タイ 日本 人 入国。 タイに入国する日本人、1日100人未満に

現在、コロナウイルスの影響で、タイから日本には入国できる状態で...

タイ 日本 人 入国

日経「審査を通過すれば2週間の自宅などでの待機を免除」 タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドに優先適用 日本政府が一部の国家のビジネス関連訪問客に対して、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の検査の結果と行動計画書の提出を前提に、入国制限を緩和する計画だと日本経済新聞が5日報じた。 ただし、この措置が実際に実行されても韓国と中国は当分対象にならない展望だ。 日本経済新聞は新型コロナウイルスのPCR 遺伝子増幅 検査結果が陰性の証明書があり、滞留期間中にどこで宿泊し、どこを訪問するかを書いた行動計画書を提出した「ビジネス目的の日本訪問客」に対しては、審査を経て日本訪問ビザを発行する計画だと伝えた。 日本政府は、新型コロナウイルス防疫措置により現在は韓国、中国、米国を含む世界111カ国を対象に入国制限を実施しているが、第1段階としてタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドに対して入国制限の緩和を検討している。 日本政府が検討する案によれば、ビザの発給を受けて日本に入国しても空港で改めて新型コロナウイルスのPCR検査を受けなければならない。 陰性と判定されれば、「入国後2週間の自宅など指定場所での隔離」については免除する方針だ。 入国する人々に関連した日本企業には、入国者の日本訪問の必要性を説明する文書の提出を要求する方針だ。 また、日本訪問期間に公共交通の利用を禁止し、スマートフォン位置情報の保存を義務化する方案も検討中だ。 日本が入国制限を緩和する国家に対しては、日本と同様な手順を踏んで相手国も日本人訪問者に対して自宅待機の免除を受ける構想だ。 日本政府は、タイなど4カ国とこうした方案について合意に至れば、夏にも入国制限を緩和する計画だ。 だが、日本政府の構想がまともに実現されるためには、日本国内で新型コロナウイルスのPCR検査が拡充されなければならない。 現在日本では、原則的に医師が必要と判断しなければ無症状者に対する新型コロナウイルスのPCR検査を実施しない。 日本政府の構想どおりに入国制限の緩和をするには、ビジネス目的の入国者と出国者は無症状でもウイルス検査を受けなければならない。 また、日本国内での新型コロナウイルスのPCR検査は、多くても一日に8000件程度だ。 2018年基準で、タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドから入国した人は、観光目的を含めて一日平均5930人だった。 入国制限の緩和対象は、当分はビジネス目的になる展望なので、緩和されても入国者数はこれより少ないと見られる。 しかし、対象を今後拡大し検査まで実施するには、検査能力の拡充が前提にならなければならない。 1段階の入国制限緩和案から除外された米国、韓国、中国は、日本との往来が特に頻繁な地域であるためさらに拡充が必要となる。 2018年基準で観光目的を含む米国、韓国、中国から入国した人は、一日平均でそれぞれ4181人、2万654人、2万2958人に達した。

次の

入国制限緩和4か国で検討…タイ・ベトナム・豪・NZ、夏以降実施へ : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

タイ 日本 人 入国

日経「審査を通過すれば2週間の自宅などでの待機を免除」 タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドに優先適用 日本政府が一部の国家のビジネス関連訪問客に対して、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の検査の結果と行動計画書の提出を前提に、入国制限を緩和する計画だと日本経済新聞が5日報じた。 ただし、この措置が実際に実行されても韓国と中国は当分対象にならない展望だ。 日本経済新聞は新型コロナウイルスのPCR 遺伝子増幅 検査結果が陰性の証明書があり、滞留期間中にどこで宿泊し、どこを訪問するかを書いた行動計画書を提出した「ビジネス目的の日本訪問客」に対しては、審査を経て日本訪問ビザを発行する計画だと伝えた。 日本政府は、新型コロナウイルス防疫措置により現在は韓国、中国、米国を含む世界111カ国を対象に入国制限を実施しているが、第1段階としてタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドに対して入国制限の緩和を検討している。 日本政府が検討する案によれば、ビザの発給を受けて日本に入国しても空港で改めて新型コロナウイルスのPCR検査を受けなければならない。 陰性と判定されれば、「入国後2週間の自宅など指定場所での隔離」については免除する方針だ。 入国する人々に関連した日本企業には、入国者の日本訪問の必要性を説明する文書の提出を要求する方針だ。 また、日本訪問期間に公共交通の利用を禁止し、スマートフォン位置情報の保存を義務化する方案も検討中だ。 日本が入国制限を緩和する国家に対しては、日本と同様な手順を踏んで相手国も日本人訪問者に対して自宅待機の免除を受ける構想だ。 日本政府は、タイなど4カ国とこうした方案について合意に至れば、夏にも入国制限を緩和する計画だ。 だが、日本政府の構想がまともに実現されるためには、日本国内で新型コロナウイルスのPCR検査が拡充されなければならない。 現在日本では、原則的に医師が必要と判断しなければ無症状者に対する新型コロナウイルスのPCR検査を実施しない。 日本政府の構想どおりに入国制限の緩和をするには、ビジネス目的の入国者と出国者は無症状でもウイルス検査を受けなければならない。 また、日本国内での新型コロナウイルスのPCR検査は、多くても一日に8000件程度だ。 2018年基準で、タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドから入国した人は、観光目的を含めて一日平均5930人だった。 入国制限の緩和対象は、当分はビジネス目的になる展望なので、緩和されても入国者数はこれより少ないと見られる。 しかし、対象を今後拡大し検査まで実施するには、検査能力の拡充が前提にならなければならない。 1段階の入国制限緩和案から除外された米国、韓国、中国は、日本との往来が特に頻繁な地域であるためさらに拡充が必要となる。 2018年基準で観光目的を含む米国、韓国、中国から入国した人は、一日平均でそれぞれ4181人、2万654人、2万2958人に達した。

次の

タイ人の日本入国ビザなら!【入国ビザの専門店】

タイ 日本 人 入国

以下の在留資格と再入国許可により出国した日に沿えば、入国できます。 通常の短期滞在では無理ですね。 注)永住者,日本人の配偶者等,永住者の配偶者等又は定住者の在留資格を有する外国人(これらの在留資格を有さない日本人の配偶者又は日本人の子を含む。 以下同じ。 )が再入国する場合は,以下のとおり,再入国許可により出国した日及び滞在歴のある地域により,特段の事情の有無が判断されます。 原則,特段の事情のある方は,上陸拒否対象地域からであっても入国が許可されます。 1.4月2日までに再入国許可により出国した場合• 原則として,特段の事情があるものとされます。 2.4月3日から4月28日までの間に再入国許可により出国した場合• 上陸拒否の対象地域のうち,4月29日から追加された以下の14か国,5月16日から新たに追加された以下の13か国又は5月27日から新たに追加された以下の11か国に滞在歴があっても,原則として,特段の事情があるものとされます。 (4月29日から追加された14か国) アラブ首長国連邦,アンティグア・バーブーダ,ウクライナ,オマーン,カタール,クウェート,サウジアラビア,ジブチ,セントクリストファー・ネービス,ドミニカ共和国,バルバドス,ベラルーシ,ペルー,ロシア (5月16日から新たに追加された13か国) アゼルバイジャン,ウルグアイ,カザフスタン,カーボベルデ,ガボン,ギニアビサウ,コロンビア,サントメ・プリンシペ,赤道ギニア,バハマ,ホンジュラス,メキシコ,モルディブ (5月27日から新たに追加された11か国) アフガニスタン,アルゼンチン,インド,エルサルバドル,ガーナ,ギニア,キルギス,タジキスタン,パキスタン,バングラデシュ,南アフリカ• その他の上陸拒否対象地域(上記2. 記載以外の73か国・地域)にも滞在歴があるときは,原則として,特段の事情がないものとして上陸拒否の対象となります。 3.4月29日から5月15日までの間に再入国許可により出国した場合• 上陸拒否の対象地域のうち,上記の5月16日から新たに追加された13か国又は5月27日から新たに追加された11か国に滞在歴があっても,原則として,特段の事情があるものとされます。 その他の上陸拒否対象地域(5月16日に新たに追加された13か国又は5月27日から新たに追加された11か国以外の87か国)にも滞在歴があるときは,原則として,特段の事情がないものとして上陸拒否の対象となります。 4.5月16日から5月26日までの間に再入国許可により出国した場合• 上陸拒否の対象地域のうち,上記の5月27日から新たに追加された11か国に滞在歴があっても,原則として,特段の事情があるものとされます。 その他の上陸拒否対象地域(5月27日に新たに追加された11か国以外の100か国)にも滞在歴があるときは,原則として,特段の事情がないものとして上陸拒否の対象となります。 5.5月27日以降に再入国許可により出国した場合• 原則として,特段の事情がないものとして上陸拒否の対象となります。 出典 現在は、タイ国籍者は、ビザが有ろうとなかろうと・・・全て入国禁止です。 ビザの取得もできません。 今日31日、下記のような記事が出ています。 早ければ、7月以降、タイ国籍のビジネスマンは、入国が可能になるかもしれません。 ただし、タイ出発前に、健康証明書(新型コロナに感染していないという証明書)が必要です。 また、日本に到着したら、空港でPCR検査を受けて、陰性なら、入国できるようです。 複数の政府関係者が明らかにした。 全世界を対象とした入国制限の現在の期限が6月末までとなっており、緩和の実施は夏以降になるとみられる。 4か国はいずれも感染が落ち着きを見せており、企業関係者から往来再開を望む声が高まっている。 ベトナムと豪州、ニュージーランドは環太平洋経済連携協定(TPP11)に参加しており、西村経済再生相は6月にも緩和に向けて意見交換する意向を示していた。 また、タイには多くの日本企業が進出している。 ビジネスマンなどを対象に、自国を出国前にPCR検査で陰性を証明する書面を受け、日本に到着後、再度検査を受けて陰性であれば入国を認める仕組みを想定している。

次の