航空 券 キャンセル。 航空券キャンセルの仕訳|助け合い掲示板|経理初心者おたすけ帳

ANA航空券のキャンセル料を少しでも安く抑えてお金を払い戻す方法!

航空 券 キャンセル

しかしながらJALの早割やバーゲンフェア、ANAの早割・超割・得割、スカイマークの前割などの商品では便出発前でも取消手数料がかかります。 また便出発後の取消手数料は比較的割高で場合によっては払戻し不可の物も少なくありません。 まとめると国内の航空券に限れば通常の航空券なら便出発前までの取消なら手数料もかからずに済み、出発後も手数料を支払うことで一部払戻しが受けられる。 しかしながら通常料金よりもお得な割引航空券の場合は便出発前でも取消手数料がかかることが多く、便出発後も大抵取消手数料の支払いで一部払戻しを受けられるものも多いが、なかには払戻し自体受けられない商品もあるので注意が必要だということです。 例ANAの取消手数料 便出発前 便出発後 A B C D 普通運賃 無料 2000円 4000円 6000円 8000円 (A・B・C・Dは各空港の路線区分の区分けです) ANAとJALの場合、キャンセル、払い戻し自体の受付はその航空券が予約変更できるか、できないかでその期間が変わってきます。 予約変更できる航空券の場合はその航空券の有効期限日の翌日から10日間までがキャンセル可能期限となっています。 有効期限はANAの場合はその多くは発行日の翌日から90日間に設定されていて、JALの場合は1年に設定されています。 例えばANAの場合だと発行日が9月10日で搭乗日が9月30日だとした場合、有効期限は12月9日までで、そこから10日間で12月19日までがキャンセル可能期間となります。 例ANAのキャンセル可能期間 発券日 搭乗日 有効期限 キャンセル可能期限 9月10日 9月30日 12月9日 12月19日 予約変更できない航空券の場合 格安運賃が売りのピーチやバニラエア、ジェットスターなどのLCC各社の場合、出発前、出発後関係なく返金は不可です。 ピーチの場合は通常よりも割高な料金である「ハッピーピーチプラス」という運賃タイプなら取消手数料(1080円)を差し引いた金額がピーチポイントで返還されます。 ピーチポイントは次回の航空券の運賃の支払いなどに使えます。 ジェットスターの場合はオプションで通常料金よりも割高な「しっかりMax」という運賃タイプを選ぶと返金することが可能です。 その場合でもキャンセル料(国内線:3090円)がかかります。 バニラエアの場合もオプションで通常よりも割高な「コミコミバニラ」という運賃タイプを選ぶと返金が可能です。 キャンセル料は国内線で3000円です。

次の

新型肺炎コロナ影響での旅行キャンセルで航空券などの返金方法|海外国内|タピオカはごはん

航空 券 キャンセル

第1条 定義 本国際運送約款 以下「G. 」 で使用される用語および定義は、以下の意味で使用されています。 in a. を指しています。 in a. を意味しています。 これらの規定は、運送契約の一部を形成するものではなく、管轄の規制当局や立法機関によって随時変更されることがあります。 別途明記されていない限り、手荷物の定義には、受託手荷物と非配送手荷物の両方を含むものとします。 お客様がお連れになるペットは、手荷物と見なされます。 航空会社 航空運送を実行する法人を意味しています。 販売航空会社 と運航航空会社を区別する必要があります。 販売航空会社は、航空券を発券する航空会社や、 お客様またはお客様に代わって行動される方と合意した 運送契約の当事者であり、当該運送契約によって、お客様やその手荷物の輸送が実行されるか、または実行されることが約束されます。 販売航空会社は、当該運送の不履行または部分的にのみ実行された場合に対して責任を負います。 運航会社は、販売航空会社以外のあらゆる航空会社で、販売航空会社との契約または委任により、現に運送のすべてまたは一部を行います。 個人 職業または事業活動以外の目的で航空運送航空券を購入されたお客様を意味しています。 運賃は、航空券の該当ボックス内に示されています。 運賃は、以下に関する「運賃規定」と呼ばれる特定の条件や制限を伴うことがあります。 i 航空券の有効性および期間、 ii 予約および航空券の発券、 iii 本G. の規定を組み込むか、または変更することがある航空券の払い戻し規定。 フライトまたは旅行 1つまたは複数の区間から成る、合意済み航空会社の旅程を意味しています。 IATA 世界の民間航空会社の大部分がメンバーとなっている業界団体である国際航空運送協会の略称です。 IATAの詳細については、WEBサイト をご覧ください。 ICAO 民間航空の規制を扱う国際連合の機関の1つである国際民間航空機関の略称です。 ICAOの詳細については、WEBサイト をご覧ください。 SDR 「特別引出権」 国際商業取引のための均一かつ同種の通貨を実現するために国際通貨基金が作成した勘定単位を意味し、SDRの価値は、主要経済紙やインターネットで発表されます。 区間 フライトの国内行程、国際行程、または大陸間行程のそれぞれを意味しています。 受け入れ可能タイムリミット チェックイン完了のタイムリミットを意味しています。 第2条 適用可能性 2. そのような場合は、その運航航空会社のG. と運航航空会社のG. との間で相違がある場合、運航航空会社のG. が本G. よりも優先いたします。 認定代理店も、運航航空会社が販売航空会社と異なる場合には、運航航空会社の情報をお客様にお知らせいたします。 関連航空券とは、1人のお客様に同時に発券された、合わせて1つの運送契約を構成する複数の航空券を意味しています。 チャーター便の場合、本G. は、 適用されることが関連契約書または航空券に明記されている場合のみ適用されます。 が運送契約に適用されるものとします。 予約 3. 航空券は、ご購入前に予約をすることができます。 ただし、フライトに使用されるはずであった機材の交換や変更があった場合、お客様が確認書を受け取っておられたとしても、座席の確保が保証できないことがあります。 適用される運賃規定に基づく異なる規定がある場合を除き、認定代理店、チケットオフィスおよびコンタクトセンターのオペレーターが予約時にお客様にお知らせする、予約時から航空券購入時までの期間に予想される運賃変動 超過または低下 、第三者によって課される税金および手数料 空港使用料、その他の税金、関税または安全のための追加コストなど の変動はそれぞれ、航空券の購入を完了させようとされているお客様の有利または利益になるように適用されます。 航空券 3. 運送は、航空券による証明に基づいてのみ行われます。 航空券は第三者に譲渡できません。 航空券の有効期間は、適用される運賃規定により示されています。 有効期間が示されていない場合、航空券は、 a 発行日から1年間、または b 最初の行程の運航が発券日から1年以内であることを条件に、航空券で示されている最初の行程の日付から1年間、有効です。 航空券の払い戻しに関する規定は、本G. 航空券および利用可能な付随的サービスに関係するEMDの有効期間は、航空券が1つまたは複数の途中降機地を示す場合、診断書の日付から最長3ヶ月延長されます。 航空券の有効期間は、航空券が1つまたは複数の途中降機地を示す場合、診断書の日付から最長3ヶ月延長されます。 お客様が旅行中にお亡くなりになった場合において、当該のお客様にご同行者がいらっしゃるときは、当該同行者の航空券は、最低滞在条件を削除することによって、または有効期間を延長することによって、変更することができます。 合意された途中降機地または目的地において、既に旅行を開始されていたお客様の肉親、配偶者またはご同行者がお亡くなりになった場合、お客様の航空券の有効期間、および同行されていた肉親、配偶者またはご同行者の航空券の有効期間も、同様に変更することができます。 変更は、有効な死亡証明書をご提示いただくことで行われますが、いずれの場合でも、当該航空券の有効期間を死亡日後45日間を超えて延長することはできません。 お客様が購入された航空券は、出発地から目的地まで、途中降機地を含め、航空券に明記された区間についてのみ有効です。 お客様が支払われた運賃は、航空券に明記された運送に対するものです。 の第1条で定義された運賃および適用される運賃規定は、運送契約の不可欠な部分を形成しています。 購入された航空券が一連の区間を含んでいる場合、それらの区間は所定の順序で利用される必要があります。 運賃およびその他の費用 3. 航空券の価格には、運賃の他、法の規定による、または政府その他の関係当局が要求する、輸送に適用される税金およびその他の費用を含みます。 運賃は、出発地の空港から最終目的地の空港までの運送にのみ適用されます。 適用される運賃によって認められる場合に、ご購入後に旅行を変更されると、追加料金が発生することがあります。 選択された購入方法 認定代理店、コンタクトセンターのオペレーター、チケットオフィス、WEBサイトなど に応じて、販売サービスの料金や航空券発券の料金 いわゆる発券料金 が適用される場合があります。 第4条 チェックインおよび搭乗 4. お客様のチェックインのタイムリミットは、空港ごとに異なります。 そのためお客様には、該当するタイムリミットを把握し、遵守していただく必要があります。 お客様には、後続のフライトについても、チェックインに適用されるタイムリミットを把握し、区間と区間との間の接続時間がチェックインおよび搭乗を行うのに十分であることを確認していただく必要があります。 お身体が不自由なお客様、2歳未満のお子様、付添人のない未成年のお客様、またはペットをお連れになるお客様など 第6条参照 、お客様によっては、特別なお願いおよびタイムリミットを指定させていただくことがあります。 8を損なわない場合に限ります。 8を損なわない場合に限ります。 これらの書類は、運航中に、またフライトのコース全体にわたって有効である必要があります。 管理手続きに関する詳細規定は、以下の第12条で確認できます。 または航空券の使用やお客様が携行される手荷物およびお連れになるペットの輸送に関する運賃規定で言及されている要件を遵守されなかった場合。 第6条 お手伝いの必要なお客様 6. 障害がおありのお客様およびお身体が不自由なお客様 6. 障害がおありのお客様およびお身体が不自由なお客様の権利は、で確認可能な規則 EC No. このカテゴリーに含まれるお客様が空港におられる間のお手伝いは、欧州連合の空港運営者の責任となります。 搭乗中、降機中、および飛行中の最善のサービスを保証するために、特別なお手伝いが必要な障害がおありのお客様およびお身体が不自由なお客様には、早めにお越しいただいてチェックインされることをお勧めいたします。 また、いかなる場合でも、選択したフライトのチェックインのタイムリミットまでに手続きをお済ませいただくようお願いいたします。 2歳未満のお子様および付添人のない未成年のお客様 6. 2歳未満のお子様は、少なくとも親権者1名または18歳以上の方1名が付き添う必要があります。 ご同行者とは、適切な文書に基づいて未成年者を託された成人 18歳以上 を意味しています。 14歳以上の未成年のお客様は国内線にお1人でご搭乗いただくことができ、15歳以上の未成年のお客様は、国際線および大陸間路線を含め、どのフライトにもお1人でご搭乗いただくことができます。 前記の6. 2に記載の手順は、 上記の未成年のお客様には適用されません。 したがって、上記の未成年のお客様には、他のお客様と同じ規定および手順により搭乗していただくことになります。 しかしながら、明示的な要求があり、要求された追加料金が支払われた場合、未成年のお客様は、上記6. 2で説明した付添人のない未成年のお客様のための手順に従うことができます。 また、旅行中、予定された停留または運休もしくは遅延のために、未成年のお客様にはチェックインに親権者の承諾書を必要とするホテルに滞在していただくことがございますので、未成年のお客様は、親権者や後見人の承諾書を携帯される必要があります。 航空会社は、そのような承諾書を携帯されていないことによる損害や費用に対する責任を負いません。 第7条 手荷物 7. 以下は、手荷物およびお客様のその他の所有物の輸送に適用される一般的規定です。 お客様が機内に持ち込める手荷物およびその他の所有物は、お客様の前の座席の下 非常口座席を除く 、または客室のコンパートメント内に置いていただく必要があります。 客室に持ち込むことができない手荷物およびお客様のその他の所有物は、受託手荷物として運送いたします。 選択された運賃および許容量によって可能な場合、手荷物は無料で運送されます。 受託手荷物の重量、大きさまたは個数が許容量を超える場合、超過部分 超過手荷物 については、追加運賃が請求され、該当する領収書がお客様宛てに発行されます。 無料手荷物許容量の範囲内にある受託手荷物、または許容量を超える受託手荷物は、基本的にお客様と同じ航空機で運送されます。 ただし、それが安全上または運航上の所定の理由により現実的ではないことが判明している場合は、この限りではありません。 このような物体の輸送には、特別運賃が適用されることがあります。 コードシェア便または複数の航空会社によるフライトでは、手荷物運送の条件および許容量が異なることがあります。 第8条 手荷物の内容に関する制限 8. さらに、受託手荷物には、 一例を挙げると 電子タバコまたは電子パイプ、貴重品、壊れやすいものまたは傷みやすいもの、現金、宝石、貴金属、銀器、コンピューターおよびその付属品、個人用の電子器具または電子機器、カメラおよび写真機材、有価証券、信用証券、政府証券、株券、債券その他の証券、仕事、業務または営業関連の書類、パスポートおよびその他の個人識別書類、サンプルコレクション、家宝、骨董品、職人工芸品または年代ものの製品、手工芸品、希少本、貴重な出版物または原稿、家の鍵および車の鍵などの物体を含むことができません。 お客様がその場におられない場合、本G. に従って運送が禁止されている物体、または本G. 航空券保有者が受託手荷物を受取時に苦情書を提出することなく受け取られた場合、当該受託手荷物が良好な状態で、かつ運送契約に従って返還されたものと見なされます。 これらの書類は、チェックイン時点および旅行全体を通じて有効である必要があります。 第9条 時間、遅延および欠航 9. そのような要因は、フライトに影響することがあり、場合によってはフライトのスケジュール変更または欠航につながることがあります。 このような規定は、運送契約の一部を形成するものではなく、管轄の立法機関や規制当局によって随時変更されることがあります。 第10条 払い戻し 10. 航空券を保有されている方または航空券代金を支払われた方は、払い戻しを受けることができます。 当該税金の払い戻しは、特別なプロモーションオファーで購入された払い戻し不可能な航空券にも適用されます。 航空券が一部使用されている場合、払い戻し金額は、利用されていない区間の税金に対応するものとします。 認定代理店を通じて購入された航空券の払い戻しは、当該認定代理店に直接要求する必要があります。 第11条 機上での行動 11. イタリア航行法典 Italian Navigation Code および航空輸送に適用される国内外の規定に従い、機長は、機材を指揮しており、安全なフライトのために必要と考える行動をとる権限を有しています。 お客様も乗務員も、機内では全員が機長の命令に従う必要があります。 機長はまた、行動、身体状態または精神状態がフライトの安全性にとって危険と見なされるお客様に対して、安全のために必要と考える行動をとる権限を有しています。 これには、お客様の健康に不可欠な補聴器、呼吸マスク、ペースメーカーなどの医療機器は含まれません。 ただし、お客様は、そのような機器の使用が可能かどうかを事前にコンタクトセンターにご確認ください。 IATAの手順に従い、この喫煙禁止は、2013年4月1日から電子タバコにも適用されています。 第12条 管理手続き 12. お客様への運送サービスには、一連の法規が適用されます。 これらの規定を遵守されなかった場合、運送が拒否されることがあります。 この点については、本G. 7 および4. 8を ご覧ください。 お客様は、必要な旅行書類を保持されている必要があり、出発国、目的国または乗り継ぎ国が定めた法律、規則、命令、規定および条件を遵守される必要があります。 前述の第4. 6条および第4. お客様は、出発国、乗り継ぎ国および目的国の法律、規則、命令および規定によって必要とされるすべての書類を提示することに同意し、それらが整っていることを確実にする必要があります。 前記の書類をお持ちでないお客様、または不適切な書類を提示されたお客様は、運送に関するご自身の権利を失うことになります。 いずれの場合でも、お客様は、入国拒否または追放となった場所までの運送に対して支払われた金額の払い戻しをお受けになることはできません。 お客様がそのような検査に反対された場合には、そのお客様は運送に対する権利を有されないことになります。 第13条 損害に対する補償および責任の制限 13. 万一、 i お客様の死亡または負傷、 ii お客様の航空運送の遅延、 iii 手荷物の航空運送の遅延、 iv 手荷物の破損、破壊または紛失 があった場合には、現行のイタリア国内法および国際法が適用されるものとします。 具体的には、イタリア航行法典、、 理事会規則 EC No. このような規定は、運送契約の一部を形成するものではなく、管轄の立法機関や規制当局によって随時変更されることがあります。 以下の情報は、上記の規定を要約したものです。 a お客様の死亡または負傷に対する損害補償:航空会社は、お客様の死亡または負傷により生じた損害について、死亡または傷害の原因となった事故が機上または搭乗もしくは降機の過程で発生したことを条件に責任を負います。 お客様お1人につき128,821 [1]を上回らない損害について、航空会社は責任を除外または制限することができないものとします。 航空会社は、以下のうちいずれかを証明した場合、お客様お1人につき128,821を上回る範囲の上記損害には責任を負わないものとします。 a 当該損害が、航空会社、その使用人もしくは代理店の過失、その他不正の行為もしくは不作為によるものではなかった場合、または b 当該損害が、専ら第三者の過失、その他不正の行為もしくは不作為によるものであった場合。 b 前渡し金:お客様の死亡または傷害につながる航空機事故が発生した場合において、国内法によって求められたときは、航空会社は、補償を要求できる自然人 個人 に、その方の差し迫った経済的ニーズを満たせるよう、遅滞なく前渡し金を支払うものとします。 死亡の場合、前渡し金は 16,000を下回ることはありません。 この前渡し金は、責任の認識を意味せず、航空会社によって損害賠償として後日支払われる金額と相殺されることがあります。 c お客様の航空運送の遅延:航空会社は、お客様の航空運送の遅延によって生じた損害に対して責任を負います。 しかしながら航空会社は、遅延によって生じた損害について、航空会社、そのスタッフおよび代理店が損害を回避するために合理的に要求され得るすべての措置を講じたこと、または航空会社、そのスタッフおよび代理店にとってそれらの措置を講じることが不可能であったことを証明した場合には、責任を負わないものとします。 お客様お1人に対する航空会社の責任は、5,346SDRを限度とします。 d 手荷物の航空運送の遅延:航空会社は、手荷物の航空運送の遅延によって生じた損害に対して責任を負います。 しかしながら航空会社は、遅延によって生じた損害について、航空会社、そのスタッフおよび代理店が損害を回避するために合理的に要求され得るすべての措置を講じたこと、または航空会社、そのスタッフおよび代理店にとってそれらの措置を講じることが不可能であったことを証明した場合には、責任を負わないものとします。 お客様お1人に対する航空会社の責任は、1,288SDRを限度とします。 e 手荷物の破損、破壊または紛失:手荷物の運送において、破壊、紛失、破損または遅延による航空会社の責任は、お客様お1人につき1,288を限度とします。 受託手荷物の場合、航空会社は破損について、過失によって生じたものではなくても、手荷物の欠陥による場合を除き、責任を負うものとします。 航空会社は、機内持ち込み手荷物については、破損が航空会社の作為または不作為によって生じた範囲でのみ責任を負うものとします。 f 手荷物に対するより高額な責任限度額:お客様は、受託手荷物を航空会社にお預けになる際に、目的地での配送について特別申告を行い、必要な場合に追加料金を支払うことによって、より高額な責任限度額の恩恵を受けることができます。 g 苦情の適時通知:受託手荷物または貨物の引き渡しを受けることができる方が苦情を申し立てずに受け取られた場合、受託手荷物または貨物が良好な状態で、かつ運送書類に従って引き渡されたことの 一応の証拠となります。 破損があった場合、引き渡しを受けることができる方は、破損発見後直ちに、また遅くとも、受託手荷物の場合には受取日から7日以内に、航空会社に苦情を申し立てる必要があります。 遅延の場合、遅くとも手荷物が手元に届いた日から21日以内に苦情を申し立てる必要があります。 苦情はすべて書面によるものとし、前記の期間内に提供または送付する必要があります。 苦情が前記の期間内に行われなかった場合、航空会社側に不正があった場合を除き、航空会社に対する訴えは行わないものとします。 h 契約航空会社および運航航空会社の責任:運送の全部または一部を実行している航空会社が契約航空会社ではない場合、お客様が航空会社に対して行われた苦情申し立ては、契約航空会社宛であるか、運航航空会社宛であるかを問わず、同じ効果を有するものとします。 契約航空会社は、名称またはコードがフライト航空券に表示されている航空会社です。 i 出訴期限:損害賠償を受ける権利は、目的地の到着日、航空機が到着していたはずの日、または運送が停止された日から起算して2年以内に訴訟が起こされなかった場合には消滅するものとします。 当該期間の計算方法は、当案件を扱う裁判所によって決定されるものとします。 欧州連合圏内においてオンラインで購入された商品やサービスに関連する紛争のオンライン処理を目的としています。 ODRプラットフォームは、 お客様は、ODRプラットフォーム上にて代替的紛争解決機関のリストを閲覧でき、またそれぞれのリンク先から、オンライン紛争解決手続きを開始することができます。 この件に関し、アリタリア-イタリア航空へお問い合わせをご希望の際は、ODR alitalia. com をご利用ください。 オンラインで購入された商品やサービスに関連する紛争のオンライン処理を目的としています。 ODRプラットフォームは、次のWebサイトでご利用頂けます。 ; プラットフォーム上にて、お客さまは代替的紛争解決機関のリストをご覧頂けます。 またそれぞれのリンク先から、オンライン紛争解決手続きを開始することができます。 この件に関するアリタリアへのお問い合わせ先メールアドレスはODR alitalia. comです。 の変更、代替、取り消しを行うことができません。 のいずれの条項も、 会社の法的義務を免除する規定と解釈することはできないものとします。 CGT プライバシー 第16条 個人情報の収集と取扱 アリタリアは、情報取扱名義人として、航空運送サービスおよび不随サービスの実行を目的とし、ご乗客の個人情報を収集、処理、利用します。 アリタリアによって実行される情報取り扱いをもとに、情報取扱名義人は、 欧州規制第37条に則り、情報保護責任者を任命する必要を認識しました。 この保護責任者の問い合わせ先は以下のとおりです:Alitalia Data Protection Officer Via A. Nassetti s. , Pal. Alfa, 00054 Fiumicino RM 、またはEメールアドレス dpo alitalia. com。 アリタリアは、どのように入手されたものにも関わらず、個人情報が、関与者の尊厳のみならず、基本的な権利と自由を尊重した方法で取り扱われることを保証します。 特に、情報の秘匿性、個人のアイデンティティと個人情報の保護に関する権利には重点を置いています。 上記の情報は大半の場合自動化されたシステムで収集、処理、使用され、前述の目的のために限定して取り扱われます。 また、GDPR第29条に則り、 外部の取り扱い「責任者」として指定された承認済み被委任者に対し、アリタリアがこの情報を共有する場合があります。 これには、他航空会社とのコードシェア契約が含まれ、この場合はこの航空会社が独立した情報取扱名義人となります。 これは、前述の機関が該当法に準じて情報伝達を要求し、この伝達が航空運送サービスの実行に必須の場合を指します。 航空運送サービスおよび付随サービスの実行のため、上記のプライバシー規定で「機密情報」と制定されたデータも取り扱われることがあります。 「機密情報」とみなされる個人情報を供与することにより、乗客はアリタリアに対し、前述の個人情報を収集、処理、使用、第三者と共有し、欧州経済圏外を含む領域に移動させることを承認します。 乗客が前述の情報取り扱いを承認しない場合、または承認を取り消した場合、アリタリアは乗客から請求されたサービス全体またはその一部を供給できない場合があります。 この情報は上記の目的に限って取り扱われ、第三者に伝達されることも、商業目的に使用されることもありません。 アリタリアのお客様は、個人情報の取り扱い名義人と連絡を取り、欧州規制に則ったご自身の権利を行使することができます。 その際は、法的所在地 Via A. Nassetti s. , Pal. Alfa, 00054 Fiumicino RM までご連絡ください。 または、Alitalia Data Protection Officer, Via A. Via A. Nassetti s. , Pal. Alfa, 00054 Fiumicino RM のデータ保護官、またはEメールアドレス dpo alitalia. comに電子メールをご送信ください。 個人情報取り扱いに関する詳細情報は、アリタリアウェブサイトのプライバシーセクションでご覧いただけます。 最終更新日:2018年10月10日 [1]モントリオール条約の第21条、22条および23条で定める責任の制限 は、ICAOによって 5年ごとに見直されるものとし、最初の見直しは、条約発効日から5年目の最終日です。 本国際運送約で述べる責任の制限は、2010年1月1日発効の改定された制限です。

次の

航空券のキャンセル料|旅の準備・格安航空券なら【HIS】

航空 券 キャンセル

ANAの航空券は予約時に安い運賃ほどキャンセル時のキャンセル料金が高くなります。 一方、キャンセル料金が発生しない運賃或いはキャンセル料金が安く済む運賃は予約時に高い運賃が必要です。 そのため、多くの人はキャンセル料が高くても安く購入出来る、割引率の高いチケットを購入しています。 そのため困るのが急な予定の変更によるキャンセル時。 そこで、この記事ではANAの航空券のキャンセル料金を出来るだけ安く抑え、少しでも多くの金額を払い戻せるように、払い戻す時のポイントを紹介しています。 キャンセル料金が発生するタイミング ANAの航空券を予約した後、予約をキャンセルしたいと思った場合、「購入前(支払い前)」にキャンセルするか、「購入後(支払い後)」にキャンセルするかでキャンセル料金が大きく違ってきます。 購入前 ANAのウェブサイトや予約受付センター(電話)、空港カウンターでチケットを予約した場合、航空券の運賃を支払う前であればキャンセル料金は発生しません。 もちろん通常運賃(ANA FLEXや小児運賃)だけではなく、早割運賃といったバーゲンセール価格の運賃も同様に購入前であればキャンセル料は無料です。 購入後 ANAの航空券でキャンセル料金が発生するのは、チケット代を支払った後からです。 クレジットカードやインターネットバンキング、銀行振込、コンビニ払い等で支払った後は基本的にキャンセル料金が発生します。 運賃支払い後のキャンセル料金の内訳 キャンセル料金=払戻手数料+取消手数料 全日空(ANA)の航空券を払い戻す場合、払い戻し時期や運賃タイプによって違いはありますが、基本的にキャンセル料金が必要です。 そして、キャンセル料金の内訳は「払戻手数料」と「取消手数料」の2つの手数料です。 払戻手数料 ANAのチケット払い戻し時に必要なキャンセル料の一つが「払戻手数料」です。 払戻手数料は変更可能運賃(ANAフレックス、小児運賃、プレミアム運賃等)を含む全ての運賃で発生するキャンセル料です。 1名につき1区間430円で往復チケットの場合は2区間で計860円の払戻手数料が発生します。 通常、普通運賃である「ANAフレックス」や「小児運賃」では出発前の払い戻し時に取消手数料は不要ですが、払戻手数料だけ必要です。 取消手数料 ANAチケットを払い戻しする際に一番高くつくのが「取消手数料」です。 キャンセル料を少しでも安く抑えるためには、この取消手数料を出来るだけ安く抑えることが大事です。 取消手数料(キャンセル料)が発生する航空券の種類 ANAの運賃タイプによって、チケット代金を支払った後に取消手数料(キャンセル料)が発生するものと発生しないものがあります。 取消手数料(キャンセル料)がかかる運賃 ANA SUPER VALUE PREMIUM 28、ANA SUPER VALUE 75、ANA SUPER VALUE 55、ANA SUPER VALUE 45、ANA SUPER VALUE 28、ANA SUPER VALUE21、ANA SUPER VALUE SALE、ANA SUPER VALUE EARLY、ANA VALUE PREMIUM 3、ANA VALUE 1、ANA VALUE 3、ANA VALUE TRANSIT、ANA VALUE TRANSIT 7、ANA VALUE TRANSIT 28、スマートシニア空割、スマートU25 「ANAスーパーバリュー(旧旅割)」と「ANAバリュー(旧特割)」、「ANAスーパーバリューセール(旧旅割X)」、「バリュートランジット」、「スーマートシニア空割」、「スマートU25」といった運賃は支払後から取消手数料がかかります。 プレミアム運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアムビジネスきっぷ、ANA FLEX、ビジネスきっぷ、身体障がい者運賃、株主優待割引運賃、アイきっぷ、介護割引、プレミアム小児運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃、小児運賃、小児株主優待割引運賃 多くの人が利用する早割や直前割引の運賃は支払い後から取消手数料が発生しますが、「ANAフレックス(旧片道運賃)」や「小児運賃」、「ビジネスきっぷ」、「プレミアム運賃」といったチケットは支払い後も取消手数料は発生しません。 出発直前までキャンセル並びに予約便の変更が可能です。 こちらの運賃は航空券代は高いものの、直前まで予約変更やキャンセルが可能なので、会社の経費で飛行機を利用出来るサラリーマンの出張用として良く利用されているものです。 出張利用で多いのがこの運賃タイプ。 この運賃タイプならキャンセル時にキャンセル料金(取消手数料)はかかりません。 「ANAフレックス」や「少児運賃」、「プレミアム運賃」といった運賃は出発時刻前の払い戻しに際し取消手数料はかかりません。 早割の「ANAスーパーバリュー」と直前割の「ANAバリュー」はもちろんのこと、普通運賃の「ANAフレックス」とファーストクラスのチケット「プレミアム運賃」でも出発時刻を過ぎると取消手数料が発生します。 無駄なキャンセル料金を支払わないためにも、キャンセルはどの運賃タイプでも必ず「出発時刻前」までには最低でも済ませておくことが大切です。 また、出発後にキャンセル出来る期限は、「搭乗予定日翌日から30日目」までです。 キャンセル料を少しでも安く抑えるためには、「44日前ではなく45日前に!」、「27日前ではなく28日前に!」、「13日前ではなく14日前に!」取消手続き(キャンセル手続き)をすることが重要です。 「55日前」までであれば取消手数料は無料です。 購入済み航空券のキャンセル方法と返金の流れ キャンセル手続きの方法 ANA航空券をキャンセルする方法は主に3通り。 ウェブサイトでキャンセルする方法とコールセンターへ電話を入れてキャンセルする方法と直接空港カウンターへ行ってキャンセルする方法の3通りです。 返金の流れ クレジットカードか現金かANASKYコインか、それぞれによってキャンセル手続きをしてから返金を受けるまでに差があります。 また、これらの返金は、支払った全額の返金ではなく、支払った金額から「払戻手数料」と「取消手数料」が差し引かれた金額です。 ただし、返金には時間がかかり目安として1~2カ月程度かかります。 予約・案内センター(電話)の場合は払戻手続き後7日以内を目安に振り込まれます。 また、空港カウンターでの払い戻しの場合はその場で現金で返金されます。 キャンセル料金が発生しない特例ケース 「悪天候(台風や大雪等)」や「会社都合(機材故障等)」によって予約便が遅延・欠航した場合はキャンセル時に通常発生する払戻手数料と取消手数料無しにキャンセル(払い戻し)が可能です。 また、それらのケースを除く自己都合のキャンセルの場合は通常、払戻手数料と取消手数料がかかるのが基本です。 しかし、「自身の病気」や「身内の不幸」があった際には特例として払戻手数料と取消手数料無しにキャンセル(払い戻し)が可能です。 もちろん、その際は「医師の診断書等」、旅行に行けなくなった理由を示す証拠物が必要となるので、それらをとっておく必要があります。 これら以外でも特例として認められるケースもあるので、もし何らかのやむを得ない理由で旅行へ行くことが出来なくなった場合は「」へ相談してみると良いでしょう。 最後に ANAで予約した航空券をキャンセルする際、キャンセル料を出来るだけ安く抑え、出来るだけ多くの金額を払い戻すためには早いタイミングでキャンセルすることが大切です。 特に「55日前・45日前・28日前・14日前・出発時刻」のタイミングでキャンセル料が大きく変動するので、このタイミングが来る前にウェブサイトやコールセンター等でキャンセル手続き(払い戻し手続き)を済ませておくようにしましょう。 また、これからANAの航空券を予約しようと思っている人は、急な予定変更で無駄なキャンセル料がかからないためにも、「ANAフレックス」や「ビジネスきっぷ」、「小児運賃」といった購入後も出発時刻前までキャンセル料がかからないものを選ぶか、「ANAバリュー」といったキャンセル料が安いチケットを選ぶことも検討してみると良いです。

次の