でんぱ組.inc。 でんぱ組.incのメンバー人気順&脱退者の現在とプロフィール【最新2020年版】

夢眠ねむ卒業後「通訳がいない!」新生でんぱ組.incの現在 — 写真・黒川ひろみ

でんぱ組.inc

テクノロジーの進化に伴い発展するライブ演出。 この潮流のなかで特異な存在感を示すのが、「フレームの変更」をコンセプトに掲げる空間演出ユニット・huez(ヒューズ)だ。 本連載「3. 5次元のライブ演出」ではhuezのメンバーを迎え、先端技術のその先にあるライブ体験の本質的なキー概念について、具体的な演出事例を交えながら語ってもらう。 第4回となる今回は、5月16日に行われたでんぱ組. incの生配信ライブ『THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE』にフォーカス。 でんぱ組. incは5月2日からライブツアー『THE FAMILY TOUR 2020』の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響でツアーは全公演中止。 代わってこのライブがオンラインにて開催された。 当ライブの演出を担当したhuezの、生配信ライブならではの演出とその意図について掘り下げていく。 (白石倖介) 急ピッチで進められた「配信ならでは」の絵作り ーーでんぱ組. incの生配信ライブについて、演出に携わった経緯をお教えください。 YAMAGE:もともとでんぱ組のプロデューサーのもふくちゃんは、うちのとしくにとYAVAOが6年来の付き合いがある方なんですけど、としくにがもふくちゃんと連絡を取るなかで、「5月16日にスタジオを借りて生配信ライブをするので、VJと照明をお願いできないか」とオファーをいただいたんです。 それが『THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE』でした。 ライブに向けてスタッフ用のLINEグループが組まれ、生配信ライブの構想を知ったのは5月6日のことでした。 『THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE』ロゴ ーー本番10日前のオファーだったんですね。 としくに:動いたのは話をいただいた3日後なので、作業日程は実際1週間です。 まずはロケハンでスタジオに行きました。 箱は「ハードウェア」なので、まずはその動作要件をチェックしに行った、という感じです。 ライブを見ていただいたらわかると思うんですが、スタジオがいくつかの部屋に分かれていて。 レコーディングスタジオみたいにメンバー6人が全員別の部屋に入って、それぞれがワンカメでずっと正面に向かって歌うという環境でした。 ーー6人が別々の画面に区切られてZoom風の画角に並ぶ、というスタイルはどこで決まったんですか? としくに:これはもう、最初からその形で依頼を受けました。 「この形でおもしろくやってほしい」と。 YAMAGE:最初にご依頼いただいた条件が「6人別室でZoom風に撮影」「ただ、背景とか画面上が寂しくなってしまうのでそこをなんとかしてほしい」「生配信ならではの演出があると嬉しい」というもので、それに応じるような形でした。 YAVAO:そこはもふくちゃん、すごいですよね。 そのフレームでやろうと言ったことにセンスを感じます。 Zoom風の画角で進行したライブ風景 としくに:この3月〜4月はたくさんのアーティストがZoomやYouTubeでの生配信ライブを模索していて、もふくちゃんとも「画角が限定されてしまうよね」という話をしたんです。 その上での依頼だったので、この「Zoomっぽい画角」をどうやって別の見せ物に切り替えるかが根本的な大きな課題でした。 実際のところZoomは使っていないので、「Zoom風の6分割」なんですが。 僕らなりの演出でとりあえず1つ、正解だと思えるものを回答として出してみよう、という流れでした。 そこからは記憶がなくなる程度に忙しかったです(笑) ーー場当たりの後、制作はどのような流れで始まったのでしょうか。 としくに:huezのいつもどおりの流れで役割分担をして、組んでいきました。 まず全体の演出プランを僕が組んで、たとえばセットリストに対してどんなエフェクトかけていくのかを僕が決めて、あとは各スタッフに「この曲をこういうテーマで演出してください」って振って、同時進行で作業を進めていく。 YAVAO:としくにさんの演出視点とエンジニア視点の2つが同時に走っていたという印象でした。 としくに:これはライブあるあるなんですけど、詰め込めばいいってものじゃないので、緩急をちゃんと付けるためにまずは最初にプランを組みます。 で書いている、CY8ERのライブでやっていたようなタイムシートを組んで、「どの楽曲がピークで、こういうところを見せたい」という演出をブロックごとに作っていく。 順番に曲を聴いていけばセットリストの意図もある程度わかるので、きっとここで盛り上げたいんだろうな、と咀嚼しながら組んでいきました。 基本的にもふくちゃんから「演出はお任せです」って言われていたので。 ーー見せ方も、ステージと画面では全く変わってきますよね。 としくに:配信になると見栄えが変更されちゃうので、今までのライブと同じような見せ方をする意味がないんですよね。 あと、レーザーのようにステージじゃないと使用が難しい機材もある。 今までは「生ライブが美しいこと」を一番に優先したわけですが、その生ライブがなくなってしまったので、「配信映えすればなんだっていい」というルールで取り組みました。 映っているところがすべてなので、極論、映っていないところがどんなにぐちゃぐちゃであってもかまわない。 例えばステージ上だと照明や演出機材を置いたときに、ケーブルの配線が汚くて下がぐちゃぐちゃだと舞台の見栄えに影響します。 でも配信では本人たちの画角に入らなければ、ケーブルがどこにあっても、どんな配線をしててもいい。 そういう意味では見せ方は根本的に変わります。 ーーメンバーさんがいらっしゃる場所に対しての演出と画面上で行う演出のバランスなども、かなり序盤で決めているのでしょうか。 としくに:そうですね。 あとはそれをどこでどう活かしていくかっていうのも、一番最初にざっくり決めます。 ほぼ何もしていない曲もあるんですよ、ただ下に歌詞が出るだけとか。 まずは曲にどんな武器を当てるかを決める。 その次はこの曲のどの歌詞の部分で入れるかを決める、みたいなイメージですね。 セットリストと演出の対応表。 メリハリを付けた演出が組まれている。 音の出力遅延があって、それに一番苦しみましたね。 TouchDesignerで受けるPCを2台体制にして、「YAVAOデスクトップ」と「ハガデスクトップ」(下記配線図参照)が常に2台生きている状態を作って、最悪どっちかのPCが死んでも片方に切り替えればなんとかなる、っていう状態にしていました。 画面上の細かい話をすると、メンバーが6分割されるデフォルトの画面だけは4Kで受けていて、でも画面上のエフェクトはFHDです。 ソロショットはソロショットでスイッチャーさんが切り替えていたのでそこは綺麗に出るけど、6分割からズームしていく演出や6分割の1つがたまに大きくなる演出で解像度が落ちてしまうので、そこら辺は気にしつつやっていました。 配線図。 図上部ではSDIから「ヤバオ Desktop」への信号が2160P(4K)で送出されているのがわかる。 としくに:今回のカメラ・配信チームは、もともとでんぱ組でずっとやっているチームの方だったので、どこでソロショットを撮るのかっていう振り方がもう決まっているんですよ。 ーーhuezさんのチームで音と映像の完パケのようなものが出来て、それを配信チームに渡すというようなイメージですか? YAVAO:そうです。 めちゃめちゃ緊張しました、うちが大根本なので。 YAMAGE:音と映像の遅延がないかを耳と目で確認して。 それを配信チームにお戻しすると。 YAVAO:一番苦しんだのは、6画面とソロショットを誰が切り替えるのか。 配信チームのスイッチャーさんに切り替えてもらうのか、うちで切り替えるのかっていう。 6画面用のエフェクトとソロショット用のエフェクトで全然質が違って、6画面用にかけているエフェクトが1画面用にかかると気持ち悪い画になっちゃうんですよ。 じゃあスイッチングを全部うちで巻き取るか?っていうとさすがに無理だったので、こちらの演出の都合で必要な箇所だけはYAMAGEがスイッチングをやっています。 YAMAGE:その最適化を思いつくまでにかなり時間がかかりました。 としくに:言ってしまえば舞台が6つあるようなものなので、6人の画面を全部バラバラで制御しなければならないし、加えて本来、映像編集でやるような演出を生配信でやらなければならなかったので、とてもえぐいオペレーションにはなりました。 YAVAO:前日の深夜3時くらいにエフェクトの順番が決まって、そこから覚えるみたいな。 YAMAGE:普段だったら本番の何日か前にメンバーとスタッフが集まるリハーサルがあり、それに間に合うように動くのですが、今回はイレギュラーだったので、前日の夜にhuez内で通しリハをやって、そこでいろいろ洗い出して……っていうギリギリの進行でした。 楽曲の進行表。 歌割りに合わせたスイッチング・エフェクトのタイミングなどが組まれている。

次の

でんぱ組.inc配信ライブで魅せた、空間演出ユニット・huezの力 「変わりゆく世界における、ライブ演出の行方」|Real Sound|リアルサウンド テック

でんぱ組.inc

こちらはでんぱ組. inc【Blu-ray】販売ページになります。 リミスタにてご予約いただいたお客様に、生配信であなたのためにサインを書いてお届けします! 外出先でも、ご自宅からでも日本全国どこにいても参加できるリリースイベントです!! この機会、お見逃しなく是非ご参加ください! 【開催日時】(予定) 2020年7月25日(土) 14:30スタート 出演:でんぱ組. 時間は前後する場合がございます。 php をご確認ください。 【購入者特典】 対象商品をご予約いただいた方に、サイン、ニックネーム、日付をオリジナル色紙に書いて、商品と一緒にお届けします。 youtube. その際、お客様のご登録いただいている本名の苗字(ひらがらなもしくはカタカナでお入れします)、もしくは宛名なしで対応させていただきます。 予めご了承ください。 リミスタ会員マイページからご変更頂けます。 また、お問い合わせからの修正変更は承れません、何卒ご容赦願います。 ご了承ください。 詳しくはご利用の金融機関までお問い合わせください。 (会計毎に口座が異なります。 延期の場合の返金はお受けできませんので予めご了承ください。 注1 以下の場合、商品発送の手配までに別途お時間を頂戴しております。 注2 クロネコメンバーズにご登録いただくと、ヤマト運輸様より発送通知が自動送信されます。 ・対象商品1セットご購入ごとに、特典が1回付きます。 ・特典はご注文ごとに確定いたします。 また、決済ボタンをクリックしてから処理までに少々お時間がかかる場合がございます、その間に画面を閉じたり、移動したりしますとエラーとなる場合がございます。 決済が正常に完了しますと、「プロジェクトの支援が完了しました。 」と表示され、同時にメールが送信されますので、必ずご確認をお願い申し上げます。 リミスタからのメール「support limista. jp 」が受信できる様、設定をご確認ください(PCメール推奨) 携帯などのドメイン指定、拒否設定などでお問い合わせの回答メール含め、届かない事例が多数発生しております。 また、迷惑メールフォルダの確認も併せてお願い致します。 特にezwebをご利用の方はご注意願います。 php.

次の

PROFILE

でんぱ組.inc

活動初期は、知る人ぞ知るアイドルグループといった感じでしたが、個性的なメンバーたちの活躍で徐々にグループの知名度を上げていきました。 2015年には、代々木第一体育館での単独ライブで2万人を動員し、人気音楽番組「ミュージックステーション」への出演などの活躍を見せ、海外のレーベル「JPU Records」からの作品をリリースし、海外にも多くのファンを開拓しました。 グループの活動は順調でしたが、2017年に人気メンバーだった最上もがさんが突如脱退を表明し、年末には新メンバー2名が6年ぶりに加入。 そして2019年1月には夢見ねむさんが脱退となりました。 2018年~2019年にかけて転換期を迎えたでんぱ組. inc。 今後どのような活動を展開するのか、ファンに期待されています。 両親がアニメ好きだったことから、0歳児の時からコスプレイヤーとして活動していたという藤咲彩音さん。 生粋のオタクの遺伝子を受け継いでおり、物心ついてからもコスプレ・アイドルをこよなく愛し、中学生になると、ニコニコ動画にて、「ピンキー!」名義で、踊ってみた動画を投稿していました。 踊り手として高い評価を獲得した後、秋葉原ディアステージのメイドとして勤務し、その流れででんぱ組. incとしてデビューを果たしました。 でんぱ組. inc以外のユニットでも活動している藤咲彩音さん。 incの活動が多忙な中、2つのアイドルグループを結成しました。 オタク趣味のメンバーばかりのでんぱ組. incの中でも、成瀬瑛美さんは大の漫画好きで知られ、将来的に漫画家としての活動も目指しているそうです。 芸名も、人気漫画「ラブひな」のヒロイン、成瀬川なるが由来であり、彼女のような女性になりたいという想いが込められているそうです。 漫画以外にも音楽好きであることでも知られており、小学生時代から歌を歌い、アイドルからロックバンドまで、幅広いジャンルの音楽に触れていたとのことです。 ソロとしては女優、声優としての活動経験があり、テレビドラマ「OLですが、キャバ嬢はじめました」のアリス役や、テレビアニメ「ドアマイガーD」法堂アンナ役として出演しました。 また、「アイカツ!」の星宮りんごの歌唱パートを務めたことも話題となりました。 幼少期は松尾芭蕉に憧れ、小学生の時に美術系の大学へ進学すること心がけるなど、子供の頃から独特な感性を持っていた夢眠ねむさん。 多摩美術大学情報デザイン学科への入学後、趣味で頻繁に出かけていたメイド喫茶のメイドに惹かれ、自身もメイドとしてアルバイトを始めたことがきっかけとなり、でんぱ組. incのメンバーとして活動を開始しました。 幅広い才能の持ち主で、DJ、モデル、美術家としての顔を持ち、でんぱ組. incのファンだけでなく、ソロ活動を通じて多くのファンを獲得しました。 でんぱ組. incでも1位2位を争う人気の持ち主でしたが、2019年に脱退。 芸能界自体も引退しました。 そして同年12月24日には、お笑い芸人バカリズムと結婚したことも大きな話題となりましたね。 ショートヘアーが似合い、キュートなルックスで人気を集めた最上もがさんは、でんぱ組. incのメンバーだった当時、1番の人気を誇っていました。 単独でテレビドラマや、雑誌のグラビア撮影も務めるほどの人気メンバーだったのですが、2017年8月6日、でんぱ組. incを脱退することを、自身のブログで電撃的に公表しました。 女優業に専念するために脱退したとも報じられましたが、最上もがさんは否定し、でんぱ組. incでの活動が難しくなったそうです。 でんぱ組. inc在籍時から、体調不良で仕事を欠席する機会が多く、メンバーたちとの不仲説も噂されていたため、現在は、これらが原因ででんぱ組. incを脱退したとの見方が濃厚となっています。 現在は、最上もがとして単独で芸能活動を行っており、インターネット番組「もがみーてぃんぐ」や、女優として活動しています。

次の