引越し 相場 家族。 引越し料金の相場はどれくらい?条件で大きく変わる費用の実態

3人家族、4人家族、5人家族の引越し荷物量や費用相場

引越し 相場 家族

単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 52,210 円 平均 75,761 円 平均 99,206 円 平均 124,872 円 平均 156,449 円 平均 211,717 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 42,496 円 平均 58,981 円 平均 78,374 円 平均 99,966 円 平均 122,343 円 平均 149,220 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 47,698 円 平均 64,493 円 平均 89,964 円 平均 112,434 円 平均 143,856 円 平均 192,766 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 51,419 円 平均 82,816 円 平均 116,164 円 平均 146,649 円 平均 178,904 円 平均 252,965 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 59,989 円 平均 98,207 円 平均 153,954 円 平均 195,514 円 平均 243,687 円 平均 347,415 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 69,406 円 平均 120,496 円 平均 212,637 円 平均 275,409 円 平均 310,461 円 平均 374,965 円 また、アート引越センター塚本斉さんによると、繁忙期の中でも特に料金が高くなる時期があるとのことです。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でもたとえば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、その中でも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 繁忙期に引越しを予定している人も、3月中旬までや、4月中旬以降に引っ越すことで、一番費用が高い時期を避けることができます。 単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 44,358 円 平均 57,503 円 平均 75,151 円 平均 93,485 円 平均 116,447 円 平均 165,171 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 36,609 円 平均 48,514 円 平均 65,379 円 平均 80,743 円 平均 100,097 円 平均 143,342 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 38,730 円 平均 50,077 円 平均 71,478 円 平均 90,917 円 平均 118,388 円 平均 156,573 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 46,950 円 平均 65,166 円 平均 88,235 円 平均 105,027 円 平均 134,730 円 平均 189,609 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 56,149 円 平均 81,866 円 平均 111,441 円 平均 147,811 円 平均 180,431 円 平均 230,000 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 65,776 円 平均 100,545 円 平均 157,987 円 平均 198,821 円 平均 240,697 円 平均 341,262 円 単身引越しの場合、繁忙期であれば、4万円~6万円、通常期であれば、3万円~5万円が相場と言えそうです。 また、 3人世帯が同一県内に引越した場合(50km未満)、繁忙期であれば、平均相場は11万円程度、通常期であれば8万円程度です。 これに加え、新しい住居の契約時の初期費用には、以下のようなものがあります。 1.礼金 礼金とは、住宅を借りる際に貸主(大家さんなど)に渡す費用のことを指します。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、礼金を必要としない場合もあります。 退居時に返還はされません。 2.敷金 敷金とは、補修費用や家賃が支払われなかったときのために、貸主が借主から預かっておく費用のことを言います。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、敷金を必要としないケースもあります。 敷金は礼金とは異なり、入居している間に賃料の滞納や補修費用が発生しなければ、退居時に返還されます。 3.前家賃 契約時に賃料の翌月分を前払いするケースが多くなっています。 例えば、3月に契約、4月からの入居が決まっている場合、契約時に4月分の家賃を前払いします。 また、4月の中旬からの入居が決まっている場合は、4月分の家賃(日割り計算)にプラスして5月分の家賃を払うことが一般的です。 4.仲介手数料 不動産会社を介して住居を探す場合は、月額賃料の0. 5カ月分~1カ月分の範囲内で仲介手数料が必要となることが多いです。 しかし、賃貸借契約とは別なので、自分で火災保険を選ぶことも可能です。 保険料や保険の適用範囲などを丁寧に確認し、自分にあった保険を選ぶのがいいでしょう。 上記のような費用を全て含むと、相場としては 賃料の4カ月分~6カ月分と考えることができそうです。 賃料や敷金・礼金の設定によって大きく変わるため、住居を決める際には必ずあらかじめ計算をしてみるようにしましょう。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日117,944円に対して、土日117,659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 時間帯別の引越し費用相場 引越し時間帯別の費用は、曜日別の費用よりも大きく変わる傾向にあります。 単身者の引越しの場合、一番安い7時以前と一番高い8時ごろの平均金額の差は33,101円です。 家族・カップルの引越し料金では、一番安い19時以降と一番高い7時以前の平均金額の差は83,781円もあることがわかりました。 基本運賃 引越しの距離や作業時間によって決まる料金です。 見積もり書に必要な項目などのモデルとなる約款を国土交通省が定めています。 実 費 引越し作業員の人件費や、ダンボール箱などの梱包資材費、高速道路を利用した場合の交通費などです。 付帯サービス エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送料、ハウスクリーニング、不用品処分など様々なサービスが提供されています。 引越し費用の安い時期・高い時期 引越しが集中する繁忙期は、3~4月と言われています。 この時期は、学生であれば「入学」「卒業」、社会人であれば「就職」「転勤」と、新しい生活を始める人が多い時期です。 反対に、繁忙期である3~4月を除いた期間のことは「通常期」と言われています。 繁忙期と通常期の引越し料金相場について、もっと詳細に月別のデータを見てみましょう。 右記は荷物が少なめの単身者の月別の引越し料金相場データです。 最も引越し料金が高いのは3月、次いで4月ということで繁忙期が高いという結果になっています。 次に、家族の引越し料金を見てみましょう。 右記は4人家族の月別の引越し料金相場データです。 単身者のデータと同様、3月と4月が最も引越し料金が高いのですが、通常期との差が単身者より大きいのが特徴です。 家族の引越しの場合、休みを合わせる必要があるうえ、子どもの学校などの事情により、3月と4月の繁忙期に引越しが集中する傾向があるのかもしれません。 引越し費用を安くするポイント 引越しの費用を安く抑えるためにできる工夫を紹介します。 ここまで解説したとおり、トラックを使う分、見積もり料金も上がってしまいます。 そのため、大きめの家具は思い切ってリサイクルに出すなどして、新しいものを購入してもよいかもしれません。 もちろん全てを新調するとなると引越し費用はかさんでしまいますが、「持っていくより買ったほうが得!」と判断できるモノに出合えたなら購入を検討してみては?もちろん、新たに購入したものは新居への配送をお願いしておきましょう。 なかでも午前中が人気とのことです。 年度末になると進学や就職、転勤などで引越しをする人が増え、スケジュールを押さえるのにもひと苦労。 午前中が人気な理由は、時間を「〇時から」と指定できることと、その日のうちに引越しを終えて落ち着きたいという人が多いためです。 こうした条件で引越し業者にお願いすると、同じような条件を希望する人はたくさんいるため、引越し料金の交渉は難しくなってしまいます。 そこで、「平日でもいい」「時間は何時でもOK」など、希望の日程に幅をもたせるようにしましょう。 そうすることで引越し業者側もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ引越し料金の交渉をすることも無理ではありません。 自分のスケジュールを考えながら、「譲れるポイント」を探し、引越し業者に相談してみるのがおすすめです。 Q2運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえますか? A運送を請け負う引越し業者は、お客様の大切な荷物を守るために保険に加入しているため、多くの場合補償を受けることができます。 ただし、保険では補償できないものもあります。 【補償に限度額があるもの】 ・貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む)…1梱包当たり10万円まで ・貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董、彫刻物およびその他の美術品…1個または1組当たり10万円まで 上記は、たとえ10万円を超える金額であっても10万円までの補償。 現金や貴重品、美術品は運搬できないとしている引越し業者も多いことから、これらのものを梱包するのは避けましょう。

次の

家族(3人・4人・5人)引越しの費用相場

引越し 相場 家族

「出産して子どもが増える前にもう少し広い部屋に住み替えたい」 「いままでも同棲していたけど、結婚を機に新居へ引越したい」 …このような 夫婦・カップルのみなさんは、2人家族で引っ越しする場合の費用がいくらかご存知でしょうか。 引越しの料金はシーズンや移動距離など様々な要因で上下します。 これから何かとお金がかかるタイミングですし、目安となる金額の把握に加えて、費用がなるべく抑えられる方法を知りたくはありませんか? そこで、今回は2人暮らしの引越しについて、料金の相場と安く引っ越しするコツを合わせて紹介します! お二人がお得に新生活を始められるよう、参考にしてください。 また、「少しでもお得に引越しをしたい」と思っている人には、 引越し比較サイトの利用がおすすめです。 引越し比較サイトを利用すると、格安で引越しをすることができるからです。 なぜ引越し比較サイトを利用しただけでお得に引越しができるかというと、 引越し業者によって引越し料金に大きな差が出ることがあるためです。 引越しの見積もり料金には定価がなく、引越し業者が独自の基準で金額を決めています。 同じ荷物の量や移動距離で見積もりを依頼しても、「A社の見積額は3万円」「B社の見積額は5万円」「C者の見積額は6. 5万円」といった具合に、 見積もり料金の差が2倍以上になることもしばしばあります。 そこで便利なのが、引越し比較サイトです。 引越し比較サイトでは、一度の登録で複数社に、引越しの見積もりを取ることができます。 引越し比較サイトを利用することで、 自分の引越しを一番安く請け負ってくれる引越し業者を見つけることができるのです。 引越し侍では、 一度に最大10社の見積もりを取ることができます! ぜひ利用してみてください! 目次• 2人暮らしの引越し料金相場 2人家族の引越し料金相場は以下の通りです。 オプションサービスの料金を含んでおりません。 引越しの料金は依頼が集中する春先(3~4月)に高騰する傾向にあります。 この時期を特に 「繁忙期」、それ以外の月を 「通常期」と呼びます。 参考: 表を見ると、通常期の料金相場が6万円なのに対し、繁忙期の相場は7万円台後半とかなり高くなっているのがわかりますね。 こういった引越しの費用は、時期のほかにも 「移動距離」と 「荷物量」を主な要因として金額に差が出ます。 引き続き、それぞれを加味した相場金額を見ていきましょう。 引越しの移動距離別の見積もり料金相場 引越しは移動距離によっても料金に差が出ます。 2人家族が移動する場合の、距離ごとの料金相場は以下の通りです。 オプションサービスの料金を含んでおりません。 同一の都道府県内での引越しであれば、通常期は5万円台、繁忙期は6~7万円が相場となっています。 隣県、もしくはそれ以上の遠距離の引越しになる場合は、通常期で7~15万円、繁忙期は10万円以上の費用が必要になります。 1LDK・2K・2DK・2LDKの引越し費用相場 さらに、引越し料金は荷物の量によっても上下します。 夫婦やカップルの方の住まいに多い 1LDK・2K・2DK・2LDKの荷物量で引越した場合で、時期と距離の条件も踏まえて相場を見てみましょう。 オプションサービスの料金を含んでおりません。 通常期の500km以内の引越しでは、費用の相場は10万円未満です。 しかし、繁忙期に関しては、同一地方より離れた引越しをする場合は10万円以上の費用を考慮したほうが良いです。 2人暮らしの引越し料金相場はおわかり頂けましたか? さらに詳しく条件を掛けあわせて相場が知りたい方は、をご利用ください。 続けて、引っ越し費用を安くするコツを紹介していきます。 2人家族の引越し料金を安くするコツ ここからは、引越し業者の料金を抑える以下のコツを紹介していきます。 一括見積もりで引越し業者の料金を比較する• 「単身パック」を利用して引越しする• 引越し料金の安い時期や日時を選ぶ• 引越しする荷物を少なくして料金を抑える それぞれについて詳しく見ていきましょう。 一括見積もりで引越し業者の料金を比較する 引越し料金には「定価」がないため、引越し業者ごとに料金の差があります。 そのため、安い料金で引越しをするためには、最安値の業者を見つけて依頼をする必要があるのです。 最も安い引っ越し業者を見つけるのに最適なのが当サイトの「一括見積もりサービス」です。 <引越しの一括見積もりのイメージ> 一括見積もりは、一回の依頼で複数の引越し業者へ見積もりが取れるサービスです。 最大10社から金額の提示がありますので、最も安い引っ越し業者を見つけることが可能です。 また、依頼者をめぐって引越し業者間での価格競争も起こるので、値引き交渉などがしやすくなるというメリットがあります。 「単身パック」を利用して引越しする 「単身パック」とは、一人暮らしの方の引越し向けに、コンテナボックスに荷物を積み切って輸送する格安サービスです。 こちらは主に単身者向けのサービスですが、2人以上の家族引っ越しでも利用することができます。 代表的なクロネコヤマトと日通の単身パックの料金は以下の通りです。 参考: 単身パックの利用は費用をかなり抑えることができる場合があり、オススメです。 ただし、荷物が多い、もしくは大きな荷物があるという場合はコンテナボックスに載り切らないため注意が必要です。 引越し料金の安い時期や日時を選ぶ 引越し料金が時期によって上下することは先ほどお伝えしましたが、引っ越しをする曜日や時間帯によっても安くなります。 依頼が少ない曜日・時間帯は、引っ越し業者の業務が空いており、より安い料金でサービスが提供されるからです。 引っ越しの料金が安くなる日時は以下の通りです。 平日(土日、祝祭日以外)• 午後 基本的に引越しの依頼は土日に引越しの依頼が集中するので、空いている平日の引越しであれば料金が安くなる可能性が高いです。 参考: 上に同様の理由で、午前からの引越し希望者が多いので午前指定の料金は高めです。 空枠の多い午後からの引越し、もしくは作業時間を指定しない「フリー便」を利用すれば費用を抑えることができます。 参考: 引越しする荷物を少なくして料金を抑える 輸送する荷物の量を減らすと、業者の人件費が減ったり、トラックがサイズダウンしたりして料金が安くなります。 引越しに際して、なるべく不要品を処分しておくのがおすすめです。 今使用している家具や家電など、粗大ごみを処分する場合は日数がかかる場合もあるため、計画的に処分を進めるようにしましょう。 参考: このほか、引越し料金を安くする方法を知りたい方はを参考にしてください。 まとめ 今回は夫婦やカップルといった2人家族の引っ越し費用の相場について紹介しました。 引越しは大きな出費が付きものです。 料金の相場を把握したうえで、様々な安く引っ越しできるコツをおさえておきましょう。

次の

家族(2人暮らし)での引越しのコツと料金相場【LIFULL引越し(旧HOME'S引越し)】

引越し 相場 家族

家族での引越しが決まり、楽しみがありつつも• 「家族引越しの費用はどれくらいかかるのか知りたい」• 「家族での引越し費用をなんとか安く抑えたい」• 「何をいつ頃から始めればいいのかわからない」• 「荷物を新居に全て運び込めるのか不安」 といった悩みが出てきますよね。 確かに家族引越しはやる事が多く、1ヶ月前から引越しに向けて荷物の処分を行ったり、役所へ様々な書類の提出を行ったりしなければなりません。 費用も平均10万円前後はかかってしまうのが事実です。 そこでこのページでは、• 家族での引越しはどれくらいかかるのか• 家族引越しの費用を安くする方法• 家族引越し1ヶ月前にやるべき事• 荷物が運び込めなかった時の対処法 など悩みを全て解決できる情報を紹介しています。 このページさえ読んでおけば、引越し当日に慌てて作業する事なく、家族引越しを相場の半額で済ませる事ができるようになりますよ。 【裏ワザ! それは5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること。 そこで利用したいのが 引越し業者の一括見積もりサービスです。 ここで紹介する 「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。 従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。 しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、 面倒なやりとりをせずに、その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。 家族引越しの料金相場は主に「人数」によって値段が変わる 3人家族 4人家族 5人家族 料金相場 平均 74,739円 平均 81,877円 平均 90,604円 引用:引越し侍 家族での引越しは、3人家族、4人家族…と 人数が増えるごとに引越し料金が約1万円ほど高くなります。 家族で引越しをするという事は、 人数が多い分ダンボールなど荷物の量が増え、引越しに使うトラックの容量・サイズも大きくなり料金が高くなるからです。 ダンボールの量(荷物量)とトラックの大きさの関係は以下の通りです。 家族の人数 ダンボールの量 トラックの大きさ 2人家族 20〜30枚 2〜3トン 3人家族 40〜60枚 2トンロング〜4トン 4人家族 50〜80枚 3トン〜4トン 5人家族 80〜120枚 4トントラック1台〜2台 引用:引越し侍 ダンボールが多くなるほど、トラックも大きくなります。 トラックの料金は2トンあたり4万円です。 それぞれ2人家族、3人家族、4人家族、5人家族でトラックの平均価格はいくらになるのか見てみましょう。 2人家族・ダンボール20〜30枚・2〜3tトラック= 4万円〜5万円• 3人家族・ダンボール40〜60枚・2〜4tトラック= 4万円〜8万円• 4人家族・ダンボール50〜80枚・3〜4tトラック= 6万円〜8万円• 5人家族・ダンボール80〜120枚・4tトラック1〜2台= 8万円〜16万円 ダンボールの数が多くなればなるほどトラックの大きさに比例して料金がかさんでいくので、荷物はできるだけ少なくした方が家族での引越し料金が安く済みます。 引越しの「繁忙期」と「通常期」はいつの事? 繁忙期とは3月〜4月(春先のシーズン)の事で、大学生や新社会人の引越し需要が高まり、一年のうちで一番引越し料金が高くなる時期です。 一方、それ以外の月は夏休みなど日によって高くなる日はあるものの、価格は落ち着いている為通常期と呼ばれています。 近距離で家族引越しを行う場合の料金相場は、通常期6万円・繁忙期11万円 家族で「通常期」に近距離の引越しを行うと• 15km未満:6万円• 50km未満:9万円 が料金相場です。 家族で「繁忙期」に引越しを行う場合ですと、• 15km未満:7万円• 50km未満:11万6千円 が料金相場です。 繁忙期になると引っ越し料金が高くなる理由は、 繁忙期に当たる春先の3月〜4月のシーズンは引越しの希望者が急増し、人手不足で雇ったアルバイトなどの人件費がより一層かかるため、業者が人件費を引越し料金に上乗せしているからです。 家族引越しを行う際、特に200km以上の遠距離引越しを検討している人は3月〜4月の春先の繁忙期の家族引越しは避けたほうが賢明です。 妻との2人での引越しでした。 なぜ以上の体験のように半額ほど引越し料金が安くなったかというと、 一括見積もりをすると複数社が価格競争をしてくれるので、1社に絞って引越し業者を決めてしまうよりも価格が下がる事が理由です。 一括見積もりサービスの「引越し達人」が一番のおすすめの理由は 業者からのしつこい連絡なしで見積もりボタンを押してすぐの画面で最安値がわかるからです。 わざわざ調べなくても見積もりと同時に業者ごとの口コミが見れますので、安いけれどサービスの質が悪かった、という業者に当たってしまう事なく安心して使えます。 家族引越しは特に、 荷物の量で引越しの価格が決まるからです。 3人家族だと平均40〜60枚(2トン〜4トントラック分)、4人家族だと平均50枚〜80枚(3トン〜4トントラック分)のダンボールを使うという統計結果が引越し侍調べで出ています。 ダンボールが多い分トラックの台数が増えて、結果料金がかさんでしまうという計算になります。 荷物の処分方法は、廃棄するかメルカリなどのフリマアプリで売るかしましょう。 衣類や小物などは普通のゴミとして出せますが、 衣装ケースやカラーボックスなどのゴミ袋に入らないものは市区町村の粗大ゴミ処分をしましょう。 モノにもよりますが、300円ほどで処分してくれます。 メルカリで売る場合は、アプリをダウンロードし会員登録後、売りたい物の相場をメルカリ内でリサーチし値段を決定し、販売開始しましょう。 もし、フリマアプリでの個人間のやりとりに不安を感じるようでしたら、 中古品の買取サービスなどを利用するのも手段の一つです。 ダンボールを無料で送ってくれる買取店が多いので、あとは漫画やDVDなどを詰めて送るだけです。 約1週間〜2週間で査定完了し、あらかじめ指定した自分の口座に料金が振り込まれるのを待つのみです。 本やDVDなどはシリーズ全巻揃っていたり、未開封だったりすると高く買い取ってくれますよ。 インターネットの移転や役所での住所変更手続きに加え、特に小さなお子さんがいる家族引越しでは転園・転校の手続きなどもしなければならないからです。 実際に引越しの準備をいつから始めたのか引越し侍の統計データを参考にしてみると、1ヶ月前から始めたという人が全体の44%を占めており、早すぎず遅すぎないスタート時期が1ヶ月前だという事がわかります。 引用:引越し侍 具体的な流れは以下の通りです。 また、保育園や幼稚園が決まった人は、在籍中の幼稚園・保育園で在園証明書を発行してもらいましょう。 この作業を1ヶ月前に行っておく事で、子供の慣れない新生活のアフターケアにもなり、後から慌てて上記の作業をする必要がなくなります。 退去する際、退去予告をしてから一定期間(通常1ヶ月)は家賃が発生します。 予告し忘れの無駄な二重家賃に注意しましょう。 ・新居が見つかったので住まいを解約したが転居先の住人がまだ退去していない ・自宅の建て替え工事が終わるまで荷物を一時的に別の場所に保管しておきたい 以上のような事態が起こらないとは限らないからです。 特に1個目・2個目の理由の場合、荷物を置く場所がそもそもない、という状態になってしまうと生活ができません。 トランクルームの場合、平均で以下の料金でレンタル可能です。 (月額料金)• 1畳(単身者の家財一式が納まる広さ)11,620円• 3畳(2〜3人の家族の家財一式が納まる広さ)30,380円• 5畳(3〜4人に家族の家財一式が納まる広さ)44,450円 引越し業者の荷物預かりサービスなどもあり、例えばカルガモ引越センターは2週間までなら無料で荷物を保管してくれますので、もし困った時は利用してみてはいかがでしょうか。 引用:カルガモ引越センター この記事のまとめ 家族引越しは平均10万円ほどかかってしまうケースがあります。 しかし、以下の事を実行すれば、家族引越しの価格は半額ほどになるケースも。 不用品回収処分• 「メルカリ」などのフリマアプリ• ペット引越し• ダンボール無料の不用品買取サービス• 一括見積もりサービス「引越し達人」 特に、一括見積もり「引越し達人」を使えば、必ず見積もりから最安値が見つかりますので、ぜひ有効活用してみてくださいね。

次の