常磐 道 あおり 運転 暴行。 【令和のお騒がせ事件1】常磐道あおり運転暴行事件 ~宮崎文夫と喜本奈津子危険なカップルの愛のドライブ~

常磐道あおり運転犯人のナンバー特定?静岡や愛知でも同様行為!【動画】

常磐 道 あおり 運転 暴行

テレビ朝日の玉川徹氏が8日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」 月~金曜前8・00 に生出演。 10日に常磐自動車道で起きたあおり運転の末、暴行を加えた運転手に「社会的な制裁が必要」と厳しい口調で訴えた。 番組では、10日に茨城県常磐自動車道で起きた「白い車」によるあおり運転トラブルを特集。 被害男性が運転する車のドライブレコーダーには、白い車は5分間で車間距離を詰める、急ブレーキを踏むなど19回もあおり運転をくり返し、さらに高速道路上で車を無理やり止めさせ、顔面を殴打するなど被害男性に暴行を加える映像がはっきりと映し出されていた。 この白い車は今回のトラブル以外にも、静岡県内、愛知県内でもあおり運転を行っていた可能性が高いことも伝えられた。 番組MCの羽鳥慎一アナウンサー(48)は「これはかなり悪質。 一時的な感情の盛り上がりではなく、何回もやっているんですから、そういう人間性なんでしょう。 車のトラブルですから、あおり運転というくくりにはしましたけど、傷害事件ですね」と不快感をあらわにした。 玉川氏は「こういう時にひどい目に遭わないためにというのばっかりをやってるんですけど、確かにメディアの役割はなるべくケガをしないためにと伝えるのも役割ですけど」としたうえで「ちょっとこのケースに関してはやっぱり社会的な制裁が必要なんじゃないかな」と怒り心頭。 「もちろん、刑事事件になると思います。 なんで逮捕されていないかっていうと、お盆だから。 お盆で警察は動いてないんですね。 こんなに簡単にわかる話ない。 ナンバーもわかって、映像もあるし、逮捕されない理由もないと思う。 逮捕されても、どういう刑事罰になるかっていったら、初犯だったら別に有期刑受けるってことはないんですよ」と状況を説明しつつ、「そういうことで考えたら、我々が逮捕された段階で顔も名前も出すことでしょうね。 今は逮捕されてないから出してないだけ。 社会的にそういうことは許されないことなんだ!ってことを認知させる必要が我々にはあるんじゃないでしょうか」と続けた。

次の

常磐道あおり運転暴行の同乗女性として根拠なしに特定人物の名前が拡散。名前を出された女性は否定(篠原修司)

常磐 道 あおり 運転 暴行

常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件の容疑者と同乗していた女性だとして、特定の人物の名前(以下、被害女性)が『Twitter』やトレンドブログを中心に拡散しています。 しかし、この被害女性が車に同乗していたという情報に根拠はありません。 初期に拡散していたユーザーはアカウントを削除 明確な情報元がないため、どのアカウントが最初に「同乗女性はこの人物である」と投稿したのかまでは突き止めきれていません。 上記のユーザーはどちらもアカウントを削除してネットから消えており、彼らの投稿を根拠にした情報の信ぴょう性はなくなっていると言えます。 顔は画質の問題や写真(動画)の角度から判断が分かれるところなので(私刑をしたいユーザーは「似ている」と言い張ると思うので)ここでは取り上げませんが、服装は一致していません。 根拠としてTwitterで拡散している被害女性の服装(左・インスタグラムより筆者キャプチャ。 モザイクは筆者加工)と同乗女性の服装(右・YouTubeのANNnewsCHより筆者キャプチャ) (1分53秒あたり)を見ればわかりますが、ツイートで拡散している写真とボトムのデザインが一致していないことは明らかです。 被害女性は『Facebook』で関係を否定 名前を出された女性は、自身の『Facebook』で「起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください」と、「あおり運転暴行」事件の容疑者との関係を否定しています。 また、心配しているであろう知人のコメントに「警察行ってきます」とも返信しており、同乗女性である可能性はゼロに近いと思われます。 この件について被害女性にお話を伺ったところ「警察には相談しましたが、事件にならないと動けないそうです。 そのため、まずは私が営んでいる事業のホームページ上で声明文を掲載する準備を弁護士に進めてもらっています」とのコメントも得ました。 根拠なしにネット私刑は明らかな間違い 「あおり運転暴行」事件の容疑者については、その名前が報道される前にも『5ちゃんねる(2ちゃんねる)』の書き込みから「名前は金村竜一ではないか」という情報が拡散していました。 しかし、その名前ではなかったことは報道ですでに皆さん知っていることでしょう。 事件の犯人を許したくない。 罰を受けるべきだ。 との気持ちは理解できますが、根拠のない情報をもとにネット私刑(リンチ)をすることは絶対に間違っています(根拠があっても許されることではありませんが)。 被害女性を同乗女性だとするツイートを拡散・投稿している人は、今からでもそれを取り消すべきです。 2019年8月17日21時13分追記 被害女性のコメントを追記しました(「被害女性は『Facebook』で関係を否定」の段落)。

次の

常磐道あおり運転の宮崎容疑者、キーエンスの元同僚が語る「浮きまくり」過去|ニフティニュース

常磐 道 あおり 運転 暴行

テレビ朝日の玉川徹氏が8日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」 月~金曜前8・00 に生出演。 10日に常磐自動車道で起きたあおり運転の末、暴行を加えた運転手に「社会的な制裁が必要」と厳しい口調で訴えた。 番組では、10日に茨城県常磐自動車道で起きた「白い車」によるあおり運転トラブルを特集。 被害男性が運転する車のドライブレコーダーには、白い車は5分間で車間距離を詰める、急ブレーキを踏むなど19回もあおり運転をくり返し、さらに高速道路上で車を無理やり止めさせ、顔面を殴打するなど被害男性に暴行を加える映像がはっきりと映し出されていた。 この白い車は今回のトラブル以外にも、静岡県内、愛知県内でもあおり運転を行っていた可能性が高いことも伝えられた。 番組MCの羽鳥慎一アナウンサー(48)は「これはかなり悪質。 一時的な感情の盛り上がりではなく、何回もやっているんですから、そういう人間性なんでしょう。 車のトラブルですから、あおり運転というくくりにはしましたけど、傷害事件ですね」と不快感をあらわにした。 玉川氏は「こういう時にひどい目に遭わないためにというのばっかりをやってるんですけど、確かにメディアの役割はなるべくケガをしないためにと伝えるのも役割ですけど」としたうえで「ちょっとこのケースに関してはやっぱり社会的な制裁が必要なんじゃないかな」と怒り心頭。 「もちろん、刑事事件になると思います。 なんで逮捕されていないかっていうと、お盆だから。 お盆で警察は動いてないんですね。 こんなに簡単にわかる話ない。 ナンバーもわかって、映像もあるし、逮捕されない理由もないと思う。 逮捕されても、どういう刑事罰になるかっていったら、初犯だったら別に有期刑受けるってことはないんですよ」と状況を説明しつつ、「そういうことで考えたら、我々が逮捕された段階で顔も名前も出すことでしょうね。 今は逮捕されてないから出してないだけ。 社会的にそういうことは許されないことなんだ!ってことを認知させる必要が我々にはあるんじゃないでしょうか」と続けた。

次の