虚構 推理 小説。 ゲゲゲの鬼太郎 クロスオーバー集

【無料】虚構推理の無料動画まとめ!最新話を見放題&無料で視聴する方法!フル視聴なら動画配信サービス

虚構 推理 小説

作品内容 <2020年1月アニメ放送開始!> <本格ミステリ大賞受賞作シリーズ!> <シリーズ累計300万部突破!> 【放送情報】 テレビ朝日 1月11日より毎週土曜25:30~ MBS 1月11日より毎週土曜26:38~ BS日テレ 1月14日より毎週火曜24:00~ dアニメストア、GYAO! ほかにて配信! 【CAST】 岩永琴子:鬼頭明里 桜川九郎:宮野真守 弓原紗季:福圓美里 七瀬かりん:上坂すみれ 寺田刑事:浜田賢二 桜川六花:佐古真弓 【STAFF】 原作:城平 京(講談社タイガ刊) 漫画:片瀬茶柴(講談社『少年マガジンR』連載) 監督:後藤圭二 シリーズ構成:高木 登 キャラクターデザイン・総作画監督:本多孝敏 アニメーション制作:ブレインズ・ベース 制作:NAS 【MUSIC】 オープニング:「モノノケ・イン・ザ・フィクション」嘘とカメレオン エンディング:「LAST DANCE」宮野真守 巨大な鉄骨を手に街を徘徊するアイドルの都市伝説、鋼人七瀬。 人の身ながら、妖怪からもめ事の仲裁や解決を頼まれる『知恵の神』となった岩永琴子と、とある妖怪の肉を食べたことにより、異能の力を手に入れた大学院生の九郎が、この怪異に立ち向かう。 その方法とは、合理的な虚構の推理で都市伝説を滅する荒技で!? 「本格」の今後が有する可能性を大きく押しひろげた一作 作家・氷川透 ただただ作者の才能に嫉妬するばかり 作家・黒田研二 おおおお前を倒すのはこの俺だ! 作家・汀こるもの 内奥に錨を下ろした論理、奇矯でありながらつらぬかれたロジック。 Posted by ブクログ 2019年12月04日 いわゆる怪異と呼ばれるものの知恵の神となった岩永。 そしてそんな怪異たちが裸足で逃げ出すような「人間」九郎。 2人はアイドルの亡霊だと囁かれている「鋼人七瀬」の退治に乗り出すが…。 真実を推理するためではない、虚構のための推理。 怪異や亡霊というような現代社会では表立って認められていないような存在 が多々出てくる今作。 馴染みがないような存在たちにも戸惑うことなく物語が進んでいき、もしかしたら本当にこういうことがあるのかもしれないという説得力があった。 ネットと真実と嘘が絡み合っていて、まさに「虚構推理」が新鮮で面白かった。 ネタバレ Posted by ブクログ 2019年02月15日 続編を先に読んだが、こちらが第1作である。 初版は2011年刊行、第12回本格ミステリ大賞受賞作。 文庫化の際に、サブタイトルが削除され、『虚構推理』というシンプルなタイトルになったが、理由がわかる気がする。 というのも、『虚構推理』というタイトルは、本作の本質そのものなのである。 ネタばれになりそ うなので、大変説明しにくい。 初版刊行が震災発生直後というのも、色々と考えさせられる。 あくまでエンタメ作品とはいえ、現代社会の側面に切り込んでいる。 右眼と左足がなく、あやかしとの意思疎通ができる岩永琴子。 不死身の肉体を持つ桜川九郎。 コンビのキャラクターが目新しいわけではない。 怪異と戦うファンタジーは珍しくはあるまい。 しかし、本作は本格ミステリ大賞受賞作。 いかにして戦うか、倒すか。 その方法論にこそ、本作の本質が隠されている。 物語は2人の出会いにさかのぼるが、現在に至るまで、あやかしやら霊やら様々な怪異と対峙してきたと思われる。 それらは、どこかで読んだり見たりしたような方法で処理できたのだろう。 ところが、これまでの方法が通用しない相手が現れたとしたら? ある地方都市に出没し、噂が噂を呼ぶ怪物「鋼人七瀬」。 どういう姿なのかは読んでください。 地元のあやかしに請われ、「鋼人七瀬」の退治に乗り込んできた2人。 そこには、九郎の元恋人の紗季が、警察官として勤務していた。 成り行き上巻き込まれることに。 自分から九郎と別れた紗季だったが、まあ無理もない。 しかし引きずってもいて、現恋人を自称する琴子に対抗心を燃やす。 こういう小芝居の部分が、重くなりすぎないようにしている。 大体琴子と九郎の過去からして凄まじく、重くしようと思えばいくらでも重くできるだろう。 「鋼人七瀬」にも同情する面がある。 いよいよ「鋼人七瀬」を倒すクライマックス。 こういう戦闘シーンの前例を、少なくとも自分は知らない。 Web上のあとがきによれば、初版刊行当時、批判的な声も多かったという。 ミステリ慣れした読者の固定観念を、真っ向から揺さぶるのだから。 本作は、新しい推理の形を読者に提示してみせた。 2012年版本格ミステリ・ベスト10で第4位。 見る人はしっかり見ていた。 それにしても、密度が濃い文章だった。

次の

虚構推理 (講談社文庫)

虚構 推理 小説

タグ Amazon ANiUTa C. 小説版「虚構推理」あらすじ 物語の序盤で分かるので最初に言いますが、この作品には 犯人は存在しません。 この作品は、自殺したアイドル「七瀬かりん」に似た「鋼人七瀬」という亡霊が人を襲う事件が発生するようになり、ヒロインの岩永琴子、主人公で怪異の力を身に宿す桜川九郎、九郎の元恋人で警察官の弓原紗季が、事件解決を目指していく物語になります。 しかし序盤で、この事件には犯人がいないことが発覚します。 「鋼人七瀬」として暴れているのは、「想像上の怪物」つまり、人の「こうであってほしい」という願望から生まれた怪物でした。 どうやって鋼人七瀬が生まれたのか。 きっかけは、鋼人七瀬の元の事件「七瀬かりん自殺事件」が元になっており、その自殺に様々な疑問が有りました。 その情報をまとめサイトにまとめ、まとめサイトの住人たちにより、様々な憶測がうまれ、そこにイラストという形と名前を与えられたことで、実体化しました。 人の願望が元になっているので、いかに殺そうとも、まとめサイトの住人が「鋼人七瀬はいない」と認めなければ、永遠に存在し続けます。 そこでヒロインは、「虚構」を用いて様々な物語を作り、スレに投稿し、議論させることで「鋼人七瀬はいない」と認めさせ「鋼人七瀬」の討伐を試みます。 小説版「虚構推理」を読んでみた感想 この作品の面白い所は、 インターネットの特性を上手く利用している所です。 インターネットでは、「こうあってほしい」「こうの方が面白い」といったネット上の「嘘」や「噂」が、「真実」に成り代わってしまう、真実を隠し、嘘が真実になってしまうことが多々あります。 今回のこの物語も、真実は「七瀬かりんは自殺し、犯人は存在しない」ですが、七瀬かりんの遺体発見現場に不可解な事が多かった為に、「鋼人七瀬」の噂が立ち、怪物が生まれました。 この「鋼人七瀬」を存在しないということを、正論ではなく真実に成り代わる「虚構」で、インターネット上の人間に認めさせるシーンに引き込まれました。 マンガ版「虚構推理」との違い もともと小説が原作なので、マンガ版は小説版には無かった戦闘描写が付け加えられています。 なのでマンガ版に比べると戦闘シーンなどが、ほとんど削られています。 例えば、漫画版で九郎が図書館に居た妖怪を倒す場面は小説版には存在しませんでした。 また、漫画版1巻の最後にあった琴子と鋼人七瀬の戦闘も、琴子と紗季が出会った時点で、鋼人七瀬が退散するので、戦闘描写がなく終了しました。 もう一つは、 九郎の正体に関して小説版はあっさり明かされてしまう所です。 見せ場を意識してユーザーを引き込む為からか、漫画版では図書館に居た妖怪と戦う中で明かされました。 なので小説版は、鋼人七瀬が事件を起こし始めてから盛り上がって行くのに対し、漫画版は所々でオリジナルな展開を入れ盛り上げていく感じになっています。

次の

ゲゲゲの鬼太郎 クロスオーバー集

虚構 推理 小説

ネタバレなしの感想 妖怪たちの調停役として知恵の神となった岩永琴子が人に害意を振るう怪異「鋼人七瀬」を倒す物語です。 こう書くと良くある伝奇小説にも思えますが、『虚構推理』は怪異を倒す手段が特異であります。 虚構から生まれ真実の存在となった「鋼人七瀬」、真実となった虚構を理を伴た別の虚構を用いて打倒すというところが本当に面白かった。 真実となった虚構の存在を倒すための虚構の推理。 その虚構の推理を土台とした人を惹きつける別の虚構の物語。 その物語を受け入れ真実となった虚構を捨てる多数の名もなき人々の自覚のない悪意。 真実と虚構が目まぐるしく入れ替わり二転三転する事態とその成り行きは、とても興味深く読んでいてページをめくる手が早まりました。 虚構の推理を複数用意した理由と最後に出した虚構の推理が受け入れられていく流れは、伏せた札を一気に解放しての大逆転であり大いにカタルシスを味わうことが出来ました。 虚構対虚構の対決の舞台をネット上としたところも、虚構を受け入れ新たな怪異を生み出す舞台として機能していたと感じます。 ネット上の反応が素直に思えたり、物証もないのに流れが傾きすぎじゃと若干違和感を覚えるかもしれません。 ですが、読んでいる時にはそんな些細なことなど気にさせないなど吹き飛ばす物語の勢いと面白さがあります。 物語を読み終えればタイトルとなっている『虚構推理』に納得すること間違いなしです。 妖怪や怪異を活かしたミステリー作品として大変楽しく読ませていただきましたよ。 ミステリー部分も面白いし大好きなのですが、主要キャラクターの2人も大好きになりました。 主人公であり探偵役が、妖怪たちの調停役として知恵の神となった岩永琴子です。 西洋人形のような外見で一眼一足の美少女なのですが本当にあけすけに語るところがギャップとなって面白いです。 「九郎先輩のバナナを食べさせていただければ」とか、「破瓜の痛みの方が」とか、どんなビッチキャラなのかと。 でも、明け透けな発言がキャラクターとしての下品さにつながっていないのですよね。 問題解決時、論理的な虚構を構築していく様は流石は知恵の神と感じせますし、 怪異と向き合った時の泰然とした姿にただ人を超越したものを感じさせるからかもしれません。 そんな探偵役の岩永琴子の相棒であり、恋人であるのが桜川九郎です。 琴子の好意を迷惑がり、彼女に無碍な言葉を返すところ良いキャラクターしています。 岩永琴子という一癖も二癖もある人物の恋人やパートナーになるのなら、桜川九郎位の反応が正しいと思わされます。 邪険にされても気にせず好意を伝えたり、邪険にされたらされた分だけ反撃する岩永琴子の姿が面白いですからね。 それに、琴子にみせる言動は厳しいものがありながらも、その根底には琴子を想う気持ちが感じられます。 本当、琴子と九郎のやりとりはずっと見ていたいくらいですよ。 ミステリー部分が面白く、探偵と助手の関係も魅力的であるとか、大勝利間違いなしの作品です。 本当に久々に面白いミステリーが読めたので多くの人にも読んで貰いたいです。 私も来年一月からのアニメも観ますし、コミック版の虚構推理も読みます。 でも、アニメ化に伴いカバーデザインが変わってしまっていることだけは認められない。 書籍を売るためにもアニメ版のデザインに寄せないといけないのは理解できます。 でも、変更前のデザインが至高だっただけに変えないでほしかった。 ネタバレありの感想 ここから下は『』のネタバレありの感想になります。 未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。 鋼人七瀬事件の黒幕について 「鋼人七瀬」という摂理に反して誕生した怪異を消滅させるということが当初からの琴子の目的です。 作品中盤において「鋼人七瀬」よる殺人が発生しますが、もともと人間に対して被害があるから来たというわけではありません。 あくまで妖怪たちの依頼があり「鋼人七瀬」が摂理に反して誕生したから対応に来たというのが琴子の根幹にあります。 今回の怪異「鋼人七瀬」は、桜川六花が意図して作り上げた摂理に反した存在であるから琴子が対処しましたが これが自然の摂理によって誕生した怪異であったら、たとえ被害が今回の事件より大きくても琴子が対処することはなかった気がします。 琴子は人間ではありますが、人間の範疇には収まらない独自のルールや摂理を持っているのでしょう。 今回の事件の黒幕であり、「鋼人七瀬」を意図して生み出した桜川六花。 桜川六花は九朗と同じく「人魚」と「件」を食し身に取り込んだことで不死の予言を行える存在であり、人間の範疇外となった生物です。 その不自然な状態を解消し手人間に戻ることが目的であり、そこに至るための手段が自身にとって都合のいい神や怪異を生み出すことです。 彼女は自身の目的を達成するために今後も自然の摂理に反し、自らが望む怪異や神を生み出そうとするでしょう。 当然、自然の摂理を重んじる琴子とぶつかることが必至でしょうし、桜川六花との決着が作品全体のラストになるのかもしれないです。 ただ、彼女の目的を妨害するということは必然的に九朗先輩も普通の人間に戻れないままということなんですよね。 その状態を九朗先輩は本当に受け入れているのかというのも気になります。 逆に琴子のほうは九朗先輩が普通の人間に戻っても好意が変わらないのかも気になります。 琴子と九朗の関係について 琴子と九朗の関係性は面白いですね。 琴子が九朗に一目ぼれしてからずっと琴子の恋心が揺るがず、九朗を落とす機会を狙い続けているとかすごいし、 そんな琴子の想いに応えたとは思えぬような九朗の態度も興味深かったです。 琴子が九朗と出会ったのが15歳の時、九朗が紗季と別れたと知り接触したのが17歳の時、「鋼人七瀬」事件が19歳の時です。 琴子が17歳の時から19歳になるまでの期間がとても気になるんですよね。 あんなにも琴子の気持ちを訝しげかつ迷惑がっていた九朗をどうやって琴子が落としたのかなとか、 なんだかんだお付き合いしてからは琴子が破瓜の痛みを知るくらいの関係にどう発展していったのかなとか凄い気になりますよ。 「鋼人七瀬」事件時の琴子と九朗の関係を見ると、琴子へ辛辣な言葉を返したりはしますが九朗がとても琴子を大切にしている描写がありますからね。 琴子は九朗のことを朴念仁とか愛が足りないとこき下ろしていますが、九朗の愛情は大きいです。 そもそも琴子の前から黙って姿を消したのも、琴子のメールに返事を出さなかったのも、琴子を危険な目に合わせないようにするためですからね。 九朗の方は言葉ではそっけないですが、その分行動や琴子に見えないところであらわにする琴子への愛情が大きくてエモいですよ。 逆に琴子の方は言葉やモノローグでは九朗への愛情や好意のアピールが大きい割に、九朗を大事にしている描写が少ない気がしますね。 まあ、九朗さんが「人魚」の肉を取り込み不死の存在であるからという点もありますし、信頼しているからこそという部分もあるんでしょう。 九朗のツンデレな言動、それにやられっぱなしにならずに言葉や行動でやり返す琴子の関係が見ていてとても楽しかったです。 だからこそ今の関係に至るようになった経緯を凄いみたいんですよね。 『』『』でも17歳から19歳に至るまでは描かれていないみたいです。 アニメ化に伴って虚構推理の新作が出て欲しいですし、その際には18歳の頃の琴子と九朗の姿が見たいです。 虚構対虚構のレスバトル 虚構より生じて真実の存在となった怪異「鋼人七瀬」、その真実を虚構に戻すために虚構の推理を真実と認識させた虚構バトル。 そのバトルの舞台はまとめサイトの掲示板でのレスバトル。 読んでいるときは琴子が提示した虚構推理と、その推理の矛盾点をつつき論破する流れが面白く感じました。 でも、この長文レスバトルを漫画やアニメでどう表現しているのか気になりました。 ラストバトルの一番盛り上がるところが掲示板でのレスバトルだし、琴子の虚構推理が論破されると九朗先輩が劣勢になるし、 どんな風に漫画として絵に落とし込んだのだろうなと不思議に感じましたよ。

次の