戦力 の 逐次 投入 - 『クラウゼヴィッツ「戦争論」を読む』

逐次 投入 の 戦力 ミリオタでなくても軍事がわかる講座

逐次 投入 の 戦力 戦力の逐次投入をやっちまうのはなぜ??

戦力の逐次投入をやっちまうのはなぜ??

逐次 投入 の 戦力 黒田日銀は戦力逐次投入せず「初志貫徹」、円高・株安でなお続く逆風

余録:コロナ対策で「兵力の逐次投入」との批判をよく耳にする…

逐次 投入 の 戦力 戦力の逐次投入はなぜだめなのか 意思決定の遅れと組織の危機管理

雑記: 戦力の逐次投入と『孫子』

逐次 投入 の 戦力 余録:コロナ対策で「兵力の逐次投入」との批判をよく耳にする…

[B! 軍事] 「戦力の逐次投入」と「波状攻撃」ってどう違うの?~『勝てば後者、負ければ前者』…だったり?

逐次 投入 の 戦力 戦力の逐次投入とムービング・ゴールポスト:研究員の眼

逐次 投入 の 戦力 日系自動車メーカーの戦力逐次投入は何をもたらすのか:和田憲一郎の電動化新時代!(25)(3/3 ページ)

ミリオタでなくても軍事がわかる講座

逐次 投入 の 戦力 日系自動車メーカーの戦力逐次投入は何をもたらすのか:和田憲一郎の電動化新時代!(25)(3/3 ページ)

逐次 投入 の 戦力 【新型コロナ】「逐次投入」で重なる安倍晋三と戦前の軍部

逐次 投入 の 戦力 「戦力の逐次投入」がなぜダメなの?政府のパンデミック対応を考える。|YAMADA NAGAO|note

テレ朝・玉川徹氏 安倍政権のコロナ様子見に「戦力逐次投入は旧日本軍の最大失敗」/芸能/デイリースポーツ online

つまり、われわれが現在、ガソリンエンジン車だEVだといっているのとは別に、どのような車種をどれくらい製造・販売するかは、新たに登場するプレイヤーに委ねられしまうことも考えられる。

  • 危機、トラブル発生の場面で兎にも角にも駆けつけるというのは、誠意としては正しそうに見えますが、実際その場に行ったところで何もできない恐れがあります。

  • また空母エンタープライズが、わずか数日の戦闘で得た結論には、米軍の最前線部隊が自律的に思考して対策を立てていることがわかります。

  • 確かに戦力の分散は効率がわるいだけでなく、戦力を集中するという原則にも反している。

戦力の逐次投入って何ですか?

しかしその敗戦の原因となった失敗は、今も私たちの日本人の日常に溢れていないでしょうか。

  • 「後手に回る」という言葉が、これほど当てはまるケースは稀だろう。

  • 現在の金融政策の状況を見ると、どうだろうか。

  • 無策も根性論も危機拡大にしかつながらないと考えるべきだと思います。

戦力の逐次投入はなぜだめなのか 意思決定の遅れと組織の危機管理

集団戦では兵力数が多い方が二乗に有利になるという意味です。

  • 見通しの利く海峡の本土側高台には、クセルクセス大王が側近や近衛兵を連れて玉座に座って観戦します。

  • また、個人レベルでは、戦争という特殊な事業に専心して、必要な能力を身につけ、私心をすてて任務に全力をつくす誇り高い軍人の精神を指す。

  • したがって、戦略は、戦争全体と戦争における個々の作戦を計画するための準拠になる考え方(指針)なのである。

テレ朝・玉川徹氏 安倍政権のコロナ様子見に「戦力逐次投入は旧日本軍の最大失敗」/芸能/デイリースポーツ online

兵力の逐次投入は、この際、かえって収拾の機会を減少させ、なし崩しに戦火の拡大を招くだろう。

  • 100メートルがダメなら次は200メートル、と段階的に対応すれば、川幅の1キロを超える前に、部隊が消耗するか、資源が尽きてしまいます。

  • 残念ながら、安倍総理の「現時点では緊急事態宣言を出す段階にはない」という言葉からは、最も効果的なタイミングを見計らっていたようにも思えない。

  • まず、地域が日本全国ではない。

余録:コロナ対策で「兵力の逐次投入」との批判をよく耳にする…

戦力一気投入しないと意味がないんですよ」と訴えた。

  • 戦後71年となる今日をふりかえって、私たちは本当の意味で「学習を重視」しているでしょうか。

  • 」(九変篇第八). したがって、戦力を逐次投入して相場の感触を確かめ、ここぞと言うタイミングで主力部隊を投入するのが原則になります。

  • 眼を海外に転じよう。

今こそ『失敗の本質』から学びたい日本が壊滅に向かって突き進んでしまう理由

こうした場合、 対応が必要になった時点では既に後手に回っているので、泥沼的に工数を奪われるリスクが本当に高いです。

  • ここでは、クラウゼヴィッツの戦略論から「戦略とは何か」を考えてみよう。

  • しかし、普通は、戦力の量など物理的要素がもっとも重要とみなされているが、クラウゼヴィッツは精神的要素をもっとも重要なものとして位置付けた点が他の理論とは異なっている。

  • つまり「増援なさるのであれば、緊急に、しかも最大限の兵力をもって」と言う意味である。




2021 cdn.snowboardermag.com