正月 飾り いつ 飾る。 正月飾りやお花はいつ飾る?正月花で縁起がいいものは?

正月飾りで玄関には何を飾る?いつからいつまで飾る?処分方法は?

正月 飾り いつ 飾る

正月飾りの飾るタイミング。 いつから飾ればいいの? 正月飾りを飾るタイミングは、「松の内」の期間に入る12月13日以降であればいつでも良いのですが、クリスマスリースやイルミネーションなどの装飾をしているかと思いますので、 12月28日までに飾るようにしましょう。 避けるべき日としては、「29日」と「31日」です。 29日を避ける理由は、元来日本の風習で9の付く日は「苦」を連想させるものとして避けられており、読み方として「二重苦」(にじゅうく)、9の末日のため「苦待つ」、特に門松について「苦松」(共にくまつ)に通じるとされているからです。 また、31日については、「一日飾り」「一夜飾り」と幸せをもたらす年神様を迎え入れるにあたり、一日だけではおろそかであるとされているためです。 正月飾りの外すタイミング。 いつまで飾ればいいの? 正月飾りを外すタイミングは、 「松の内」が終わるタイミングとなります。 松の内とは? 松の内とは、門松を飾っておく期間のことです。 すなわち、 正月飾りで迎え入れた年神様に滞在してもらう期間となります。 松の内はいつまで? 本来、松の内は小正月の1月15日までとされてますが、関東をはじめ、1月7日までとしている地域もあります。 地域毎にタイミングが異なるのは何故でしょうか。 それは、江戸幕府3代将軍の徳川家光の命日に由来しています。 正月行事の一つとして「鏡開き」を行い、正月飾りの一つである鏡餅を割って、食べることで、一年の豊作や健康長寿を祈ります。 徳川家光が1651年(慶安4年)1月20日に亡くなったことから、元々1月20日に行われていた鏡開きを、1月11日に行うこととなり、それが名残として、今でも関東などでは松の内は1月7日まで、鏡開きを1月11日に行います。 正月飾りの処分方法については、 にまとめましたので、参照してみて下さい。 京都の一部では、1月4日に鏡開きを行う地域もあるようですし、地域によって異なるようですので、引っ越しなどで分からない場合には、お近くの神社に問い合わせて下さい。 大事なことですし、神社でも親切に教えてくれますよ。 ふむふむ。 日本の風習には、縁起を担ぐものや、忌日などを避ける由来のものが多いですね。 今も昔も新年を良い一年にしたいと思う気持ちは変わらないといったところでしょうか。

次の

干支の置物はいつからいつまで飾る?置く場所や処分方法は?

正月 飾り いつ 飾る

29日は「苦」に通じる 29日は「二重苦」に通じるので避けます。 「苦持ち」から餅つき・餅飾りに関するアクションをしない地域もありますね。 いずれにせよ縁起を担ぐなら9日は避けた方が良いのでしょう。 一夜飾りの解釈 また、大晦日のお飾りは「一夜飾り」と嫌われます。 大晦日に掛けても年神様が気付かない・間に合わないのでダメって言いますね。 …ということで、 28日に飾りそびれたうっかりさんは30日に出しましょう。 従って 旧暦だと30日に飾るのもアウトです。 28日にお飾りを出しそびれたうっかりさんは、もう年を越せないわけです。 旧暦キビシー!ありがとう新暦!改暦バンザイ! …っていうか、大多数が農民だったころは収穫が終わったら冬ごもりモードだったはずなので、盆も暮れもない現代とは時間感覚が全く違うわけですが…。 日本の神様は夜明けと共にやってくるので、除夜の鐘が始まって夜が明けるまでに出せばギリギリセーフです(でも親戚とかには怒られます)。 梵鐘のリズムに身を委ね、穢れを祓った清い心で飾りましょう。 きっと受け入れて頂けるはずです。 そう信じたい。 よっ年神様、太っ腹!…的な感じでお迎えすれば大丈夫です(多分)。 一般に 松の内の間は飾るものとされてます。 もともと「正月」は1月全体を指していたのに、いつしか門松を飾る「サブセット正月・松の内」が設定され、その「松の内」もなんのかんのと短縮傾向になって15日になり10日までになり7日になり今に至ります。 幕末の世を描いた「半七捕物帳」でも、1月20日くらいの描写として「江戸のころに比べて明治になってからは正月気分が短くていけねぇ」みたいな話があったように思います。 (探したけど正月の話が多くて見つからなんだ。 関東なら7日までは飾っておいて、8日になったら外すのが無難でしょうか。 なお、鏡割りは松飾りを外した後に行います。 外したお飾りは「どんど焼き」へ 役目を終えたお飾りは、地域の「どんど焼き」や「お焚き上げ」に出しましょう。 日時はお寺さんの門前や自治体の広報を見ると割と載ってます。 どうしてもゴミに出すしかない地域で、ゴミ扱いするのが忍びない場合は塩をかけて清めましょう。 自分の正月気分を盛り上げるためのオーナメントとして飾る場合は、いつ飾っていつ外しても大丈夫です多分。 来年カレンダーの12月27日に「お飾りは28日の朝に飾る!」って既に書き込んだアタシにもはや死角などなくてよッ。 昔の百貨店とか11月から門松飾ってたりしましたけど、いま思うとロックよね。 そんなわけで皆さま、お互い追い込み頑張りましょう!.

次の

お正月飾りはいつからいつまで飾ればいいの?処分の仕方は?

正月 飾り いつ 飾る

大掃除のことや門松・しめ縄・鏡餅など、お正月を迎えるにあたって準備するものがたくさんありますね。 事始めの日に煤払いを行って 家中を綺麗にしてから鏡餅・門松・しめ縄などの正月飾りを飾り、歳神様をお迎えします。 大切な歳神様をお迎えするわけですから、失礼なことがないよう 「おもてなし」をします。 その「おもてなし」がさまざまな正月行事や風習なのです。 鏡餅・門松・しめ縄などの正月飾りを飾るのに適した日 一番いい日とされるのが、 一般的に12月28日です。 8は「末広がり」を意味し、良い日だとされています。 鏡餅・門松・しめ縄などの正月飾りを飾るのに適さない日(避けられている日) <12月26日> 6(ろく)という読みから「ろくなことがない」として避ける方もいます。 <12月29日> 29という数字は「二重苦」「苦持ち(餅)」「苦待つ(松)」などを連想させるため縁起が悪い日とされています。 <12月31日> この日にお正月飾りを飾ると「一夜飾り」といわれ、葬式を連想させます。 また、一年最後の大晦日で慌ただしい中で飾るのは神様に失礼にあたるともいわれているため、避けられています。 どうしても12月28日に飾れない・・・という場合もあると思います。 その場合は、縁起を担ぐためにも 「適さない日」を避けて、素敵な新年を迎えたいですね。 Sponsored Link 正月飾りの鏡餅・門松・しめ縄の飾り方は? 鏡餅・門松・しめ縄などの正月飾りにはそれぞれ意味があって願いが込められているんです。 神仏に餅を供えることは『延喜式』にも見られますが、鏡餅が一般に普及したのは室町時代からだといいます。 鏡餅はその形が丸いことに意味があり、三種の神器のひとつである鏡に見立てているとの説があります。 ゆえに、鏡餅というのですね。 餅は中高にして丸く膨らんだ形で2つ重ねます。 その形は心臓を模ったものだともいわれ、生命力の更新を意味しているともいわれます。 大きさの違う餅は、太陽の「陽」、月の「陰」を現わし「福徳重なる」という意味もあります。 丸い形を「円満」を意味し、2つ重ねることで「円満に年を重ねる」とも願われています。 鏡餅の「鏡」には「鑑みる かんがみる 」という意味もあったようです。 鏡餅の飾る場所 飾る場所は、大切な歳神様に供える訳ですから床の間が最もふさわしいです。 しかし、現在では床の間がない家も多いですよね。 そんなときは、玄関から遠く、家の奥まった場所に一番大きく立派な鏡餅を飾るのが一般的です。 それより小さめの鏡餅を、自分の大切だと思う場所にも飾るのも良いとされています。 一昔前は、井戸、蔵、納屋や、また臼や杵、農具などにも小さなしめ縄とともに小餅を供えていたんですよ。 飾る順番 1.三方(さんぽう、または三宝) 2.四方紅(しほうべに)または奉書紙(ほうしょがみ) 3.裏白(うらじろ) 4.紙垂(しで)または御幣(ごへい) 5.楪(ゆずりは) 6.餅 7.串柿、昆布などの縁起物 8.橙(だいだい) 三方(さんぽう)と呼ばれる木製の折敷(おりき)という盆と台がついたものに、四方紅(しほうべに)という四方が紅く彩られた和紙、または奉書紙を敷きます。 その際、三方の正面に四方紅(または奉書紙)の角がくるように敷きます。 その上に、裏白(うらじろ)・紙垂(しで)・譲り葉(ゆずりは)を置きます。 裏白(うらじろ)は、白い方が表になります。 そして餅を置き、串柿・昆布(こんぶ)などの縁起物を飾り、一番上に橙(だいだい)を乗せます。 正月飾りの飾り方(その2):門松の意味と飾り方 門松の意味 煤払いが終わると、「松迎え」といって門松用の松や煮焚き用の木(薪)を山で採ってきて門口に立てます。 門松は、歳神様の依り代だと考えられていて、この門松を目印に歳神様が降りてこられるのです。 現在では、松よりも竹のほうが大きくて印象的ですが、この門松に竹を添えるようになったのは鎌倉時代からといわれています。 冬をしのいで青々としていることからその節操にあやかりました。 松に梅をそえるようになったのは江戸時代に入ってからだといわれています。 松は神の住む彼方の聖地(霊山)を代表する清浄なしるしでもありました。 なお、神事でのサカキ・ササなども同様の意味を持っています。 松は常緑で伐ったあとも日持ちが良く、その青々とした美しさは生命の象徴としてふさわしかったのです。 この門松を飾っている期間を「松の内」といいます。 昔は元日から15日まで、現在は一般的に7日までです。 取り外した門松は、小正月の火祭り(左義長、どんと焼き、鬼火など)で焚きあげ、その煙とともに歳神様が天に帰られていきます。 門松の飾り方 門松は、歳神様に「ここに来てください」という目印になるものなので、門や玄関先に飾ります。 左右一対になっていて、雄松(おまつ)と雌松(めまつ)があります。 門に向って、左が雄松(おまつ)、右が雌松(めまつ)という風に置きます。 雄松・雌松の区別のない門松もあるかも知れません。 そんなときは、竹が三本飾られている門松の場合、2番目に長い竹が外側にくるように置きましょう。 正月飾りの飾り方(その3):しめ縄の意味と飾り方 しめ縄の意味 しめ縄は、歳神様を迎える神聖な場所であることを意味し、そこに不浄なものが入ることを禁ずる印としての縄です。 天岩戸から出てきた天照大神が、二度と天岩戸に隠れられないように縄で戸を塞いだという記紀神話に由来しています。 しめ縄に稲の藁が使われるのは、日本が「瑞穂国(みずほのくに)」と呼ばれていたことによるといわれています。 しめ縄は、藁を左縒(よ)りに縒(よ)り、いくつもの紙垂(しで)が垂らされています。 その紙垂と紙垂の間に、順に三筋、五筋、七筋の縄を垂らすことから「七五三縄」とも書きます。 門松と同じく、松の内の期間に飾っておきます。 そして、小正月の火祭り(左義長・どんと焼き)で焚きあげます。 しめ縄の飾り方、飾る場所 しめ縄の飾り方や飾る場所については、とくに気をつけることはありません。 歳神様を迎える門や玄関を綺麗に掃除してから飾りましょう。 地方や家によっては、家の周囲にぐるりとしめ縄を巻くところもあります。 しめ飾りを小さくした輪飾りは、台所口や車、自転車などに飾ります。 お正月飾りの縁起物の意味 お正月飾りにはさまざまな縁起物があります。 裏白(うらじろ) 穂長ともいわれ長命の象徴とされています。 常緑であることと、左右対称の二枚の葉が対になっていることから、長寿で夫婦円満を意味するものといわれています。 また、葉の裏が白いことから「心の清浄さ」も表現されています。 楪(ゆずりは) 新しい葉が出ないと昨年の葉が落ちないため、その生態にあやかって家々の正しい世代交代を願ったものです。 次の世代に「譲る」という意味とともに、子孫繁栄の思いが込められています。 橙(だいだい) 不老長寿の実といわれ、木から落ちずに大きく育ちます。 それにあやかって代々大きくなって落ちない、代々続くようにと願いが込められています。 昆布 「よろこぶ」に通じ、子生(こぶ)(子供が生れる)の意味もある縁起物です。 串柿 左右に2個ずつ、中央に6個ついたものが良いとされています。 「外はニコニコ、内睦まじく(なかむつまじく)」という意味になります。 生活様式の変化とともに、事始めの日である12月13日に大掃除をするのは難しくなってきました。 現在では、クリスマスが終わった12月26日以降が事始めになりつつあります。 お正月飾りは一般的に12月28日に飾るのが良いとされています。 しかし、どの方法が正しいとか間違っている、ということはありません! 地域や各家で受け継いできた方法で準備をすることが大切なのです。

次の