カブト ヘルメット - 今年一番おすすめのジェットヘルメットはこれだ!【OGKカブト EXCEED(エクシード)】

ヘルメット カブト OGKカブト【ジェットヘルメット】のかっこいいヤツ5選!

ヘルメット カブト カブトから5月に発売予定の新型ヘルメット・SHUMA(シューマ)の詳細が明らかに!

ヘルメット カブト 今年一番おすすめのジェットヘルメットはこれだ!【OGKカブト EXCEED(エクシード)】

ヘルメット カブト 【日本ブランド】OGKカブトの自転車用ヘルメット!最新モデルをご紹介します。|CYCLE HACK

ヘルメット カブト OGK KABUTO(オージーケーカブト)

ヘルメット カブト KABUTO(カブト)|日本人にこそ合うヘルメットが大幅進化!【ロードバイクヘルメット選び2020】

ヘルメット カブト OGK KABUTO(オージーケーカブト)

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット

ヘルメット カブト システムヘルメット特有の重さから解放された高機能モデル!“KABUTO RYUKI”

ヘルメット カブト OGK KABUTO(オージーケーカブト)

ヘルメット カブト カブトから5月に発売予定の新型ヘルメット・SHUMA(シューマ)の詳細が明らかに!

【日本ブランド】OGKカブトの自転車用ヘルメット!最新モデルをご紹介します。|CYCLE HACK

ダボ穴が空いていない自転車にも使用ができるので、多種多様な自…. メガネをかけたままでも使える。

  • Iネット、フロントスペーサー リーズナブルな本格モデルがシールドに対応 「REZZA-2」 レッツァ2は1万円を切るリーズナブルな価格ながら、上位モデルのテクノロジーを継承し、街乗りやロングライド、レースなどシーンを問わずに使えるマルチモデル。

  • レッツァ 2 9100円(税抜) Spec. オーバーシェルは簡単に着脱可能。

  • だんだん寒くなってくると、手元がかじかんで. この夏、大旋風を巻き起しそう… 2021年のカブト新型ヘルメット、シューマに採用された新しい技術はウルトラクールシステム。

KABUTO(カブト)|日本人にこそ合うヘルメットが大幅進化!【ロードバイクヘルメット選び2020】

開口部を大きくすることで生じる強度不足を補うため、レインフォースメントブリッジという樹脂製パーツで補強して通気性と強度を両立。

  • 実際にかぶってみると、重量バランスもよく、チンガードを上げた状態でも偏った重さを感じることはない。

  • スポーツバイク向けOGKカブトのヘルメット OGKカブトのヘルメットのラインナップはとても多く、選ぶ時に迷ってしまうことも。

  • ちなみに風の巻き込みは非常に少なく、とても快適なライディングができる。

【日本ブランド】OGKカブトの自転車用ヘルメット!最新モデルをご紹介します。|CYCLE HACK

最新フラッグシップであるイザナギは、高温多湿な夏のライドを快適にする優れた空冷性能、パフォーマンスアップにつながる高い空力性能や軽さ、包み込むような高いフィット感を兼ね備える。

  • インカム対応 インカムベースなどを設置するスぺースも、 アゴの左右に設けられています。

  • そのキモとなるのがベンチレーションで、風洞実験やCFD解析を繰り返し、最適な数、位置、形状が決定されている。

  • 最大の特徴は、別売りの専用アタッチメントを使ってシールドを付けられること。

【日本ブランド】OGKカブトの自転車用ヘルメット!最新モデルをご紹介します。|CYCLE HACK

出典: JCF(=日本自転車競技連盟)公認のヘルメットは、自転車競技連盟競技規則の厳しい検査をクリアしています。

  • もちろん単に軽いシステムを目指しただけでなく、ウェイクスタビライザーやブルートゥースインカム取り付け用スペースといった、同社がこれまでにつちかった快適性を高めるテクノロジーがふんだんに取り込まれている点も見逃すことはできない。

  • 先に挙げたとおり、新型には毎回何かしら新しい技術が導入されているので、このモデルにはどんな特徴があるのか大いにきになるところ。

  • この夏、注目を集めることは間違いないだろう。

カブトが新型を装填中!

今回のEXCEED エクシード)も、 後方に ウェイクスタビライザーを装備することで、 帽体にかかる負担を軽減しています。

  • 基本カラー5色からなるEXCEED(エクシード)シリーズ 定価:26,500円(税抜). 各モデルの「先進性」を読み解き、自分にフィットしたヘルメットを見つけよう。

  • 着脱が簡単なマイクロラチェットバックル アゴひもがワンタッチ式のバックルとなっております。

  • フリップアップするための機構が付いているため、当然ながら一般的なフルフェイスに比べて重くなるのがウィークポイントだが、その重さ軽減にカブトがチャレンジしたのがこのモデルだ。

システムヘルメット特有の重さから解放された高機能モデル!“KABUTO RYUKI”

バイク用ナックルガード・ハンドガードのオススメをチェックしてみよう。

  • アイウエアのようにメイクが崩れないので女性にもオススメだ。

  • こうした細やかな設定まで網羅されています。

  • 標準装備のフロントバイザー装着用の穴に、専用のシールドアタッチメント-01(別売り)を装着すれば、シールド(別売り)が装着できるようになる。




2021 cdn.snowboardermag.com