みずほ マイレージ クラブ 振込 手数料。 「みずほダイレクト」で他行宛振込手数料を月4回無料にする裏ワザ!

みずほプレミアムクラブ

みずほ マイレージ クラブ 振込 手数料

みずほ銀行の口座をお持ちのお客さまが無料でご利用いただける会員制サービスのみずほマイレージクラブにつきまして、 2020年3月1日 日曜日(2020年1月31日 金曜日のお取引条件判定)より、内容を改定することといたしました。 詳細はみずほ銀行のサイトでご確認いただくとして、気になるポイントを見ていきます。 セブン銀行ATMとローソン銀行ATMの無料特典が終了 コンビニATMの時間外手数料・ご利用手数料の無料特典は、イーネットATMご利用時が対象となります(セブン銀行ATMおよびローソン銀行ATMをご利用時の無料特典は終了させていただきます)。 僕はよくセブン銀行ATMを使っていたので、無料特典の終了はかなり残念です。 イーネットATMってあまり知らなかったのですが、こちらは無料特典として引き続き利用できるようです。 いつでもどこでもお気軽にご利用いただけるよう、お近くのスーパーやコンビニをはじめ、さまざまな場所にイーネットATMを設置しています。 他行宛て振込手数料の無料条件が厳しくなりすぎ 資産運用商品(投資信託[MMF・MRFなどを除く]・金銭信託・外貨預金[特約付き定期預金を含む]・公社債・株式・保険など)の月末残高が合計100万円以上のお客さま 資産運用商品の残高が、 「残高あり」から「残高100万円以上」に変更されます。 僕的にはこれが一番厳しいです。 これまでの条件では、投資信託の口座に残高があればよかったので、1円だけ入れていました。 これは、投資信託の商品を買ってすぐに売却することで残高1円にしていました。 この残高が100万円以上も必要になるので、一気にハードルが上がります。 みずほ銀行を使い続けるべきなのか? みずほ銀行をメイン銀行にしており、特典をうまく活用して他行への振り込みをしていましたが、このままだと2020年3月以降は同じことができなくなります。 100万円以上もみずほの投資信託に突っ込むのは、僕の金銭事情では現実的ではないです。 そうなると、メインバンクを他行に変えざるを得なそうです。 住信SBIネット銀行が有力候補 僕はサブ銀行として、住信SBIネット銀行も使っています。 スマプロランクというランク制度があり、ランク1でも月1回の他行振り込み無料、ランク2で月3回まで無料です。 条件は複数ありますが、ランク2は給与振り込み口座にして、ハイブリッド預金に少し残高を残しておけば条件クリアです。 これならいけそうな気がします。 以下1~11の条件のうち2つ該当 1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり 2. 仕組預金の月末残高あり 3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり 4. 純金積立月末時点でご契約あり 5. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり 6. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり 7. カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント) 8. BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上 9. ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント) 10. クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント) 11. 当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント) まとめ みずほ銀行のマイレージクラブの特典が改悪 いつかこんな日がくるのではないかと思っていましたが、とうとう来てしまいました。 みずほ銀行もいろいろ大変なのでしょうが、ここまで大胆にやってユーザー離れは大丈夫でしょうか。 まだ数ヶ月は時間的な猶予があるので、どこの銀行を使うのがベストか、もう少しじっくり考えてみたいと思います。 もし、今日考えた住信SBIネット銀行以外の結論になった場合は、このブログでご報告したいと思います。 2020年4月3日追記.

次の

みずほプレミアムクラブ

みずほ マイレージ クラブ 振込 手数料

手数料自体は3行とも高い 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は、いずれも 基本のATM手数料・振込手数料は高いです。 ATMでの入出金や他行宛の振り込みは、なるべく回数を減らしたいところです。 自行ATMでも時間外手数料が発生 自行ATMでの入出金は、いずれも 平日の日中は手数料無料です。 三菱UFJ銀行は「8時45分から21時」、三井住友銀行とみずほ銀行は「8時45分から18時」のあいだは、無料で自行ATMを使えます。 しかし自行ATMでも、早朝や夜間、土日祝日には、 ATM時間外手数料がかかります。 「銀行ATMは無料で使えるはず」と思っていると、思わぬ手数料が引かれてしまいます。 祝日なら使える。 コンビニATM手数料はさらに割高 メガバンクは主要コンビニATMでも入出金できます。 しかし、ATM手数料は割高です。 後ほど解説する、コンビニATM手数料を無料にする条件を満たせていない人は、なるべく使わないことをおすすめします。 ATMや窓口での振り込みだと、同じ銀行宛でも手数料がかかる場合があります。 「同一支店宛の振り込み」は、 銀行だけでなく、支店まで一致している必要があります。 実際は、支店まで同じ口座に振り込む機会は少ないと思います。 同行宛の振込手数料を調べる際は、同一支店宛だけでなく「本支店宛(同じ銀行の別支店にある口座宛)」も比較する必要があります。 例:三菱UFJ銀行池袋支店から、三菱UFJ銀行新宿支店への振り込みは、同行の「本支店宛」。 三菱UFJ銀行と三井住友銀行は、ネットバンキングを使うと同行本支店宛の振り込みも無料です。 近年のメガバンクは、 窓口やATMでの手数料を上げ、ネットバンキングの手数料を引き下げる流れがあります。 ネットバンキングで取り引きを完結する人を増やし、窓口やATMの利用者を減らすことで、人件費を削減したいからです。 長年のマイナス金利で利益を上げにくくなっている今、窓口に配置する人員をなるべく減らしたいのが銀行の本音です。 他行宛振込は、ネットバンキング経由でも有料です。 窓口やATMからの振り込みだと、さらに振込手数料が高くなります。 なるべくキャッシュカードを使い、口座残高から振り込むことをおすすめします。 メガバンクの手数料優遇サービスを比較 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行は、以下のサービスに無料登録し、一定の条件を満たすと手数料優遇を受けられます。 三菱UFJ銀行:スーパー普通預金(メインバンク プラス)• 三井住友銀行:SMBCポイントパック• みずほ銀行:みずほマイレージクラブ これらの優遇サービスを利用し、ATM手数料と振込手数料を無料にしやすいメガバンクはどこか、比較してみました。 ATM手数料:三井住友銀行がお得 3行のなかで、もっとも簡単にATM手数料を無料にできるのは 三井住友銀行です。 三井住友銀行の優遇サービス「SMBCポイントパック」は、取り引きが少なくても コンビニATM手数料を月3回無料にできます。 コンビニATMをよく使う人は、三井住友銀行がおすすめです。 さらに、三井住友銀行のキャッシュカードで、 三菱UFJ銀行の店舗外ATMも無料で使えるようになります。 それぞれの取引条件は、以下のとおりです。 ネットバンキングサービス「三菱UFJダイレクト」に登録し、取引条件を満たすと、翌月20日から翌々月19日まで所定のATM手数料が無料になります。 以下3段階のステージごとに、無料になる手数料が異なります。 ホワイトステージ• 自行ATMの時間外手数料が無料 シルバーステージ• 自行ATMの時間外手数料が無料• コンビニATM手数料が 月2回無料 プラチナステージ• 自行ATMの時間外手数料が無料• コンビニATM手数料が 月3回無料 もっともランクの低い「ホワイトステージ」は、以下の条件を いずれか1つを満たすと適用となります。 預金残高10万円以上• WEB通帳への切り替え• MUFGカードなど対象クレジットカードの引き落としあり• 三菱UFJデビットの引き落とし みずほマイレージクラブの取引条件を満たすと、ステージごとに翌々月のATM手数料が無料になります。 Bステージ• 自行ATMの時間外手数料が無料• イーネットATMが 月1回無料 Aステージ• 自行ATMの時間外手数料が無料• イーネットATMが 月2回無料 Sステージ• 自行ATMの時間外手数料が無料• イーネットATMが 月3回無料 イーネットATMとは、ファミリーマートの一部店舗に設置してあるコンビニATMです。 みずほマイレージクラブでは、 セブン銀行ATMとローソン銀行ATMは、手数料無料にできません。 そのかわり、みずほマイレージクラブを利用しなくても、「イオン銀行ATM」はいつでも時間外手数料無料で利用できます。 3行とも、自行ATMの時間外手数料を無料にするのは簡単です。 三菱UFJ銀行とみずほ銀行は、コンビニATMも無料で使うためには、優遇ステージを上げる必要があります。 三井住友銀行のSMBCポイントパックは、ステージ制ではありません。 条件を一つでも満たせば優遇を受けられます。 たとえば、SMBCポイントパックとSMBCダイレクトに登録し、デビットカードに契約し解約しない限りは、コンビニATMを毎月3回無料で使えます。 三菱UFJ銀行でコンビニATM手数料を月3回無料にするには、500万円以上の預金や、住宅ローン契約などが必要です。 みずほ銀行でも、同じくらい大きな取り引きが必要です。 しかもみずほマイレージクラブでは、コンビニATMのうち「イーネットATM」しか無料にできません。 2020年3月のみずほマイレージクラブ改定前までは、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMも無料で利用できました。 今までコンビニATMを使っていた利用者にとっては、大きな改悪となりました。 振込手数料:あえて選ぶなら三菱UFJ銀行 三菱UFJ銀行とみずほ銀行は、優遇サービスの最高ステージに到達すると、他行宛振込手数料が 月3回無料になります。 ただし振込手数料が無料になるのは、ネットバンキングからの振り込みのみです。 窓口やATMでの振り込みは、常に有料です。 また、ローンなどの大口取引が必要なので、到達できる人は一部に限られます。 三井住友銀行のSMBCポイントパックには、他行宛振込手数料の優遇がありません。 みずほマイレージクラブの最上位「Sステージ」に到達すると、みずほダイレクトからの他行宛振込手数料が 毎月3回まで無料となります。 Sステージになるには、以下のいずれか1つの条件を満たす必要があります。 みずほマイレージクラブカード、もしくはみずほJCBデビットを年間100万円以上利用• 資産運用商品の残高100万円以上• 住宅ローンなどの借入残高あり 2020年3月のみずほマイレージクラブ改定前は、みずほ銀行がもっとも簡単に振込手数料を無料にできるメガバンクでした。 工夫すれば、少ない取引額でも、他行宛振込手数料を最大で月4回無料にできました。 現在のみずほ銀行は、三菱UFJ銀行と同じくらい、振込手数料を無料にするのが難しくなっています。 三菱UFJ銀行とみずほ銀行で迷うなら、口座保有者が多い 三菱UFJ銀行をおすすめします。 振り込み相手が、三菱UFJ銀行の口座を持っている確率が高いからです。 三菱UFJ銀行同士の振り込みなら、ネットバンキングから振り込むことでいつでも無料になります。 他行宛振込はネット銀行で使い分けるのが現実的 メガバンクは年々、手数料を引き上げています。 特に振込手数料は、どこも無料にするのが難しくなってきている状況です。 今後の手数料引き上げにそなえるためにも、サブバンクとして ネット銀行の口座を持っておくことをおすすめします。 ネット銀行には、 誰でも他行宛振込手数料が月数回無料になる銀行があります。 ふだんはメガバンクを使い、振り込みはネット銀行を利用すれば、手数料を節約できます。 ネット銀行以外の選択肢は、 りそな銀行の利用です。 りそな銀行には、ATM手数料と振込手数料をどちらも無料にできる「りそなクラブ」という優遇サービスがあります。 優遇ステージが上がる取り引きが多く、銀行取引で貯まったポイントはTポイントや楽天スーパーポイントなどに交換できます。 メガバンクにはない、隠れたメリットを多く持つ銀行です。

次の

みずほマイレージクラブの特典が来年3月から改悪!給与口座は変更します

みずほ マイレージ クラブ 振込 手数料

振込手数料やATM手数料に制限がかかるように みずほ銀行の会員制サービス、マイレージクラブ会員になっていると、条件付きではありますが、月4回まで振込手数料やコンビニATM利用料(時間外含む)が無料になるという特典がありました。 私の場合、家賃の振込みで使っているのと、ATMが多いのが魅力でみずほをメインバンクにしているんです。 みずほのATMって、駅前や商業施設だけでなく、スーパー内にもあったりとなにかと便利なんですよ。 ですが、2020年3月1日からマイレージクラブ会員の特典内容が変更になります。 変更で一番打撃なのは、 振込手数料と、ATM手数料に制限がかかるようになること。 振込手数料の変更 今までは、みずほマイレージクラブに入会する(無料)、外貨普通預金をするだけで、毎月4回まで振込手数料が無料になっていました。 それが、取引状況に応じて月3回までへと変更になります。 (下記、条件の1つを満たすこと)• みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)、みずほJCBデビットカード 年100万円以上の利用• みずほ銀行、みずほ証券、みずほ信託銀行などの資産運用商品残高合計 100万円以上• みずほ銀行の借入残高あり(住宅ローン、カードローンなど) 上記を満たせば、最高ランクのSステージとなり、みずほダイレクトの利用で、 月3回まで振込手数料が無料になります。 しかも、 振込み手数料無料の対象になるのはみずほダイレクト利用時なので、ネットバンキングのみ。 ATMからの振込みは対象外になるということですね。 取引状況にかかわらず、毎月4回まで振込手数料が無料だったのに、最高ランクのSステージでも1回分少ない月3回までになり、 Aステージ、Bステージに関しては振込手数料無料特典はありません。 ATM手数料にも制限 ATM手数料にも制限がつきます。 月4回まで無料だったコンビニATM利用手数料も、取引状況に応じて月1回~月3回までと変更になります。 しかも、 コンビニATM利用手数料無料の対象はイーネットATMのみで、セブン銀行とローソン銀行が外れます。 メインバンクをネット銀行にします 土日や三連休にATMを止められても我慢していたのに、この改悪はひどいですね・・ メインバンクをみずほ銀行から、ネット銀行に乗り換えることにします。

次の