仏壇 正月 飾り。 正月は仏壇もきれいに 飾りやお供えどうする?のしの書き方は?

お仏壇に供える餅の種類や色は?浄土真宗の飾り方と仏具|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

仏壇 正月 飾り

スポンサーリンク お正月も先祖祭祀の行事 お正月と言えば、神社への初詣を連想される方がほとんどですよね。 仏事と神事を分けて考えるのであれば、お正月は神事として捉えることができます。 ところが、元来、お正月とはお盆と並ぶ先祖祭祀の行事でした。 日本の民俗では、人は亡くなると死霊となり、四十九日で祖霊となり、三十三回忌(あるいは五十回忌)で神霊、つまりは村の氏神になると考えられています。 先祖の霊は、山や森に集まり、そこに神社を建てて祀りました。 ですから、お正月の初詣とお盆のお墓参りは同じ構造だと言えます。 神社に行って氏神様に新年のあいさつをするというのは、私たちの古い先祖たちへの挨拶なわけです。 明治の廃仏毀釈までは、日本人は神も仏もごちゃまぜにしていましたので、こういったこともまったく矛盾ではなかったのだと考えられます。 お仏壇の大掃除 お正月だから特別なことをするということはありませんが、新年を迎えるにあたってお仏壇の中も大掃除をしてあげましょう。 仏具をすべて外に出す 仏壇の中の仏具は一旦すべて外に出しましょう。 一旦外に出してしまうとどこに戻せばいいのか分からなくなってしまうので、カメラやスマートフォンで写真を撮っておけばいいでしょう。 また、電灯用の配線がされていることもあるので、取り扱いには十分に気をつけましょう。 仏壇本体を掃除する まずは埃を払っていきましょう。 高い所から低い所を払っていくのが掃除の基本です。 毛払いなどを使って払うのもいいでしょうが、結局は埃が舞うだけなので、固く絞った水拭きなどをしましょう。 その際に、すぐに乾拭きで拭きとって水気が残らないように気をつけましょう。 金仏壇は基本的に漆の塗りの部分と、金箔や金粉などの金の部分で構成されていますが、金箔の部分は絶対に触れないように、毛払いで優しく払う程度にしておきましょう。 また、塗りの部分も、布が荒かったり固かったりするとすぐに傷がついてしまうので、柔らかい布を使うように心がけましょう。 蒔絵を施してある箇所も、直接触れない方がいいでしょう。 仏具を掃除する 仏具の扱いも基本的には仏壇本体と同じようにしましょう。 塗りの仏具 柔らかい布で拭きとりましょう。 しつこい汚れの場合は固く絞った布で水拭きした後に必ず乾拭きしましょう。 表面が傷つかないように気をつけましょう。 金物の仏具 金物の仏具は、主に五具足(三具足の場合もある)、灯篭、瓔珞(ようらく)、輪灯、りんがあります。 基本的には乾拭きでの拭き取りで構いませんが、しつこい汚れの場合は固く絞った布で水拭きをしたあとに必ず乾拭きをしましょう。 金物の仏具にも、黒っぽいものと、金色のものがあります。 黒っぽいもののほとんどは、真鍮に漆を焼きつけたものですので、上に書いたような形でお手入れしましょう。 金色のものは、真鍮製のもの、アルミ製のもの、それらにメッキをかけたかどうかなど、一般の方ではなかなか判断が難しいところでしょう。 浄土真宗では「おみがき」といって、昔からこの金色の仏具をきれいに磨くことがよいこととされています。 これは寺院でも自宅でも今も行われている風習です。 おみがきをするのは真鍮製の仏具は放っておくとどんどん変色して劣化するためです。 常にきれいな金色の状態を保つことでまばゆい極楽浄土を表すわけです。 ところが、おみがきが中々大変な作業で、これを解消するために最近ではメッキ加工された仏具が主流になっています。 メッキ加工の仏具は絶対に磨いてはいけません。 メッキがはがれてしまうからです。 このあたりの判断は近所の仏具店に相談するのがいいでしょう。 お仏壇の飾り方 内敷 内敷とは金襴の布の事です。 浄土真宗では三角形、その他の宗派では四角形のものを使用します。 法事や命日や、お盆や彼岸などの仏事行事の時には打敷を敷いてお仏壇をきれいに飾ってあげましょう。 お正月だって例外ではありません。 浄土真宗の三角形の打敷は、五具足(あるいは三具足)の下に敷きます。 その他の宗派の四角形の打敷は、膳引(可動式の台)の上に敷いて、その上に仏膳を乗せます。 仏壇の前面に垂らすような形になります。 仏膳 仏膳とは、お供え用の小さなお膳です。 仏壇には基本的には精進料理を供えます。 お正月にはみなさまが食べられるおせち料理をお供えされたらよいでしょう。 鏡餅 鏡餅は、神棚や床の間に飾るものですが、浄土真宗ではお仏壇の中でお供えします。 元来、浄土真宗ではお供え物としてお餅がとても重要なものとされています。 報恩講という親鸞聖人を讃える一年で一番大切な法要の時もお餅をお供えします。 鏡餅は三重のものを一対供えるのがよいとされていますが、お仏壇の大きさにもよりますので、可能な範囲でされたらよいでしょう。 お花 せっかくのお正月ですからいつもより華やかにお飾りしたいものです。 決まりは特にありませんが、松に、梅や南天や椿などを飾ると、よりお正月らしい雰囲気が出るでしょう。 床掛軸 お仏壇とは異なりますが、仏間の横に床の間がある場合は、掛軸もお正月らしくされるのもよいでしょう。 鶴、松竹梅、赤富士などの慶事ものもよいですが、「南無阿弥陀仏」や「南無大師遍照金剛」などの仏事用のものを掛けてももちろん構いません。 ローソク ローソクに決まりはありません。 普段使用されている白のものでも構いません。 ただ、せっかくのお正月ですから、蒔絵をあしらった絵ローソクや朱ローソクを立ててみてはいかがですか? ご家族のみさなんとご先祖様一緒におめでたい気分にしてあげてもよいかと思います。 実際に、浄土真宗では報恩講の時に朱の和ローソクを立てます。 お正月飾りの期間 いつ飾る? 決まりはありませんが、12月28日がよいとされています。 「8」の数字が末広がりだからです。 29日以降はあまりよいとされていません。 29日。 「9」が「苦」を連想させるから。 30日。 旧暦では31日がなかったために、「一夜飾り」を連想させるため。 31日。 歳神様のお迎えの準備を一日でしてしまうことは誠意がないと考えられ、あまりよくないとされています。 また、「一夜飾り」は葬儀を連想させることから控えます。 いつまで飾る? 松の内を過ぎればお正月飾りは取り払いましょう。 旧暦では1月15日が松の内でしたが、現在は1月7日とされています。 喪中の正月飾り 忌中(四十九日まで)は慶事は控えますが、それ以降は個人的な判断によります。 喪中はがきを用いて年賀状を控える風習があるくらいなので、その年のお正月飾りは避けてもよいのですが、してはだめだということではありません。 まして仏壇は死者である先祖を祀るものなので、特別華美にされないにしても、普段通りのお飾りをすればよいでしょう。

次の

お仏壇に供える餅の種類や色は?浄土真宗の飾り方と仏具|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

仏壇 正月 飾り

・ 3色の場合は「白」「黄」「紫」がよい ・3色以上なら 「白」「黄」「紫」「ピンク」「赤」などを基調とした明るい色のもの ・ 悲しみの時には「赤」は避ける 日常に飾る場合はそれほど気にする必要はないですが、お盆など特別な日の場合はふさわしくない色は飾らない方が無難ですね。 仏花の種類 仏花として一般的なものは、 「菊(キク)」です。 輪菊や小菊など種類があります。 他にも季節などによっていろいろな花を仏花として飾ります。 主なものは以下の通り。 お盆の仏花 お盆に仏壇に飾る花といえば ミソハギ、ホオズキ、カーネーション、ヒャクニチソウ、ストック、キンギョソウなどがおすすめです。 ホオズキはその実が灯篭に似ていることから、ご先祖様を導くものとしてよく飾られます。 春の仏花 仏壇に飾る春の花といえば アイリス、キンセンカ、スターチスなどがあります。 アイリスはアヤメ科の植物で、花びらが多く丸い形がかわいらしい花です。 夏の仏花 夏の仏花といえば菊の他に リンドウ、グラジオラス、ケイトウなどがあります。 リンドウは涼しげで上品な花です。 また、よく見かける 榊は「神棚」に備えるものですので、仏壇には使いません。 飾ってはいけないものは? 一般的に仏花に不向きとされるのは、 「棘があるもの・香りが強いもの・ツル状のもの」とされます。 バラやアザミは棘があるので適しません。 また、お彼岸の時期に咲くヒガンバナなども縁起が悪いとされますし、毒があるので、そういったものも不向きとされます。 自立できないツル植物も不向きのようです。 ただし、全て あくまで一般論であり根拠はないという見方もあります。 「洋花はふさわしくない」などとも言われますが、あの世(浄土)には色とりどりの花が咲き乱れているとされますので、 お供えする花も基本的にはどんな花でもよいという説もあります。 花を選ぶ時気をつけることは? 仏様に対して問題がなくても、仏壇の場合は室内にあるものですので、 飾る時や飾った後のことを考えて、気にした方がいいこともあります。 香りが強いとずっと香っているのは辛い場合もありますし、食事の時にも気になったりするでしょう。 また、毒や棘があるものは子供が触ったりすると心配ですし、ユリなど花粉が多いものや花が散りやすいものは、飾っているうちに下に花粉や花びらが落ちて掃除が大変です。 仏壇の部屋というのが別にあるようでしたら、香りなどはあまり気にせず、故人の好きだった花を飾るのもよいでしょう。 仏壇が一続きの部屋にある場合は、やはり 香りがきついものや毒があるものは避けた方がよいでしょうね。 家の花は供えていい? 家の仏壇に毎日供えることを考えるなら、わざわざ買ってくる必要はなく、 庭に咲く花をお供えしても構いません。 ご先祖様を思う気持ちが重要ですので、 買った花だとかそうでないということにこだわる必要はないでしょう。 我が家もお盆や墓参りの時は菊などの仏花を買いますが、それ以外は家の庭に咲く花を供えたりしています。 家族が心をこめて育てた花を供えてもらうのは、ご先祖様にとっては嬉しいことなのではないでしょうか。 ただ、自分の家で飾るだけならある程度自由に花を選んでも構いませんが、 お供えに持っていく場合は菊などの一般的なものをおすすめします。 飾り方は? まず、 花の本数は3・5・7本の奇数がよいとされます。 2カ所飾りますので、2セット用意してください。 「3・3」「7・7」という風に、本数は同じにしましょう。 花立などに入れる時は 上から見て菱形になるように、体裁よく供えるのがよいでしょう。 菱形にするというのは神事の榊からきているようですが、べたっと平面的に飾るより、ふんわり丸い感じで飾った方がきれいに見えるということもありますね。 子供の頃、束ねたままの花をそのままずぼっと入れたら、親に直されたのを思い出します。 ちなみに、買って来た花は茎を輪ゴムで止めてあることが多いですが、ゴムが付いたまま供えて構いません。 ゴムで束ねたままの方が、片づける時に散らからなくておすすめです。 束ねてあると向きなど整えにくいですが、ある程度は動きますので大丈夫です。 飾る時の 正面は、自分の側になります。 お墓参りでもそうですが、正面はお墓側ではなくお参りする側になります。 自分から見て綺麗に見えるように、お供えすればよいということです。 長持ちさせるには? 花を長持ちさせる一番大事な事は 「毎日水替えをする」ということです。 また、挿す時に、水につかる部分の葉は全部取って茎だけにしましょう。 葉があると腐ってきて痛みの元になり、臭いも出ます。 水替えの時に茎の部分のぬめりを洗い落して、夏場なら水に氷を入れると長持ちするようです。 菊など仏花は長持ちするものが多いですが、たいてい 一週間から10日で痛んできます。 高価な花である必要はありませんので、なるべく生き生きとした花をお供えしていたいですね。 仏花の処分の仕方 お供えしたものなので、処分の仕方に悩むこともありますよね。 基本的には、お供えした花は土に還すのがよいとされます。 お墓に行くと、水道や桶などがある所の隅の方などに穴があって、供えた後の花がたくさん積まれていたりするのを見かけます。 しかし、なかなか土に還せる場所がないのが現実ですよね。 一般的には 普通に燃えるゴミとして出して構いません。 そのまま捨てるのは気がひけるという場合は、半紙など白い紙 に包んで捨てるのがよいでしょう。 まとめ 基本的には、仏壇にお供えする花に決まりはありません。 ただ、仏花として一般的に知られている花というものはありますので、お盆やお彼岸などの節目の時や、相手に贈る場合はそういったものを選びましょう。 毎日花をお供えするというのは大変ですので、お盆の時期や花がある時だけ供えるというお宅も多いです。 季節の花を飾って、ご先祖様と一緒に楽しむという気持ちでお供えできたらよいのではないかと思います。

次の

お正月飾りはいつからいつまで飾ればいいの?処分の仕方は?

仏壇 正月 飾り

お仏壇について まず煤払い(お掃除)をしてください。 けっして濡れた布などを使わず、毛払いでほこりを落としたり、柔らかい布で乾拭きするなどして、お仏壇が傷まないようにしてください。 つぎにお飾りですが、次のURLをご覧ください。 まず、内敷をかけます。 内敷は三角形の布で、前卓といわれる台の前にかけます。 前卓の上に五具足を置きます。 五具足は中央に香炉、その左右に燭台、さらにその左右(つまり両端)に花瓶を置きます。 花瓶に生けるお花ですが、若松を真にしてお正月にふさわしい南天や寒菊などを生けます。 通常は、ご飯をあげていると思いますが、お正月には鏡餅を置きます。 もっともお仏壇の大きさなどによってできないこともあるかと思います。 そのときは「適宜」ということでよいと思います。 (例えば前卓に五具足が乗らない場合には、向かって左から花瓶、香炉、燭台の三具足にしたりします。 ) 神棚については、よくわかりません。 そもそも浄土真宗では祀らないことになっていますが。

次の