阪急 電車 広告。 「阪神電車」と「阪急電車」の違い~阪神間を結ぶ二つの電車の「これまで」と「これから」

炎上した阪急電鉄の広告 ネットユーザーが地獄のミサワと合わせ話題に

阪急 電車 広告

もくじ• 庶民的な「みなさまの阪神電車」、上質な空間の「マルーン色の電車」 阪神間の海側を走る阪神電車、山側を走る阪急電車 「阪神電車(阪神電気鉄道)」は、大阪のキタの中心・梅田と、神戸・三宮を主な路線とする、全長48. 3キロの鉄道です。 「阪急電車(阪急電鉄)」は、梅田を中心にして、神戸・宝塚・京都を結ぶ、全長143. 6キロの鉄道です。 阪神電車は、JR線の海側、そして阪急電車(阪急神戸線)は、JR線の山側を走っていますが、阪神間は、このJR線を境に、まったく違う雰囲気の世界を醸し出しています。 阪神電車は「下町の電車」、阪急電車は「山手の電車」 「阪神電車」の沿線は、古くからの住宅や工場が密集する地帯で、阪神タイガース、競輪・競艇場といったものも存在していて、駅前に降りるとどこもなんとなく懐かしくなる、下町の光景が広がっています。 深い木目調で統一された車内は、つり広告も少なく、内容もなんとなく上品なものばかりです。 「下町の電車」と「山手の電車」の「熱いバトル」の歴史 「待たずに乗れる」か「綺麗で早うてガラアキ」か!? 「阪神電鉄」は、1905(明治38)年、日本で初めてとなる都市間高速電車として開業したのがはじまりの会社です。 「阪急電鉄」は、1910(明治43)年、「箕面有馬電気軌道」として、現在の宝塚線・箕面線を開業した会社です。 その後、大阪と神戸の間に路線をつくることを計画して、1920(大正9)年に「神戸線」を開業しました。 阪神電車は、並行して走る国鉄(現在のJR)に対抗するため、短い駅間、高速走行にこだわり競争してきたのですが、すぐ近くに阪急電車が開業したため、直接のライバルは阪急電車に変わりました。 そこで阪神電車は電車のさらなるスピードアップを図り、また4分ごとに急行・普通電車を走らせるなど、 「待たずに乗れる阪神電車」 いうキャッチフレーズで売りました。 一方で、阪急電車も、先輩格の阪神電車との違いをアピールするために、社名を「阪神急行電鉄」に変更したり、阪神電車より高速運転を行ったり、開業時、新聞には 「綺麗で早うてガラアキで、眺めの素敵によい涼しい電車」 と、路線の特徴を示してアピールするなどしました。 電車だけでなく、沿線開発でも最大のライバル! 沿線開発でも、阪神電鉄は阪急電鉄のライバルでした。 阪神電鉄は沿線の甲子園に住宅や遊園地、球場を作るなどして、乗客を沿線に誘致することに熱心に取り組みました。 全国的に有名なのは、 「阪神タイガース」 であり、「高校野球大会」でしょう。 一方で、阪急電鉄も、積極的に神戸線沿線に住宅のみならず、学校などを誘致しました。 そして、阪神電鉄が「阪神タイガース」を誘致したのを見て、甲子園のすぐ近くの、今の西宮北口の駅前に「西宮球場」をつくり、 「阪急ブレーブス」 というプロ野球球団も作りました。 また、六甲山も、阪神・阪急はライバルとして競って開発しました。 「最大のライバル」が「兄弟」に!~そして阪神間の未来に向けて 「阪神大震災」と「株の買占め」がライバル同士を変えた! そんなライバルの二社を一致団結させたのが、1995(平成7)年の阪神大震災であり、2006(平成18)年の、ファンド会社の阪神電鉄株式買占めをきっかけとした、阪急電鉄による阪神電鉄の子会社化でした。 阪神大震災では、阪急・阪神・JRの阪神間3路線すべて大きな被害を受けましたが、JRがいち早く復旧を遂げたため、それまで阪急・阪神両線を利用していた乗客まで奪ってしまいました。 そのような中、ファンド会社が阪神電鉄の株式買占めに向けた動きを取っていることがわかり、阪神電鉄の経営を守るために阪急電鉄が阪神電鉄の株式を引き取り、子会社化したのです。 こうして、開業以来「最大のライバル」だった両社が「兄弟」になったのです。 そして、次の100年へ~阪神間の足としての「新しい取組」と、「伝統の継承」 今では 「阪神電車」と 「阪急電車」は、それぞれの沿線の独自カラーを守りつつも、様々なところで協力しながら運営しています。 阪神電車は「山陽電車」や「近鉄電車」との乗り入れにも力を入れており、沿線から姫路や大阪なんば、奈良にも一本で行けるようになりました。 以前と比べるといろんな電車が乗り入れるようになって、乗客の皆さんにも楽しみが増えたのではないでしょうか。 一方で阪急電車は、伝統の 「マルーン色の電車」に磨きをかけ、沿線のお客さまの足として今日も走り続けています。 ぜひ、梅田から阪神電車・阪急電車に乗車したら、運転席の後ろの車両に乗ってみてください。 阪神電車に乗ると、西宮あたりから右手のほうから迫ってくる雄大な六甲山の姿に圧倒されます。 また阪急電車に乗ると、西宮北口を過ぎたあたりから沿線の街並みや、左奥に見えるキラキラ輝く海にうっとりすることでしょう。 このような風景を毎日見て通勤・通学する人々は幸せだと思います。 このように、100年以上にわたって切磋琢磨しながらも阪神間の足として変わらず走り続けてきた 「阪神電車」と 「阪急電車」。 これからも私たちの足としてながく活躍しつづけてもらいたいですね。

次の

阪急電車中吊り広告一覧と会社は?手取り30万がトレンド入りの理由

阪急 電車 広告

関西の大手私鉄、阪急電鉄の中吊り広告が物議を醸した。 働く人を応援するメッセージを掲示した企画列車を走らせたところ、「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活…」などの言葉が共感を集めるどころか、SNSで怒りを買い、阪急電鉄は11日から同列車の運転を取りやめた。 阪急電鉄と企業ブランディングを手がけるパラドックスがコラボした広告は1日から始まっていた。 8両編成の企画列車では、中吊り広告が通勤通学する人へ向けた約80種類の応援メッセージで埋め尽くされた。 神戸本線や宝塚本線、京都本線で運行されていた。 世代や業種を越えた「はたらく人たち」の言葉のうち、SNS上で最も議論となっているのは、「毎月50万円もらって毎日生き甲斐の無い生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか(80代研究者)」というメッセージ。 「疲れてる時に見たら普通に吐き気する」「毎月50万もらえることが生き甲斐になるから、50万円ください」「30万ももらってないけど」などと働く人の神経を逆なでしてしまったようだ。 一方、「僕らは、人を派遣してるんじゃない。 新しい人生を発見してるんだ(20代・人材派遣営業)」というメッセージには、「意義ある頑張りは美しいし、喜ばれる」と肯定的なコメントもある。 「朝バタバタしている時に飛び乗った電車で会えたからなぜか心ほっこりしてる」という意見もあった。

次の

広告について|TOKK トック|阪急アドエージェンシー

阪急 電車 広告

阪急電車と、株式会社パラドックスのコラボした中吊り広告「はたらく言葉たち」が炎上している。 炎上した中吊り広告 「毎月50万円をもらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか」という阪急電車の中吊り広告が炎上している。 ネットでは、「手取り給料は月30万円もなく、面白い仕事でもない」と反発が起きている。 コメント 炎上の背景には、阪急沿線は富裕層が多いというイメージがあったと思う。 阪急グループと言っても「鉄道系」「不動産系」「百貨店系」と微妙に社風が違うと思う。 「鉄道系」は、保守をされる社員も多く、男性っぽい職場という面もあるが、「不動産系」「百貨店系」はセレブ度がより高いと思う。 それにしても、東京以外の私鉄の「中吊り広告」が全国的に注目されるとは、複雑な感じがする。 SNSって、いいこともあるが、逆に悪いこともある。 ブログを書くのは楽しいが、SNSで絡んでくる人がいると嫌な気分になる。 しかし、書きたいことを我慢するのも、楽しくない。 「書きたいことを書いて炎上するか? 書きたいことを我慢して、普通の記事を書く」のどちらがいいのかと考えてしまう。 とりあえず、阪急電車の炎上を受け、一部の記事を削除しました。 話は変わるが、やっぱり、京都人はすごいと思う。 電車で騒いでいる子供がいると、京都人は、その親に「お子供さんは、元気でよろしおすなあ」と表面上褒める。 そう言われた親は「ありがとうございます」と京都人にお礼を言うが、京都人は「子供がうるさい」という意味で言っている。 京都人は1200年前から炎上しない処世術を身に着けていたのかもしれない。 京都人風に「神戸人って繊細な人が多いから、再開発が進まないのかもしれない。 」と書けば、炎上しないのかもしれないといろいろ考えてしまう。

次の