輸液 ポンプ 使い方 - 【輸液ポンプ】そのアラームの意味、ちゃんと知ってますか?

使い方 輸液 ポンプ 輸液ポンプの原理・使い方・アラーム対応を説明します!

使い方 輸液 ポンプ 第6回 輸液剤の使い分け

輸液ポンプの原理・使い方・アラーム対応を説明します!

使い方 輸液 ポンプ 【輸液ポンプ編】ナースが教える看護手技講座!

【輸液療法】種類や目的、ポンプの使い方を押さえて看護に活かそう!

使い方 輸液 ポンプ 【輸液ポンプ編】ナースが教える看護手技講座!

使い方 輸液 ポンプ 輸液ポンプの使用方法

輸液ポンプの原理・使い方・アラーム対応を説明します!

使い方 輸液 ポンプ 輸液ポンプの使い方・手順を再確認!【ねじ子】

使い方 輸液 ポンプ 輸液ポンプの使い方・手順を再確認!【ねじ子】

使い方 輸液 ポンプ 輸液ポンプの原理・使い方・アラーム対応を説明します!

使い方 輸液 ポンプ 【輸液ポンプ】そのアラームの意味、ちゃんと知ってますか?

PCAポンプ、CADD Legacyの設定・操作の実際

使い方 輸液 ポンプ 輸液ポンプの使用手順とポイント

【輸液ポンプ】そのアラームの意味、ちゃんと知ってますか?

訪室時には常にチェックを行い、機器を過信しないことが大切だと思います。

  • 1Lの生理食塩水には9gの食塩が含まれていることになります。

  • 輸液ポンプは、使用頻度の高いME(Medical engineering)機器のひとつです。

  • 電源コード• アップ・ダウンスイッチ 流量・予定量入力時に使う• しかし、実は、この分類は日本独自のもので、日本でだけ通用するものです。

PCAポンプ、CADD Legacyの設定・操作の実際

気泡検知部 輸液チューブ内への気泡の混入を検知する。

  • このブログでは在宅医療に関わる看護師や薬剤師、介護する家族だけでなく病院で退院調に関わる方にも役立つ情報を紹介することを目的としています。

  • フィンガー部 輸液チューブを押圧し、輸液する。

  • 脱水状態では尿量が減少してKが高くなっている可能性があります。

輸液ポンプの使用方法

は、医療現場の従事者が、医療器材の運用上の注意事項を簡易かつ容易に理解できることを目指して制作しました。

  • 割り切った言い方をすれば、輸液を開始する場合には1号輸液、電解質に大きな異常が生じていなければ3号輸液に変更する、出血などに対する輸液は細胞外液補充液、という原則だけわかっていれば、大きな問題は生じないはずです。

  • リンゲル液など 生理食塩水に、生理的に必要なKやCaなどを加えて電解質組成を血清に近づけた組成となっています。

  • なぜ、10%糖濃度の輸液が必要なのか、患者さんの立場にたって考えてみてあげてください。

輸液ポンプの使用の手引き

クレンメは?開いている。

  • それは、滴数制御のように一滴一滴カウントして設定した時間当たりの流量を調整するのではなく、「フィンガーが動くとどのくらいの量が送り出されるよ。

  • 入力ミスに注意します。

【輸液ポンプ】そのアラームの意味、ちゃんと知ってますか?

乳酸と酢酸のどちらが有効か? 乳酸は肝臓のみで代謝され、酢酸は全身の筋肉でも代謝されますので、肝機能障害がある場合は酢酸の方が有利だと考えられますが、臨床的に、酢酸の方が優れているというデータは出ていません。

  • 輸液から点滴刺入部まで全体に間違いがないか確認する。

  • 輸液ルートを溝に沿ってまっすぐセットします。

  • ロックアウトタイムは投与間隔ですが、1時間あたり何回までの投与を可能とするかが、時間有効回数です。

【輸液療法】種類や目的、ポンプの使い方を押さえて看護に活かそう!

そう考えると、インシデントとかではないかも知れませんが、薬剤によるポンプの使い方について考えた方がいいです。

  • 最もよく用いられる輸液です。

  • 【早送り】スイッチを押しながら、早送りをする。

  • あとはプライミングをしてからロックレベルを変更してスタートで完了です。

輸液ポンプの使用手順とポイント

接続した輸液と輸液ルートをベッドサイドに運び、患者氏名と投与する薬剤・投与方法を確認し、承諾を得ます。

  • 電源スイッチ• 輸液ポンプ• 2号輸液、細胞内修復液(ソリタT2号) 1号液の投与によって体液が補給され、尿が出始めたら電解質濃度の是正へと方針が移ります。

  • 疼痛の状態にもよりますが、15分から30分程度で設定することが通常です。

  • 輸液ルートの屈曲・圧迫による閉塞 屈曲・圧迫を解除し、再開する。

【輸液ポンプ編】ナースが教える看護手技講座!

輸液ポンプの機種によっては、ドアを開いた段階で輸液セットをクランプ(閉じて)して、落差による大量輸液を防ぐものもありますが、クレンメを閉じることを忘れないように心がけましょう。

  • 確かに、輸液を処方するのはドクターです。

  • Kに対する注意も重要です。

  • そして、平成14年2月に「接続器具・シリンジ・輸液セット・輸液機器等に関わる安全確保の検討」を報告しました。




2021 cdn.snowboardermag.com