コンテ イジョン 意味。 映画『コンテイジョン』新型コロナウイルス問題との恐るべき一致 ─ 2011年製作、パニック・デマ・陰謀論を脚本家はどう見る

映画「コンテイジョン」が今ヒットする理由

コンテ イジョン 意味

コウモリはブルドーザーによってテリトリーを奪われ、養豚場まで飛んできていました。 覚えてらっしゃるでしょうか、そのブルドーザーにはベスが勤務していた会社の社名が入っていました。 因果応報というか、すごい偶然ですが… ラストは人間による自然破壊が、スーパーウィルス発生の原因の1つになったということを描写していたのだと思います。 勉強を教えているシーンもそうだし、解放される前にワクチンを確かめるかのように自ら接種していたシーンにもそのような雰囲気がありました。 だからワクチンが偽物だと分かると、すぐに彼女は村に知らせに行ったのだと思います。 もちろん疫学者としての責任感もあったと思います。 ワクチンを接種したと思い込んで、本物を接種しなかったら村は全滅するかも知れないですから。 インフルエンザで言うとタミフルやリレンザのような治療薬ではなく、予防する為のもの。 CDCの研究者が自らに注射し効果を確かめていましたよね。 その後生産が始まり、接種の優先順位を決める為にビンゴゲームの機械で誕生日を書いた球を選び、順番を決めていました。 ウイルスの名前はMPV-1だったと思いますので、薬の名前は「MPV-1ワクチン」という事になりますね。 彼女からカジノにいた人々に広がり、そこから全世界へ広がったのだと。 また、映画序盤~中盤あたりで、ウイルス研究者たちが2人でウイルスの発生源を分析してた時に、 コウモリとブタとの間での感染でウイルスが変異し、そこから人へと広がった、と推測しています。 ラストの描写はこれらの解明ですね。 いわば推理ドラマの謎解きシーンのようなもの。 最初にウイルスを持っていたコウモリの食べかけのフルーツが養豚場に落ち、 ブタがそれを食べ、そのブタをシェフが買い付け、料理した。 そして、その調理時の手をロクに洗わないまま主人公の妻と握手。 これがすべての始まり。 感染発生第一日目、ということです。 ですが、解放直前の様子からすると、学校で子供たちに勉強を教えるなど、ある程度村人たちとも交流を持っていたようです。 そのようにすごしながら、あとは組織の上層部と拉致犯との交渉の進展を待っていたのでしょう。 名前は失念してしまいましたが…….

次の

コンテイジョン : 作品情報

コンテ イジョン 意味

コウモリはブルドーザーによってテリトリーを奪われ、養豚場まで飛んできていました。 覚えてらっしゃるでしょうか、そのブルドーザーにはベスが勤務していた会社の社名が入っていました。 因果応報というか、すごい偶然ですが… ラストは人間による自然破壊が、スーパーウィルス発生の原因の1つになったということを描写していたのだと思います。 勉強を教えているシーンもそうだし、解放される前にワクチンを確かめるかのように自ら接種していたシーンにもそのような雰囲気がありました。 だからワクチンが偽物だと分かると、すぐに彼女は村に知らせに行ったのだと思います。 もちろん疫学者としての責任感もあったと思います。 ワクチンを接種したと思い込んで、本物を接種しなかったら村は全滅するかも知れないですから。 インフルエンザで言うとタミフルやリレンザのような治療薬ではなく、予防する為のもの。 CDCの研究者が自らに注射し効果を確かめていましたよね。 その後生産が始まり、接種の優先順位を決める為にビンゴゲームの機械で誕生日を書いた球を選び、順番を決めていました。 ウイルスの名前はMPV-1だったと思いますので、薬の名前は「MPV-1ワクチン」という事になりますね。 彼女からカジノにいた人々に広がり、そこから全世界へ広がったのだと。 また、映画序盤~中盤あたりで、ウイルス研究者たちが2人でウイルスの発生源を分析してた時に、 コウモリとブタとの間での感染でウイルスが変異し、そこから人へと広がった、と推測しています。 ラストの描写はこれらの解明ですね。 いわば推理ドラマの謎解きシーンのようなもの。 最初にウイルスを持っていたコウモリの食べかけのフルーツが養豚場に落ち、 ブタがそれを食べ、そのブタをシェフが買い付け、料理した。 そして、その調理時の手をロクに洗わないまま主人公の妻と握手。 これがすべての始まり。 感染発生第一日目、ということです。 ですが、解放直前の様子からすると、学校で子供たちに勉強を教えるなど、ある程度村人たちとも交流を持っていたようです。 そのようにすごしながら、あとは組織の上層部と拉致犯との交渉の進展を待っていたのでしょう。 名前は失念してしまいましたが…….

次の

映画『コンテイジョン』ネタバレ感想 コロナウイルスと比較はできないが・・・│今日も映画ですか?

コンテ イジョン 意味

2011年の「コンテイジョン」と95年の「アウトブレイク」を改めて鑑賞し、後者の着想となった94年のノンフィクション本「ホット・ゾーン」(80年代に起きた米国本土初のエボラウイルス感染とその制圧作戦に迫る)も読んだ。 2002年のSARS流行を考え合わせると、感染スリラーの秀作2本はいずれも実際のパンデミックを踏まえて虚構の中のリアルさを高め、ウイルスが蔓延する世界における人間の行動と心理をシミュレートすることに成功したと言えよう。 本作の妙味は、偽情報で読者のパニックを煽り名を上げ儲けようと企むブロガーの存在だろう。 未知のウイルスを前に専門家の間でも意見が分かれ、著名人や識者が勝手なことを言い、国民どころか為政者まで右往左往しているのが今の世界の現実だ。 インフルより致死率の低いコロナへの恐怖で経済が失速し、感染による死者を上回る自殺者を出すなら、真に怖いのは恐怖の蔓延ということになる。 新型コロナでにわかに再注目を浴びることになった本作。 ソダーバーグが評価されることはもちろんだが、ソダバと一緒にいくつもの実話にひねったアングルでアレンジしてきた脚本のスコット・Z・バーンズの功績も大きいんじゃないか。 とにもかくにも、豪華オールスターキャストがウイルスの蔓延のせいでいとも簡単に死んでいく。 そのウイルスの無差別攻撃の凄みが、いま世界中が身にしみて感じられるようになったし、映画のクオリティは変わらないのに、作品の異様な迫力も2倍3倍に感じられるようにもなった。 現実世界ではこの危機に瀕して日本政府は『シン・ゴジラ』みたいな対応はできなかった。 果たして『コンテイジョン』に追いつけるか、追い越せるか、それとも足元にも及ばないのか。 映画の現実とのレースが現在進行中という、不謹慎だが得難い機会を目にすることになるのだなあ。 A decade ahead of its time, Contagion hits all the notes of the breakdown of an epidemic to complete relevance. While the disease in the film is a deadlier version of what we got with COVID-19, it's missing the high stakes of a Donald Trump leader of the free world, exhuming the feeling of a real-life dystopian nightmare. Conclusively it is more of a cautionary tale than probably intended. C 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の