解像度) 15. 5mm(1. 9kg) インテルの高性能プロセッサを搭載した、お絵かき以外の用途でも使いやすいタブレット。 別売りですが、専用アクセサリのSurface Penは筆圧検知レベルが高く、軽いタッチでもしっかり反応してくれます。 アナログのペン先と変わらないような描きやすさがあるでしょう。 画面が大めなため持ち運びはしにくいのですが、細かく角度調整ができるキックスタント付き。 机でも膝においても、 自由なスタイルでお絵かきできるので、疲れにくいタブレットPCを探している方におすすめです。 OS Windows 10 画面サイズ(解像度) 12. 最新の12. 9インチは、動画の視聴なども見やすいですが、お絵かきするのにも小さすぎないサイズです。 他のメーカーと比べてお値段は高めですが、 MacやiPhoneで有名なApple製のため、Apple製品に慣れている方におすすめ。 別途購入が必要ですが、シームレスで持ちやすい Apple Pencilはタップ一つで線や太さ、色や消しゴムなどの機能を自由に切り替えられるアイテム。 傾きと圧力を感知するセンサーも搭載されており、本当のペンのような自然な書き心地を体験できるでしょう。 OS iPadOS 画面サイズ(解像度) 12. 9㎜(641g) 映像や音楽視聴の性能が高いタブレットですが、M-Penと呼ばれる使いやすいタッチペンが付属しています。 筆圧感知レベルも2048段階と高く、 コスパが良いのに細かいディティールまで描画で再現できる1台。 付属のペンでは、手書きのメモを残して置いたり、画像にイラストやメモを加えることもできて便利。 急速充電が可能なうえに、 長時間バッテリーが持つので、お絵かきを思う存分楽しめるでしょう。 さらにブルーラットカットモードを搭載しており、カットするだけではなく、 画面との距離が近い場合にメッセージでお知らせしてくれます。 大切な目の健康に配慮した仕様です。 OS Android 8. 0 画面サイズ(解像度) 10. 1インチ(1920x1200) 筆圧レベル 2048段階 傾き検知機能 無 角度調整 無 メモリ RAM3GB(ROM32GB)・RAM4GB(ROM64GB) 耐久性能 - 本体サイズ(重量) 幅243. 7mm(480g) ASUS(エイスース) 商品名 MediaPad M5 Lite iPad Pro 12. 9インチ Surface Pro STYLISTIC QL2 Cintiq 16 DG-D10IWP Artist12 MobileStudio Pro13 YOGA BOOK TransBook Mini T103HAF 特徴 コスパよく細かい描写も可能。 ペン先の描き心地がなめらか マルチに使えるタブレット。 趣味や仕事のお絵かきに 大画面で大きな絵描ける。 角度調節できる画面が見やすい タッチペン付属のコスパのよいモデル。 デザイン性と価格重... フルHDの美しいディスプレイ。 自由な創作活動をしたい方... 紙のようにすらすら描ける!イラストやコミックを描きたい... 美しいグラフィックと持ちやすいペンで、繊細な絵を描きたい方に 高性能なペンがセットのタブレット。 本格的な絵を描きたい方に バッテリーが長持ち。 スケッチブック感覚で使えるタブレット コンパクトでも充実した接続性。 隙間時間のお絵かきにおすすめ 最安値 OS Android 8. 0 iPadOS Windows 10 Windows 10 Windows 7以降・Mac OS X 10. 12以降 Windows 10 Pro Windows 7以降・Mac OS X 10. 10以降 Windows 10 Windows 10 Windows 10 画面サイズ(解像度) 10. 1インチ(1920x1200) 12. 3インチ(2736x1824) - 15. 1インチ(1920x1200) 10. 7mm(480g) 幅214. 5mm(1. 5mm(-) 幅366. 4mm(1. 44kg) 厚さ9.

次の

【2020年最新版】安い液タブをまとめてみた!パソコン不要・必要別で性能を比較しました!【液晶ペンタブレット】

液晶 タブレット 安い

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。 商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。 液晶タブレットとは、コンピューター用のポインティングディバイスの一種で、液晶モニターとペンタブレットを統合し、モニターにペンで書きこむ事ができます。 液晶タブレットは、端末にタッチスクリーンを搭載しており、入力部分がディスプレイを兼ねているため、紙にペンで物を書く要領で入力できる利点があります。 手元を直接確認できることから、イラストレーション用のツールとして最適です。 普通のタブレットやペンタブレットとの違い 液晶タブレットと普通のタブレットの違い 液晶タブレットと普通のタブレットの違いは、タブレットとPCを接続するか、タブレットにPCが内蔵されているかです。 液晶タブレットは、PCとしての機能がありません。 映像ケーブルとUSBケーブルを使って、PCと接続して使用する製品です。 使用方法はペン入力で、ほとんどの場合はタッチ操作ができません。 一方、普通のタブレットは、液晶タブレットとPCが一体化したものです。 タッチ操作が基本ですが、専用ペンが付いているものも存在します。 ペンだけに反応するように設定できるため、液晶タブレットとして使用も可能です。 しかし、ハイスペックな物でないと、液晶タブレットと同等な性能は持ち合わせていない事に注意が必要です。 ペンタブレットと液晶タブレットの違い ペンタブレットと液晶タブレットの違いは、液晶が付いているかいないかです。 液晶タブレットは液晶が付いており、専用ペンで液晶タブレットを見ながら入力します。 PCとは接続していますが、入力時にPCのスクリーンを見る必要がありません。 液晶タブレットは、入力時に入力している手元を見ることができ、アナログで絵を描いているのと近い感覚で入力が可能です。 一方、ペンタブレットは専用ペンでタブレットに入力して使用しますが、タブレットには液晶が付いていない為、PCのスクリーンを見ることが必要になります。 ペンタブレットは、入力時にPCの画面を見ながら入力するため、操作には慣れが必要です。 気軽にイラスト作成を楽しみたい場合、13インチ前後のモデルがおすすめです。 本体が軽く、使用しない時はコンパクトに収納出来ます。 本格的なイラスト作成であれば、19インチ以上の大きなモデルがおすすめです。 細かい部分の作業が快適に行えるでしょう。 使用目的、作業場所、収納場所を考慮して、適切なサイズを選択することが重要です。 使用目的を考慮し、価格と性能を比較して自分に合うものを探すのも必要です。 13インチの小さ目の物でも、国内メーカーなら10万円前後はし、19インチ以上の物になる20万円近くになります。 海外メーカーの物は、低価格で求めることが出来ますが、性能やサポート面は国内メーカーと比べると、見劣りする物もあるため注意が必要です。 Adobe色域カバー率が高いと、液晶ディスプレイやプリンタなどで表示する色の違いを最小限に抑えることが可能です。 液晶タブレットで作成した絵の色が、スマートフォンで見ると違う色に見える事があります。 色の違いは、色域カバー率が低い事が原因の一つです。 カバー率が高くなると、価格も高くなるため、使用目的に合わせて選択すると良いでしょう。 早い方が専用ペンを使用したときのタイムラグがなく感じますが、絵を書く場合は、「25ms」くらいあればペンの動きに合わせて対応が可能です。 ゲームのような表示スピードが求められるものは「1ms」ほどは必要になるでしょう。 高レベルの物は、より多くの段階で筆圧を感じ取る事が可能になり、線の抜きや入りが細かく表現できます。 筆圧レベルは、一般的な1024ほどあれば、普通にイラストを描くことが出来ます。 リアルで繊細なイラストを描きたい場合は、2048の筆圧レベルが最適です。 筆圧レベルが高い物が良いという方は、製品によって筆圧レベル8192まで求めることが出来ます。 価格的には、別々で購入するよりも、付属ソフトが付いている物の方がお得です。 しかし、どんな付属ソフトが付いているのか確認が必要です。 液晶の細かな点(ドット)の数をあらわしているため、一般的に数値が大きくなるときめ細かく綺麗になります。 本来「解像度」には色々な解釈や意味があります。 解像度で表す単位として「dpi(ディーピーアイ)」「ppi(ピーピーアイ)」「lpi(エルピーアイ)」が多く使われます。 dpiとppiは1インチ(2. 54cm)の幅にどれだけドットがあるかを表す単位で、lpiは印刷物などに用いられる精細さです。 単純に数値が大きくなれば綺麗で滑らかな映像を表示できると考えて問題ありません。 注意点として、「ディスプレイ最大(MAX)解像度」があげられます。 扱えるデータは「ディスプレイ解像度」の表記と同じ解像度でも、液晶タブレット上では、「ディスプレイ最大(MAX)解像度」で表示されているという意味です。 多くの液晶タブレットでは、ディスプレイ解像度とディスプレイ最大(MAX)解像度は同じですが、中には違いがある場合もあるため、検討の際には注意が必要です。 液晶タブレット有名メーカーごとの代表製品 ワコムは液晶タブレットでトップシェアの国内メーカー ワコムは、液晶タブレットでトップシェアの国内メーカーです。 動作も安定しており、不具合も多くありません。 操作などに困っても情報がたくさんあるため、安心して購入することができます。 高性能・高価格帯のモデルがプロからも高い信頼を得ています。 ペン入力の機器に定評があるメーカーです。 Wacom Cintiq 16 DTK1660K0D Wacom Cintiq 16 DTK1660K0Dの価格は、ワコムの液晶タブレットの中では最安値です。 安いだけではなく、性能も高性能で、ワコムには一般用とプロ用がありますが、Cintiq 16は、プロ仕様に近い性能を低価格で実現しています。 筆圧感知は8192レベルで高性能ですが、コストカットを実現させるため、サイドスイッチやタッチ機能はついていません。 性能表で自分の必要な機能があるか確認するとよいでしょう。 インテルのCore i7プロセッサー・メモリ8GB・SSD 256GBを搭載しており、PCのない環境でもイラスト作成が可能です。 3インチながらキレイな映像を映し出せます。 筆圧感知は8192レベルで快適で自然な書き心地で、背面に3Dカメラを搭載し、付属ソフトを使用して3Dグラフィックの制作も可能です。 場所を選ばず、高性能でイラストが制作したい方におすすめの液晶タブレットです。 フイオンは中国の人気メーカー 中国の人気メーカー、フイオンは、低価格帯の液晶タブレットを展開しています。 低価格であるため、初心者にも購入しやすい製品が多くあり、趣味程度でイラストを描く為に、液晶タブレットの購入を考えている人にはピッタリです。 フイオンKamvas Pro 20 フイオンKamvas Pro 20は、19. 5インチの画面サイズながら、狭い縁の設計により、置き場所に困らない絶妙な大きさが魅力です。 68mmという十分な作業領域により、重たいアプリを開いても、表現力の高さを発揮することが出来ます。 筆圧感知は8192レベルある高性能液晶タブレットです。 XP-Penは日本国内で設立されたメーカー 日本国内で設立されたメーカーです。 開発拠点を台湾や中国に置き、液晶タブレット関連製品を幅広く取り扱っています。 フイオンと同じく、低価格が魅力のメーカーです。 XP-PEN Artist 15. 6 JPArtist15. 6 XP-PEN Artist 15. 6 JPArtist15. 6は、シンプルなデザインで低価格の初心者向けの液晶タブレットです。 ディスプレイのサイズが15. 6インチでも、スリムでスペースを取らないボディは収納しやすいモデルになってます。 筆圧感知も8192レベルと十分満足できるでしょう。 XP-PEN Artist22EPro XP-PEN Artist22EPro GT-191 GT191-HAJPは、右利き・左利きの両方に対応している液晶タブレットです。 ディスプレイ左右が対照的なデザインをしており、カスタマイズボタンも8個ずつ左右対称に搭載しています。 右利き・左利きの両方に対応していることから、オフィス設置用としても重宝するでしょう。 22インチの大型ディスプレイを採用しており、フルHD解像度に対応しているため、キレイなグラフィックの視認が可能です。 筆圧感知は8192レベルで、多機能ペンケースが付属しています。 接続はHDM・IVGA・USBに対応しており、4Kディスプレイとの同時利用が可能であるため、高精度なイラスト制作が可能です。 Parblo Coastは初心者にもおすすめのメーカー Parblo Coastは、Amazonでも人気のメーカーです。 価格は、低価格を売りにしているフイオンよりもさらに安く、視野角はワコムと同様の数値をもっています。 液晶タブレットを試してみたいという方には、購入しやすいメーカーでしょう。 Parblo Coast10 10. 1インチ Parblo Coast10 10. 1インチは、視野角が広く170度はワコムと同数値です。 液晶サイズは10. 1インチと小さめで、重量が630グラムと言う驚きの軽さで、持ち運びには重宝するでしょう。 筆圧検知は2048レベルで最低限はクリアしています。 ペンがバッテリーレスペンになっており、10グラムと軽さにも特徴があります。 低価格で、持ち運びも便利りな液晶タブレットを探している方にピッタリです。 Parblo Coast10 21. 5インチ Parblo Coast10 21. 5インチは、筆圧検知や、バッテリーレスペンは10. 1インチモデルと同様の使用です。 机に設置して、しっかり描くにはおすすめのサイズ液晶21. 1モデルに比べて高スペックであることも特徴です。 広い作業範囲が必要な方にお勧めできます。 液タブのおすすめについてのまとめ• 液晶タブレットは、ペンタブレットに液晶の付いたポインティングディバイスです。 PCに接続して使用するもので、単体では使用できません。 最大の特徴は、液晶画面に専用ペンで入力するため、手元を見ての入力ができます。 PCディスプレイを見ながらの入力に、慣れる必要はありません。 選ぶポイントは、サイズ、価格帯、Adobe色域カバー率、応答速度、筆圧感知、付属ソフトなど多数存在します。 まずは自分の使用目的に合う為の、必要な性能レベルを確認し、自分の中の予算とマッチするものを探すとよいでしょう。 国内メーカーは高価格ですが、性能面で優れています。 海外メーカーは低価格ですが、国内メーカーと比べると劣るポイントが存在します。 これらを考慮して、自分にピッタリの液晶タブレットを見付けるとよいでしょう。 投稿ナビゲーション.

次の