クロノ トリガー 黒 の 夢。 クロノトリガー ストーリー攻略「運命の時へ…」

クロノトリガー攻略: 黒の石

クロノ トリガー 黒 の 夢

『Owlboy』のクリエイターであり、ピクセルアーティストの Simon S. Andersen氏が、 『クロノ・トリガー』シリーズの幻の続編だったと言われる 『クロノ・ブレイク』の内容を想像したファンメイドのトレイラーを公開した。 トレイラーは『Owlboy』を手がけたAndersen氏の腕前が存分にふるわれており、高精細なピクセルアートで伸び伸びと世界観が描かれている。 アートスタイルは『クロノ・トリガー』を強く想起させる内容だ。 この映像は 2ヵ月間をかけてファン向けに制作されたモックアップ映像で、実際にゲームが開発中ではあるわけではないが、その出来は見ているだけでわくわくするレベルと言えるだろう。 映像では真っ先に『クロノ・トリガー』のOPで印象的に使われた時計の振り子が同様の演出で画面を横切り、さらにトルース村の裏山や魔法王国ジールを思い出す切り立った崖が登場。 下の方に見える工場のある島や、魔王の鎌のような武器を持つ主人公風の青い髪のキャラクター、ロボットを背負ったルッカによく似た髪の色のキャラクターも登場する。 他にも飛行機能を持ったシルバードと同型機と思われる戦闘機を伴った編隊や、ゼナンの橋によく似た橋など、特に『クロノ・トリガー』ファンが見ると大喜びできそうな場面も。 同じファンが作ったものなので元ネタを考えたり、あるいはどういった思いで制作されたか思い浮かべながら見てみるのも一興だろう。 (画像はより) このトレイラーが作られる契機となった『クロノ・ブレイク』とは何だったのか少し振り返っておこう。 『クロノ・ブレイク(CHRONO BREAK)』は、2002年ごろに スクウェア(現スクウェア・エニックス)によって日本、欧州、米国で登録された商標名だが、現在はすべて失効している。 2006年には で、 坂口博信氏が新たなクロノシリーズの制作に前向きな姿勢を示すなど、本格的な続編の開発への期待が高まっていった。 しかし、その後は開発が公に発表されることなく、続編を開発すると思われていた1999年発売の 『クロノ・クロス』の開発チームからもスクウェア・エニックスを離れていくスタッフが増えていった。 結局のところ、続編と思われていた『クロノ・ブレイク』の名前は、現在も日の目を見ていない。 ただし『クロノ・ブレイク』は2017年にも話題となり、『クロノ・トリガー』でディレクションを担当した 時田貴司氏がで、 『ファイナルファンタジー レジェンズ 時空ノ水晶』は 『クロノ・ブレイク』のオリジナルコンセプトをベースに作っていると答えている。 (画像はより) ファンメイドの活動に目を向けると、海外では2004年に『クロノ・トリガー』リメイクプロジェクトである 『Chrono Resurrection』が始動したが、こちらは版権元であるスクウェア・エニックスからライセンスを得ずに勝手に開発が始まったファンプロジェクトであり、2004年に警告を受けて開発が中止になった。 ただ今回の映像は、原作のBGMが使われていたり、Patreonなどで活動資金を集めるために公開されているのではなく、あくまでひとりのファンが想像した続編の世界を提示する映像に留まっている。 多くのファンを引きつけた名作の日の目を見ることのなかった新作という存在は、『クロノ・クロス』が発売されてからもうすぐ20年が経つ今でも、ファンたちの心のどこかに引っかかり続けている。

次の

『クロノ・トリガー』の幻の続編『クロノ・ブレイク』がもし発売されていたら? ピクセルアートの鬼才である『Owlboy』開発者が想像して描いた素敵な2Dドット映像が公開

クロノ トリガー 黒 の 夢

レベル上げの際の注意点 スペッキオ 黒の夢 時の最果てで戦えるスペッキオは、戦闘メンバーのLvに応じて、形態を変化させる。 形態毎に初回撃破報酬を貰えるので、レベル上げ時には、該当Lvを劣りすぎないよう注意しよう。 また、戦闘メンバーのレベルが9以下の時に戦えるカエル形態のスペッキオは、ニューゲームから気をつけてレベルを抑えなければ出会えない。 いずれも、初回撃破報酬もマジックカプセル1個程度なので、強くてニューゲームでの周回を重ねるなら、誤差程度ともいえる。 黒の夢が消滅する レベル上げをしたい場合、最も注意しなければならないポイント。 しかし、クリアした段階でその時代の黒の夢は消滅してしまうので注意。 そのため、現代と中世の黒の夢をクリアして、古代の黒の夢のみを残しておくとよいだろう。 黒の夢をクリアするメリットは、最奥で戦うジール(化け物)からプリズムメットとプリズムドレスが盗める点。 レベル上げ 技ポイント稼ぎ おすすめスポット ガルディアの森(中世)でシェルター集め ご存知のとおり、中世のガルディアの森には、茂みを調べると、マモがシェルターを落すスポットがある。 森から一度出ると、何度でも入手可能なので、序盤からレベル上げを多用するなら、ぜひ利用すべし。 未来に行った後に「ざんまとう」購入を考えた場合 ニューゲームでメディーナ村の「ざんまとう」購入を考える場合、中世のマノリア修道院でいくらGを稼げるかがポイント。 しかし、未来に到達してから購入を検討するプレーヤーもいるかもしれない。 その場合、16号廃墟に出現するプラントラーが落とすエーテル(500G)を売ったり、地下水路に出現するモンスターを倒して、G稼ぎをするとよい。 メディーナ到達までのダンジョンで、獲得Gが一番多い。 場所は、第二階層の中央にあたり、第三階層への扉が開くスイッチのある部屋だ。 すぐ下には、セーブポイントと第一階層への扉があるので、敵復活をすぐに行える。 このスポットは、下で紹介するヌゥよりも圧倒的に効率的なので、ご利用は計画的に。 1撃で瀕死にされてしまうが、実は1から0に減らされることはない。 そのため、絶対に負けない戦闘なので、どんなLvで戦っても勝利可能。 ヌゥは一定時間で降るスコールのタイミングのみ特定スポットに出現。 そのスポットは、3カ所あり、狩りの森の左上端、右上端、右下端になる。 スコールの時間に全てのスポットを回り切れないので、右上と右下の中間地点に待機しておき、雨が降ったら2カ所を確認するとよいだろう。 注意点としては、右上端のスポット以外は、スコールが降った瞬間に出現スポットが画面上に表示されていると、出現しない可能性がある。 右上端のスポットは、スコールの瞬間に表示されていても、ヌゥがのそのそと出現する姿を確認している。 そのため、右上端の出現スポットが見える場所で待機し、出るor出ないを確認後、右下端のスポットに向かうとよいだろう。 もしかすると、3回目は復活しない可能性があるので、2回倒したら1度外に出るのが無難。 技ポイントが30と圧倒的なので、あまりにもココを利用しすぎると、今後のストーリーがつまらなくなる可能性あり。 以降も素材4種類は倒すたびに入手可能なので、ココでレベル上げや技ポイント稼ぎをすると、ドリストーン入手のために原始に来た時に、素材と武器防具を交換して、それを売りお金稼ぎまで可能。 ストーリーで訪れるのは、まだ先だが、時の最果てに到達した段階で来ることは可能。 デナドロ山に入ってすぐの戦闘なので、外に出てシェルターや宿屋で回復するのがスムーズにできる。 ロボの回転レーザー1発で倒せると、かなり効率的な戦闘を繰り返すことができ、そこまで要求されるレベルも高くないはず。 このレベル上げスポットを利用するなら、一度、奥まで行き、シルバーピアスを入手することをおすすめする。 消費MPを軽減できるのでロボに装備させれば役立つ。 エイラの「いろじがけ」でお金稼ぎ ドリストーンを盗まれエイラが初加入した段階で、エイラに「いろじがけ」を覚えさせることができれば、恐竜人アジトで荒稼ぎできる。 恐竜人アジトのモンスターからは、この段階には似つかわしくないワンランク上の武器を盗める。 そのため、パーティーの大幅強化が可能かつ、売れば大金になる。 おすすめは、恐竜人アジトの入ってすぐのフロアにいるエイシトビートルの「ドリストンガン(3700G)」だ。 ドデッカダッタの「太古の剣(6250G)」や恐竜人の「マグマハンド(5600G)」は高値で売れるが、収集が面倒。 ドリストンガンなら1度に最大4つ入手できるし、シェルター回復も楽。 シェルターをたんまり用意して、恐竜人アジト周辺でキャンプを決め込むのもよいだろう。 また、エイラに「いろじがけ」を覚えさせるためには、それなりに技ポイントが必要だが、上で紹介した狩りの森のヌゥを利用すれば、どうとでもなる。 その過程で貯まった素材は、イオカ村の交換屋で武器防具に換えておきたい。 この方法を利用する場合、「ダブルいろじがけ」を使えるマールを3人目にするのが妥当か?更に、エイラのアクセサリーには、シルバーピアスを装備させたい。 ただし、ニズベールと戦う前に外しておかなければ、魔王城をクリアするまで、シルバーピアスを使えなくなるので注意。 入口から右側の通路を進むと、マヨネーのいる部屋にたどり着く。 素早さに優れるクロノの通常攻撃でソーサラーを倒し、カエルとマールの連携であるアイスウォーターで残りを一層するのが鉄板。 本来、この段階でクロノの通常攻撃でソーサラーを一撃で倒すのは難しいが、メディーナ村に売ってる斬魔刀を使えば、特攻で1. 5倍のダメージを与えられる。 このモンスターたちはミドルエーテルを落とすのでそれを売ると1000Gになり、お金稼ぎスポットとしても優秀。 また、カエルに魔法を覚えさせるため、事前に時の最果てでスペッキオに会っておく必要がある。 アイスウォーターは燃費が非常に良いので、ミドルエーテルを使って回復しつつレベル上げをすれば、延々に戦い続けることができ、シェルターいらず。 場所は、ビネガーと戦うひとつ手前のフロア。 一度、ビネガーと戦うフロアに行き、すぐに戻って、ビネガーのいるフロアに行こうとすると戦闘になる。 経験値、技ポイント共に上のスポットよりも多く、ミドルエーテルを落とさない分、獲得Gは低い。 ビネガーを倒すと、セーブポイントが出現するので、回復も問題なく行える。 後に控える魔王戦に備えて、戦力増強を図るのに、おあつらえ向きのスポットだ。 また、レインボーメットは、この時点で最高級の防具なので、いくつか残しておくのもよい。 ドロクイは、魔法でも物理攻撃でも倒せるが、配置的にエイラとクロノの連携であるハヤブサ斬りがおすすめ。 クロノがシャイニングを覚えているなら、ゴールドピアスを装備し、「魅惑のブラ」を装備したエイラの「いろじがけ」、クロノのシャイニングという順番が効率的。 なげき山(イワン) 経験値 1000 技ポイント 100 G 0(ミドルエーテル1000G) 場所 なげき山(最初のセーブポイント上の右の鎖の先) なげき山に点在するイワンは、技ポイント100を持つ格好の稼ぎスポット。 クロノトリガーのレベル上げスポットの代名詞といっても過言ではない場所で、経験値も1000と優秀。 基本的には、1度倒すと復活しないが、最初のセーブポイントの上にある右の鎖の先のイワンだけは、画面切り替えで復活する。 なげき山に出現するモンスターは、全体的に経験値、技ポイント共にこれまでの敵と比べると高い。 上で紹介したイワンも含め、これは制作陣からの「そろそろ技を全部覚えろ」というメッセージではなかろうか? 不運なギガガイア なげき山のボスはギガガイアという一見すると、とても強そうなモンスター。 しかし、戦ってみると非常に弱い。 クロノトリガー史上、最も見掛け倒しなモンスターとして知られているのではないだろうか? しかし、考えてみるとギガガイアは、イワンの煽りを受けてしまった不運なモンスターだったといえるだろう。 プレーヤーからすれば、なげき山は明確な稼ぎスポットであり、多くのプレーヤーがレベル上げに利用したはずだ。 そんな状態のクロノたちを待ち受けるのがギガガイアということで、まるで赤の手をひねるように蹂躙されてしまうのだ。 黒の夢のモンスターと比べると、圧倒的に経験値が低いので、黒の夢が消滅してしまわないように注意しよう。 シルバード入手以降のレベル上げには、エイラとルッカの連携である「火炎竜巻」が猛威を振るう。 この段階で十分強いが、虹の眼鏡や太陽の眼鏡を装備したり、エイラの魔力を高めたりすることで、凄まじい威力になる。 もしくは、ゴールドピアスを装備したクロノのシャイニングがおすすめ。 また、同ダンジョンに出現するフォシルエイプからはラストエリクサーが盗めるので、黒の夢攻略に向けて、いくつか集めておくとよいだろう。 すぐ右にセーブポイントがあるので、スムーズレベル上げが行いやすい。 まずは、このレベル上げスポットを利用して、戦力を整えるとよいだろう。 素早さが足りないとスムーズに倒せないので、奥に進んで、宝箱からスピードカプセルを入手したり、ウォールから盗むのもよい。 優先的にスピードカプセルを使いたいのが、ルッカやエイラで、特にルッカは素早さが高まると、かなり使いやすくなる。 また、ルッカの場合、タバンスーツ(素早さ+3)で代用できる。 火炎竜巻では、プチアーリマンを倒しきれないので、3人目のキャラで追撃してやるとよい。 この状態でも十分効率的だが、ハヤブサ斬り一撃で、倒せるようになってくると、効率も極まってくる。 ある程度、レベルが上がったら、虹の眼鏡や太陽の眼鏡を組み合わせてチャレンジしてみるとよい。 また、ここで出現するプチアーリマンからはゴールドピアスが盗め、こちらもレベル上げに貢献してくれる。 経験値は劣るが、技ポイントが高いので、技をまだ覚えていないキャラがいたら、ココでレベル上げをするとよい。 回復はツインカムからラストエリクサーが盗めるので、その場で可能。

次の

運命の時へ…

クロノ トリガー 黒 の 夢

時の最果てやシルバードからラヴォスに挑むこともできるが、ここからでも最終的にはラヴォスを戦うことになる。 まだラヴォスを倒せるレベルではないと感じたら、ここを攻略するといい。 最終ダンジョンにして任意攻略であるこの黒の夢には、最強クラスの敵とあの女王ジールが待ち構えている。 それだけにレアなアイテムがたくさん手に入るのがオイシイところである。 ダンジョンの構造に関しては、複雑な構造はほんのちょっとある程度で、ほとんど一本道の構造である。 故にダンジョン構造の細かい指摘をするところは無い。 ここではモンスターのデータを主に紹介していく。 貴重なアイテムをどんどん増やし、ジール戦、そしてラヴォス戦に備えるといい。 上半身:エリクサー 下半身:守りの帽子 黒の夢内部に入ると早速ジールの召喚したモンスターを戦うことになるのがこのボス。 混乱や眠りの攻撃を多用するので、プリズムメットを装備すること。 エイユーの盾 スピードカプセル 盾を構えているときに攻撃しても無駄。 盾を構えている状態を解除するのを待つ。 ブラックサイト スーパーエーテル この敵がこちらの存在に気づいたら戦闘に入るので、うまくやり過ごせば戦闘を回避できる。 単純なレーザー攻撃しかしないので楽勝。 デイブ ノヴァアーマー 天の属性を吸収する。 戦闘開始後第1撃目ににやってくるので、稲妻落しを受けたらHPを回復させること。 ルインゴーレム スーパーエーテル HPが減ってくると3カウント後にMPバスターを仕掛けてくる。 カウントが始まったらすぐに倒せるように。 さまようもの たゆたうもの 事実上盗めない たゆたうものは技ポイントが100もあるオイシイ敵。 しかし回避率がやたら高く、3ターン後に逃走する手の敵である。 戦闘開始直後にさまようものが「オールロック」をかけてくる。 さまようものはさらに炎の全体攻撃を仕掛けてくるのでHPは満タンにしてから戦いに挑んだ方がいい。 もしくはレッドプレートやレッドベストを装備させる。 アスピルでMPを吸収してくる。 ツインカム ラストエリクサー 最初に共食いをしてみずからのHPを回復。 他のツインカムがいなくなると今度はパーティが食われてしまう(即死)ので、そうなる前に倒すべし。 ファットビースト パワーカプセル 普段はなにも攻撃してこない代わりに、ダメージを受けるとかならず物理攻撃のカウンターをやってくる。 攻撃力がかなり高いので、連携技を使って1回の攻撃で大ダメージを与えるといい ノヘ マジックリング 普段は何もしない代わりに、技で攻撃するとMPバスターのカウンターがくる。 「たたかう」のみで倒すこと。 ガズー マジックカプセル 普段はなにも攻撃してこない代わりに、「たたかう」で攻撃すると即死攻撃のカウンターがくる。 魔法攻撃で倒さねばならない。 ギガミュータント ボス ジール 1回目 ラストエリクサー 戦闘開始直後に「 ハレーション (全員のHPを1にする)」をやってくる。 次のターンで物理攻撃をやられると戦闘不能になるのですぐに全体回復をする必要がある。 逆に、これを利用して「カエルおとし」や「きょうりゅう」で大ダメージを与えるという手もある。 連携技「グランドリーム」は最大のダメージを与えられることだろう。 回復はラピス等で回復できれば問題ない。 魔神器 ラストエリクサー 物理攻撃を加えると防御力を上げてエネルギーを溜め、魔法で攻撃すると攻撃力を上げてエネルギーを溜める。 エネルギーが溜まるとそれを放つ(全体攻撃)。 ダメージ量は、それまで攻撃を加えて溜めさせたエネルギーの回数による。 放った後は「ポイントフレア(単体)」を2回やってくる。 以降その繰り返し。 最初に強力な物理技をたたき込み、防御が上がってダメージが与えられなくなったら魔法に切り替えるのがいい。 なお、グランドリオンで攻撃すると魔神器のHPを少しだけ吸収するという追加効果がある。 ジール 2回目 パーツは頭と右腕、左腕の構成であるが、頭のHPを0にすればいい。 右腕を攻撃すると「 ライフシェイバー (単体のHPを1にする)」のカウンター、 左腕を攻撃すると「 MPバスター (単体のMPを0にする)」のカウンターがくる。 全体攻撃魔法・技は使ってはいけない。 頭は「 ヘブンゲート(天・単体)」「 ヘキサゴンミスト(水・全体)」「 ダークギアー(冥・全体)」「 ハレーション (全員のHPを1にする)」 「 MPバスター (単体のMPを0にする)」をやってくる。 「ヘキサゴンミスト」の攻撃力が割と高い。 「ハレーション」が最も危険。 全員のHPが1にされた直後に腕がレーザー攻撃をしてくることがよくあるからだ。 こうなると戦闘不能は免れない。 打撃系の最強技で攻撃していくのがベストである。 「メガトンボム」「ダークボム」などの敵円範囲の技・魔法も、腕にはあたらないので有効である。 勝利するといよいよラヴォス戦にはいる。

次の