除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い。 エアコンの電気代はドライと冷房どっちが安い?|@DIME アットダイム

除湿と冷房の違い!電気代が安い順番やメーカーや機種別の機能について

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い

冷房は、 「温度」を下げるための機能!• 除湿は、 「湿度」を下げるための機能! これでは当たり前なんで、もう少し説明しますね! 冷房は、 部屋の空気の 「温度」を下げることを、いちばんに考えた機能です。 暑い部屋から 熱を追い出して、部屋を涼しくします。 一方、 除湿は、 部屋の空気の 「湿度」を下げることを、いちばんに考えた機能です。 じめじめした部屋から 水分を追い出して、空気をサラサラにします。 では、 「電気代が安いのはどっちか?」 と、行きたいところなんですが、 その前に、 除湿の種類について、知っておかなければいけません。 除湿の種類 除湿には、 「弱冷房除湿」と 「再熱除湿」の、2つの種類があるんです。 「水分を外に追い出すしくみ」は同じなんですけど、 「部屋に戻す空気の温度」が違うんです。 「弱冷房除湿」は、 水分を集めるために温度を下げた空気を、 そのまま部屋に戻します。 これは、 弱い冷房をかけているのと同じようなものだから、肌寒く感じることがあります。 そして、 「再熱除湿」は、 温度を下げた空気を、ちょうどいい温度に 暖めなおしてから部屋に戻します。 「部屋の温度を下げずに 湿度だけを下げる」ところが、 弱冷房除湿と 大きく違う点なんですね。 ワンポイントアドバイス! 湿度が低いと体感温度が下がり、より涼しさを感じます。 そのため、 カラッと除湿の場合は、設定温度が高めでも涼しくなります。 設定温度を高くして除湿を使うことで、 結果冷房との電気代の差は、少なくなります。 「より快適に過ごしたい」 のか• [弱冷房除湿] の設定! または、• 高めの温度に設定した、 [冷房] の設定! 「再熱除湿」は、部屋に戻す空気を暖めなおしているので、 「冷房より多くの消費電力」が必要になります。 じゃあ、 再熱除湿は使わないほうがいいのか?! そんなことはありません。 再熱除湿も、とても大事な機能です! 再熱除湿は、 部屋の温度を下げないので、 梅雨や夜の時でも、体が冷え過ぎずに済むんです。

次の

エアコンの冷房と除湿の違いは?電気代はどちらが安い?

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い

エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? 夏を乗り切る為に欠かせないエアコン。 猛暑ともなると、 1日中エアコンを 付けっぱなしという家庭も 多いのではないでしょうか? エアコンには、 冷房と暖房の他に 除湿またはドライという 名称の機能があります。 このエアコンの除湿は、 簡単に言うと部屋の湿度を 下げてくれるというモノです。 ですが、 製品によっては、 除湿に設定すると湿度だけではなく 部屋の温度まで下がる場合があります。 日本の夏は、 気温が高いだけではなく、 湿度も高く蒸し暑いのが特徴。 その為、 冷房ではなく除湿モードを 活用しているという家庭も ちらほら見受けられます。 また、 冷房よりも除湿の方が 電気代がリーズナブルという説が、 にわかに囁かれているようです。 実際には、 どちらのモードの方が 安上がりなのでしょうか。 今回は、 そんな雑学の悩みについて のお話です。 どうぞ最後までお楽しみに下さい。 合わせてこちらの記事もお読み頂くと、 雑学のお悩みについて 理解が深まると思います。 その1:エアコンの除湿には種類があるって知ってた? エアコンの除湿は、 湿度を下げるという点は同じでも その方法は機種によって異なります。 以前最も多かったのは、 弱冷房除湿というものです。 これはどんな方法か簡単に説明すると、 冷房運転を続ける事で 空気を冷やし湿気を排出します。 その仕組みは、 基本的に冷房と同じ。 だから、 湿気が少なくなると共に 部屋の温度も下がるのです。 しかし、 最近の除湿モードは、 弱冷房方式に変わって 再熱除湿方式 が多くなってきました。 何故なら、 前者の弱冷房方式は、 あまり除湿としての性能が 高いとは言えなかったからです。 湿気を排出する能力が高くない為、 湿度が思った程下がらないというなが、 デメリットでした。 そこで登場したのが、 再熱除湿方式という訳です。 こちらは、 冷房運転をし続ける前者と異なり、 一度空気を冷やした後で その空気を暖めてから室内に放出します。 除湿機能に関しては、 こちらの方が格段に上となります。 更に、 この2つの方式に加えて ハイブリッド除湿という方法も。 まずは、 ご家庭の製品が この内のどの方式で除湿を 行っているのか確認してみましょう。 スポンサーリンク エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? その2:電気代が安いのは冷房と除湿どっち? 結論から述べると、 料金が最も安いのは、 弱冷房運転を続ける事により、 水分を排出する 弱冷房除湿。 こちらは設定温度を 同じにした冷房運転よりも 電気料金が安くなります。 ここだけを見ると、 冷房よりも除湿の方が お得だと思われるでしょう。 ただし、 その方法は弱冷房だけではありません。 再熱除湿方式の場合、 一旦冷やした後でその冷気を 暖める必要がある為に、 逆に多くの電力が掛かってしまいます。 それ故に、 弱冷房除湿よりも冷房運転よりも、 最も電気代は嵩んでしまうのです。 また、 ハイブリッド方式の場合は、 あまり冷房運転と比べて電気代は 大きく変わりません。 同じ設定温度にした場合、 料金だけを比較すると、 弱冷房除湿が最も安く次が冷房、 最も高いのが最熱除湿方式。 ハイブリッドは、 冷房と同じ位だと覚えておきましょう。 <大人気おすすめ> エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? その3:冷房の自動運転がお得?暑い夏に本当に電気代がリーズナブルなのは… 夏にエアコンを使う一番の目的は、 部屋の湿度を下げるよりも 温度を下げる事ではないでしょうか。 確かに設定温度が同じであれば、 一見すると弱冷房運転が ベストの様にも思えます。 しかし、 悪魔でも除湿の目的は湿度を下げる事、 それを最優先に動きます。 その為、 外気温が30度を超える猛暑日に、 室内温度を快適に保つ事を優先するなら、 冷房運転が最も無駄がありません。 除湿モードにして 弱冷房運転を続けるよりも、 冷房モードで自動運転する方が、 電気代を節約出来る事もあります。 また、 どちらもその作用は一緒ですから、 冷房モードでもある程度の除湿効果は ありますよ。 温度を下げるのか、 湿度を下げるのかどちらを優先するのか? それにより、 どちらを選択するか決めると良いでしょう。 スポンサーリンク エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? その4:まとめ エアコンに備わっている除湿モードは、 その方式が弱冷房除湿方式の場合、 冷房運転よりも単純な電気代は 安くなる事があります。 ただし、 再熱方式の場合は、 確実に電気料金が高くなりますし、 部屋の温度を下げないというのが、 この方式の特徴なので 冷房の代わりにはなりません。 ハイブリッド方式は、 電気代こそ冷房と変わりませんが、 こちらも冷房の代わりとして 使うものではありません。 暑い季節の選択肢としては、 結局のところ冷房か弱冷房除湿か、 という事になります。 電気代に関しては、 後者の方がお得とも言えますが、 猛暑の季節に部屋の温度を下げる事を 第一に考えるなら、 冷房の自動運転が、 最も効率的に部屋を冷やし、 料金も経済的なケースが 多くなっています。 夏場の電気代が気になるなら、 まずはご家庭の機器の除湿方式を確かめる事。 そして、 弱冷房が採用されているなら、 湿度が高いせいで気温以上に 暑さを感じる場合は、 除湿モードを。 真夏で外気温も室温も高い猛暑日は、 冷房モードで効率的に 部屋の温度を下げる方が、 電気代も節約になるでしょう。 この記事がお役に立てていれば、 ブログ内「クリックしてね」欄の ブログランキングボタン、 ブログ村ボタンをクリックして頂けると とても嬉しい限りです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

エアコンの冷房と除湿の違い 電気代はどっちが安い?使い分けるには

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い

なお、『』には、パワフルな風で洗濯物の水分を飛ばす「」を搭載。 その水分を室内の空気と一緒に取り込むため、より効率良く洗濯物を乾かすことができます。 さらに、「」で生乾きのイヤなニオイがしっかり抑制できるのもうれしいポイント。 エアコンのない場所で部屋干しをするなら、自由に移動できる『』もオススメです。 室内の湿気を取り除きながら送風するため、梅雨時でも洗濯物をカラッと乾かせるほか、送る風の幅や量、向きなども調整可能。 パナソニックの『衣類乾燥除湿機』ならハイブリッド方式という独自の除湿方式が採用されたモデルとなっています。 ハイブリッド方式は、季節や気温に左右されることなく1年中強力な除湿力を発揮します。 また、「ナノイー X」も搭載されているため、部屋干し臭の抑制はもちろん、花粉を無力化する衣類ケアモードなど、洗濯以外にも活用できる機能があるのもうれしいポイントです。 干す場所はもちろん、通気性の良い位置。 部屋の中央だと邪魔になる場合は、できるだけ壁や家具から離して干すようにしましょう。 このほか、室内干しにオススメしたいのが固定しないタイプのハンガー。 上記以外にも、手軽にできる湿気対策はあります。 まずは、通気性を高めること。 風の流れを妨げない家具の配置にしたり、足付き家具を選んだりすると良いでしょう。 また、クローゼットや押し入れを閉めっぱなしにしないことも大切。 エアコンの除湿機能を使うときに開けておいたり、風を当てたりして湿気がこもらないようにしてください。 こうした場所には、除湿剤も置いておくと安心。 市販のものはもちろん、重曹を使って手作りしたり、調湿効果のある炭を置いたりするのも良いでしょう。 このほか、水を入れて凍らせたペットボトルをトレーに載せ、室内に置くという方法もあります。 これは、空気中の水分をペットボトルの氷で冷やし、結露にして取り除くというもの。 エアコンの除湿機能の原理を単純にしたものですが、意外と効果があるという声も聞かれます。 エアコンの設置されている場所は除湿機能を、設置されていない廊下や、脱衣所、洗面所などの湿気が気になるようであれば、このような方法を試してみるのもよいかもしれませんね。 *【実験条件】 1. 洗濯物は約4kg(バスタオル3枚、タオル2枚、靴下3組、トランクス2枚、Yシャツ2枚、Tシャツ2枚、トレーナー1枚、ジーンズ1枚、綿パンツ1枚、パジャマ2組) 2. 脱水時間は7分 3. 干し方は1列、洗濯物の間は5㎝程度の間隔を空ける 4. 干す空間は6畳空間で、換気回数は0. いずれの手法でも10時間乾燥させる 7. 使用機材と使い方 ・ ・.

次の