ドコモ スマホ。 NTTドコモ「docomo with」対象スマホの選び方

【2020年6月】ドコモのキャンペーンまとめ! 月額と端末の割引を分かりやすく解説

ドコモ スマホ

さらに、2020年1月1日からは 無条件で30GBが増量される「」が適用されるので、毎月最大60GBまで速度制限なしで利用する事ができます。 月額料金は6,980円(税抜)。 ただし、新たに申し込む場合には無条件で「」が適用されるので、 6か月間は毎月1,000円が割引 されます。 たくさんネットを利用する人用のプラン• 毎月7GB以上使用するならお得• データ容量の繰り越しができない• 月に7GB以内しか利用しないのなら「ギガライト」のほうがお得 使った分だけの ギガライト 「ギガライト」は、使ったデータ量の分だけの料金を支払う段階性のデータ容量プランと、通話基本プランがセットになっている料金プラン。 月額料金は税抜きで、• 1GBまで:2,980円(3,150円)• 3GBまで:3,980円(4,150円)• 5GBまで:4,980円(5,150円)• あまりネットを利用しない人用のプラン• 毎月7GB以内で使用するならお得• データ容量の繰り越しができない• 月に7GB以上使用するなら「ギガホ」のほうがお得 みんなドコモ割 「」は、同一「」グループ内で 音声通話が可能な料金プランを契約している人数 によって、• 家族2人:500円• 家族3人以上:1,000円 が「ギガホ」「ギガライト」の月額料金からずっと割引されるサービス。 割引は「ギガホ」「ギガライト」を契約している回線全員に適用され、旧プランを契約中であっても同一「」グループ内で音声通話が可能な料金プランを契約していればカウント対象になります。 ただし、2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランのみ、カウントの対象外になっているので注意して下さい。 月額料金は7,480円(税抜)。 ただし、新たに申し込む事で「」が適用されるので、 12か月間は毎月1,000円が割引 されます。 また、現行プランと違い 定期契約(2年契約)ありを選ぶ事はできず、最安料金にしたい場合は支払いを または (家族カード含む)に設定する必要があるので注意して下さい。 月額500円高い• 毎月最大100GBまで使える• 容量超過後も送受信最大3Mbpsで使える• 定期契約(2年契約)あり が選べない 使った分だけの 5Gギガライト 「5Gギガライト」は、使ったデータ量の分だけの料金を支払う段階性のデータ容量プランと、通話基本プランがセットになっている5G専用の料金プランです。 月額料金は税抜きで、• 1GBまで:2,980円(3,150円)• 3GBまで:3,980円(4,150円)• 5GBまで:4,980円(5,150円)• ギガライト データ通信量 1GBまで 3GBまで 5GBまで 7GBまで 通信料金 2,980円 3,980円 4,980円 5,980円 (家族3人の場合) -1,000円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 - -500円 -1,000円 -1,000円 月額料金 1,980円 2,480円 2,980円 3,980円 これはドコモを一人で利用する場合に、できるだけ料金が安くなるように計算した月額料金のシミュレーションです。 月に使用するデータ容量を1GB以内に収めれば 「ギガライト」で月額1,980円(税抜)から、毎月7GBまで使用したとしても「」を適用させれば月額3,980円(税抜)で利用する事ができます。 ただし、契約と同時に携帯電話を購入する場合には、別途本体代金の請求があるので注意して下さい。 ギガホにした場合の最安プラン料金シミュレーション ギガホ ギガホ (データ容量30GB) 6,980円 7,150円 (半年間) -1,000円 (家族3人の場合) -1,000円 -1,000円 月額料金 3,980円 7カ月目以降4,980円 これは、ドコモのスマホを「ギガホ」で利用する場合に、できるだけ料金が安くなるように計算した月額料金のシミュレーションです。 家族で を組む事で「」が適用されるので、「」も適用させる事ができれば 月額3,980円(税抜)から 利用できる事がわかりますね。 「ギガホ」の場合、新規で申し込む事で「」が適用されるので半年間は1,000円割引きされます。 また、「」も適用されるので、毎月最大60GBまで速度制限なしで利用する事ができます。 代表回線 (ギガライト 5GB) 子回線 (ギガライト 5GB) 子回線 (ギガホ) 通信料金 4,980円 4,980円 6,980円 5分通話無料オプション 700円 700円 700円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 月額料金 3,680円 3,680円 5,680円 これは、家族でドコモのスマホを利用した場合の月額料金の一例です。 現実的に考えるなら、通話オプションは5分通話無料があったほうが使いやすいですし、スマホを使うなら毎月5GB程度はデータ通信をする事を前提で料金を見積もったほうが確実だと思います。 一人が「ギガホ」にしたとしても、家族3人以上で「」も適用させれば、毎月13,040円(税抜)、 一人あたり4,346円(税抜)で利用できる計算になりますね。 このくらいの金額を見積もっておけば、実際に契約しても大きく食い違う事は少ないと思います 契約前に確認しておきたいドコモの割引キャンペーン ドコモには申し込みと同時に適用される様々な割引サービスがあります。 サービスによって適用条件と還元方法が異なっているので、内容を確認して適用条件を満たせるようであれば積極的に活用していきましょう。 2020年「ドコモの学割」 2020年の「ドコモの学割」は、25歳以下の利用者が、• 乗り換え(MNP)• 新規契約• キャンペーン期間は、 2019年12月1日~2020年5月31日 まで。 ただし、「ギガホ」で申し込む場合は「」が併用不可、「ギガライト」で申し込む場合は「」が併用不可となっていて、同時に適用条件を満たした場合には割引率の高い「ドコモの学割」が優先されるので注意して下さい。 ドコモの料金プランの変更時期について質問です。 Androidは月々サポートがあり、2年間は安い料金です。 でも、iPhoneは実質機種代ゼロ円なので、1年間の機種拘束をすぎれば機種変更可能なはず。 その時のタイミングでiPhoneの2台だけプラン変更したらよいのか、家族全員でまとまったプラン変更がよいのか、わかりません。 まだしばらくは子供も同居です。 それぞれの契約月も違うため、どこを重視しないといけないのかさっぱりです。 できるだけ安くするにはどうしたらよいでしょうか? コメントありがとうございます。 料金プランをアドバイスするにあたり、料金の比較に影響がない事から通話プランは無料通話分のない「シンプルプラン」と仮定、また購入したiPhoneは月々サポートがないという事で実質0円ではなく「一括0円」で購入したと仮定してお答えいたします。 もちろん家族の中で7GBもいらないよ!っていう人がいればもっと安くなりますし、「ギガホ」にしたいという人がいれば一人あたり1,000円月額料金が増えます。 その際、代表回線のウルトラシェアパック30はそこまでいらないくなるので、適正なデータ容量に変更しましょう。 複雑に感じますが、「みんなドコモ割」や「光セット割」は家族に旧プランの人がいる場合でも適用可能です。 また、iPhoneの1年間の機種拘束もプラン変更であれば問題なく行う事ができます。 コメントありがとうございます。 あらー、残念でしたね。 AQUOS Rシリーズは毎年夏に新モデルが発売される傾向にあるので、今後購入される場合の目安にしてみて下さい。 ただし、価格に関しては「AQUOS R3」は89,424円で2年後に端末を返却したとしても実質負担額は59,616円です。 ベティ-さんは、5月14日に「AQUOS R2」を購入したという事で最低でも2年間で67,392円の月々サポートでの割引が受けられるはずなので、実質負担額は23,328円という事になります。 さらに「AQUOS R2」はドコモに返却する必要もない事を考えると、かなりお得なんじゃないでしょうか。 〇ドコモを家族で利用する場合の最安値料金シミュレーション 新料金プラン「ギガライト」の場合 に記載いただいている金額が異なるのではないでしょうか。 「ギガライト」プランに記載されている ~1G 1980円 ~3G 2980円 ~5G 3980円 ~7G 4980円 となっていますが、これは、ドコモを3回線以上の契約をしている場合の金額です。 サイトにも「「みんなドコモ割」(3回線以上)適用時の月額料金です」と記載されていますので。 そのため、3回線未満の場合だと ~1G 2980円 ~3G 3980円 ~5G 4980円 ~7G 5980円 が正しい金額だと思います。 現在、ARROWS NX F-02Gを4年2ヶ月使用していて、機種変更を検討しています。 現在のプランはシンプルプラン+シェアパック15G 6名でシェア で、ドコモ光も契約しています。 Dカードゴールドの特典10,800円分が今年5月末に付与されたら、それを使ってそれ以降に変えようかなと漠然と思っていたのですが、春頃から通話料が引き下げられて、機種代金が上がると人から聞いたので、特典の利用を考えずに早めに機種変更してしまった方が得なのだろうかと迷っています。 ドコモのサイトを見る限りでは、オンラインショップで、キャンペーンがある間に、ドコモwith対象機種を購入するのが1番良いのかなとは思っているのですが、5月までに変えないといけないのかなと思ったり。 もし分かれば、いつまでにどういったプランや機種を選ぶといいか、アドバイスをいただければ幸いです。 よろしくお願いします。 コメントありがとうございます。 まず、「いつまでに」についてですが、携帯料金のプランは発表されてから適用までに少なくても1周間程度は期間があるのが一般的なので、新料金プランが発表されてから機種の割引が廃止されるまでの間に「新プランと旧プランのどちらがお得か」を判断して機種変更するのが確実だと思います。 次に「どういったプランや機種を選ぶといいか」ですが、みひ様の仰るとおり今のプランのままdocomo with対象機種を購入するのが一番お得だと思います。 みひ様の環境だとdocomo with対象機種を購入後、3年目以降の月額料金は280円となり、機種代金と料金プランが分離される以上、今後ここまで安く利用できる確率はかなり低いと思います。 コメントありがとうございます。 小池さんの場合はガラケーからの乗り換えなので、併用できる割引キャンペーンは、 ・docomo with ・ウェルカムスマホ割 ・ご家族紹介特典 ・機種変更応援プログラム ・ケータイ補償サービス ・下取りプログラム ・ドコモ光セット割 ですね。 docomo withはGalaxy Feel2を購入すれば自動適用になり、ウェルカムスマホ割はドコモショップの場合は口頭での申し込み、ドコモオンラインショップなら「お客様情報と配送先の入力」画面で、「ウェルカムスマホ割を申込む」にチェックする事で両方を適用させる事ができます。 ただし、「ご家族紹介特典」は事前に申し込みが必要なので注意して下さい。 月額料金はドコモ光の割引と端末料金込みで、契約から1年間の月額料金が5,918円、2年目が7,538円、3年目以降が5,918円になるという事ですね。

次の

[2020年6月]ドコモ最新スマホ機種変更おすすめ15選|iPhone・Android別にご紹介!

ドコモ スマホ

NTTドコモの割引プラン「docomo with」は、対象端末を購入すれば、毎月1,500円の割引がずっと続くお得なプラン。 対象端末も増え、選べるバリエーションも広がった。 そんなdocomo withの対象となるスマートフォン10機種の特徴を解説する。 現在、docomo withを契約中の場合、引き続き、割引は継続されます。 ただし、適用条件を満たさなくなった場合、割引適用は終了となります。 目次 ・毎月の割引額は低いが、2年以上保有するならお得な「docomo with」 毎月の割引額は低いが、2年以上保有するならお得な「docomo with」 スマートフォンにかかる毎月の利用料金は概して高い。 そんな料金面の不満を解消する方法として、SIMフリースマートフォンと、MVNO各社の提供する格安SIMカードの組み合わせに注目が集まっている。 だが、通信キャリアもただ手をこまねいているわけではない。 NTTドコモの「docomo with」も、そんな格安SIMの対抗策となる割引プランだ。 docomo withでは、対象となる端末を購入することで、月額1,500円の割引が継続して受けられる。 端末の割引として一般的な「月々サポート」や「端末購入サポート」は、最大で24か月間の割引だが、docomo withはそうした制限がなく、次にdocomo with対象外の端末に機種変更したり、その回線を解約するまでずっと割引が続く。 つまり、端末をひんぱんに買い換えるつもりがなく、2年以上使い続ける人に適した割引メニューなのである。 そんなdocomo withの対象機は、いずれも、ミドルクラスの性能を備えた製品だが、個性的な製品を取りそろえている。 以下、各製品の特徴を解説していこう。 FeliCaポートや防水対応ボディを備えたiPhoneがラインアップに追加 アップル「iPhone 7 32GB」 2019年2月27日よりdocomo withのラインアップに加わる(32GBモデルのみ)。 「iPhone 7」は、iPhoneシリーズとしては初の防水対応ボディ(IP67等級)や、FeliCaポートを備えるなど、国内でニーズの高い機能を取り入れたモデルだ。 FeliCaポートを使えば「Apple Pay」を使った電子マネー機能が利用可能となり、同サービス対応の店舗での電子決済や、公共交通機関の切符や定期券として利用できる。 メインカメラは、約1,200万画素のシングルレンズ仕様で、4K動画の撮影に対応する。 このほか、イヤホン端子が非搭載となり、アップルの「EarPods」や、サードパーティー製のワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを使ったワイヤレス接続が基本となる。 なお、同梱の変換コネクターを介してLigitningポートに有線イヤホン・ヘッドホン接続も可能だ。 カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色。 端末の価格は42,768円(税込。 一括払いの場合)で、docomo with対象機として先行発売中の「iPhone 6s 32GB」と同じになる。 縦長ディスプレイやAIシーン認識カメラなど万人受けする機能とコスパが魅力 シャープ「AQUOS sense2 SH-01L」 docomo with対象モデルの中でも高い人気を誇っている「AQUOS sense」の後継モデル。 基本コンセプトである、普段使いに適したバランスのとれた性能と、シンプルでクセのないデザインが継承されている。 5インチの縦長IGZO液層ディスプレイだ。 前モデル「AQUOS sense」の約5. 0インチと比較すると、画面が縦方向に伸びたことで表示面積が約23%増加したが、持ちやすさに影響するボディの横幅については1mmコンパクトになった。 基本性能を大きく左右するSoCも、「Snapdragon 450」を搭載することでAQUOS senseと比較して約20%のスピードアップを果たしている。 これにより、前モデルではやや弱かった処理性能が、LG「LG style L-03K」や、富士通「arrows Be F-04K」と並ぶことになった。 カメラ性能も、イメージセンサーのサイズを大型化することで、ややネックだった高感度撮影が強くなっている。 また、AIシーン認識機能「AIオート」が搭載されたことで、カメラ任せの撮影でも失敗写真の発生を抑えられ、かなり扱いやすくなった。 万人受けするバランスのとれた性能を備えつつ、端末価格が31,752円(税込)で、競合機種よりも安め。 SNSなどのコミュニケーションをメインにしたコスパのよいdocomo with対象機だ。 画面サイズ(解像度):約5. 1 Wi-Fi:IEEE802. 画面サイズが、約4. 7インチから約5. 6インチへ大幅に拡大され、ボディもひと回り以上大きくなった。 特徴のひとつである有機ELディスプレイは、黒の表現にすぐれコントラスト比の高い映像と、応答速度の速さによる残像の少ないキレのよい動画再生が楽しめる。 ハイエンドモデルでの採用が進んでいる有機ELの魅力を手軽に体験できる製品だ。 前モデル「Galaxy Feel」の約170時間という「電池持ち時間」には及ばないが、現行のdocomo with対象機としては最高の約140時間を実現しているのも魅力。 実際に使ってみても、バッテリーの消費はゆるやかだ。 基本スペックは、サムスン製のSoC「Exynos 7885」に4GBの大容量RAMと、32GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードという構成。 特に、4GBのRAMは、docomo with対象機の中では最大で、アプリのスムーズな切り替えで威力を発揮する。 また、処理の重めのアプリを動作させても動作には余裕があり、ゲームなども比較的快適に動く。 処理性能やグラフィック性能といった点で見ると、現状のdocomo with対象Android機としては、頭ひとつ以上抜け出た存在と言える。 42,120円(税込)という価格は、docomo with対象機としては「iPhone 7」に迫るもので高価な部類だ。 だが、有機ELディスプレイが欲しい、軽快な動作にこだわりたい、ゲームも快適に楽しみたいなど、性能に余裕を持たせたいなら本機が適している。 画面サイズ(解像度):約5. 1 Wi-Fi:IEEE802. 2015年登場のモデルだが、各種の機能の向上に加え、速度の全般的な向上が予定されている次世代OSの「iOS 12」へのバージョンアップ対象にも含まれており、ソフトウェアの面では、今でも最新機種と同等の機能を利用できる。 ホームボタンは感圧式の「3D Touch」で、指紋センサーを兼ねる。 プロセッサーは「A9」が使われるが、対象モデルのストレージ容量は32GBのみとなっている。 なお、現状最新モデルの「iPhone Xs」と比較したハードウェア上の大きな違いとして、ボディが防水・防塵に対応していないほか、Apple Payで使用するFeliCaポート、ワイヤレス充電機能などが搭載されていない点などがある。 端末の価格は一括払いの場合、42,768円(税込)となっており、アップルストアで発売されているSIMフリー版よりも安い。 カラーバリエーションは、ゴールド、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールドの4色が用意されている。 画面サイズ(解像度):約4. 5インチの縦長「FullVision」液晶ディスプレイを備えるほか、SoCもミドルレンジ向け「Snapdragon 450 SDM450(1. 特にRAMとストレージ余裕があるので、実用性はかなり高い。 機能面も充実している。 接続インターフェースも、NFCおよびFeliCaポートを、指紋認証および顔認証機能、ワンセグチューナーを備えている。 画面サイズ(解像度):約5. 1 Wi-Fi:IEEE802. 指紋認証センサーや「Exlider(エクスライダー)」などで使い勝手が向上 富士通「arrows Be F-04K」 docomo with対応第1弾として登場した「arrows Be F-05J」の後継機。 前モデルは、RAMやストレージの容量が少ないベーシックモデルという位置づけだったが、本機は3GBのRAMと32GBのストレージを備えるなど、実用上必要十分なレベルの基本性能が確保された。 むしろ本機の特徴は、ボディのタフネス性能で、前モデルからさらに強化されている。 米国国防総省の調達基準MIL STD-810Gの対応項目が、従来機種の14項目から、23項目へ増加した。 その内訳は以下の通り。 耐衝撃性能も高められ、1. 22mの高さからラワン材の床への落下だったものが、1. 5mの高さからコンクリート床への落下に耐えるようになっている。 また、泡タイプのハンドソープを使ってボディ全体を洗うことができ、衛生的に使うことができるのも美点だ。 小さな子供に一時的に貸し与える場合など、ボディの破損や衛生が気になるというユーザーにとって、本機は最も適した選択肢と言えるだろう。 画面サイズ(解像度):約5. 1 Wi-Fi:IEEE802. OSはAndroid 7. 1がプリインストールされているが、Android 8. 0のバージョンアップファイルが配布済み。 なお、2017年11月の発売当初のアナウンスによれば「発売後2年間、最大2回のバージョンアップ」が保証されている。 付加機能の面でもコストパフォーマンスの高さが光る。 ボディは防水・防塵に対応しているほか、FeliCaポートや指紋認証センサーも装備。 裏表両方で差込のできるUSB Type-Cポートを備え、「QuickCharge 3. 0」に対応するNTTドコモの「ACアダプタ06」などを利用すれば、容量2,700mAhのバッテリーを約140分でフル充電可能だ。 本機は、価格重視のユーザーにとって最適な製品ではあるが、価格と性能のバランスにすぐれており、引き続き高い人気となりそうだ。 画面サイズ(解像度):約5. 1(Android 8. 0へバージョンアップ可能) Wi-Fi:IEEE802. 基本性能は、CPUに、ミドルレンジのクアッドコアSoC「Snapdragon 435 MSM8940(1. OSはAndroid 7. 1だが、2018年10月に待望のAndroid 8. 0へのバージョンアップファイルが配布された。 前モデル「MO-01J」と比べてRAMとストレージが増設されており、アプリのインストールにも余裕があるため、より長く快適に使うことができるだろう。 本機はいたってシンプルな構成なので、SIMフリー機と格安SIMカードの安さに惹かれつつ、サポート面でちょっと不安があるというライトユーザーに適した1台と言える。 画面サイズ(解像度):約5. 1(Android 8. 0へのバージョンアップ予定あり) Wi-Fi:IEEE802. シリーズを通じた大きな特徴である、バイブレーション機能を組み合わせた押し応えが感じられるタッチパネルと、シンプルかつ洗練されたデザインのオリジナルホーム画面の組み合わせがもたらす操作性はそのままだ。 スマートフォンの操作に不慣れでもわかりやすいユーザーインターフェイスと言えるだろう。 本機は、「らくらくスマートフォン 4」をベースにしつつ、ガラケーとのデータ交換に使う赤外線通信ポートを省略するなど、多少のコストダウンが図られている。 だが、約4. 5インチの有機ELディスプレイや、CPU「Snapdragon 625 MSM8953」、2GBのRAM、16GBのストレージなど基本性能部分に変更はない。 また、「らくらくスマートフォン4」と同じく「Google Play」に対応しており、一般的なスマートフォンと同じようにアプリの追加も可能だ。 本機は、シニア向けケータイを使い慣れたユーザーがはじめて持つスマートフォンとして適している。 画面サイズ(解像度):約4. 1 Wi-Fi:IEEE802. シリーズ最大の特徴であるバイブレーション機能を組み合わせた押し応えが感じられるタッチパネルと、オリジナルのホーム画面の組み合わせがもたらすシンプルでわかりやすい操作性はそのままだ。 前モデルと比較すると、SoCのアップデートやRAMの増量など基本スペックが全般的に高められている。 その中でも大きな改良点は、有機ELディスプレイの画面サイズが従来の約4. 5インチから約4. 7インチにサイズアップしつつ、初期設定時のフォントサイズも1. 17倍拡大された点だ。 これに加えて、画面をタッチして表示を拡大する機能も搭載されているので、文字の視認性がかなり高められている。 このほか、血管の健康状態を計測する脈波センサーや、写真に写った花を検索するカメラアプリ「花ノート」を搭載するなど、シニア向けの健康管理やエンターテインメント向け機能も充実している。 スマホであまり複雑なことをしないという方で、文字の見やすさを重視するなら本機はいいチョイスだろう。 端末価格は43,416円(税込)だ。 画面サイズ(解像度):約4. 1 Wi-Fi:IEEE802.

次の

ドコモの機種変更で安いスマホはどれ?おすすめ機種の比較【2020年4月版】

ドコモ スマホ

9x73. 7x7. 9x73. 7x7. 9 mm 約152x69x7. 9 mm 約161. 9x73. 7x7. 8 mm 約162x75x8. 9 mm 未定 約170x78x9. 2 mm 約157x69x8. 8インチ 2,436 x 1,125 約6. 9x71. 4x8. 0x77. 8x8. ドコモオンラインショップには、• 頭金なし• 待ち時間がない• 事務手数料無料• 2,500円以上の購入で送料無料 など様々なメリットがあり、特にドコモショップや店頭で購入する際に 通常3,000円~10,000円程度かかる「頭金」がかからない のが大きなメリットです。 例えば、私が「Xperia 1」に機種変更した時の例だと、ドコモオンラインショップの場合は本体代金の103,032円のみだったのに対し、近隣のドコモショップでは、事務手数料の2,160円と頭金の8,640円が上乗せされ113,832円になっていました。 ドコモオンラインショップから購入するだけで 10,800円も安く購入できる のはお得ですよね! コメントありがとうございます。 持ち込みでもドコモショップであればしっかりと使い方やプランを教えてもらえますよー。 ただし、アドレス移しは店員さんがさわってはいけないはずなので、やり方を教えてもらいながら自分でやる事になると思います。 おすすめのスマホですが、画面が大きくて安い機種っていうのがなくてですね・・・。 7月に発売予定の「LG style2 L-01L」という機種が唯一画面が大きい格安モデルになっています。 普通のサイズで良いのであれば、「AQUOS sense2」や「arrows Be3」が国内メーカーで使いやすいと思います。 それと、ガラケーからであれば「」が適用されるので、今使っているガラケーは一緒にドコモショップに持っていって下さいね!.

次の