あなたに逢いたくて コード。 「あなたに逢いたくて~Missing You~ / 松田 聖子」の楽譜一覧

【あなたに逢いたくて ~Missing You~】永遠に再会することができない二人

あなたに逢いたくて コード

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

ギター初心者が1日で弾けるようになる!︎ 松田聖子/あなたに逢いたくて〜Missing You〜

あなたに逢いたくて コード

今回の作品でちょっと、いやかなり無謀な事をしています。 作中に実際ある歌の歌詞の一部を抜粋するという命知らずの事をしでかしてます。 でも、この話の中でなくてはならない必ず必要な場面だったので後悔はないのですが、もしかしたらお叱りを受けたら消してしまうかもしれません。 そうならない事を祈りつつ、、😣 因みに、、 MISIAさんの「逢いたくていま」という曲なのですが、今回の作品のイメージにぴったり過ぎて、曲を聞きながら話のイメージを膨らませてました。 もしお手元に曲がある方は聞きながら読んでいただけると、クルものがある、、かもっ?笑 今後のこの二人の展開が気になる~!!となってもらえると嬉しいです。 白石と備品室で話した次の日。 俺は美咲の病室に足を運んだ。 「、、、白石から話は聞いた」 美咲は窓の方に顔を向けながら、俺の話を聞いている。 「、、、すまなかった」 「、、、なんで謝るの?」 「美咲が苦しんでいる事に気づいてやれなくて」 「、、耕作は、白石先生が絡むと別人だね、、それに。 あの先生も人の良さそうな顔して意外と言うのね。 私、耕作には絶対話せないと思ってたから」 「、、、退院したら、トロントに来るつもりなんだろう?」 「そのつもりよ。 耕作の方が一足先に行く形に「お前がトロントへ来たとしても、俺は向こうの大学で学ぶ時間が多くなる。 おまえと一緒に過ごす時間はとれない、、、、また以前のようになってしまう。 、、、同じことを繰り返したくない」 「、、、そんな遠回しに言わないではっきり言えばいいじゃない。 、、、白石先生の事が好きなんでしょ?」 「、、、あぁ」 そう言うと、カッとなった美咲が側にあった物を投げつけ、 「私には!私にはもう何もないのよっ。 側にいてくれる人も生き甲斐だった仕事も失った。 その上、耕作までいなくなったら、、、私また死ぬからっ」 美咲の身体を押さえつけ 「美咲っ!!落ち着け」 そう言うと、美咲が俺を睨み付け 「なんであの女なのよっ!!何でも持ってるじゃない。 仕事も友達もキャリアもっ それに!私が12年前耕作の子どもをどんな想いで堕ろしたと思ってんのよ!!!」 「!!!、、子、、ども?」 「えっ?、、、あの人に聞いたんじゃ、、」 そう美咲が言うとハッとしたように口を手で塞いでいた 美咲が妊娠して、 俺に黙って子どもを堕ろしていた その事を白石も知っている 上げていた俺の手が、、力なく下に降りた。 美咲の病室から出てすぐに 「なんだよ~、、いつになく仏頂面が酷くなってるぞ。 藍沢」 軽い口調で橘先生から声をかけられた。 「、、、、、、橘先生」 「ん?なんだ」 「先生に、お願いがあるんです、、、」 [newpage] 今日で藍沢先生は翔北を去る、、 それでもホットラインは容赦なく鳴り響き、 私たちを待ってはくれない。 「斎藤佳祐君 12歳 工場跡地の高所で遊んでいて誤って転落した際、剥き出しになっていた鉄柵の一部が左大腿部を貫通。 サチュレーション下がってます」 「まずいな、、すぐにオペしないと。 オペ室空いてるか?」 「、、オペ室。 あと10分で入れます」 「解った。 白石と藤川、一緒にオペに入れ」 「!!橘先生っ。 私が白石の代わりに、、」 「緋山先生っ!!」白石が強い口調で制する 「でも、、、」 もうすぐ藍沢が来るのに、、 「目の前の命を救う方が、私にとって何よりも大切」 ありがとう。 そう小さく笑って白石はストレッチャーを押しながら出ていった。 [newpage] エレベーターを降りると、ストレッチャーを押す白石の姿が見えた。 これから緊急手術なのだろう。 『どこにいたっていいよ。 藍沢先生がメスを握ってさえいてくれれば、、。 あなたは絶対、命から逃げない、、、』 あの時の白石の声が聞こえてくる。 俺は、後ろを振り返らずに歩き出した。 バタバタバタバタ、、、、、 「はぁはぁはぁ、、、藍沢先生は?、、」 手術が終わり、慌てて初療室に戻ると 「20分くらい前に出ていった、、。 皆によろしくって」 緋山先生が、引き止めたんだけど、、と申し訳なさそうに言う。 その後ろから藤川先生も追いかけてきたらしい 「、、ったく、なんだよ!もう少し待っててくれてもいいんじゃねぇの。 水臭い奴だな、最後まで」 「白石、、、」 皆が心配そうに見つめる中、 やっぱり、、、諦めなさいって。 想いを伝えるなって事だよね。 そう自分に言い聞かせていた。 [newpage] 夕陽が医局のブラインドから差し込む。 綺麗に片付けられた藍沢先生の机をそっとなぞって、もう彼はここにいないのだと思い馳せていた。 「白石、まだ居たのか。 お疲れさん」 そう言って、橘先生が医局に入ってきた。 「お疲れ様です、、」 「いや~、、困ったなぁ。 すっかり忘れてた、、。 白石、もう帰るだろ?1つ頼まれてくれないか。 」 「?、、はい」 「実はさ、藍沢に渡すものがあったんだけど、あいつ俺らに挨拶もしないで行ったろ。 大事な物だからさ、郵送じゃなくて直接この茶封筒を渡したいんだよね~。 」 「えっ、、、」 「これが、今日藍沢が泊まってるホテルと部屋番号、、必ず渡してくれ」 そう言って、1枚のメモを渡される。 「橘先生、、」 「あ、それと明日は白石の代わりに緋山が勤務に入るから、非番って事でよろしく~」 ほんとに、、、ここの人達はどこまで私に甘いんだろう。 「橘先生、、演技下手ですね。 ありがとうございます、、必ず藍沢先生に渡します」 そう笑って頭を下げると、医局から駆け出した。 「、、ほんと、橘先生演技下手すぎですね」 「なんだとっ?こう見えて昔は演劇部だったんだぞっ」 そんなやり取りを緋山先生と橘先生がしていた横で 「、、白石先生、頑張ってね」 二人の幸せを願って冴島が呟いた。 [newpage] また藍沢先生に逢える。 逢いたい、、、早く逢いたい。 そう思っていると、茶封筒を落として中身が出てしまった。 拾い集めて、何気なく中身を見てしまう。 「これって、、、」 ホテルの窓際にある椅子に座って、窓の外を眺めていると ジリリリリリリリ、、、 突然ドアベルがなる。 誰だ、、ここにいる事を知っている人間はそういない、思い当たる節もない。 ドアの側に行き「はい」と声をかけると 「、、、、白石です」 !!!!! 俺は、幻聴を聴いているのか? ガチャ、、、、 ゆっくりドアを開けると キャメル色のコートに白のブラウス、サテン地のスカート姿で髪を下ろした白石が、急いできたのか、はたまた外が寒かったからか頬を真っ赤にして立っていた。 「、、、、なんでここに」 「突然ごめんね、、、、藍沢先生に渡し忘れた物があって、、、、、はい、これ。 美咲さんがトロントでカウンセリングを受けれるように、藍沢先生が橘先生に頼んで紹介状を書いて貰ったんでしょ? 本当は本人に渡すものだけど、多分素直に聞き入れてはくれないだろうから。 藍沢先生の言葉になら、彼女もきっとカウンセリング受けてくれると思ったんだよね?」 「、、、あぁ」 おまえは、、、最後まで人の為に走るんだな 「俺は、、、傷ついてる美咲を放っておけない」 「うん。 解ってる、、、だから、美咲さんの側にいてあげて?」 そう言って白石が優しく微笑む。 「ほんとは、救命に来てくれた時にちゃんと挨拶したかったんだけど、ごめんね。 緊急の手術が入ってしまって、、」 「緋山から聞いた、、」 お前はやっぱり、、、面白いな。 いつだって、自分の事より他人優先で、、 そんなお前だから俺は、、、、 親指と人差し指を擦る。 [newpage] 「、、、、、元気で。 」 そう優しく微笑む藍沢先生の顔を見て、 離れたくないと思った。 カウンセリングセンターへの紹介状を見た時、美咲さんと生きていく事を決めた藍沢先生の決意の様なものを感じて、泣きたくなった。 でも、そう後押ししたのも私だ。 私は自分勝手だ。 自分から望んだ事なのに 私は一体、、どうしたいの? また、勇気を出せずに一歩を踏み出せないまま終わるの? 扉を閉めようとする藍沢先生の服の裾を思わずぎゅっと握りしめる。 「、、、、?」 「お願い。 私の最後の我儘、、聞いてくれる?」 「、、、、、、、、」 「今夜だけ、、、。 藍沢先生の側にいたい」 藍沢先生の眼が見開く。 「あっ、、、あははは。 ごめん、私何言ってるんだろうね。 本当突拍子もない、、感傷的になってるのかな、、ほんと、ごめ、、、」 そう言い終わる前に藍沢先生が私を引き寄せ抱き締めた。 ガチャン、、、、、 ホテルの扉が閉まる。 備品室での扉の音とは違って、温かい音に聞こえるのは藍沢先生の心臓の音と重なっているから? 「、、、、お前、分かって言ってるのか?」 抱き締められながらそう聞かれて 無言で頷く。 そっと離れて見上げると、ずっと逢いたくて恋い焦がれた藍沢先生の顔。 どちらともなく近づいて、そっとキスをした。 [newpage] ぎしっ、、、、、、 「、、、ん、、、、ふっ、、、、」 二人の息遣いがベッドルームに溶けていき 舌を深く絡ませ、キスをしながら二人の身体が重なりベッドに倒れていく。 お互いの服を性急に脱がせながら まるで1分1秒でも長く触れ合っていたいと惜しむかのように 「白石、、、俺はお前の事が、、、、」 そう藍沢先生が言い切る前にキスで言葉を塞いだ。 お願い、、、何も言わないで、、、 そう願いながら。 あなたからの想いを直接知ってしまったら、私は今度こそあなたから離れられなくなる。 トロントへ行かないで 美咲さんの事は忘れて 私を一人にしないで ずっと側にいて どろどろとした私の感情をあなたには見せたくない 私を見つめる黒い髪から覗く目も 私の身体を撫でるあなたの大きな手も 私の名を呼ぶ優しい声も 私を感じて流す汗も 重なりあう肌の温もりも ーー愛してる ーー愛してる 心の中で何度も繰り返す ずっと、、、このまま時間が止まってしまえば良いのに、、 今、この瞬間 とき だけ、私はあなたのものだから、、、 その手をずっと 離さないでいてーーーー、、、、 [newpage] ふと目が覚めると、隣で眠っていた白石の姿が消えていた。 サイドテーブルに1枚のメモが置いてある 藍沢先生 最後まで、我儘ばかり言って ごめんなさい。 今まで、本当にありがとう 美咲さんとお幸せに 白石恵 ベッドには白石の甘い香りが残っていて。 その香りが胸を強く締め付ける。 「ーー~~っっ!!」 ベッドを握り拳で叩きつける 俺は、、、どうすれば、、、。 何もかも投げ出してしまいたかった。 おまえと一緒にいられるのなら 何故、好きだと言わせてくれなかったんだ 白石ーーー。 [newpage] 帰りのタクシーの中で、朝日が昇るのをぼんやり見つめる。 「お客さん、ラジオでもつけましょうか」 運転手さんが、私の様子を察したのか気遣ってくれた 「、、はい。 ありがとうございます」 そんな中、ラジオからピアノの綺麗な旋律が流れ、ある1曲に心が揺さぶられた。 🎵~ 初めて出逢った日の事 覚えていますか? 過ぎ行く日の想い出を 忘れずにいて 、、、、、、、 もう2度と会えないことを知っていたなら 繋いだ手をいつまでも離さずにいた ここにいてとそう素直に 泣いていたなら 今もあなたは 変わらぬまま 私の隣で笑っているかな 今 逢いたい あなたに 伝えたい事 いっぱいある ねぇ 逢いたい 逢いたい 気づけば想い出 探して悲しくて 、、、、、、、、、、、、、、、、、、 どうしようもなくて 全て夢と願った ねぇ、逢いたい 抱き締めてよ この心は まだ泣いてる あなたを想っている ずっと、、、 なんで、、、今。 このタイミングで、、、 藍沢先生と出逢ってからの想い出が、次から次へと思い出されていく。 苦しかった事も。 悲しかった事も。 嬉しかった事も。 楽しかった事も。 「、、、っ、、~~ーーっっ、、、」 これでもう最後にするから、、。 だから、、今日だけはあなたを想って泣いてもいいよね?、、、、、 声を殺して、私は泣き崩れたーーー。

次の

あなたに逢いたくて

あなたに逢いたくて コード

・恋人の魂への語りかけ ・円熟期を迎えた聖子ちゃんの歌声 では、この曲の魅力です。 『あなたに逢いたくて ~Missing You~』の魅力 恋人の魂への語りかけ この曲は、 別れた恋人に対して「逢いたい」と後ろ髪をひかれている歌詞だと思われそうです。 しかし、この歌詞は、字面通り読んでいくと途中で辻褄が合わなくなってきます。 結論からいうと、この歌詞は、 亡くなった恋人に語りかけている言葉 を綴っているのです。 順を追って解釈していきましょう。 まずは、Aメロです。 まずは別れた理由が分かりません。 恋人とのすれ違いなのか 恋人が浮気をしてしまったことなのか 主人公に新しく好きな人ができたのか まだこの段階では分かりません。 Bメロにいきましょう。 あれから半年の時間が流れて やっと笑えるのよ 毎日忙しくしているわ 新しい人生を私なりに歩いてる… ー出典 あなたに逢いたくて ~Missing You~ 作詞:Seiko Matsuda- 新しい人生を私なりに歩いてる あー、なるほど。 主人公が夢に向かうために別れたのかな? とも解釈できそうです。 で、サビです。 あなたに逢いたくて 逢いたくて 眠れぬ夜は あなたのぬくもりを そのぬくもりを思い出し… そっと瞳 閉じてみる ー出典 あなたに逢いたくて ~Missing You~ 作詞:Seiko Matsuda- 未練が残っています。 それも過去のことではなく、 現在も眠れない夜がありそうです。 喧嘩なり、浮気なり、新しい道に進むなり、それならひとつ区切りはつけそうです。 けど、 恋人の面影に引きずられ過ぎている節を感じます。 Bメロに戻ります。 やっと笑えるのよ もしかしたら、もっとつらい別れがあったのかもしれません。 永遠に逢えないような別れ。 二番は、 あなたとこんな生活をしていきたかったという、叶わぬ夢を語っていきます。 Cメロです。 一緒に 過ごした日々を 忘れないでね 後悔しないでしょう 二人 愛し合ったこと… ー出典 あなたに逢いたくて ~Missing You~ 作詞:Seiko Matsuda- 忘れないでね 後悔しないでしょう 二人の間になにかすれ違いのようなことがあっての別れ方なら、こんなことは元恋人に言わないです。 復縁したいというならまだ分からないでもないです。 けど、本人は新しい道に進んでいるのに、 あなたは忘れないで、は虫が良すぎですね。 やはり、 亡くなった恋人に語りかけているのでしょう。 愛してると つぶやいて… ー出典 あなたに逢いたくて ~Missing You~ 作詞:Seiko Matsuda- 本当はまだ忘れられない。 もう、叶うことはないけど、おねがい、私に言葉をかけて。 永遠に逢うことができない恋人への懇願が歌詞になっているのです。 円熟期を迎えた聖子ちゃんの歌声 デビュー当時の聖子ちゃんは、 伸びのある天を突き抜けるような歌声でした。 しかし、多忙を極めた聖子ちゃんの声が少しずつ出にくくなります。 ちょうど、作詞家が、三浦徳子さんから松本隆さんに交代した頃です。 『白いパラソル』ぐらいでしょうか。 その頃の歌声は、 かすかすで高音も出にくそうでした。 しかし、松本隆さんの詞や聖子ちゃんの技巧でカバーされて、ヒットを量産していました。 それからいろいろあって、30代半ばにリリースしたのがこの曲です。 ギリギリの音域までの曲でしょうが、 声が透き通っているので、引っ掛かりもなくすんなり聴きやすいです。 これも 日頃の努力の成果なのでしょう。 今年で歌手デビュー40周年ですね。 けど聖子ちゃんは、 なつかしのアイドルではなく、現役のアイドルです。 これからも艶っぽい歌声で多くの人を元気づけてほしいです。 まとめ 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 亡くなった恋人の魂への語りかけ 聖子ちゃんの艶っぽい歌声 について語りました。 では、また次回。

次の