ヒトラー 予言。 第三次世界大戦を予言?ヒトラーの終末予言まとめ5選【都市伝説】

ヒトラーの予言「2039年人類は消滅し日本で神人が誕生。」に隠された真実とは

ヒトラー 予言

「それから起こることが全部わかるように感じた。 人類の未来が全て、私の前にありありと見えだした。 『そうだ、その通りになる。 おまえにはわかる。 「アドルフ、おまえは選ばれた。 試練にも耐えた。 おまえはドイツ民族を率いてヨーロッパを制覇する。 新しい世界を打ち立てる。 それがおまえの使命だ。 おまえがそれをやらなければ、今世紀後半も21世紀も、 ユダヤが地球を支配することになる。 金も食糧も兵器もユダヤが支配する。 世界はユダヤとその代理人どものものになる。 だからユダヤを打ち倒せ。 そして政権を手にすること、50歳で戦争を始めることを告げる。 「さらに(ヒトラーが)生まれてから100年目、150年目 もうおまえはいないにしても、そのとき人類は新しい次の段階を迎える。 それが何かも、いずれおまえだけに教えよう……」 ヒトラー生誕より100年目と150年目に、それぞれ人類は新しい段階を迎えるという。 100年目とは1989年。 この年、ベルリンの壁が崩壊し、米ソ冷戦が終結。 そして日本では昭和天皇がご逝去され、新しい元号である平成が始まります。 150年目の2039年。 その中のわずか100人ほどのエリートだけを集め、語られた予言があります。 その予言は「 ヒトラーの最終予言」や 「ヒトラーの究極予言」と呼ばれています。 その予言の中でヒトラーはこう語りました。 2039年1月、人類は地球からいなくなっている。 ヒトラーの予言を要約すると以下のような内容です。 その時人類には真の究極の状況が起こっている。 その時人類は、今言っているような意味での人類は地球からいなくなっている。 1989年から1999年まで、世界は天変地異と戦乱の中にあり、一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢えることになる。 2000年以後は状況が一層ひどくなる。 今までの文明は砂漠しか残さない。 ドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。 人類は2039年に人類以外のものに「進化」する。 そうでなければ「退化」してしまっている。 それは 「神人」(ゴッドメンシュ)と呼ばれる。 ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない 「ロボット人間」になっている。 それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、ロボットのような人間を大量に生み出す。 ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になる。 彼らは団結して地球を支配する。 それまでのあらゆる危機や問題は、神人たちの知能と力で急速に解決される。 戦争も気候も経済も、神人たちによって制御され、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。 食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、思想さえも与えられる。 自分で選択して勝手に生きているのだと思う。 しかし、実は神人たちがすべてを見通して、管理工場の家畜のように彼らを育て飼うことになる。 一方は限りなく神に近いものへ。 他方は限りなく機械的生物に近いものへ・・・ 「神人」と「ロボット人間」 ヒトラーは最終予言で、戦争終結後の世界の動向について語った後、2039年に人類に起こることについて言及しています。 2039年1月25日に、神の方に進化する「神人」と、それ以外の「ロボット人間」になる者と人類が分かれる、と。 この「神人」と「ロボット人間」についてはいろいろと推測がなされています。 少なくとも両者には、 支配する側とされる側という明確な違いがあるようです。 ヒトラーは2039年以降の世界についても語っています。 2089年から2099年にかけて、 「完全な神々だけの世界」と「完全な機械化生物」だけの世界に分かれた世界ができあがる。 地上には機械化生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになる。 ヒトラーの法則 私が予言を読んでいて気になったのは 「ロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。 自分で選択して勝手に生きているのだと思う。 」 という点です。 大衆は自ら考え自分で選択しているつもりでも、実は外部から与えられた情報や雰囲気で、大衆を意のままに動かす。 これは マインド・コントロールの定義です。 ヒトラーはマインド・コントロールの手法を用いて演説を行い、大衆から熱狂的な支持を得たことは歴史的にもよく知られた事実です。 ヒトラーの政策上の言葉で、 「ヒトラーの法則」と呼ばれるものがあります。 大衆は限りなく愚かで、感情だけで動く。 優しくしたり威圧したりして、大衆も政権も簡単にモノにできる。 選挙の極意とはこういうものだ。 青少年には車とオートバイと美しいスター、音楽と流行と競争だけを与えてやればいい。 大衆の頭から「考える力」を抜き取る。 あとは車とスターと流行と音楽の力を借りて、大衆をけしかければ、彼らは武器を抱いて地獄の底へでも突っ込んで行く。 そのためにも、 大衆や青少年には、真に必要なことを何も教えてはならない。 必要がないバカのようなことだけを毎日教えろ。 それで競争させろ。 笑わせろ。 ものを考えられなくさせろ。 真に必要なことは、大衆と青少年を操るものだけが知っていればいい。 この「ヒトラーの法則」は、今まさに世界中の国々で行われているのです。 テレビや新聞といったマスコミ、映画や音楽といった娯楽など、ヒトラーの法則に基づいて製作されています。 TBSテレビ入社式で代表取締役会長・井上弘の挨拶の言葉をご存知でしょうか? 1998年 新人の入社式上での発言 「テレビは洗脳装置。 嘘でも放送しちゃえばそれが真実」 2002年 新人の入社式上での発言 「社会を支配しているのはテレビ。 これからは私が日本を支配するわけです」 2003年 新人の入社式上での発言 「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」 メディアが神人だとは思いません。 ですが「ロボット人間」を製造する計画はもうすでに始まっているかもしれません。

次の

ヒトラーの予言まとめ!70年前の言葉が的中しまくっている

ヒトラー 予言

ここから、ヒトラーの予言を紹介していきます! 1989年以降…富裕層と貧困層の格差が激しくなる ヒトラーは予言の中で、 「1989年以降、2つの極はますます進む」としています。 これが何を意味しているのかについて、様々な議論がされてきました。 結果論になりますが、一つはっきりしているのは 「富裕層と貧困層の格差」が激しくなったという点です。 第二次世界大戦が終わり、東西冷戦も鎮静化を見せ始めており世界経済は急速に成長しました。 こうした2つの極はますます進み、難しい状況を作っています。 1989年以降…世界中で大規模な災害が発生する ヒトラーは2つの極が進むにしたがって、地球や宇宙にも大変動が起きると考えました。 そして、 「世界中でいまだかつてない大規模な災害が発生する」との予言を残しています。 1989年以降を見ると、日本でも地震や台風、火山の噴火など自然の猛威を見せつけられているんですね。 世界に目を向けても、同じ事が言えるのでヒトラーの予言は当たっていると言われています。 スポンサーリンク 2001年以降…ユーベルメンシュが現れ人類を支配する ヒトラーは2001年以降に、 「超人(ユーベルメンシュ)」が現れると予言しています。 1989年以降に起こる危機的な状況で、 誰もが待ち望む救世主のような存在です。 ユーベルメンシュに従えば、物事が上手く行くので人間はその者に惹かれ従うようになるとのこと。 見た目は同じ人間ですが、中身は大きく進化しており、彼らの子孫が今後増え続け今までの人類は滅ぶと予想されています。 2014年…第三次世界大戦が勃発する ヒトラーは2014年という年月に特別な思いを持っており、具体的な予言を残しています。 「2014年に世界規模の戦争が起こり、アメリカやヨーロッパは深い傷を負う。 それでも人類は滅亡していない」 今ほど情報が溢れていない時期に、ここまで具体的な年月を指定して予言ができているのは驚きではないでしょうか? 結果的に2014年に第三次世界大戦は勃発しておらず、ヒトラーの予言は外れたことになります。 それでも、当時のヒトラーは2014年に何かを感じ取ったのかもしれませんね。 スポンサーリンク 2039年…人類は神の領域へと進化する ヒトラーの予言で、まだ到来していないのが 2039年の予言です。 「2039年になると、人間は"神の領域"へ進化を遂げるだろう。 そうしなければ人類は滅亡するのだから」 ヒトラーは進化した人間を 「神人」と表現しており、数次元の空間を操り、様々な知能を手に入れるとのこと。 神人が登場したなら、進化できなかった人間は「奴隷」のような扱いを受けるとヒトラーは予言しているんですね。 2000年以降に「超人」が誕生し、そこから「神人」への進化が始まるのだから具体的な感じがするでしょう。 2099年…宇宙人が地球に襲来し大戦争が始まる 2039年に神人へと進化した人類ですが、ヒトラーによると次の予言に備えるための過程とのこと。 「2099年にとうとう宇宙人が地球を襲ってくる。 神人と宇宙人の大戦争が始まるだろう」 これは、 ヒトラーが側近にだけ明かした秘密の予言です。 神人と宇宙人の戦争という内容なだけに、書籍にしても誰も信じてはくれないと予想したとのこと。 ヒトラーの予言によれば、この大戦争は3年ほど続き神人が勝利するようです。 ヒトラーの予言まとめ ヒトラーは、民衆からの支持を得られる才能を持っており、予言者としての一面もあります。 彼の予言は具体的な内容が多く、「人間は進化するべき」との思想を強く感じるでしょう。 ヒトラーの予言は、専門家が研究を続けているので、今後の新しい発見に期待したいですね。

次の

ヒトラーの予言「2039年人類は消滅し日本で神人が誕生。」に隠された真実とは

ヒトラー 予言

独裁者 20世紀、最恐最悪の独裁者として名高い「ヒトラー」こと、アドルフ・ヒトラー。 ヒトラーは、オーストリア出身のドイツの政治家です。 優れた政治的手腕を発揮し民衆を扇動して、権力の階段を一気に駆け上がっていきました。 1921年にナチス党の党首となり、1933年にドイツ首相に就任します。 翌年、ナチス第三帝国の総統となったのです。 強力な独裁政治を続けた結果、ユダヤ人を迫害します。 第二次世界大戦を引き起こした、張本人もこのヒトラーです。 オカルティズム ヒトラーの演説を実際にその目で見た人々は、「彼は悪魔に取り憑かれたようだった」と表現しています。 このことからも窺えるように、実はヒトラーは オカルティズムを崇拝していたのです。 占星術や魔術にも深い関心を持っていました。 そして、異星人から高度な科学技術の情報を入手し、V2ロケットや大陸間弾道弾ミサイル等を開発して作ったという話まであります。 不死身の男 ヒトラーのIQが150近くあったということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 実は、他にも霊的感性も優れていたと言われています。 ヒトラーは自ら志願して第一次世界大戦に参戦しているのですが、彼は4年の間になんと40回以上の戦闘に参加して6回もの表彰を受けています。 しかも、前線で一番危険な任務を自ら買って出ていたという強者。 命の危ない場面は何度もありましたが、奇跡的に何回も命拾いし、彼は決して死ぬことがなかったので、同僚の兵士たちから「不死身の男」と言われるぐらいでした。 ヒトラーが的中させた予言とは? 霊的な能力が優れていたと上記で説明しましたが、ヒトラーはその霊によって命の危機が迫ると、回避するよう命令されていたと言っています。 その霊が人類の未来をヒトラーに見せたようです。 それが、ヒトラーが的中させたと言われる予言たちなのですが、 当たりすぎていて正直ちょっと怖いくらいです…。 ・ロケットあるいはミサイルの出現 ・コンピューターやロボットの出現 ・同盟国日本の参戦に関するもの ・ドイツ国民車(フォルクスワーゲン)とアウトバーン(速度無制限道路)の出現 ・宇宙・月への進出 ・日本への原子爆弾投下に関するもの ・ゴルバチョフ書記長に関するもの これらはヒトラーが生きた時代では想像に容易いものではないはずですが、彼には見えていたというのでしょうか。 ヒトラーによる未来の予言とは? またこれから起こりうる未来の予言もヒトラーはしています。 2039年以降のヒトラーの予言 「2039年1月、人類は地球からいなくなっている」そして、1月以降、 人類は神のほうに進化し「神人」になる者があらわれ、彼らは数次元以上の知能と能力をもち、あらゆる危機や問題は「神人」が解決してくれる。 残りはただ操られ、働いたり楽しんだりする完全に受動的な「ロボット人間」と化している。 「ロボット人間」は「神人」の言いなりになって気楽に生きていける。 2089年から2099年にかけてのヒトラーの予言 「完全な神々だけの世界」と「完全な機械化生物」だけの世界に分かれた世界ができあがる。 地上には機械化生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになる…。 ヒトラーはこのように未来を予想しています。 たしかに、現在は人工知能の進化が著しいですよね。 にわかには信じがたい未来ですが、ヒトラーの未来の予言はどこまで当たるのでしょうか? まとめ ヒトラーには、まだまだ多くの謎がある! 謎が残るのは、優れた予言能力があったにも関わらず、なぜヒトラーはナチス・ドイツを崩壊させてしまったのかということです。 これも実は、ヒトラーには人類を進化させるという、強い信念があったからではないかと言われています。 そのためには、ヒトラーが築き上げた第三帝国をいったんは滅ぼし、ナチス第四帝国を再び築きあげようと考えたのではないかと…。 さらに、ベルリン陥落直前に自殺したのは実はヒトラーの影武者で、彼は逃亡し生存していたという説まであるぐらいです。 怖いくらいに過去に当たってしまった予言もありますが、これからの未来の予言は当たらないように願うことしかできません。

次の