ライン き どく つけ ず に 読む iphone10。 ラインが未読のまま!なんでっ?「ラインで未読スルー」男女の理由を比較

【LINE】既読をつけずに読む方法(ポップアップ通知を使う)

ライン き どく つけ ず に 読む iphone10

ホームボタンが無くなったことで いろいろな操作方法が、これまでのiPhoneとは異なっています。 例えば、アプリの落とし方。 特定のアプリだけを終了する、閉じる方法です。 今までだと、 ホームボタンを2回続けて押す(ホームボタンダブルタップ?二回押し) 開いている画面が横並びで表示される 終了させたいアプリの画面を上にスワイプする こういうやり方だったと思います。 これは、2017年に発売されたiPhone8でもやり方は同じです。 しかし、iPhoneXに関していうと、ホームボタンがないので この方法は使えません。 quit apps on iOS. If you have to quit FB, Snap, PoGo, etc. you can still flick. Ish. — Rene Ritchie reneritchie 上の動画だと、わからないと思います(笑) 文字で書くと・・ まずはマルチタスク画面を起動します。 マルチタスク画面とは、アプリの切り替えをする画面です。 これを表示するには、 iPhoneの画面下部から上に向かってスワイプ(指を滑らせる)し、少し動かしたところで指をとめる(ホールドする)と起動します。 前までの方法だと、このマルチタスク画面で 終了させたいアプリを選び、上にスワイプすれば消えていったのですが iPhone10では、上にスワイプしようとしてもできません。 このマルチタスク画面が表示されたら 終了させたいアプリの画面をホールドします。 つまり、その場所で指を止めます。 押し込むのではなく、指を止める感じがホールドです。 この「ー」マークをタップする(指でチョンと触る)とそのアプリが消えていきます。 もしくはこの「ー」マークが表示された状態で上にスワイプすれば終了できます。 手動でアプリを強制終了すると電池の持ちが悪くなることがあるらしい これはぼくは、正直全然気にしないのですが 一応、そういうこともありえます、という話でご紹介しておきます。 Appleとしては ・アプリが反応しなくなる等の不具合がある場合以外は強制終了は推奨しない ・iOSは設計上、動作していないアプリは自動的に「凍結」される(スタンバイモード) ・効率的にメモリやバッテリーなどのリソースを抑えられるようになっている ・むしろアプリを強制的に落とすことでCPUリソースとバッテリーを無駄に消費することになる とのことなんです。 なので、基本的には アプリを手動で終了させる必要などない というのがアップルの考え方です。 アプリに不具合が発生し、動かなくなった時だけ落としてね、ということ。 スタンバイモードのアプリなら、次にそのアプリを使おうと開くときは すぐに開くことができるが もし完全に終了してしまっているアプリなら また一からメモリに読み込みが必要になってしまい その結果、余計にバッテリーを消費することになる これで、余計にバッテリー消費が増えてしまうことがあるとのことです。 しかし、実は、 バックグラウンドにあるアプリでもけっこうしっかり動いているアプリがあるわけで。 それは Background App Refresh を有効にしているアプリなんですが そういったアプリは、バックグラウンドにあっても モバイル通信や位置情報サービスへアクセスできます。 なので、ある程度動いているということ。 どういうアプリがあるのかは・・ 設定 > 一般 > Appのバックグラウンド更新 をみてみてください。 ここに、バックグラウンドでも一定の動作をするアプリ一覧があります。 つまりここでオンにしているアプリは バックグラウンドにいっても動作し続けるということです。 アプリにバックグラウンド更新をさせない方法 なので、それを動作させないためには この 「Appのバックグラウンド更新」のところで 「オフ」に設定すればいいわけですが たとえばマップアプリのように、バックグラウンドで動作し続けてほしいときと そうでないときがあるアプリもあると思います。 そういうときには、やはり この「Appのバックグラウンド更新」はオンにしておいて バックグラウンド更新が不要なときは アプリを強制終了する という方法が良いのではないか、とぼくは思います。 そうすることで、メモリの消費もバッテリーの減少もおさえることが可能です。 ・・・とはいうものの 実はぼくも、最近は、ほとんどアプリの強制終了はしていません。 なぜなら、 ・iPhone自体のメモリが増えてきて、アプリの動作で動きが鈍くなったり反応しづらくなることがほとんどなくなった ・予備バッテリーを持ち歩いている バッテリーが減っても、予備バッテリーがあれば安心です。 正直、iPhoneを使っている人は全員、予備電池を持ち歩くことをぼくはおすすめします。 それさえすれば、 新しいiPhoneを持っている人は、アプリの終了をいちいちやる必要はないと思います! 予備バッテリーのAmazonおすすめはこちら 超小型予備バッテリー.

次の

ラインが未読のまま!なんでっ?「ラインで未読スルー」男女の理由を比較

ライン き どく つけ ず に 読む iphone10

LINEのトークルームで送信したメッセージは、相手に見てもらえると「既読」の文字がつきます。 相手に読んでもらえたかどうかがわかる便利な機能ですが、既読になっているにも関わらず、なかなか返事がないと、いろいろと気をもんでしまうものです。 すぐには返事を出せない状況のときなど、自分が相手のメッセージを読んだことを知られたくないケースもあるでしょう。 そうして余計な心配をかけないために「既読」をつけたくないというユーザーはとても多いのですが、残念ながら現時点のLINEではユーザーが既読表示を自由に制御することはできません。 しかし、「既読」をつけないでメッセージを確認する方法がないわけではありません。 既読がつかないようにしてメッセージを読む方法を解説します。 3Dタッチ機能の「Peek ピーク 」をつかって既読つけずにメッセージが確認できます。 さきほどのトークリストの未読メッセージがあるトークルームでPeek 軽く押す することで、トークルームをのぞき見することが可能なりますので、トークリストで途切れていた長いメッセージや写真、スタンプでも既読をつけずに読むことができます。 Peek 軽く押す 操作からさらに深く押す Pop 操作を行うとトークルームに入室して既読がついてしまいます。 3Dタッチをきちんと扱えていないとコツを掴むまで練習が必要です。 またトークルームを見ることはできますが、スクロールできませんのでメッセージが多い場合は全てを確認することはできません。

次の

LINEの既読をつけない方法

ライン き どく つけ ず に 読む iphone10

目次クリックで見たい所へジャンプします。 3Dタッチができない原因 3DタッチでLINEの既読をつけずに読もうとしても、できない!! そんな時にチェックしてもらいたい原因が3つあります。 iPhoneが3Dタッチに対応していない• 3Dタッチの設定がOFFになっている• タッチが浅い この3つが考えられます。 それでは、解決方法を紹介していきましょう! iPhoneが3Dタッチに対応していない 3Dタッチができない!と思った時に、まずは確認して欲しいのが、あなたの iPhoneが3Dタッチに対応しているかどうかです。 3Dタッチに対応しているのは、iPhone6s以降のモデルになるので、それより前のモデルでは3Dタッチはできず、既読をつけないでLINEのメッセージを読むということができません。 まずは、あなたの機種をチェックしてみて下さいね。 3Dタッチの設定がOFFになっている 3Dタッチの設定は、購入した状態のままであれば、3Dタッチの設定はONになっています。 ですが、いろんな設定をいじっているうちに、気がつかないうちに、OFFにしてしまっているかもしれませんので、3Dタッチが使えないときは、一度確認をして見てください。 3DタッチをONにする方法• 「設定」のアプリを開く• ONにする ONになっていたらグリーンになっている タッチが浅い 3Dタッチは、 思っているよりもギュッと押さえないと、なかなか反応してくれません。 画面が割れないかな・・・と心配になるかもしれませんが、ゆっくりギュッと押してみてください。 もし、3Dタッチが使いにくいなと思った場合は、3Dタッチの感度を上げてあげると、使いやすくなるかもしれませんので、一度試してみてください。 3Dタッチの感度の変え方• 「設定」のアプリを開く• 「3D Touchの感度」を「強い」にする 感度を強くすると、3Dタッチを軽く長押しするだけでも、反応してくれやすくなります。 スポンサーリンク LINEの既読問題、私はこうやって対処してます LINEの既読は、便利な面もあれば、不便な面もありますよね。 「読んだんだったら、さっさと返事しろ!」と思われるのが嫌だなと感じる人も少なくないのではないでしょうか。 はい・・・私もその一人です。 でも、わざわざ3Dタッチで既読をつけないように読むのも面倒だなということもあるし、3Dタッチをミスって、既読がついてしまうこともありますよね。 そんなときは、私の場合は潔く待ってもらってます。 既読がついちゃって、返信ができないとき「しばらくお待ちください」のようなメッセージが入ったスタンプを押します。 返信ができない時って、誰でもあるし、お互い様。 「 メッセージは読んで、返信する予定がある」ということだけ伝えておくということをしたら良いと私は思っています。 ただ、スタンプを押したまま、メッセージを返し忘れてしまった経験もありますけれども・・・。 スポンサーリンク 既読がついて、返事が返ってこないと不安になる前に LINEのメッセージに既読がついたけれど、返事が返ってこない・・・そんなこともよくありますよね。 私と同じように、読んだけれど、メッセージを返すのを忘れるパターンもあります。 ただ、相手も忙しくて返せていないという場合もありますので、 慌てずに返事を待つようにしましょう。 特に、急ぎではない場合は、2日か3日ほど待ってみて、返事がなかったら、再度、こちらから、メッセージを送ってみると良いです。 スポンサーリンク まとめ 3Dタッチができないときは、3点をチェックしてみてください。 iPhoneが3Dタッチに対応していない• 3Dタッチの設定がOFFになっている• タッチが浅い そして、LINEの既読をつけてしまってすぐに返事ができない時の対処法や、既読がついたのに返事がない場合の対処方法について紹介しました。 LINEの既読はあまり神経質にならずに、お互いにマイペースにコミュニケーションが取れると良いですね。 sponsored link.

次の