医療 保険 女性 20 代。 女性におすすめの医療保険ランキング

20代女性が入るべき医療保険と、妥当な金額について知りたい

医療 保険 女性 20 代

性別による医療保険の相場 20代~60代の男性では、毎月の支払保険料の平均が約7,900円、20代~60代の女性では、毎月の支払保険料の平均が約5,700円となりました。 男性の方が2,000円ほど高いですが、これは一家の大黒柱として就労し、自分がまさかの傷病で入院した場合等で、家族が自分の入院・治療費により余計な出費をすることを避けるために、保障を厚くしているものと推察されます。 20代加入者の医療保険の相場 20代加入者では毎月の支払保険料の平均が約6,000円となりました。 そのうち、女性の平均は約6,200円、男性の平均は約4,700円でした。 20代女性の医療保険の相場 女性の場合では毎月の支払保険料の最低額は1,861円、最高額は20,000円でした。 およそ18,100円もの差が出ていますが、最低額である1,861円を支払っている方の加入理由は次の通りです。 「必要最低限の保障があること。 また、特約として、三大疾病や先進医療を付加でき、それでも他社と比較すると掛け金が安かったため。 (未婚)」 独身であり、まずは自分が入院する事態になった時に、自分の加入した保障で対応することを目的としていると言えます。 また最高額である20,000円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「出産することになったのでもしも手術になったときにお金がおりるようにしてもらった。 少し高くなったけど保障が手厚いのでよかったです。 (既婚、子あり)」 実際にこの方は、出産で入院した時に60万円ほど給付金が下り、非常に助かったと評価しています。 女性特有の出産・疾病等は特約等を付けて保障を厚くできますが、それだけ支払う保険料も高額になってしまう事がわかります。 20代男性の医療保険の相場 男性の場合では毎月の支払保険料の最低額は2,100円、最高額は9,000円でした。 こちらでも6,900円の差が出ていますが、最低額である2,100円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「値段が安くて保障内容が良いため。 ガンなどにも手厚く、独身(加入当時)ならこれだけで十分必要な備えをすることができると考えたから。 (既婚、子なし)」 この方は、その後結婚していますが、葬式代ぐらいの貯金もあり共働きなので死亡保険は無くても十分と考えているため、この保険を継続しているそうです。 一方、最高額である9,000円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「(結婚を機に加入をした)プランでは更新期間が20年と他社の倍の期間もうけてくれているので安心しています。 さらにその期間の間、料金も変わらないので家計への負担もすくなくすんでいるのでありがたいです。 また保険の払い始めを早い段階で始めたのでひと月当たりの支払い額もそこまで高くなく、契約終了後の再契約も普通よりは割安で再びはじめられることもおススメです。 (既婚、子あり)」 医療保険の加入を長期的な視野で判断し、加入内容を熟知した上で現在の医療保険を選んだことがわかります。 30代加入者の医療保険の相場 30代加入者では毎月の支払保険料の平均が約7,000円となりました。 その内、女性の平均は約5,800円、男性の平均は約10,400円でした。 30代女性の医療保険の相場 女性の場合では毎月の支払保険料の最低額は2,500円、最高額は15,000円でした。 12,500円の差が出ていますが、最低額である2,500円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「子どもが生まれ何かあった時のために保険に入ろうと思いFPさんに相談したところ、こちらの保険を勧められました。 保障内容の割に保険料が安かったのもとても魅力的でした。 (既婚、子あり)」 女性の場合は、子の出産等を機に医療保険に加入しておきたいと言う意識が高いようです。 一方、最高額である15,000円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「元々保険加入時は、将来ずっと独身だと感じていたのが主な理由です。 それで終身医療保険に加入を決めました。 (略)当初は結婚するつもりも全くなく、将来独身を貫くと感じていたので、自分に何かあった時はという想いで加入した。 (既婚、子なし)」 この方は、専業主婦となったため現在加入中の保険を見直したいそうです。 将来の独身生活を行う場合を想定して、いざという事態が起きても、なるべく親族に頼らない入院をするため、高額ではありますが保障の厚い医療保険に加入したと言えます。 30代男性の医療保険の相場 男性の場合では毎月の支払保険料の最低額は4,000円、最高額は20,000円でした。 16,000円の差が出ていますが、最低額である4,000円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「月額の保険料金もそれほど高くないし何より自分に何かあってからでは遅いです。 結婚していてもそうでなくても間違いなく誰かに迷惑をかけることになります。 (既婚:子あり)」 こちらの男性は、家庭を持つ親として、家族に迷惑をかけないために加入したことがわかります。 一方、最高額である20,000円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「日本の保険よりも外資系の保険の方が利率が良く、もちろん掛け捨てではありません。 保険料も毎月の掛け金や何歳まで掛けるかも自分で選べるため自分の生活が苦しくない範囲で掛けられます。 利率が良いため仮に何かしらの理由で解約することになったとしても最初の数年掛けていれば元の掛けたお金くらいは戻ってきます。 (未婚)」 医療保険の貯蓄型に加入し、ケガや病気の手術・入院保障のみならず、金融資産の一つとして保険を捉えていることがわかります。 40代以上加入者の医療保険の相場 40代以上の加入者では毎月の支払保険料の平均が約6,300円となりました。 そのうち、女性の平均は約5,200円、男性の平均は約8,000円でした。 40代以上女性の医療保険の相場 女性の場合では毎月の支払保険料の最低額は2,730円、最高額は10,000円でした。 7,200円ほどの差が出ていますが、最低額である2,730円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「手厚い保障で保険料は安くて、結局保険は掛け捨てです。 ならば安い保険料が良いですね。 また電話でも、きちんと説明してくれるので、そして新しい保険が出るとすぐに教えてくれます。 そして更新料がなくて、一度加入すると保険料は上がりません。 (既婚50代、子あり)」 そろそろ子も独立し、養育費にお金がかからなくなった、若い頃より貯蓄もあり老後の備えがあるという年齢に達した場合、自分が入院・手術したときは、自分の負担で対応したいという意識が強いようです。 一方、最高額である10,000円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「60歳まで支払えば生涯保障されるということと、保障がそれ以前に入っていた保険よりも厚いとのことで決めました。 (既婚40代、子なし)」 そろそろ40代にはいると、健康のことや将来の保障が気になり始める年齢と考えられます。 生涯保障を選ばれたのもその理由と言えます。 40代以上男性の医療保険の相場 男性の場合では毎月の支払保険料の最低額は2,500円、最高額は12,000円でした。 9,500円の差が出ていますが、最低額である2,500円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「自分は40代ですが、この年齢になってくると、大病でないにしても、入院する可能性は高くなります。 自分は盲腸で入院しましたが、それに対して何ら備えをしていないことがわかり、入院保証付きの医療保険に加入した方がいいと強く思うようになりました。 (既婚40代、子なし)」 40代になると、健康に気を使っていても徐々に無理は利かなくなっていきます。 この年齢からでも医療保険の加入は正しい選択であると考えます。 一方、最高額である10,000円を支払っている方の加入理由は次の通りでした。 「一生涯の保証と医療保険がついているのでとても良いと思います。 (略)子供がいるとか結婚しているかとかこれから先どれくらい生きられるのかという状況の中で(略)それぞれの人生設計に合わせてそのときどきの状況で考えなくてはいけないと思います。 (既婚40代、子あり)」 ご自身のライフステージに合わせて、医療保険も見直すことがあることを踏まえた保険選びが必要であることが、この方の意見からもよくわかります。 まとめ 各世代別をみると、未婚の場合や、若く病気のリスクも低い方、そろそろ年齢が気になりだした方、妻子を持ち家族に負担をかけたくない方、子も独立し養育に手間がかからなくなった方など、各世代で医療保険に対する見方は様々で毎月の支払保険料も異なります。 また同じ世代であっても、生活状況により支払保険料には随分差があることがわかります。 加入の際、支払保険料がどうなるのかは確かに選択肢の一つですが、ご自身の置かれた状況と、将来の人生設計を踏まえた上で、よりふさわしい保険商品を選ぶことが必要と言えます。 保険の加入にあたっては様々な会社がある中で、加入先の検討は手間がかかるものであると言えますが、少なくとも2社以上の保険会社の話を聞き、しっかりと自身のニーズに照らし合わせたうえで加入の判断をするのが最適であると言えます。 もちろん、その検討の結果医療保険に加入しないのも一つの手であると考えております。 当サイトでは大手企業在籍の保険相談員を無料でご紹介しておりますので、貴方の保険検討の一助としてご活用を頂ければ幸いです。 ご興味のあるかたはサイト下部のフォームよりお問い合わせをお待ちしております。

次の

20代に医療保険は必要?男女別のおすすめ・選び方を紹介!【FP監修】

医療 保険 女性 20 代

女性医療保険とは、入院1日につき5,000円など通常の医療保険と同じ保障に加え、 女性特有の病気やがんで入院した場合は、給付金が上乗せで受け取れる保険です。 保障対象になる女性特有の病気には子宮がん、乳がん、子宮筋腫、子宮内膜症、さらには妊娠高血圧症や帝王切開などが含まれていることが多いです。 また、 がんや三大疾病の保障をさらに手厚くするオプションや、 生存給付金や健康ボーナスが受け取れるオプションを選べるものもあります。 特に女性特有のがんが心配な女性や、既に医療保険に入っていてがんの保障を手厚くしたい人には、「女性特有のがん」に特化し手厚く保障するタイプの保険もおすすめです。 女性向けのがん保険はこちら: 女性医療保険選びのポイント 女性医療保険を選ぶ際には、主に次の4つに注目してみましょう。 給付金を受け取れる入院日数はいつまで?短期入院と長期入院 1入院で給付金を受け取れる日数の上限が、30日・60日などで短期~中期入院に対応したものや、180日までと長期入院にも対応しているものがあります。 保障範囲は?対象となる病気の種類 幅広い病気やケガの保障が基本で、女性特有の病気の場合に保障が上乗せされるものが一般的ですが、保障対象が女性特有の病気やがんだけに絞られているものもあります。 また、女性特有の病気のみではなく全てのがんで給付金が上乗せされるものもあります。 特約は?上乗せ保障や生存給付金の受け取り 特約で、三大疾病やがんと診断されたとき、がんで入院などをしたときに一時金や給付金を受け取れるものがあります。 また、入院をしていないなどの要件を満たすと数年ごとに健康祝い金や生存給付金を受け取れるものもあります。 妊娠中でも入れる?申し込める週数 妊娠中でも、19週以内であるなど一定の条件を満たしていれば申し込めるものがあります。 また、その妊娠での帝王切開が保障対象にならないものが多いですが、一部対象となるものもあります。 これは、妊娠出産の時期と重なることが影響しているのかもしれません。 女性向けの医療保険で「女性特有の病気」とされるものには、乳がんや子宮がんなどだけでなく、子宮筋腫や子宮内膜症、妊娠出産に伴う合併症なども含まれます。 これらは、それまでの体質とは関わらずに突然見舞われるケースがありますから、これから医療保険を検討する方も、すでに医療保険に入っている方も手厚い保障を確保するうえで活用できそうです。 女性向けの医療保険には、女性特有の部位でなくとも、がんについては女性疾病と同じように保障が手厚いものや、先進医療、三大疾病への備えをつけられるものがあります。 女性疾病だけでなく幅広い病気に対して、保障を充実させることができるでしょう。 出典:厚生労働省「患者調査(平成29年)」 関連記事はこちら.

次の

30代で医療保険は必要?私がオススメする3つのプラン

医療 保険 女性 20 代

また、ある程度の預貯金があれば生活に支障がない場合も、医療保険に加入する必要がないケースです。 独身か既婚かにもよる ただし、この意見はあなたが独身か既婚かによっても変わってきます。 独身であれば、これらのデータが示すように医療保険が必要ないかもしれませんが、既婚者であれば、あなたが入院や手術をしている間にもかかる家族の生活費や家賃、住宅ローンなどに不足が出た場合に穴埋めをしなければいけない可能性が出てきます。 既婚者の場合、もしも大きな病気やケガで入院した場合に、どれくらいの費用が必要で、預貯金でどれだけ補てんできるか、足りない分をどう補うかを考えておく必要があります。 そして、もし医療保険が必要という結論に達した場合に、はじめて検討してみるのもいいでしょう。 医療保険と同様に必要ない保険 20代には医療保険と同様に必要ない保険があります。 それが、高額な死亡保障です。 一般的な葬儀費用の平均は、によると、約121万円といわれています。 「成人したらお葬式代くらいは自分で用意しましょう」 保険の営業マンに、このようにいわれて死亡保険に加入する人も多いと思いますが、ネットで調べれば最安で20万円前後で葬儀を行うこともできます。 これくらいの金額であれば、わざわざ保険に加入しなくても現金や預貯金で用意することも可能ではないでしょうか。 20代が医療保険に加入するメリット・デメリット 20代で医療保険を検討するのであれば、加入前に必ずそのメリットやデメリットを確認しておきましょう。 20代が医療保険に加入するメリット 病気やケガに対しての経済的な安心 病気やケガで入院をした場合、会社員であればうえでもお伝えしたように傷病手当金などの公的保障を利用できます。 ただ、もし傷病手当金を受け取ったとしても、毎月の支出(家賃など)で生活費や治療費が足りなくなった場合には困ってしまう人も一定数出てきます。 また、預貯金が少ない人も同様で、毎月の保険料を支払っても万が一の時に困らないように医療保険に加入する人もいます。 家族に迷惑をかける可能性が減る あなたに万が一のことが起こったとき、家族が第一にサポートしてくれるかもしれません。 そのサポートのひとつが経済的なサポートになりますが、もしあなたが家族に迷惑をかけたくないと思うのであれば、医療保険で受け取れる給付金の一部を、家族の見舞いの手当てや交通費に充ててもいいかもしれません。 ただ、これはあくまでも想像できる範囲での話ですので、実際にあなたの家族がどうか、しっかりと考えてから医療保険への加入を検討してください。 20代が医療保険に加入するデメリット 少ない収入の中で支払うことの危険性 20代は社会人としてまだ経験も浅いことが多く、収入も少ないのが一般的です。 少ない手取りの中から、家賃や生活費、スマホなどの通信費、交際費などを引けば、保険に充てるための予算は少なくなるのが当たり前です。 保険に支払う費用で生活が圧迫されないよう、いくら営業マンに「これは貯金のような保険ですから」といわれても、そのような言葉に惑わされないようにしましょう。 預貯金が増えない 保険にかける割合が生活を圧迫するようだと、預貯金が増えることはありません。 30代になり、結婚をしたり家族が増えたりすると、なかなか貯金ができなくなりますので、独身のうちに結婚資金を貯めたい、とりあえずお金を貯めたいと考えている人は、無駄な保険にお金を支払うことからやめてみてはいかがでしょうか。 1ヶ月1万円の保険をやめれば、1年で12万円、5年で60万円、10年で120万円も貯めることができます。 医療保険は1件あたりの単価が3,000円ほどと小さいために「これくらいならまあいいか」と考えがちです。 本当に必要なものであればいいですが、もしそうでもないのであれば今すぐやめるべきです。 保険を使う機会が少ないから保険料が無駄になる可能性がある 毎月3,000円を医療保険に支払っていた場合、1年で36,000円、10年で36万円、20年で72万円の支出となります。 さきほど紹介した通り、20代の医療機関の受療率はほとんどないに等しいので、この72万円はほとんど無駄になります。 もし1ヶ月入院したとしても、入院日額5,000円の医療保険であれば、15万円しか戻ってきませんから赤字です。 手術をしても合計で30万円ほどでしょうから、このあたりを計算して、医療保険は本当にあなたにとって必要かどうかを検討するとよいでしょう。 まとめ 20代に医療保険は必要かと聞かれれば、ほとんどの場合で「必要ない」と答えます。 ただ、そこには個人差がありますので、あなたの生活や預貯金の状態などを総合的に判断して、それでも必要であればはじめて医療保険を検討するというくらいでいいでしょう。 「毎月3,000円くらいなら支払える」「もしもの時安心」、これだけで加入を決めてしまうと無駄な出費を増やすだけかもしれませんからご注意ください。

次の