プラド。 トヨタ ランドクルーザー・プラド中古車検索結果|トヨタ公式中古車サイト

PLAD:プラド(複層合成木材)

プラド

「トヨタ ランドクルーザー プラド」って? 1985年にランドクルーザーの派生車種としてその前身が登場したランドクルーザー プラド。 プラドの名を冠したのは1990年からだ。 現行型は2009年から販売が開始された第4世代。 ランドクルーザーよりもライトデューティーを想定した街乗りにも向く仕様で、その人気は、世界170以上の国や地域で広く販売されるほど。 オフロードでの走行性能はもちろん、街中での乗り心地や燃費、操縦安定性が高評価を得る名車だ。 湘南育ちという生粋の海男。 15歳でサーフィンと出会い今では生活の一部に。 仕事でも遊びでも車は欠かせない存在で、プラドユーザー歴は約2年。 軽い気持ちで試乗したその場で、購入を即決したというマーシーさん。 「仕事の日もサーフィンに行く日もずっと車に乗ってるから、荷物がたくさん詰めて、運転がラクなのがいちばん大事だったんですよ」と言う。 もともと車のメーカーや車種には強いこだわりがないと話すマーシーさんだが、「毎日のように乗るので、運転してて疲れにくいことは重要でした。 昔に乗ってた車は、荷物は積めたけど、車高が低くて、僕は体が大きいから、長時間乗ってると腰が痛くなってたんですよ。 なのでひとつ前の車も、車高があって運転席が広い車という点はこだわっていて、プラドはどうかなと思って試乗してみたら、全然ラクだった! 荷物もたくさん乗るし、値段的には高い車ではあるけど、いわゆる高級車のギラギラ感もないし、いいじゃん! これにしよう!ってすぐ決めました(笑)」。 ランクルの中でも、プラドならでの運転のしやすさや、気取り過ぎないスタイルも、自然体なマーシーさんのお気に入りのようだ。 マーシーさんがプラドを好きな理由は、「快適さ」だった。 「もう4万キロ近く走ってますけど車の調子もいい。 言うことないですね。 これまで大きな修理をしたこともありません。 それに、長距離を運転しても疲れ方が全然違うんですよ。 ランクルっていうと、古ければ古いほど味があるとか、格好いいフォルムが好きという人が多いと思いますが、僕はやっぱりこの使い勝手がいちばんのお気に入りですね」。 所有するプラドはディーゼル車で、リッター約11キロ走行する。 ランクルの中ではかなりの低燃費で、波を求めて長距離を移動するマーシーさんには欠かせない強みでもある。 「車もカスタムはまったくしてません。 完全にノーマル。 走りもいいし、サーフィンの荷物もバックシートを倒せば問題なし。 もちろん見た目も気に入ってるから、手を入れる理由も、特にないんで」。 マーシーさんの車遍歴はプラドで8台目。 今後、買い替えることはあるのだろうか。 「今のところ不満はないので、買い替えの予定もないですね。 でももしプラドの新型が出たら、試乗はするかもしれない。 乗ってみて調子良かったら、……どうしよう」。 いつでも気取らないマーシーさんだが、ランクルとはマーシーさんにとってどんな存在なのか聞いてみた。 「僕のBuddyですよ(笑)。 仕事の現場にも遊びに行くにも、どこでも連れて行ってくれて、いつでも調子良い優秀な相棒。 かなり長い時間を一緒に過ごしてきましたけど、これからもよろしくって感じですね」。 オーシャンズのパパ改造計画でも腕を振るい、一人ひとりの悩みに沿ったファッション提案を心掛ける。 大の運転好きで、休みを見つけては妻と子供を乗せてロングドライブへ出かける。 続いて話を聞いたのは、スタイリストとしてオーシャンズをはじめ多方面で活躍する柴山陽平さん。 マーシーさん同様、開口一番飛び出したのは「プラドはね、調子いいんですよ」というセリフ。 どうやら、ランクルの中でも、「調子の良さ」がプラドの絶対的な魅力であることは間違いないようだ。 さらに、柴山さんの場合もプラドの購入は「即決」パターン。 「実は、ひとつ前に乗っていたのも同じランクルの80(ハチマル)だったんですけど、修理にだいぶかかってしまうようになって、もう買い替えかなと思ってお店に行って、5分でプラドに決めました(笑)。 このプラド一台しか試乗してないですね」。 ひとつ前のランクル80も、約8年間乗ってほぼ修理なし。 ランクルシリーズの頑丈さは身をもって体感しているというが、それ以上に、新しいプラドにはいい点があるという。 「我が家はとにかく車でどこへでも行きます。 海を渡らない限り、移動はもっぱら車ですね。 こないだは伊勢神宮にも行きましたし、明後日からは秋田へ、だいたい700キロ走る予定です」。 壊れない車というのもランクルのいいところだが、運転自体が好きな柴山さんにとって、運転していて楽しいことも大事だという。 でも家族も乗るから燃費や安全性ももちろん考えないといけない、このプラドはその全部があると語る。 「ホイールやオーバーフェンダーは自分好みにアレンジしてますが、まず車として格好いい。 荒野を何百キロ走ったって壊れないし、荷物もいっぱい入る。 新しいディーゼルエンジンはパワーもあって楽しいし、目線も高いから運転しやすい。 しかも最新のドライブアシスト機能は安全性も高くて、渋滞とか高速走行でサポートしてくれるって、もう最高じゃないですか。 ランクルのいいところは残して、辛かったところがなくなってる。 ホントに調子いい車ですよ」。 そして、気になるのが目を引く車体の色だ。 柴山さんのプラドはメタリックな「赤」。 日本ではなかなかお目にかかれない色だろう。 「担当してくれた人が『いちばん人気がない』と言っていた赤を選びました。 その人曰く、ずば抜けて赤が人気ないらしくて。 赤い車を見る度に、あ、あれ柴山じゃんって分かってもらえらたらこれはいいなと(笑)」。 仕事用車ならではの役割も、新しいプラドは果たしてくれているようだ。 ランクルはやっぱり面白いんですよ。 その面白さに、こんな快適さや安心感が加わったプラドは、ご機嫌に乗り回したくなっちゃいますよね」。 「調子いい車」「ご機嫌な車」。 2人の言葉から感じる、いつでもご機嫌で、どこへでも一緒に遊びにいける親友のような存在感こそが、ランドクルーザープラドの、いちばんの魅力かもしれない。 ぎぎまき=文.

次の

【伝統のランクルより弟『プラド』が圧倒的人気】SUV人気で問われる魅力と持ち味

プラド

ランドクルーザープラド実燃費レポート|結果まとめ 起用グレード 今回の燃費テストでは、2017年9月にマイナーチェンジされた高級本格SUVであるトヨタ ランドクルーザープラドをテスト。 グレードは3列シートを備えた7人乗りで2. 8リッターディーゼルターボを搭載する最上級グレードのTZ-G 車両本体価格536万3280円、JC08モード燃費11. 燃費テスト概要 テストは2017年10月19日 木 の午前7時頃開始し、午後2時頃帰京するというスケジュールで実施。 テスト中の天候は終日雨で強く降ることもしばしばあり、最高気温は10月としては60年振りとなる12度と低く、12月半ばのような寒さだった。 交通状況は平均的な流れであった。 >> ランドクルーザープラドの実燃費は11. 8リッターディーゼルターボ搭載車の燃費テスト、結果は以下の通り。 トヨタ ランドクルーザープラド実燃費レポート|結果まとめ トヨタ ランドクルーザープラド グレード TZ-G パワートレイン ディーゼルターボ 駆動方式 4WD JC08モード燃費 11. また、日本ではレギュラーガソリンに対し20円ほど安い軽油の価格も加味すると、ディーゼルエンジンを搭載するランドクルーザープラドの燃料コストは、比較対象として記載するトヨタ ハリアーなどの2リッターガソリンエンジンを搭載するミドルSUVに近く、車格に対する燃料コストは非常にリーズナブルと言える。 なお、現代のディーゼルエンジン搭載車には、黒煙の原因となるススを集めるDPF ディーゼルパティキュレートフィルター が備えられており、DPFにススが溜まると、熱くなったDPFに燃料を吹いて溜まったススを燃やして除去する「DPFの再生」が行われるが、今回テストを含め2日間で約400km走った限りではDPFの再生は行われなかった。 ここからは市街地編、郊外路編、高速道路編、それぞれの章で燃費や走りの質について詳細な評価を行っているので、ランドクルーザープラドの購入を考えている方にはぜひ参考にしてほしい。 ランドクルーザープラド実燃費レポート|市街地・街乗り編 トヨタ ランドクルーザープラドの市街地での実燃費: 9. 8リッターディーゼルターボ搭載車が市街地で記録した9. トヨタ ランドクルーザープラド実燃費レポート|市街地・街乗り編 パワートレイン 実燃費 トヨタ ランクルプラド ディーゼルターボ/4W 11. 8リッターディーゼルターボに市街地で乗った印象は、まずドライバビリティ 運転のしやすさ は普通に乗っているとATのシフトアップは2000回転といったところで、特に気になる点もなくいい意味でごく普通であった。 ただ、排気量の大きいディーゼルエンジンを搭載するだけに、アイドリング中に車内で感じる振動・騒音はそれなりに大きく、燃費の向上の意味も含めアイドリングストップが欲しいのは事実だ。 アイドリングに関しては、車外だと「いかにもディーゼル」というカラカラ音も含んだ音がし、朝一発目などの冷間時の始動だとかなり大きな音がする。 まあランドクルーザープラドのワイルドなキャラクターを考えれば、似合っているといえば似合っているという気もする。 その他、ランドクルーザープラドを街中で使って感じたことをいくつか挙げると、 ・最低地上高が220mmもあるので、乗降性はいいとは言えないが、ステップとAピラーにグリップがあるためそれほど悪くなく許容できる範囲ではある。 ・着座位置が高いので、運転席からの見通しは素晴らしく、渋滞でもイライラしにくい点は本格的なSUVらしい魅力だ。 ・取り回しは、着座位置の高さや見切りの良さ、ドアミラーが大きさのよる視認性の良さに加え、タイヤの切れ角が意外に大きいこともあり、ボディサイズが大きい割には扱いやすい。 ・3列シートへのアクセスは良くないが、ボディサイズが大きいのでまずまずの広さがあり、ミニバン的にも使える。 必要性があるなら選ぶといいだろう。 ・バックドアはガラス部分も開き、小さなスペースでも開けられる横開きとなっているため、使い勝手はなかなかいい。 欲を言うと、テストに使ったTZ-Gグレードにはリアの車高調整が可能となるエアサスが装備されているので、荷物を積みやすくするためにも、ラゲッジスペースからの車高調整機能(スイッチ)もあったらなお良い。 ・テスト日は10月としては非常に寒かったため、シートヒーターはかなり重宝したが、ランドクルーザープラドの性格を考えると、さらにハンドルヒーターも欲しいところだ。 トヨタ ランドクルーザープラド実燃費レポート|郊外路編 パワートレイン 実燃費 トヨタ ランクルプラド ディーゼルターボ/4WD 11. 3トンを超える巨体ながら、予想外に軽快かつハンドル操作に対する車の動きも正確 ランドクルーザープラドの2. 8リッターディーゼルターボ搭載車は、乗り心地やハンドリングも高級SUVに相応しいものに仕上がっていた。 まず乗り心地は、路面の凹凸が中くらいまでであれば、「コトン、スパン」という上品な音を伴いながらショックを乗員に伝えることなく実に見事に吸収しており、非常に快適である。 ただ、路面の大きな凹凸を通過する際には、若干リアがしなやかさに欠け、やや硬さを感じるのはちょっと残念だった。 これはテストに使ったTZ-Gグレードが19インチタイヤを履くことにも原因がありそうなので、TZ-Gグレードに採用される厳しいオフロード走行に役立つデバイスに強い必要性を感じないのであれば、乗り心地の良化の期待も含め価格と装備のバランスに優れたTZ Lパッケージを選ぶのがいいのではないだろうか。 ハンドリングは車重2. 3トンを超える巨体ながら、予想外に軽快。 ロールも意外に少なくジワジワと起きるため不安感もない。 また、2. 8リッターディーゼルターボが力強いトルクが頼もしいこともあり、ワインディングロードではなかなか運転を楽しめる。 ランドクルーザープラドは車重の重さ、全高の高さ、ボディの大きさという三重苦により前後左右の動きが大きいが、この点を逆手に取ってスムースな運転を心掛けるというのも面白い。 ただ、ランドクルーザープラドは、ガソリンエンジン搭載車でも車重が2トンを超えるだけに無理は禁物だ。 コンフォートは、ノーマルモードに対し若干乗り心地がしなやかになる傾向。 エコモードは燃費向上のためエアコンが控えめになる、アクセル操作に対するレスポンスが適度に鈍くなり、運転しやすい感じもあるという変化を確認できた。 この結果を踏まえると、ドライブモードを切り替えられるTZ-Gを買ったなら、普段はエコモードかコンフォートを選んで乗ることを勧めたい。 トヨタ ランドクルーザープラド実燃費レポート|高速道路編 パワートレイン 実燃費 トヨタ ランクルプラド ディーゼルターボ/4WD 14. 8リッターディーゼルターボ搭載車は、高速道路ではランドクルーザーという車名の由来 英語で陸の巡洋艦、プラドはポルトガル語で平原 に相応しい実に快適なクルージングを楽しむことができた。 まず動力性能は、2リッターガソリンエンジンを搭載するミドルSUVと同等といったところで、決して速くはないものの、高速道路などの本線合流や、追い越し加速でアクセルを深く踏んだ際もディーゼルエンジンらしい力強さを伴いながら十二分な瞬発力を備える。 エンジンのフィーリングは、アクセルを全開に踏むとATのDレンジ任せのシフトアップは4000回転を超えたあたりで行われるが、パワーがついてくるのは3500回転あたりまでで、エンジンの性格は商用車用ディーゼルエンジンそのものといった印象だ。 なお、Dレンジ任せだと6速ATの5速には時速70キロ、トップギアの6速には時速90キロ付近でシフトアップされ、6速で時速100キロ走行時のエンジン回転数は1500回転と低く抑えられていた。 ACCの加減速はまずまずスムースで快適 高速道路では、時速50キロ以上の速度域で作動する先行車追従型のACCも試してみた。 ランドクルーザープラドのACCは、先行車への追従が間に合わないケースや先行車との車間距離を一番短くしてもやや広過ぎるところはあるが、加減速はまずまずスムースで快適であった。 なお、テスト当日はACCの作動停止を覚悟するくらいの強い雨も降ったのだが、ランドクルーザープラドのACCは停止することはなく作動していた。 これはランドクルーザープラドがヘビーな使われ方をする車であるため、ACCの情報源となるミリ波レーダーも悪天候に強いものが使われているということなのだろうか。 その他の運転支援システムに関しては、レーンディパーチャーアラートは車線逸脱を警報するだけで、もとの車線に戻すアシストは装備されない。 また、斜め後方を監視し進路変更の際などの事故を防ぐのに大きな効果を持つブラインドスポットモニターが設定されるのは大歓迎なのだが、オプション設定なので車格を考えると標準装備にして欲しかったところだ。 そして、ランドクルーザープラドに乗っていて最大の魅力と感じたのが、高速道路を流している際の快適性の高さだった。 強い横風の中でも重い車重を生かしたドッシリ感を味わいながら、高速道路のペースならエンジン音はほとんど聞こえず、強い雨の音も見事に遮音され、クラウンのように静かな室内。 SUVらしい遠くまで見渡せる高い視点からACCを使って、シートを通じてディーゼルエンジンの心地良い振動を感じながら高速道路を流していると、個人所有のクルーザーのキャプテン 船長 になったような大らかな気分で、どこまでも行けそうな気持ちになれた。 この点はランドクルーザープラドが高級車という側面を持つのも考えると、大きな魅力の1つと断言できる。 ランドクルーザープラド実燃費レポート|総合評価 トヨタ ランドクルーザープラドの総合実燃費: 11. しかし、必要不要と関係なく本格的なSUVに対しては、スポーツカーやスーパーカーと同じように、「一度乗ってみたい」という憧れのようなものを持っている人もそれなりにいるだろう。 そんな気持ちでランドクルーザープラドに乗ってみたい人がいるなら、重量税やタイヤ代といった維持費はともかくとして、2. 8リッターディーゼルターボであれば燃料代が常識的な範囲で済むのもあり、勇気を持って一度乗ってみることを勧めたい。 また、ランドクルーザーファミリーは、プラドも含め海外で大変人気がある車であるため、リセールバリューが非常に高く、長い目で収支決算すると意外に買い得な車でもある。 しかし、ハイエースなどと並んで盗難されやすい車なので、盗難対策は入念に行いたい。 7リッターガソリンと2. 8リッターディーゼルターボどっちがお得!? 最後に、ランドクルーザープラドの2. 7リッターガソリンと2. 8リッターディーゼルターボを比較し、長い目で見た損得勘定を考えてみよう。 まず、2. 7リッターガソリンと2. 8リッターディーゼルターボには、約62万円の価格差があるが、2. 8リッターディーゼルターボにはエコカー減税と購入補助金と優遇が24万円ほどあるので、実質的な価格差は約38万円に縮まる。 続いて1万kmあたりのガソリン代を2. 8リッターディーゼルターボは2. 7リッターガソリンに対し5万7000円安く済むことになり、7万km走れば約38万円の差額はペイできる計算になる。 そこまで走らなくともリセールバリューでディーゼルが有利なことや、ディーゼルにはトルクフルで力強い走りという魅力もあり、ランドクルーザープラドを買う際にはよほど走行距離が少ない人以外 そういう人は少ないかと思うが 、ディーゼルを選ぶべきだろう。 トヨタ ランドクルーザープラドの主要スペック 車種名 トヨタ ランドクルーザープラド グレード TZ-G 駆動方式 4WD トランスミッション 6AT 価格 税込 5,363,280円 JC08モード燃費 11.

次の

【ランドクルーザープラド】ディーゼルの評価は?評判や口コミまとめ

プラド

本体 価格 239. 8万円 支払総額 252. 6万円 トヨタモビリティ東京 U-Car秋津店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 27. 5万円 支払総額 39. 9万円 トヨタモビリティ東京 U-Car葛西店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 269. 8万円 支払総額 282. 6万円 トヨタモビリティ東京 U-Car昭和の森店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 194. 8万円 支払総額 203. 8万円 ネッツ多摩 神明台マイカーセンター• 本体 価格 125. 3万円 支払総額 137. 1万円 ネッツ多摩 青梅マイカーセンター• 本体 価格 297. 6万円 支払総額 312. 1万円 トヨタモビリティ東京 U-Car谷原目白通り店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 82万円 支払総額 91. 4万円 トヨタモビリティ東京 U-Car昭島店(旧:東京トヨペット)• 本体 価格 199. 8万円 支払総額 210. 1万円 トヨタモビリティ東京 U-Car成城世田谷通り店(旧:東京トヨタ)• 本体 価格 49. 7万円 支払総額 62. 5万円 トヨタモビリティ東京 U-Car足立竹の塚店(旧:東京トヨペット)• 法定費用 自動車税(含. 未経過相当額)、重量税、環境性能割、自賠責保険料(含. 未経過相当額) 販売店手数料 検査登録手続代行費用、車庫証明手続代行費用、預り法定費用(検査登録・車庫証明)、公正証書作成費用• <ご注意>以下の場合等で支払総額が変わります。 ・自宅など、指定の場所へ納車を希望される場合• ・販売店所在地の所轄陸運支局以外で登録を希望する場合• ・登録月が、商談開始月からずれる場合• ・他の販売店経由で商談、購入の場合•

次の