膵臓 癌 余命 一 ヶ月 症状。 「膵臓ガン」

膵臓癌の症状で知るべき7つのポイント

膵臓 癌 余命 一 ヶ月 症状

- 目次 -• 膵臓癌の早期発見は非常に難しい 膵臓癌の特徴として、早期に発見されることがほとんどないことがあげられます。 従って、異変に気が付いて精密検査を受けた時には既にかなり進行している場合がほとんどです。 その異変も、胃や背中が重苦しいとか、調子がよくないとか、食欲がなく体重が減少気味というような症状があらわれますが、この症状は他の病気や生活習慣の中でよく起こりうる症状ですので、それが膵臓癌の発見を難しくしています。 膵臓癌のステージ 膵臓癌のステージは体の内部にどのくらい癌が広がっているかを示す目安です。 膵臓癌の5年生存率• ステージ1・・初期段階で腫瘍が2cm以下。 初期にもかかわらず生存率は57%です。 他の癌と比べても極めて低い生存率となっています。 ステージ2・・腫瘍が2cm以上。 生存率50%弱です。 ステージ3・・膵臓周辺の動脈・組織に転移が認められる。 生存率は約25%です。 ステージ4a・・周辺の臓器への転移が認められる。 生存率は約10%となります。 ステージ4b・・下半身の遠隔組織への転移がある。 生存率2~3%です。 ステージ3以後は急に生存率が低くなります。 この原因は再発の可能性が非常に高いことです。 再発率は70~90%にもなり、他の癌と比べても非常に高い数値となっています。 癌が発生した部位や患部の切除、抗がん剤投薬、放射線照射などの治療を受けたとしても再発する可能性が高いわけです。 ステージ4になりますと、余命6ヶ月以下と宣告される場合があります。 手術が成功したとしても1年以内に再発し、膵臓組織の切除により血糖値上昇と糖尿病により余命がさらに短くなります。 余命とは何でしょう? 癌になって治療が難しくなる(ステージ4)と、医師から余命を告げられる場合があります。 しかしこの余命って正確なものなのでしょうか? 医師からあなたは余命3ヶ月と宣告された時、普通はあと3ヶ月ぐらいしか生きられない、治療しなければ後3ヶ月で死が訪れる。 と思うのが普通でしょう。 しかしこれは正しくありません。 余命とは文字通りその人が残りどれだけ生きられるか、という意味ですが、余命宣告された通りに死亡するケースはほとんどありません。 余命の幅が非常に広くその下限値を通常医師は告げています。 勿論告知の余命より早く亡くなられた人も中にはいますが、ほとんどが半年、1年と告知された期日より大幅に長いのが一般的です。 膵臓癌はほとんど治らない病気です たとえステージ1で手術ができても、その多くが3年以内に再発すると言われています。 膵臓癌は再発率が高いのが特徴ですが、ステージ1での5年生存率は約60%ですから約40%の患者さんはステージ1で治療、手術を受けても5年以内に死亡することになります。 一般的に癌にかかった患者数(罹患患者数)と死亡患者数の割合は約2対1くらいです。 しかし膵臓癌だけは癌にかかった患者数と死亡患者数がほぼ同じです。 つまり治療しても確実に死亡するという冷酷なデータがあります。 膵臓癌ステージ4b ステージ4bは遠隔組織への臓器に癌が転移した状態です。 5年生存率は1.4%、手術して3.7%くらいです。 ステージ4と末期症状とは必ずしも同じ意味ではありませんが概ね重複しています。 ステージ4は例え名医でもできることは限られています。 完治や回復は極めて難しい現実があります。 ステージ4の膵臓癌の治療は抗がん剤や放射線治療だけでなく、痛み止めもよく使われます。 痛みを取ることも重要な治療の1つです。 末期の痛みを軽減させて生活の質を向上させることに繋げるためです。 このステージでは根本的に癌を消失させる治療は行いません。 ジェムザールという抗がん剤による化学療法の効果が高いですが、ステージ4では、それも効果が認められないようです。 ジェムザール(塩酸ゲムシタビン)とは高い抗ガン作用を持ちながら副作用が軽いと言われている現在注目の抗がん剤です。 カテゴリから探す•

次の

肺癌 余命3ヶ月 症状

膵臓 癌 余命 一 ヶ月 症状

膵臓について 他のがんと比べるとやや注目されることが少なく感じる膵臓がんですが、当然恐ろしい病気の一つです。 ですが、どういったものなのかあまり知られていないような印象を受けます。 そこでまずは簡単に膵臓と膵臓がんという病気について説明していきます。 膵臓の働き 膵臓は、主に消化を助ける働きを行います。 食べ物を消化するすい液という分泌物を生成し、十二指腸に送り出すはたらきをになっています。 胃液があるんじゃないの? と思うかもしれませんが、胃液だけでは消化は不十分。 膵液があってこそ、食べ物がスムーズに消化され私たちの体内に栄養がいきわたるのです。 さらに、 血液中の糖分の量を調節するホルモンを生成し、血液中に送り出すことで体内の糖分のバランスを整える働きもしてくれています。 膵臓ではほかにもホルモンを生成しています。 膵臓で作られるホルモンの主な働きは• 脂肪をブドウ糖に作り変える• 肝臓に蓄えられたグリコーゲンという物質を、非常時にブドウ糖に作り直す• 余分なブドウ糖を脂肪に変換し、体に蓄えさせる (私たちが「体に脂肪がついた』と言うのも、この働きによるものが大きいとされています。 ) 目立たないけど、私たちの体の中でもかなり重要な臓器の一つなんです。 そもそも膵臓ってどこにあるの? これ、実は私も大学で勉強するまでは知らなかったんですが・・・ すい臓は胃の後ろ側にあります。 長さは約20cm、形は細長い細長い形をしています。 小さな粒粒がいくつもくっついていて、薄黄色をしています。 分かりやすくイメージしてもらうと・・・ トウモロコシを横にしたものが体の中に入っている、といったところでしょうか? また、 働いているときにはピンク色に変化する特徴を持っています。 がんの王様・膵臓がんとは 膵臓がどんな病気かわかったところで、膵臓がんについてお伝えしていきます。 この記事を読み進めていけば、どうしてすい臓がんががんの王様といわれるのかが理解できるかと思います。 膵臓がんには自覚症状がない 膵臓がんとは、文字通り膵臓にできるがんです。 この病気の恐ろしいところは、 初期には自覚症状がほとんどないというところです。 膵臓がんを発症すると、腹痛や食欲低下、体重減少、背中の痛み、黄疸などの症状が徐々に表れるようになります。 ですがこれらの症状、見てのとおり疲労や体調不良、他の病気でも同じような症状が現れてしまうため自分がすい臓がんかどうかの判断が非常につけにくいのです。 また、これは膵臓がんだけでなく急性膵炎・慢性膵炎といった膵臓の病気全般に言えることなのですが、 一時的に症状が治まることがあるのです。 ですが、これは病気が治ったわけではなくあくまで一時的に症状が治まったに過ぎないのです。 実際には体の中で着々と病気が進行しています。 怪しい症状が現れた場合にはすぐに病院を受診しましょう。 膵臓がんの症状 次は、膵臓がん発症によって私たちの体を襲う様々な症状についてです。 大きく分けて、急激な症状と慢性的な症状の二つに大別することができます。 急激な症状 膵臓がんでは、何らかの要因で急激に症状が襲ってくる場合があります。 その多くは飲酒や脂肪分の多い食事といった消化を担う膵臓に過負荷をかけてしまったために起こってしまい、 食後数時間程して体をその症状が襲います。 よく言われている症状としては• 背中を襲う激痛• 吐き気・おう吐• 鳩尾からお腹の左上当たりにかけての広範囲を襲うひどい痛み です。 また、がんにより弱っている膵臓に無理をさせたために膵臓が炎症を起こしてしまう場合も・・・ その場合には膵臓の炎症が治まるまでの約数日、以下のような症状が私たちを襲います。 下痢や胃もたれ、お腹が張るといった胃腸関連の不調を表す症状• 白目や皮膚に黄疸が発生 特に高熱と黄疸は明らかに体が発しているSOS信号です。 すぐに病院を受診して精密検査をしてもらうことをお勧めします。 慢性的な症状 先ほど書いたように、膵臓がんの初期にはほとんどその症状は体に現れません。 そのため、体の調子が悪いのかな? 程度の認識で見落とされがち・・・ ここに、膵臓がん初期に起こる症状を書いておきますので、もし複数思い当たる節があればすぐに病院へ行きお医者さんに相談してもらえたらと思います。 背中や鳩尾~お腹を襲う痛みが慢性化し、かつ痛みが日を追うごとに強くなっている• 食欲低下の低下の慢性化• 特に理由のないにもかかわらず、体重減少が続く• お腹の不調やからくる、全身を襲う倦怠感 体重減少が続く、体を慢性的に痛みが襲うといった状態は明らかに健康な状態とはかけ離れています。 膵臓がんではないにしろ、何らかの病気にかかっている可能性は高いでしょう。 膵臓がんを引き起こす原因には、• 糖尿病• 肥満 が考えられています。 これらは 生活習慣病として現代でも大きな問題となっているものです。 規則正しい生活を送り、適度な運動をすれば防げるとは言いますが・・・正直難しいのが現状なのではないでしょうか。 もしあなたが、 これらの問題を抱えている、不安を持っているなら、下で紹介する森永製菓のページをご覧ください。 【おいしい青汁】に関する情報をまとめたものとなります。 あなたが抱えている多くの不安を、きっと解消してくれるはずです。 糖尿病• 野菜不足による健康への不安• 便秘 あらゆる問題に対応してくれる飲み物として、このおいしい青汁は開発されました。 それでは、いよいよ膵臓がんが進行し、末期になるとどのような症状が起こるのかをお伝えしていきます・・・ 膵臓からのインスリン分泌低下、それに伴う糖尿病の発症 膵臓にあるランゲルハンス島という場所から分泌しているインスリンは、糖尿病と深く関連しています。 ですが、 膵臓の機能が低下しインスリンの分泌量が不安定になってしまうと、体内の血糖値がコントロールできず、糖尿病を発症してしまうのです。 急激な体重減少、低血糖による意識消失 糖尿病の特徴の一つとして、体重減少が取り上げられています。 また、 膵臓がんにも食欲減退、体重減少の症状があるため、それらが重なり急激に体重が減少してしまうと言われています。 また、糖尿病が進行すると低血糖という症状が起きてしまいます。 すると突然意識が消失、つまり気を失ってしまうことも・・・ 排泄物異常 膵臓の機能が低下するわけですから、膵臓が分泌している膵液、つまり食物の消化を助ける液体の分泌量も低下してしまいます。 その影響がはっきりとわかるのが、便の変化です。 通常の便に比べると• 色が明らかに白い• 匂いが異常にきつい• ひどい下痢便が続く などの症状が出てくるようになります。 末期患者の方やそのご家族の声で最も多く聞こえてくるのは急激な食欲不振・体重減少が見られたということでした。 やはり消化に関連している臓器だけにそういった症状が出やすいのでしょうか。 余命は・・・ 膵臓がんになったとして、その余命はどれくらいなのでしょうか? 男女ともに治療が最も難しい病気とされており、『がんの王様』の異名で恐れられています。 治療方法 膵臓がんの治療方法や大きく分けて5つです。 順を追って説明していきます。 手術による治療 すい臓がんを根治させるためには、手術でがん細胞に侵された部分を完全に切除する必要があります。 しかし、すい臓がんはその初期症状のなさから発見が遅れ、発見した時にはかなり重症化していることも珍しくありません。 そのため 病巣を発見した時点ですでに手術不可能なまでに進行していることも多く、膵臓がん患者の中で外科手術を行えるのは患者全体の20~30%程度しかありません。 化学療法 化学療法とは、わかりやすく言えば薬による治療のことです。 主に使われる薬としては• TS-1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)• ジェムザール(塩酸ゲムシタビン)• タルセバ(エルロチニブ塩酸塩) という抗がん剤があげられます。 この中で 内服薬はTS-1のみ、 ジェムザールとタルセバは点滴によって体内に直接投与されます。 膵臓がんはもともとは抗がん剤が効きにくい厄介ながんでした。 しかし、2001年にジェムザールが認可されて以降は生存率が格段に向上したといわれています。 また、点滴による服薬も入院が必要なく、外来にて治療ができるのもこの化学療法の大きなメリットと言えます。 放射線療法 局所進行型の膵臓がんの場合、放射線による治療が行われる場合もあります。 医療機器により体の外から放射線を当て、がん細胞を死滅させることを狙いとしてます。 免疫療法 この免疫療法はまだあまり知られていませんが、 将来的にはがん治療の新しい方法として取り入れられることが期待されています。 方法は簡単で、薬により人間が本来持っている免疫機能を活性化する事から始まります。 活性化した免疫細胞にがんへ攻撃してもらい、がん細胞を死滅。 その後、人間が本来持つ自然治癒能力をフル活用し細胞を治癒していくことを目的としています。 これまでの医学的な考え方とは大きく異なり、 人間のもともと持っている自然治癒力に着目した点で大変画期的ともいえる治療法です。 抗がん剤と違って副作用がほとんどないのもこの治療法の大きなメリットです。 現在一部の医療機関ですでに実証化されてはいますが、その 料金は高額です。 支持療法 支持 療法、とありますが この治療法はがんを治すためのものではありません。 患者のがんによる痛みや苦しみ、不安や恐怖といったものを取り除くことを目的とした治療法です。 モルヒネ、という薬を聞いたことがあるでしょうか? 非常に強い痛み止めで、依存性があるために使用は医師の指示の元でのみ行われます。 こういった薬を用いてがんの痛みや辛さを極力抑え、少しでも長く楽しい毎日を過ごしてもらうこと。 これこそが支持療法のゴールともいえます。 最近よく聞かれる QOL=クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を重視した考え方です。 がんの治療を目的とするのではなく、がんによる痛みや苦痛をなくし残された時間をその人がより良く過ごせるように支援を行うことを第一と考えた治療法です。 痛みはあるのか 支持療法でも書きましたように、 膵臓がんにも痛みはあります。 その痛みは耐えられないほどといわれています。 膵臓がんの場合は特に痛みが現れるのが背中から腰にかけてです。 末期の膵臓がん患者となると痛みが強すぎて、鎮痛剤を飲まなければ動くこともままならないそうです。 家族にできること 最後に、残された家族にはいったい何ができるのでしょうか? 私たちにできること、それはきっと 膵臓がんに苦しむ大切な家族や友人の心に寄り添うことです。 私たちは医者ではありません。 病気を治すことはできません・・・ だからといって何もできないのかというと、決してそんなことはありません!! 体を治すことはできなくても、膵臓がんの痛みや恐怖に襲われ、疲れ切った心を癒してあげることはできます。 心を癒してあげられるのは、医者ではなく、私たち家族です。 膵臓がんの末期症状は、本当につらいものです。 食欲不振、体重減少、背中や腰から襲ってくる激痛・・・ これだけで体はボロボロです。 それに輪をかけるように、余命は短く、治療も困難な病気とされています。 膵臓がんという病気が最も恐ろしいのは、がんの症状や特性そのものではなく、治療法がないという絶望で患者の心を沈み込ませてしまうことかもしれません。 私は介護士として多くの高齢者の方を見てきました。 その中には、不治の病に侵された方たちもいました・・・ その中でも、まるで病気などないかのように笑っている方もいます。 そういった方たちに共通しているのは、 家族が密に会いに来ていること、これだけです。 末期の患者と会うのは、家族としてもつらいものがあります・・・ もしかしたら、元気だったころとかけ離れた姿を見るのが辛くて会えない、という方もいるかもしれません。 ですが、 どうかご家族に皆さんの元気な姿を見してあげてください。 辛い気持ちを抑え、どうか笑顔で話を聞いてあげてください。 家族の笑顔が、家族との会話が何よりの薬です。 私たちにできる唯一の、そして最大の治療は家族として、あるいは友人として残された時間を少しでも楽しい時間に変えていくことなのですから。

次の

末期がん余命1ヶ月の症状で代表的なものは3つと治す方法は?

膵臓 癌 余命 一 ヶ月 症状

プロフィール 60歳男性 すい臓がん 肺転移 相談内容 ・身体に負担のない治療法 ・今まですい臓周辺の転移はなかった。 今回の肺の影は転移か?それとも新たながんか? 全身症状指標(パフォーマンスステータス0~4) パフォーマンスステータス1・・・軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできる。 例えば軽い家事、事務など。 痛みの状態(フェイススケール0~5) フェイス0・・・痛みが全くなく、とても幸せである。 現在の治療内容 放射線とTS1の治療を一ヶ月半。 その後ジェムザールの抗がん剤をするが副作用が強く、6月頃よりジェムザールを60%で2週間に一度の治療。 3ヶ月ごとのCT検査は変化無しでしたが、今年2014、3月4日のCTは肺まで(それまではしていなかった)検査したところ5ミリの影が2つあった。 今後の治療をどうすべきか未定。 主治医の説明 肺への転移があるので、今の抗がん剤が効いていないということに。 強い抗がん剤(TS1+ジョムザール)か他の方法か・・。 決められない。 総合癌診断医 肺の病変については、5mmと大きさが小さく診断は難しいと思います。 以前にCT検査を行っていて、その時に肺に病変がなければ、転移が考えられますが、今回の場合は、以前に検査を行っていないとのことであり、判断できないと思います。 今後、経過観察を行い、大きくなるか、病変の数が増えれば肺転移と診断すべきだと思います。 体に負担とならない治療法としては免疫療法がありますが、まだまとまったデーターは、はっきりとしていません。 主治医と相談してみてください。 詳しくは医師の診察で直接ご相談ください。

次の