マ ゼニ ボ ジャンキー。 マゼニボジャンキー アメ村店

マゼニボジャンキーが濃厚で激ウマだと評判!大人気のまぜそばを紹介!

マ ゼニ ボ ジャンキー

マゼニボジャンキー食べ方 マゼニボジャンキーのまぜ麺には食べ方があります。 しっかりまぜる 2. 混ぜ終わったら食う 3. 麺がなくなったら米を入れる 4. まぜたらあとは食うだけ とてもシンプル! マゼニボジャンキーのお味は? マゼニボジャンキーのまぜ麺は、写真によってはチャーシューがスライスされているタイプだったり、分厚く切られているタイプだったりと場合によって違いします。 今回注文すると、厚切りタイプのチャーシューが出てきました! 店のメニューでは、薄いスライスタイプのチャーシューでしたので…多分当たりですね。 温調理されていると見られる、分厚いチャーシューが非常に食欲をそそります。 たっぷりとかかった煮干しの削り節もこの麺のジャンク感をより一層引き立てていますね。 とりあえずしっかりと混ぜて麺をいただきます! 丼ぶりの底にたっぷりとタレが入っており、混ぜると麺にしっかりとした色が付きます。 麺は若干太麺寄りの中太麺です。 もっちもち麺の食感にジャンクなお味が…旨い! 油と小麦の糖分というギルティな組み合わせは…ダイエット中の身に突き刺さるほど、 罪深く美味しい! チャーシューがハムのように分厚い! 肉はしっかり、しっとりとしており…噛み応えがあるのに身は柔らかい! このチャーシューを食べるだけでも価値のある一品ですね。 たっぷりと絡みつくタレと、煮干しの粉がさらにチャーシューの旨さを倍増させています。 麺を食べ終えたころに、店員さんに注文すると出してくれるご飯! 残ったタレと餡に絡めてしっかりと混ぜます。 混ぜるという行為もこのメニューの醍醐味というか…楽しみの一つ! どんどんと白いご飯にタレがしみ込んでいきます。 肉味噌もしっかりとした味付けで…麺よりもご飯のほうが個人的には合うのではないかと思うほど… 麺の後のご飯を食べ終えることで、マゼニボジャンキーが完成ですね。 旨いものは、脂と糖でできている…というウーロン茶のCMがあったと思うのですが…正にそれでした。 正にジャンクな「まぜ麺」 糖質制限をしている人には罪深いメニューですが…その反動の美味しさはお墨付きです! ええランチご馳走様でした!! ぐっジョブポイント• ジャンキーなまぜ麺は罪深いお味!• 分厚いチャーシューは当たりです.

次の

マゼニボジャンキー アメ村店

マ ゼニ ボ ジャンキー

「行ってしまうか……」 ここしばらく、やることが多くこれから月末に書けては修羅場モードに入って行く。 その状態で、絶対観たい映画が三本もあり、悩ましい。 その悩みを少しは減らすべく、思い切って仕事帰りに一本を観ることに決めたのだ。 上映までは余裕がある、今の内に食事も済ませてしまうのが吉だろう。 「さて、どこで喰うかだが……」 フラフラとオタロードに入り込み、南下。 メロンブックスの手前。 「ああ、そうだな、久々にここへ行ってみるか」 非常に狭い敷地内に凸型にカウンター。 奥が小さな厨房となった店舗。 ドアはなくビニールの幕があるだけで、屋台のような趣だ。 すぐいけそうだったので、さっそく店頭の券売機へ。 今月の限定で海老のまぜそばがあるが、あいにく海老な気分ではない。 気分でないときは剥くのが面倒になるので、ここは避けるが吉。 「なら、基本に行くか」 かくして、看板メニューの食券を確保してカウンターの最奥へ。 ここは基本立ち食いだったのだが、左右の奥に一席だけ、カウンターチェアがあった。 座って喰えるなら、それに越したことはないのだ。 席に着いて食券を出せば、麺の量を尋ねられる。 並、大盛、特盛まであるようだが、 「大盛で」 空腹だったが真ん中に留めておく。 これは戦略的な狙いがあってのことだ。 注文を通したところで、映画のチケットを確保し、『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』を起動する。 今日から、戦艦のシューティングゲームとのコラボが始まっている。 あっちのゲームには手が回らず放置状態になっていたなぁ。 なら、こっちのイベントぐらいはこなすとするか。 と思っていたところで、注文の品がやってきたので終了する。 「個性的な見た目だなぁ」 丼の半分に及ぶ、豚ロースのほぼハムなレアチャーシュー。 刻み玉葱、タレに浸った背脂と刻みネギ、そして、中央には大盛の煮干し魚粉。 基本は煮干しまぜそばだが、見た目から尖っているのがいい。 「いただきます」 箸を手に、混ぜたくる。 タレで褐色に全体が染まりつつ、全てが渾然一体となっていく。 一頻り混ぜたところで太麺を啜る。 「ああ、なんというか、豪華な猫まんまって感じだな」 煮干しと醤油ダレで和風の出汁が効いたところに、背脂の獣風味が主張してくる。 そこに、ネギと玉葱の薬味の味まで勝負に出てきて、まぜそばであるからこその渾沌とした味わい。 ジャンキーな見た目でジャンキーな味わいで、問答無用で旨い。 そして、そのタレに絡んだチャーシューを食えば。 「もう、これだけでメインのおかずになるなぁ」 味わいは厚切りハムステーキ。 ほどよく締まってしっとりした歯触りの、むしろ上品な味わいがこの渾沌の中にあるのが面白い。 そうして、半分ほど喰ったところで、更なる渾沌を呼び込むことにする。 「これが合わない訳はないよなぁ」 卓上のおろしにんにくを、匙でドバッと入れてグジャっと混ぜる。 再び麺を啜れば。 「ああ、もう、何が何だか解らないが旨い」 ニンニクのパンチが加わっても、それに負けずに受け止めきる渾沌とした味わいが舌を楽しませてくれる。 脳にビリビリくる味だ。 箸休めにチャーシューを食みつつ、渾沌を味わっていけば。 ペロリと麺を平らげてしまうまで、そう時間は掛からなかった。 タレと具材をある程度残しつつ、麺だけがほぼ尽きた丼が目の前にある。 だが、これで終わりじゃない。 「〆のご飯、お願いします」 そう、〆の追い飯がサービスなのだ。 しかも、量は小、中、大と三段階に選べる。 これがあるから、麺は大盛りで十分なのである。 今回は、ご飯も中で頼めば、茶碗に丁度一膳分ぐらいで出てきた。 迷わず、丼に全てぶち込み、レンゲでグッチャグッチャとまぜ合わせる。 茶色く染まり、所々に残ったネギやらが混ざり込んで余り品のいい見た目ではない。 だが、 「旨い」 のである。 魚介と醤油をベースとした味が米に合わない訳がないのだ。 だが、少々米が多めで味が薄まっている気がしないでもない。 「なら、足せばいい」 刻みニンニクを追加。 「よし、いい感じに臭くなった。 臭いは旨いだ」 脳へと這いよる渾沌がヤバイ薬のように快楽を呼び起こす。 炭水化物を存分に味わい尽くし、悦楽に浸れば。 丼は空になり、腹と心は満たされていた。 しばし余韻に浸り。 水を一杯飲んで渾沌を払い。 「ごちそうさん」 付け台に食器を戻して店を後にした。 「まだ少し時間があるな……買い物してから行くか」 オタロードを更に南へ。 目指すはアニメイトビル。

次の

マゼニボジャンキーが濃厚で激ウマだと評判!大人気のまぜそばを紹介!

マ ゼニ ボ ジャンキー

ビニールで覆われていますが、中に入れます。 お店の名前は「マゼニボジャンキー」です。 2018年1月14日新規オープンですが、12-13日とランチタイム限定でプレオープンをしてました。 表の看板はまだ届いてないそうです。。。 オタロードはお宅のお店だけでなく、ラーメン屋さんも多いですね。 入って左手に券売機があります。 6人くらいが食べれるスペースです。 食券を渡すと「麺大盛りにしますか?」と聞かれました。 〆にライスを入れようと思っていたので、普通サイズでお願いしました。 待つ事5分ほどでマゼニボSPが登場しました! 芸術的に具材が置かれている丼の横に見えるのは何? 無料でとんがりコーンのトッピングがあるようです。 マゼニボSPは厚めの豚ロースのレアチャーシューに玉ねぎ、そして上から魚粉が載っています。 マゼニボジャンキーのニボ、煮干しの粉末ですね。 反対サイドには味付けされたネギとチャーシューが載っています。 最初に混ぜてからお召し上がりくださいとの事なので、混ぜます。 混ぜた後にとんがりコーンを載せて、いざ実食! 麺は太めですね。 味はそれほど濃くなく、スムーズに胃に収まっていきます。 レアチューシュー、上手いですね。 レアチャーシューだけでご飯1膳イケそうです。 とんがりコーンは出汁を染み込ませて食べると美味しいですよ。 麺を食べ切って、残った汁と具材にライスをお願いして、〆ていきます。 〆の混ぜ飯も上手いですね。 麺・〆の飯ともにパンチが欲しい人は、チーズをトッピングしたりニンニクを入れたりする事をお勧めします。 お昼は旭区は城北公園通り沿いにおりました。 大阪工業大学近くにある、こ 先日、ドーチカことドージマ地下センターを歩いていると、新規オープンするお店があることを知りました。 この日のお昼は城東区にて。 天六の交差点から長柄橋に向かって2~3分歩いた場所にある、 この日は土曜日。 お昼は茨木におりました。 とある女性と2人で飲んでました。 しかし、あっさりと解 この日のお昼は南森町にて。 堺筋沿い、南森町と扇町のほぼ中間で新規開店のお店を発見! この日のお昼は堺筋本町にて。 堺筋通り沿いで、祝花が飾られている中華料理屋さんを発見! 住所的には上本町ですが、駅で考えれば谷町6丁目に近い場所にある「ちょんまげ食堂ラーメン部」に行ってき.

次の