初めての韓国旅行。 韓国旅行・ツアー・観光は格安価格で予約!【HIS】

初めての韓国旅行!注意点や持ち物など全て教えます!

初めての韓国旅行

日本の空港に着いたら おおまかな流れは以下の通りです。 チェックイン・手荷物の預け• 保安検査• 出国審査• 飛行機に搭乗 1. チェックイン・手荷物の預け 日本の出発予定の空港に到着したら、まずは利用航空会社のカウンターや自動チェックイン機でチェックインをしましょう。 このときに必要なのはパスポートです。 また、チェックインの際にカウンターでは預け荷物を預かってくれます。 カウンターに行く前に機内に持ち込む荷物と預ける荷物を分けておきましょう。 なお、 ナイフ類、ハサミ、スタンガン、先のとがったバット等は、機内には絶対に持ち込んではいけません。 違反すると罰せられます。 また、持ち込みに注意が必要なのは 液体物。 100ml以下のケースに入っていること• 複数個ある場合は1リットル以下のジッパー付透明ビニールに収納されていること• 1人1袋まで 以上のことが条件で持ち込みが可能です。 コンタクトの保存液の大きいボトルは完全にアウトですので預け荷物の中に入れましょう。 (一度引っ掛かって空港で捨てたことがあります。 ) ライターは喫煙用の小さいサイズのもので1人1個までなら持ち込めます。 チェックインをして渡された搭乗券に搭乗時間、搭乗口、出発時間等が書いてあります。 なくさないようにしましょう。 預け手荷物には貴重品や壊れたり紛失したりしてはいけないものは入れないようにしましょう。 また、お子様連れの方はベビーカーを預けることもできます。 なお、航空会社によって預けられる荷物の個数は変わってきます。 とあるLCCでは荷物を預ける場合は有料になるなど規定は様々です。 ご利用の航空会社の規定を確認しましょう。 保安検査 いよいよ保安検査です。 乗客が危険な物を持っていないか、X線を利用して調べます。 ここから先は飲み物を持って行けないので専用のゴミ箱に捨てるか、容器が必要な場合は中身だけトイレに流して持って行くようにしましょう。 荷物を専用のトレーに置きます。 衣服のポケットなどにスマートフォンや携帯電話、小銭などが入っている場合はトレーに出します。 コートやジャケットなどの上着もトレーに出しておきましょう。 搭乗券とパスポートを係の人に渡し、案内があったらX線を通過します。 ヒールの高い靴を履いている場合は靴が凶器になるかもしれないので、靴単体で検査をすることがあります。 その場合はスリッパに履き替えるように案内されます。 自分自身が検査で引っ掛かった場合はボディチェックをされます。 機械を当てたり触ったりして調べます。 荷物が引っ掛かった場合は、中身を開けて見せることもあります。 機内に持ち込めないようなものがあれば、その場で廃棄します。 出国審査 続いては出国審査です。 これを受ければ自由の身になれます。 もう少しです。 日本旅券を持っている人専用のレーンでパスポートを提出します。 渡して受け取るだけの作業になります。 並んでいるときは写真撮影などはやめましょう。 飛行機に搭乗 搭乗券に記載されている搭乗時間よりも少し早めに搭乗口前にいるようにしましょう。 ファーストクラスや子連れ、後部座席の人から案内されます。 パスポートと搭乗券を取り出しておきましょう。 搭乗する前にトイレは済ましておきたいですね。 また、機内ではドリンクサービスがありますが機内はとても乾燥するので飲み物を買っておくとよいでしょう。 飛行機が滑走路を移動する前に、スマートフォンや携帯電話は 必ず機内モードに設定するか電源を切りましょう。 電波を発する機器は必ずすべて電波を発しないようにします。 機内で座席のテーブルを使用してもよいときに、離陸前に配られる書類に記入をしておきましょう。 パスポート番号を書く部分もあるのでパスポートはすぐに取り出せるようにしておくと楽ですね。 韓国の空港に着いたら 飛行機を降りたら、おおまかに以下の流れで進みます。 入国審査• 預けた手荷物の受取• 税関申告書の提出 1. 検疫 飛行機を降りたらまず通過するのが検疫です。 サーモカメラが設置されていて、発熱のある人はここで止められます。 何もなければそのまま通過できます。 入国審査 外国旅券専用のレーンにて入国審査を受けます。 パスポートと機内等で記入した入国カードを提出します。 案内をされたら指紋認証の機械に指を触れます。 機械は日本語で案内してくれますのでご安心ください。 預けた手荷物の受取 自分の預けた手荷物が流れてくるところがどこか表示されていますので、そちらで待機しましょう。 スーツケースは似たようなデザインのものが多いので、本当に自分のものか確認して持ち出すようにしましょう。 荷物を包装してあったビニールやタグなどは、専用のゴミ箱に捨てましょう。 税関申告書の提出 機内等で記入した税関申告書を係の人に渡します。 あとは出口を出れば、自由な韓国旅行の始まりです! まとめ いかがでしたでしょうか。 何度も韓国に行かれている方にとっては当たり前の行程かもしれませんが、初めて韓国・海外に渡る方にとってはすべてが未知でドキドキするもの。 やはり国内線に乗るよりも複雑なので出発前にあれこれ把握しておきたい!という方向けに、流れをご説明させて頂きました。 何も知らないで行動するよりはスムーズに動けるかと思います。 それでは、安心で楽しい韓国旅行を! 1992年生まれ。 中高一貫校に入学するも精神疾患により不登校・高校留年、通信制高校へ転入・卒業。 中学2年生で心療内科を初受診後、児童精神科にかかり5年間通院。 大学2年生(20歳)で腰椎椎間板ヘルニアの手術・入院のため休学経験あり。 卒後は歯科衛生士として4年間大学病院に勤務し、現在は自宅にて仕事をしています。 夫は韓国在住韓国人(単身赴任中)。 2017年生まれの娘がいて、2020年もう一人女の子が産まれる予定です。 波乱万丈な人生を送ってきましたし、きっとこれからも波乱万丈な人生になることでしょう。

次の

初めての海外旅行で女一人旅、韓国に。悩んでいます。

初めての韓国旅行

- 2017 8月 26 7:42午後 PDT 言葉の壁は意外と問題ない? 初めて韓国を訪れる方が気になることと言えば「言葉の壁」ですよね。 最近では韓国ドラマの影響で、簡単な韓国語を知っている方も増えてきていますが、韓国で実際に話してみると全然伝わらなかったなんていう声も多く聞かれます。 でも、そのために韓国語を勉強するのはちょっと大変。 しかし、実際に韓国を訪れてみると意外に言葉の壁を感じないことが多いです。 特に明洞や東大門などの外国人観光客が多く訪れるエリアでは、多くの店員さんが片言の日本語を知っています。 また、歴史上の関係でかなりのお年寄り世代の方も実は日本語を知っている方が多いのが韓国の特徴でもあります。 韓国語がわからないと看板も読めない・・と思われる方もいますが、韓国の主要観光スポットには韓国語・中国語・英語・日本語の表記がされており、最近では地下鉄で日本語の掲示板が流れることも多くなってきました。 今回は韓国旅行に行かれる方に注意して欲しい点や、忘れてはいけない持ち物、韓国旅行をもっと楽しむためのポイントなども合わせてご紹介していきたいと思います。 【関連記事】• 初めての韓国旅行で必要な持ち物をピックアップ - 2017 1月 2 9:39午後 PST 韓国を訪れる際に忘れてはいけない持ち物をピックアップしていきましょう! まずは、日本を出国する際に必要な【パスポート】です。 これは韓国に限らず、どこの国へ行くにも必ず必要なものですね。 パスポートを忘れたら、日本を出国することすら出来ないので、スーツケースを忘れてもとにかくパスポートだけは持っていきましょう。 そして滞在中の着替えや下着。 これはどのくらい滞在するかにもよりますが、日数分より少し少なめに持っていき、着回しできる洋服を選ぶのがおすすめです。 特に冬場は洋服がかさばり、帰りのスーツケースが閉まらない!ということが、当たり前に起こります。 あとは常備薬やメイク用品、必要であればアメニティセットなども持っていきましょう。 いつもと違う環境を長時間歩き回ることでかなり疲れが溜まるので、ホテルでリラックスできるグッズを持っていかれる方も多いようです。 韓国は一年を通して、朝晩の冷え込みが激しく、日中との気温差が大きい傾向があります。 そのため、簡単に脱ぎ着できるような服装や寒い時期には靴下を1枚多めに持っていくのがおすすめですよ。 初めての韓国旅行ではどのくらいのお金が必要? - 2017 2月 20 2:22午前 PST 韓国旅行の予算ですが、これはどこで遊ぶか、何を目的として旅行に行くかで全く変わってきます。 出発前、旅行の計画を立てる際に、一日の昼ごはんや夕食代、必ず買いたいものの金額や、観光スポットでかかるお金などをチェックしていきましょう。 交通費はバスも地下鉄も、日本と比べるとかなりお安めです。 また、タクシーも安いため、タクシーを利用される方も多いですが、夜間はぼったくり被害も頻繁に起きており、言葉がわからないと不安だったりするため、出来るだけ地下鉄を使うことをおすすめします。 予算をなるべく抑えたい方は、2日あるうちの1日はリッチに夕食を楽しみ、もう1日は屋台などでテイクアウトをしてホテルでのんびり食事をするというのも楽しいと思いますよ!.

次の

初めてでも安心♪韓国旅行に必要&あると便利なものガイド

初めての韓国旅行

- 2018年 4月月24日午前5時13分PDT 初めての海外旅行先におすすめの韓国 若い学生さんや、今まで家事や育児に追われていて海外旅行へ行けなかったという方も多いですよね。 また、長期間家を空けることが出来ないという主婦の方も多いと思います。 そんな方でも気軽に行けるのがお隣の国・韓国。 日本からのアクセスもよく、2泊3日で十分!最近では1泊2日や中には日帰り弾丸旅行をする方も増えています。 特に韓国ソウルの主要エリアは日本語が通じることが多いため、初めての海外旅行でも安心して訪れることが出来ます。 そこで今回は「初めて韓国を訪れる方」向けにおすすめスポットや基本情報をお伝えしていきたいと思います。 初めての韓国旅行はツアー利用がおすすめ?! - 2018年 4月月23日午後5時47分PDT 初めて韓国を訪れる際、まず航空券やホテル選びからスタートしますね。 行ったことのない土地は土地勘もなく、どこのホテルが良いのか?どこの空港を利用すればいいのか?効率的に周るには一体どうすれば?!と、混乱することも多いでしょう。 そんな時は旅行社のツアーを利用するのがおすすめです。 現在の定番ツアーは往復航空券とホテル宿泊だけがセットになった「パッケージツアー」が主流となっています。 ここには免税店への立ち寄りショッピングや食事、空港からホテルへの送迎は含まれていません。 多くの方が免税店へ寄る時間や送迎を省きたいということから、最近ではこのようなパッケージが増えています。 しかし、初めて訪れる場合には「ホテルまでの行き方は?」「電車やバスの乗り方は?」「そもそも韓国語わからないー!」ということも多いですよね。 多くの旅行社ではプラス3000円などのオプションで送迎などを付けることが可能です。 地下鉄にも日本語が書いてあるので、ガイドブックされ持っていれば何とかなってしまうのですが、どうしても不安という方はオプションを付けるのも良いですね。 初めての韓国旅行でお金はどのくらいかかるか調査! - 2018年 4月月25日午前6時54分PDT 韓国旅行でかかるお金についてですが、これは10人10色!高級ホテルに滞在し、飛行機も良い時間帯を選び、食事も高級韓国料理店、お買い物はブランド尽くし!・・となれば数十万円になりますよね。 その一方で、ホテルと航空券がセットになった格安ツアーを利用し、食事も街中のリーズナブルなお店を選び、激安ショッピングなどを楽しむならば数万円で収まります。 特に2月や6月のシーズンオフに訪れれば、旅費も非常に安く抑えることが出来ます。 一方、一般的に韓国の飲食店は日本よりもリーズナブルで、そこは日本より安いと考えておきましょう。 韓国で洋食や和食を食べる際は、日本と変わらないお値段ですが、韓国料理はとにかく安いです。 また旅行中は時間帯も不規則となることからしっかりと3食食べない方も多く、夜は屋台やテイクアウトで済ますというリピーターさんも多いようです。 やはり、旅費の中で一番大きなものはやはりホテル代と航空券のため、少しでもリーズナブルに旅行を楽しみたい方はその辺りを削減すると良いですね。

次の