結婚式招待状 マナー。 結婚式の招待状の返信はボールペンや筆ペンでいい?色は黒のみ?

<会費の払い方から服装まで>【結婚式の二次会】ゲストのマナー完ぺきガイド|ゼクシィ

結婚式招待状 マナー

毛筆か万年筆がベスト• 「御」は線で消す• 「行」は「様」に書き直す ボールペンでも問題ないが毛筆か万年筆がベスト 質問サイトなどではよく「結婚式の招待状はボールペンで返信してもいいのか」という質問を目にしますが、 基本的には毛筆や万年筆のようなものを使用するようにしましょう。 水性の黒インクボールペンでも問題ないと言われていますが、インクが薄くなってしまったペンやグレーのペンは不祝儀を表すためNGです。 「御」は線で消す 結婚式の招待状返信で誰もが一番に思い浮かぶことが、「御」という字を消すということではないでしょうか。 しかし消すといっても、何本線でどのように消せばいいのか疑問に感じている人もいますよね。 一般的には 二本線で斜めに消すのがマナーです。 ただし宛名が新郎新婦の連名だった場合は各々の名前の下に「様」とつけるようにしましょう。 縦書きの場合の返信の仕方 招待状は縦書きの場合と、横書きの場合で返信の仕方が変わってきてしまいます。 まずは縦書きの場合での返信の仕方について紹介していきましょう。 縦書きであれば、 表面は「行」を斜めの二本線で消し左側に「様」を書きます。 裏面は御出席の「御」を斜めの二本線で消し、出席を丸で囲みましょう。 御住所や御芳名も「御」や「御芳」の字を二重線で消し、縦書きで住所や氏名を記載しましょう。 横書きの場合の返信の仕方 最近は横書きの招待状が主流になってきていますが、返信の際には線の引き方に気をつけるようにしましょう。 表面は縦書き同様に「行」を二本線で消し、右側や下に「様」を記入します。 そして裏面は出席の場合は御出席の「御」と御欠席の文字を二重線で消し、出席の文字を丸で囲みましょう。 欠席の場合も同様にするのがマナーです。 横書きは二重線を横向きに引くため、縦書きのように縦の二重線を引いてしまわないように気をつけましょう。 アレルギー記入欄には嫌いな食べ物を書いてもいいの? 招待状の返信ハガキにはアレルギーがある人に対して、記入を依頼していることが多いですよね。 しかしアレルギーではなく、苦手な食べ物で口にすると気分が悪くなってしまうようなものがある人もいると思います。 そんな時、記入をしておくものなのか悩んでしまいますよね。 体調が悪くなってしまう食べ物はアレルギーでなくても記載OK 一般的には口にすると命に関わってしまう、アレルギーのようなものを記載する欄であることは間違いありません。 しかしアレルギーではなくても、 食べることで披露宴の場にいることができなくなってしまう場合は記載をしても問題ありません。 例えば吐き気やめまいなどの症状が出たり、食べることで体調が悪くなってしまうのであれば記入しておきましょう。 時間のかかるようなイラストが描かれていると、自分たちのために時間を費やしてくれていると感じるため喜ぶことは間違いありませんよ。 欠席するときに気をつけるべきマナー 結婚式の招待状が届いたが、どうしても欠席しなくてはいけない状況に陥ってしまった時、返信する際には気をつけなければいけないポイントがあります。 欠席することで新郎新婦に不快な思いをさせてしまわないように、返信するときのマナーを学んでおきましょう。 すぐに欠席の返信をするのはマナー違反 欠席の返信をする時は、招待状が到着してすぐに返信をするのは控えましょう。 すぐに欠席の返信をしてしまうと、新郎新婦は初めから出席をする意思がなかったのだと考えてしまいます。 そのため少し期間をあけてから返信をするようにしましょう。 欠席理由は内容によって明記する 招待状を欠席で返信する時には、欠席理由を記載するものなのか疑問に感じると思いますが、内容によって区別するようにしましょう。 弔事や病気、怪我などが理由で欠席をする場合は、理由をぼかして書くのがマナーになります。

次の

結婚式の招待状作成のマナーと発送のタイミング

結婚式招待状 マナー

結婚式招待状の返信マナーと書き方 結婚式に出席する場合の招待状の返信マナーをまとめました。 必ず抑えておきたい点をご紹介していますので、しっかりと内容をチェックして漏れのないように気をつけてくださいね。 返信は1週間以内を目安に! 招待状の返信は、明記されている返信期限を守るのはもちろん、なるべく早めに出すのがマナーとされています。 新郎新婦は招待客の人数をもとに、席次や引き出物等の準備を開始するという事情があるため、招待状は早く戻ってくればくるほど助かるんです。 返信期間の目安は、招待状を受け取ってから 1週間以内と考えましょう。 また、予定がはっきりせず期限ギリギリまで出欠がわからないという場合は、 新郎新婦に電話やメッセージ等で状況を説明新しておきましょう。 せっかく招待をくれた新郎新婦に余計な心配をさせないためにも、このような配慮を心がけるとスマートです。 《出席》返信の書き方 【表面の書き方】• 宛て名の 『行』を二重線で消して『様』に 書き直す。 定規を使って 二重線を綺麗に引いて消すようにしてください。 【裏面の書き方】• 『御』や『御芳』は寿消しする 『御』や『御芳』は、上から 『寿』と書いて消す方法があります。 招待してくれたことに対し、お祝いの気持ちがより伝わる素敵な返信です。 前後に「慶んで(喜んで)」 、「させていただきます」 などの言葉を追記すると、よりていねいな印象になります。 連名で招待された場合は、出席者全員の名前を明記する 芳名の欄に、連名で招待された 出席者全員の名前を記載します。 招待状に記載がなくても子どもを連れていきたい場合は、まず新郎新婦に確認を。 問題なさそうであれば芳名欄に子どもの名前を追記します。 子どもがある程度の大きさになると席やお料理(お子さまプレートなど)の手配が必要になりますので、招待状返信の際は必ず記載しましょう。 【表裏共通のマナー】 続いて、表裏共通のマナーをご紹介します。 毛筆・万年筆で書く マストではありませんが、できれば招待状の返信は 毛筆や万年筆で書くのがベターです。 ボールペンでもOKですが不祝儀を表すグレーは避けて、 黒一色で書くように気をつけましょう。 線は定規を使って引く 文字を消す際の二重線など、招待状の返信ハガキに線を引くときは、 定規を使ってまっすぐに引くとていねいな印象になりますよ。 句読点は使わない お祝いごとには終止符を打たないとの理由から、結婚式の招待状には『、』や『。 』などの句読点を打ちません。 招待状返信の際にも、句読点を打たないことを心がけましょう。 返信にお祝いのメッセージを! 招待状の返信をする際は、出欠の返事以外に3行程度の短いお祝いのメッセージを添えましょう。

次の

結婚式マナー》ご祝儀袋・会員制・招待状・親族・返信・欠席・お祝い金・靴

結婚式招待状 マナー

結婚式は新郎新婦も、式に招待される人も思い出に残る大切なひと時です。 人生の大イベントといっても言い過ぎではありません。 その結婚式の始まりが、「招待状」です。 結婚式の始まりだからこそ、きちんとしたいものです。 そのために招待状を出す方も受け取る方も気をつけたいマナーがあります。 まず、結婚式の招待状を出す際に主催者側の新郎新婦が気をつけたいポイントをまとめました。 招待状を出すタイミングは? 結婚式をすることを知らせる招待状は、いつまでに出すべきなのでしょうか。 まず挙式の4か月くらい前から招待状を出す人を決めていきましょう。 新郎新婦の間で招待状を出す人が決まったら、自分たちだけで決定してしまうのではなく、お互いの両親、場合によっては親戚にも相談に乗ってもらうのがよいでしょう。 招待する人が決まったら、招待客リストを作成し、招待状の手配をしましょう。 結婚式準備は何かと時間がかかるもの。 結婚式場によっては、招待状作成がパックになっているところもあるので上手に利用して、準備も楽しくできるといいですね。 招待する人には、いきなり招待状を送るのではなく、直接会って、会えない場合は電話やメールなどでお願いしてみましょう。 招待状を出す時には、確実に出席してもらえる人に出すことになるのでその後の調整がとてもスムーズになります。 私は、卒業以来会っていない友人から急に招待状が届いた経験があります。 いきなりの招待状で、結婚したことも知らなかったので、大変驚き「私とそんなに仲良かったかな?」「もしかして人数合わせ?」と考えてしまったほどです。 普段疎遠な人ほど、事前に連絡を取って結婚の報告と式への出席をお願いしておきましょう。 できるなら直接会って、難しい場合は電話で直接話して伝えるのがよいでしょう。 招待状は、挙式の2ヶ月前の大安(または友引)の日に送るのが一般的です。 古くから大安の日の午前中にお祝い事はした方が良いといういわれがあります。 ですので、大安の日の午前中に投函すると良いでしょう。 また、手渡しの場合も大安(もしくは友引)の日にアポイントメントを取って渡しに行きましょう。 招待状の返信期限は挙式の1ヶ月前の大安、もしくは友引の日に設定するのが一般的です。 招待状と一緒に送るものは? 招待状と一緒に何を送れば良いのでしょうか?招待状は、封筒に入れて送ります。 出欠席を教えてもらう返信ハガキを同封しましょう。 返信ハガキには、アレルギーなど体調面で当日配慮した方が良いことがある場合は書いてもらうよう記載しておきましょう。 また、返信ハガキには切手を貼っておきます。 寿用の切手があるので、それを使うとよいでしょう。 そして、会場までの地図も同封しましょう。 他には、一部の招待客にだけ挙式に参列してもらう場合には、挙式の時間と場所も伝えるようにしましょう。 また、祝辞や受付などをお願いする場合には、すでに直接伝えてあったとしても「当日後祝辞を賜りたく何卒宜しくお願いします」と記載した紙を同封するのも忘れないようにしましょう。 返信がない場合には、早めに電話やメールなどで確認し、出席人数を確定させるようにしましょう。 以上が、結婚式の招待状を出すまでに気をつけるポイントでした。 結婚式直前に慌てることのないよう、時間に余裕を持って準備するようにしましょう。 次に、結婚式の招待状が届いた時に、ぜひ気をつけてほしいポイントをまとめました。 招待状の返信のタイミングは? 結婚式の招待状が届いたら、スケジュールを確認してすぐに返信を出しましょう。 新郎新婦は、招待状の返信が集まったら、すぐに席次を決めたり、引き出物を検討したりなど準備を始めます。 返信が遅くなると新郎新婦に迷惑をかけてしまうことになりますので、出来るだけ素早く返信しましょう。 招待状が届いてから2〜3日以内、遅くとも1週間以内がマナーです。 私は友達の結婚式の招待状の取りまとめをしたことがあるのですが、早い人はすぐに返事をくれますが遅い人はこちらから連絡をしてやっと返信してくれたということがあります。 お祝い事ですので、喜びの気持ちを伝えるためにも誠意を持って出来るだけ早く返信しましょう。 もしも調整が難航し、スケジュール確定まで時間がかかる場合には、電話やメールでその旨を伝えておくと新郎新婦に迷惑をかけることが減るとおもいます。 また、残念ながら欠席をする場合は、すぐに返信をするのではなく「スケジュールを調整したけれども残念ながら欠席させてください」という気持ちが伝わるよう、招待状が届いてから1週間くらいしてから出すようにしましょう。 もちろん欠席する場合も返信期限は守りましょう。 返信ハガキの書き方のポイント ・万年筆を使おう 招待状の返信を書く際には、黒色の万年筆、もしくは毛筆で書きましょう。 これはご祝儀袋も同じです。 ボールペンでも構いませんが、その場合ははっきり濃く黒色で書きましょう。 グレーは避けましょう。 ・定規を使おう 出席する場合には欠席を消しますが、その際は定規で二重線を綺麗に引っ張って消しましょう。 「御芳名」「御名前」など自分に向けられた敬称も二重線で消しても良いですが、その代わりに「寿」と朱で書いて消す寿消しという方法もあります。 私が受け取った招待状の返信に、出席のところに「喜んで」出席「させて頂きます」と書かれていたことがあり嬉しい気持ちになりました。 言葉を添えるのも良いですね。 ・句読点を打たない 「、」「。 」の句読点は、「区切り」や「終わり」を表すため結婚式にはふさわしくないとされているので、返信ハガキに書くのはやめましょう。 どうしても句読点を打つ必要がある場合には、スペースを入れたり、改行したりするなどしましょう。 ・忌み言葉を使わない 返信ハガキに、新郎新婦にメッセージを書くことがあると思いますが、その際は結婚式という晴れの日にふさわしい慶びの言葉を書きましょう。 「別れ」や「終わり」を連想させるような言葉を書くことはやめましょう。 また「忙しい」という言葉も心を亡くすと書くので、書かないようにしましょう。 「重ね重ね」なども結婚を重ねるという意味に取られるので使わないほうが良いでしょう。 ・もしも書き間違えてしまったら… 書き損じてしまった場合には、修正ペンや修正テープなどを使って書き直すのではなく、二重線を定規で丁寧に引いて書き直しましょう。 そして結婚式当日に祝電を送ったり、結婚式に出席できない分どこかでお祝いをする席を設けたりするなどの気持ちを表すと良いと思います。 私は高校時代の同級生の結婚式に呼ばれたのですが、大事な仕事の立ち上げ日と重なってしまったため、参加できなかったことがあります。 その際、当日祝電を送り、お祝いを別途渡しました。 「参加したかったけれど、どうしても参加できないのがとても残念だ」という気持ちを言葉だけでなくお祝いという形で表しても良いのではないでしょうか。 当日配慮してほしいことをハガキに書く場合 アレルギーで食べられない食材がある、妊娠していて体調に不安があるなど当日配慮してほしいことがある場合には、「申し訳ありませんがお願いがあります」という言葉を添えて伝えておきましょう。 ハガキだけでなく、メールや電話で直接伝えておくとより伝わりやすいと思います。 早めに知らせてもらえると新郎新婦も席次を決めたり、料理内容を決めたりする時に決めやすく助かります。

次の