台風15号。 復興への取り組み今も 【台風15号】

令和元年東日本台風

台風15号

気象庁は19日、日本に昨年上陸して大きな被害をもたらした台風15号を「令和元年房総半島台風」、19号を「令和元年東日本台風」と名称を定めた。 台風を名付けるのは1977年の「沖永良部台風」以来、43年ぶり。 台風は大きな災害につながった場合に名称が付く。 気象庁は2018年、名称を定める基準を「損壊家屋1000棟以上、浸水家屋1万棟以上」などと設定した。 台風15号は損壊家屋が、19号は両方が基準に達した。 台風15号は19年9月に千葉市付近に上陸し、暴風で長期間の停電が発生した。 総務省消防庁によると損壊家屋は全壊391棟、半壊4204棟。 台風19号では10月、関東甲信や東北地方で多くの河川が氾濫し、死者と行方不明者は計102人に上った。 損壊家屋は全壊3280棟、半壊2万9638棟。 浸水家屋は3万棟以上に達した。 気象庁の関田康雄長官は19日の記者会見で「名称が利用されることで、災害の経験や教訓が後世に効果的に伝承されてほしい」と話した。 【池田知広】.

次の

台風15号、千葉市付近に上陸 関東地方は暴風域に:朝日新聞デジタル

台風15号

ただでさえ政府や自治体の台風災害に対する初動の遅れが指摘されている中、災害住宅の9割が政府から何の支援も受けられないとは、まったくお話になりません。 早速9月24日、読売新聞の一面に次のような記事が掲載されました。 住宅一部損壊 国支援へ 台風15号 屋根修理 特例で 政府は、台風15号による千葉県などの住宅被害に対し、現行制度では国の支援対象外となる 一部損壊を特例的に救済対象とすることを決めた。 特別交付税の活用などで、一部損壊の大半を占める屋根の修理費補助について、 公費の9割を国が負担する。 国土交通省は23日、国の支援内容を千葉県に通知した。 ~2019. 24 読売新聞 朝刊~ 台風による強風で屋根が飛ばされたり、あるいは壊されて浸水の被害を受けたにも関わらず、半壊に至らない「一部損壊」の住宅に対しても弾力的に支援しようとするものです。 被害住宅のうち、一部損壊についても国の支援対象になることは、私たちにとって歓迎すべきことです。 つまり、こういうことです。 屋根の修理費の 「2割程度」を国や自治体が負担する。 上記の2割の内、約半分の 「1割」を国交省の 「防災・安全交付金」から支出する。 残りの1割の内、その8割分については総務省の 「特別交付税」から支出する。 要するに、被災者の自己負担は 「8割!」となります。 国土交通省が 「1割」負担し、総務省は 「0. 8割」負担し、自治体が 「0. 2割」負担するといった内容です。 日本では、大災害はこれからも間違いなく起こります。 しかし、安倍首相が首相で存在する限り、日本は災害に対して脆弱と言う他なく、今後も被災者は安倍首相に苦しめられ続けるでしょう。

次の

台風15号、千葉市付近に上陸 関東地方は暴風域に:朝日新聞デジタル

台風15号

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 千葉県内に大きな被害を出した台風15号が通過した9日未明、同県館山市で秒速約52メートルの最大瞬間風速を記録していたことがわかった。 海上自衛隊館山航空基地の滑走路上で観測した。 気象庁の観測記録によると、館山市で過去に観測された最大瞬間風速の1位は50・0メートル(1979年10月19日)。 気象庁と海自では観測条件が異なるため単純な比較はできないが、これまでに気象庁が館山市で観測した最大瞬間風速を上回ったことになる。 海自第21航空群司令部広報室によると、観測したのは9日午前2時31分で南西の風だった。 午前0時半に東南東の風で秒速約27メートル、同1時半に南東の風で約38メートルを観測した約1時間後に秒速約52メートルを記録した。 館山航空基地は館山市中心部から西に約3キロ離れた館山湾沿いにある。 気象庁の館山観測所は市中心部の住宅街の中にある。 気象庁の観測では、館山市では9日に秒速48・8メートルの最大瞬間風速を記録した。 (川上眞).

次の