お悔やみ の 言葉 友人。 知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び│トイコタエ

お悔やみメールの注意点!?祖父母を亡くした友人に送るベストな例文を紹介!

お悔やみ の 言葉 友人

お悔やみの言葉をお通夜や告別式に参列した際に述べることができたら良いのですが、近年は家族葬などが増え、葬儀後に訃報を知るケースが多くなってきています。 中にはきちんとお別れができず、気持ちが残ったままの人もいると思います。 ですが作法を守れば、葬儀の後日にお悔やみの言葉を伝えることはまったく問題ないのです。 ここからは、 葬儀後にお悔やみの気持ちを伝える方法を、いくつかわかりやすく解説します。 葬儀後のお悔やみの言葉の伝え方 葬儀の後日にお悔やみを述べたいと思った時、ご自宅へ 弔問することを考える方も多いと思います。 弔問は直接顔をあわせてお悔やみの言葉を伝え香典などをお渡しできるので、礼を尽くした手段ともいえますが、葬儀後の疲弊したご遺族をさらにわずらわせることにもなります。 葬儀後のご自宅への弔問はタイミングや持参するもの、または時間など、 ご遺族への気遣いを充分考慮しないといけません。 ここからはそのほかにも葬儀後のお悔やみの言葉の伝え方を、ポイントをあげていくつかご紹介していきます。 電話で伝える 葬儀後日の 電話でのお悔やみは弔問に出向くよりも迅速かつ簡単ではありますが、ご遺族の時間を一方的に拘束することを考えると、 タイミングを熟考する必要があります。 その場合はご遺族が深い悲しみの中にいる葬儀の直後は控え、気持ちが落ち着いた 忌明け頃に電話をするようにします。 お悔やみの言葉とともに故人の話を中心に、ご遺族へのいたわりの気持ちを優先し 長話しにならないようにしましょう。 また四十九日より以前に電話をするのであれば、後日の弔問の約束を取り付けるか、お悔やみの気持ちとして別途お供物やお花などを持参もしくは郵送することをおすすめします。 メールで伝える お悔やみの言葉はあくまでも 手紙か口頭で伝えるのが正式な作法です。 ですが最近は、親しい間柄またはビジネスの間柄であれば、双方にとって有用なメールやSNSが利用されるようになって来ています。 メールは早く手軽に気持ちを伝えるのに適したツールですが、お悔やみメールは親しい仲であっても くだけ過ぎないように配慮して、丁寧な言葉遣いで手短かに弔慰を伝えるようにしましょう。 絵文字や顔文字も控えるのがマナーです。 また件名には、誰からのメールかわかるように自身の名前を入れ、「お悔やみ申し上げます」と入れるようにします。 手紙で伝える 葬儀の後日に送るお悔やみの手紙は、喪家の慌ただしさが落ち着く 葬儀3日後ぐらいから初七日までの間に届くように出すのが理想的です。 それを過ぎて訃報を知らされた場合でも、聞いた時点からなるべく早めに送るようにしましょう。 また手紙はなるべく手書きが良いでしょう。 手紙に使う便箋は白無地縦書きを基本に、シンプルで控えめな色とデザインの便箋を選び、封筒も白無地の封筒を使用します。 お悔やみの手紙には、 香典に添付して郵送できるという利点があります。 その場合は、郵便局窓口で購入した大サイズの 現金書留封筒に不祝儀袋と手紙の封筒の両方を入れて発送するようにします。 以下の記事では現金書留での香典の送り方について説明しています。 ぜひご覧ください。 お悔やみの言葉で気をつけること そのほかにもお悔やみの言葉には、さまざまなルールがあります。 以下よりさらにくわしく説明しますので、ぜひ参考になさって下さい。 簡潔に伝える お悔やみの言葉は 簡潔に伝えることが肝心なので、手紙を書く場合も 頭語や時候のあいさつは省略します。 まずは本題である訃報に対する悲しみや驚きから始め、続けて葬儀に伺えなかったお詫びやご遺族の心身を気づかう言葉を述べます。 お悔やみで要点のみを手短かにまとめることは、ご遺族への最良の気遣いになります。 忌み言葉に気をつける お悔やみに関する文言にはNGワードが多くあります。 「しばしば」「くれぐれも」「重ね重ね」「追って」「再三」「たびたび」などは、弔事における忌み言葉です。 不幸が繰り返すことを思わせる 重ね言葉、 不幸が今後も続くことを思わせる言葉などは弔事では忌避されます。 また「死」「生」「死ぬ」「生きる」「死亡」「苦」などの 生死に関する直接的な表現、「四」「九」などの 死を思わせる言葉も使わないように気をつけましょう。 宗教用語に気をつける 日本の葬儀は多くが仏式で行われますが、キリスト教式、神式など、その他の宗教になると仏教とは死の概念が異なります。 そのため、 仏教でのお悔やみの言葉が他の宗教で使ってはいけない忌み言葉になり得ます。 キリスト教や神道において、「お悔やみ」「ご冥福」「供養」などの言葉は使用してはいけません。 キリスト教の葬儀では ご昇天をお祈り申し上げますと述べるのが適当です。 同様に神式においては 御霊(みたま)の平安をお祈り申し上げますのように述べます。 敬称について 弔電やお悔やみ文には、故人に対して通常より さらに丁寧な敬称を使うようにします。 以下より敬称の主なものをあげていきます。 父 : ご尊父様(ごそんぷさま)、お父上様、お父様• 母 : ご母堂様(ごぼどうさま)、お母上様、お母様• 夫 : ご夫君様(ごふくんさま)、ご主人様• 妻 : ご令室様(ごれいしつさま)、奥様• 祖父 : ご祖父様(ごそふさま)• 祖母 : ご祖母様(ごそぼさま)• 兄 : ご令兄様 (ごれいけいさま)、兄上様、お兄様• 姉 : ご令姉様 (ごれいしさま)、姉上様、お姉様• 弟 : ご令弟様 (ごれいていさま)、弟様• 妹 : ご令妹様(ごれいまいさま)、妹様• 息子 : ご令息様(ごれいそくさま)、ご子息様(ごしそくさま)• 娘 : ご令嬢様(ごれいじょうさま)、ご息女様(ごそくじょさま)、お嬢様 後日に伝える場合の例文 ここまでは葬儀が終わった後日、お悔やみの言葉を伝える方法やマナーについて例文を交えて説明してきました。 ここからは、 葬儀の後日受け取ったお悔やみの言葉へのお礼についてご紹介します。 お礼をする必要はあるの? 葬儀後のお悔やみの言葉には、 受け取ったらすぐに お礼を出しましょう。 メールでお悔やみの言葉を頂いた場合は、メールによる返信でもかまいません。 親しい仲同士のメールであっても丁寧な言葉遣いを心がけ、 形式に則ったお礼文をお返しすることが大切です。 どんなお礼をすればいい? では葬儀後にいただいたお悔やみに対するお礼はどうすれば良いのでしょうか。 以下より例文をあげて具体的に解説します。 お礼状を送る 葬儀後にいただいたお悔やみの言葉へは、なるべく 手書きのお礼状を送るのが理想的です。 お礼状もお悔やみ文と同様に 忌み言葉に注意しつつ、いただいたお悔やみに対するお礼や生前の故人の事、これまでの感謝や今後のお付き合いを願う気持ちなどを交えながらしたためていきます。 香典や供物、供花とともにお悔やみを頂いた場合は、四十九日の忌明け後に挨拶文を付けて香典返しを贈ります。 お悔やみのお礼状は別途で、送り物が届いた旨をお知らせするためにも頂いたら1週間以内には送るようにします。 お礼状の文例• お悔やみの言葉とは、故人への弔意とご遺族への慰めの気持ちを表したものをいう。 お通夜・告別式などで伝えられなくても、後日お悔やみの言葉を伝えることができる。 葬儀後のお悔やみの伝え方として故人のご自宅へ弔問する方法が一般的。 だが弔問は葬儀後のご遺族にとって大きな負担になるので、充分に配慮する。 葬儀の後日電話でお悔やみを伝えるのならば、忌明け後がおすすめ。 特に親しかったりビジネスの間柄の場合は、メールでお悔やみの言葉を伝えるケースも増えている。 その場合は砕けすぎず丁寧な言葉遣いを心がける。 葬儀後に送るお悔やみの手紙は、葬儀3日後から初七日までの間に着くようにする。 お悔やみの手紙は現金書留用封筒で、香典とともに郵送できる。 お悔やみの文は頭語などを付けず、いきなり本文のお悔やみの言葉から入るようにし、短く簡潔に要点のみをまとめる。 また「しばしば」「くれぐれも」などの重ね言葉を含む「忌み言葉」を使わないように注意する。 「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」は仏教用語なので、キリスト教式や神式の場合は使わないよう気をつける。 また故人の敬称には注意する。 葬儀後にいただいたお悔やみの言葉には、なるべく手書きのお礼状を送るのが理想的。 香典返しに付けて送る忌明けの挨拶状とお悔やみのお礼状は違うもの。 大切な人を亡くしたばかりの人に対しては、その人の時間を奪わないよう配慮し、丁寧な言葉で接するという昔の人の考えが現代を生きる私たちにも理解できます。 今も昔も変わらない思いを大切にしていきたいですね。 「終活ねっと」では、弔事におけるあいさつの言葉に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。 あいさつの言葉について知りたい方は、ぜひそちらの方もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

お悔やみの言葉 メール】友人・友達・例文・文例・返信・親戚・ペット・ママ友

お悔やみ の 言葉 友人

父親が亡くなった会社の人にかける言葉とは 人生、生きていると色んな場面に遭遇すると思います。 その一つの場面が、知り合いの父親が亡くなった時だと思いますが、そんな時、友人としてどんな言葉をかけることができるでしょうか。 まず、相手の状況を考えてみたいと思います。 葬儀を終えて、疲れている状態にいると思います。 そんな時にどんな言葉をかけてあげたら良いでしょうか。 代表的な言葉は、「この度はご愁傷さまです」になりますが、この言葉がすんなりと出てこない人もいると思います。 また、言い方にも気をつけなくてはいけませんよね。 言い方によっては、相手が大変な状況な時に、素っ気ない印象を与えてしまう可能性がありますから。 「お悔やみ申し上げます」この一言が相手の心を慰める事ができると思います。 精神的にも辛い状況の時には、このような一言が相手の心を癒やす事ができると思います。 また、「大変でしたね」という一言もこの状況に適しています。 友人の父親が亡くなったと聞いた時にかける言葉の例 友達の父親が亡くなった時、「お悔やみ申し上げます」であったり、「大変だったね」という言葉が、相手の心を癒やす、かける言葉にふさわしいことを上記ではみてきました。 次に、ここでは、より詳しく、友達の父親が亡くなった時にかける言葉の例についてみていきたいと思います。 例として、電話でお悔やみの言葉をかける時ですが、 「大変でしたね。 あなたが辛い時に力になって挙げられなくて、ごめんなさいね。 何かあれば、言って下さいね」 「突然の訃報を聞いて、言葉も見つかりません。 お悔やみ申し上げます。 私にできることがあったら、遠慮なくいってね。 」 「大変だね。 辛い時に連絡をくれてありがとう。 急な事だけど、あなたは体調は大丈夫なの?」 「急な時に連絡をくれてありがとう。 何か手伝えることはある?あるんだったら、遠慮なくいってね。 力になるよ。 」 友達の父親が亡くなったお通夜でかける言葉は友達の心情に寄り添って 友人の父親が亡くなった時に、具体的にどんな言葉をかけたら良いのか、具体例を上記ではみてきました。 次に、場所が通夜となると、どんな言葉を父親を亡くした友人にかけたら良いのか、友達の心情に寄り添った言葉を紹介していきたいと思います。 言葉としてはですが、「大変だったね」「辛かったね」「手伝いが必要な時は、いつでも声をかけてね」「寂しくなったら、いつでも連絡してね。 」「体には気をつけてね」そのような言葉が、あなたの友人の心を癒やすことができると思います。 そして、どうしたら、軽い言葉に聞こえないのか、そのコツですが、言葉をいう「姿勢」にあると思います。 言葉の雰囲気であったり、態度で相手にどれだけ親身になって言っているのか、伝わります。 あなたの気持ちが上手く、あなたの友人に伝わっていく、その姿勢が大切になってくるんですね。 友達の親が亡くなった時にかける言葉やメールの例文を紹介します あなたの友達の父親が亡くなった時、通夜では、どんな言葉をかけたらあなたの友達の心に寄り添っていることになるのか、その言葉であったり、言葉をかける「姿勢」について先程はみてきました。 次に、その友達にかける言葉ですが、それがメールになる場合、どんな言葉が考えられるのか、その例文をここで紹介していきたいと思います。 場合によっては、通夜などに参加することができない方もいると思います。 そういった場合ですが、メールや手紙であなたの気持ちを伝えることができますよね。 どういった文章がこういった場合、適切なのでしょうか。 ここで見ていきましょう。 「大変だったね。 体は大丈夫ですか?これから色々な事で忙しくなると思うけど、くれぐれも体には気をつけてね。 何かできることがあったら、いつでもいってね」 「この度は、ご愁傷さまでした。 大変な時に連絡をくれてありがとう。 何かできることがあったら、遠慮なくいってね。 落ち着いたら連絡を下さい。 」 親族が亡くなった時にかける言葉で注意したい事と香典の相場 友人の父親が亡くなった時、メールや手紙で連絡する時はどういった文章が適切なのか、先程は学んできました。 最後に、親族が亡くなった時に、書ける言葉で注意したい事と、気になる香典の相場についてみていきたいと思います。 何気に、そういう時って言葉遣いが難しくなってきます。 例えばですが、「死ぬ、死去」という言葉は使わずに「ご逝去」「ご永眠」を使います。 「生きている時」は「元気な時、生前」を使います。 「死」「迷う」「浮かばれない」という言葉は使わないようにしましょう。 香典の相場ですが、4と9は避けたい数字なので、4000円と9000円は避けましょう。 奇数で始まる数字が良い金額になります。 3000円• 5000円• 10000円 のような金額が、香典の相場なようです。

次の

訃報の連絡を受けた際のお悔やみの挨拶|連絡手段・例文・後日|終活ねっと

お悔やみ の 言葉 友人

電話でご親族や知人・友人などの訃報に接した場合、どのようなお悔やみの言葉を掛ければよいのでしょうか。 ここではまず、ご遺族からの訃報の電話に対してお悔やみの言葉を掛ける際に欠かせない マナーをご紹介します。 訃報の電話が来た時の対応とは? 電話口でお悔やみの言葉を掛けるには、まず訃報の電話が来た時の適切な対応について知ることが大切です。 訃報の電話が来た時にうまく対応するには、以下のような手順で行うとよいでしょう。 最初にお悔やみの言葉 電話でご遺族が故人の訃報を知らせてきたら、 まずお悔やみの言葉を伝えましょう。 なおお悔やみの言葉を伝える際は、最初に 訃報を知らせてくれたことへの感謝の気持ちも入れましょう。 この際に注意すべきなのが、 故人の死因を聞かない点です。 訃報に接したのに合わせて故人の死因を聞くのは、親しい方を失って悲しみに沈んでいるご遺族の気持ちをより傷つけてしまいます。 このためご遺族の気持ちに配慮して、お悔やみの言葉を伝える際に故人の死因を聞かないようにしましょう。 葬儀の場所・日時を尋ねる お悔やみの言葉を伝えたら、次に 葬儀の場所や日時を尋ねましょう。 訃報は故人が亡くなったことを伝えるとともに、葬儀の場所や日時を知らせる役割もあります。 場所や日時に加えて、 葬儀の宗教や宗派の形式も聞いておきましょう。 事前に宗教や宗派がわかっていれば、香典を準備する際や参列した際の立ち居振る舞いなどに大変役立ちます。 電話を切るときのマナー 葬儀の日時や場所まで聞き終えて、電話を切る際にも一定のマナーがあります。 訃報の電話を切るときは、 ご遺族が先に切るのを待ってからこちらが切るというのがマナーです。 もちろん電話を切る前に、あらためて訃報の電話に対する感謝の気持ちを伝えましょう。 また受話器を置く時も 静かに置くのが作法です。 特に先に切る場合は、決して大きな音を立てて置かないようにしましょう。 電話ではどんなことを言えばいいの? 電話口でお悔やみの言葉を伝えるといっても、突然の訃報に驚きや戸惑いを感じて、言葉がなかなか出てこない方もいるでしょう。 しかし実際にお悔やみの言葉などを伝える際には、 率直かつ短い言葉で故人を悼む言葉や訃報を知らせてくれたことへの感謝の気持ちを伝えるのがポイントです。 よくやり取りされる「お悔やみを申し上げます」や「ご愁傷さまです」、「残念でなりません」といった言葉でも十分にお悔やみの気持ちが伝わります。 お悔やみの言葉を言う際のマナー お悔やみの言葉を伝える際は、さまざまなマナーを守る必要があります。 主なマナーは以下の項目でご紹介する通りです。 簡潔に伝える お悔やみの言葉を伝える際は、 短く簡潔に伝えるのが最も重要です。 ご遺族はほかにも多くの方に訃報を伝えたり、葬儀の準備をしたりするなど余裕がない状態になっています。 このためお悔やみの言葉は極力短めで、故人を悼む気持ちが伝わるようにしましょう。 忌み言葉は避ける お悔やみの言葉を伝える際に気をつけたいのが、 忌み言葉を避ける点です。 忌み言葉とはお悔やみごとで縁起が悪いとされている言葉のことで、「たびたび」などの 重ね言葉や 死を連想させる言葉などがあります。 どうしても忌み言葉のような言葉を使う必要がある場合は、うまく言い換えることが大切です。 例えば「死亡」であれば「ご逝去」、「生前」であれば「お元気だった頃」や「精力的だった頃」というような使い方がよいでしょう。 以下の記事では忌み言葉について詳しく説明しています。 忌み言葉は確実に頭に入れておく必要があるので、ぜひご覧ください。 宗教用語に気をつける 相手方の宗教や宗派によっては、 宗教用語にも気を付ける必要があります。 ここでは神道の場合とキリスト教の場合について見ておきましょう。 神道 神道は仏教と似ている部分が多いですが、お悔やみの言葉で ご冥福は仏教用語であるため、 神道では使えません。 神道では「御霊のご平安」などのように、故人の霊が平安な状態になることを願う内容で伝えましょう。 キリスト教 キリスト教の場合は、亡くなった方は天国で新しい人生を生きると考えられています。 このため正確には お悔やみの言葉自体掛けないというのが一般的です。 お悔やみの言葉を掛けたいということであれば、神道と同じように故人の霊が安息を得ることを願う内容で伝えましょう。 彼の冥福を祈るとともに、心から哀悼いたします。 なお訃報を伝えてくださった相手が、故人の弟や妹などで普段から知り合いの場合は、もう少し親しげな言葉で掛けてもよいでしょう。 会社関係の人の場合 仕事をしていれば、ビジネス関係で付き合いがある方がお亡くなりになる場合に遭遇することも多いです。 ここでは 会社関係の方が亡くなった場合に掛けるお悔やみの言葉を、故人が上司の場合と取引先などの場合に分けて見ていきましょう。 基本的には故人が親戚や友人などの場合よりも、 丁寧な言葉を使うのが基本です。 上司 故人が上司の場合は、以下のような文言で掛けるとよいでしょう。 ご遺族が訃報をメールで知らせてきた(最低限の条件)• 訃報メールの送り主が、友人や知人などで親しい関係の場合• 訃報メールの送り主が、上司や取引先などビジネス関係の場合 なお親戚などご親族の方がメールで訃報を送ってきた場合は、たとえどんなに親しくても、なるべく 電話でお悔やみを伝えるとよいでしょう。 メールで伝える場合に気をつけること 以上のような条件に当てはまる場合は、メールでお悔やみの言葉を伝えても問題ありません。 ただしメールでお悔やみの言葉を伝える際にも注意すべき点があります。 基本としては 丁寧かつ簡潔な言葉遣いを心がけるのがポイントです。 このため時候の挨拶などの余計な前置きは必要なく、 件名もわかりやすく簡潔なものになるようにしましょう。 メールでお悔やみの言葉を伝えることは、あくまでも略式で緊急性のある方法である点をよく理解しておく必要があります。 お悔やみのメールを送る際のマナーや例文についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。 お悔やみの言葉とは、故人が亡くなった際に訃報連絡や葬儀の場で伝える、故人のご不幸を悲しみ悼むための言葉である。 電話でお悔やみの言葉を伝える場合、まず訃報を受けたときは最初にお悔やみの言葉を伝え、次に葬儀の日時や場所を尋ねる。 そして電話を切るときはご遺族などが先に切るのが作法だが、もしこちらが先に切る場合は静かに受話器を置く。 電話でお悔やみの言葉を伝える際には、故人のご不幸に対する悲しみやご遺族の心情に寄り添うようなことを伝えるとよい。 なおお悔やみの言葉を伝えるときのマナーは、簡潔に短く伝えるのが基本である。 この際に忌み言葉を避けたり宗教用語に注意したりする。 電話でお悔やみの言葉を伝える際は、故人との関係性や深さによって伝える内容を考えてから掛けるようにする。 メールでお悔やみの言葉を伝えてよいのは、訃報がメールで送られ、故人が親しい知人や友人、ビジネス関係の場合であることに限られる。 メールで伝える際は、件名や内容を簡潔にして、前置きは省略する。 電話で訃報連絡を受けたときは、悲しみや戸惑いなどもあってなかなかうまくお悔やみの言葉を返せない方も多いです。 ただうまく返せなくても故人の突然のご不幸に接して、悲しんだり驚いたりする気持ちが伝わるだけでも、ご遺族にとっては救われる思いになるでしょう。 このため今回触れたマナーさえ守っていれば、お悔やみの言葉は最低限のものでも問題ありません。 なお葬儀には何らかの事情で参列できない場合もあるでしょう。 そのような場合に香典や弔電を送る場合は、以下の記事も合わせてご活用いただければ、マナーに沿った対応ができます。 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の