フットワーク 重い。 内向的な人見知りは行動力がない!フットワークを軽くする方法!

内向的な人見知りは行動力がない!フットワークを軽くする方法!

フットワーク 重い

人からの誘いを断ることが多い 腰が重い人は、人から「明日一緒に食事行こうよ」「来週家に来てよ」といった誘いに応じない人が多いです。 人からの誘いを断ることが多い腰が重い人は、「今」ではない予定を入れることを億劫に感じます。 「その時気分がのらないかもしれないし」「やっぱり行きたくないと思うかもしれないし」と、自分のテンションや都合を優先してしまうため、先の約束をすることが難しいのです。 飲み会、食事会、バーベキューといったワイワイと楽しめる場所であっても、断る率が高く、人との交流を深めないというのが、腰が重い人の特徴です。 次第に周りも察知し、その人を誘わなくなり、さらに腰の重さが悪化してしまいます。 ただし、自分の思い付きや興味のあることには急に腰が軽くなることも。 人からの誘いを断っておきながら、その日に自分の好きな予定を入れるということも珍しいことではないでしょう。 腰が重い人は、その時の自分の感情や都合、興味が持てるか持てないかで人からの誘いを決めてしまうため、自己中心的な人と思われてしまうこともあります。 腰が重いのは、「その気になれない」「興味がない」といった理由が多く見られ、マイペースである姿が見てとれるでしょう。 スポンサーリンク マンネリした生活が続いている 腰が重い人の生活を見てみると、何年も同じ生活を続けているという人が多く見られるでしょう。 仕事と家の往復といった生活は誰にも見られるものですが、プライベートにも変化がないという人は少ないもの。 例えば、何年も新しい友達や知り合いができない、趣味がない、休みの日は必ず家にいるなど、マンネリした生活が続いている場合があり、刺激のない生活を送っています。 腰が重い人は、新しい刺激や変化を求めることが少なく、「何かを始めてみよう」「チャレンジしてみようかな」という意欲に欠けるため、マンネリした生活を送るはめになります。 「結婚したい」と言いながらも、恋人が一向にできない、かといって合コンにも参加しないといったように、自ら積極的に人生を動かそうとはしないのです。 面倒くさがり屋で新たなことに対する意欲が持てない腰が重い人は、時代や人に置いて行かれてしまうこともしばしば。 それでも今の生活に不満自体はないため、だらだらとマンネリした生活を送り続けるのです。 ある意味、安定した生活とも言えるかもしれませんが、面白味に欠ける人生となってしまうことでしょう。 スポンサーリンク マイナス思考である 腰が重い人には、マイナス思考の持ち主が多いです。 「どうせ出来ないし」「失敗するかもしれないし」とマイナス思考が先行してしまい、行動することを躊躇してしまうのです。 完璧にこなせないと満足しない人にもこのような特徴が見られ、失敗や を経験したことによって、ミスを恐れるようになった可能性もあります。 失敗して笑われるくらいならしない方が良い、無駄なことになるならやらない方が良い、問題が起きたら余計に面倒なことになると、行動する前からネガティブに考えてしまい、それを恐れるあまりに腰が重くなっているのです。 こうした人には保障や援助が必要となり、「こうなったらこうしよう」「ダメだったらやめていいよ」といった声掛けが必要です。 ダメになる、無駄になると思い込んでいる人に、「やりなさい」と何度言っても変わらず、悪い状況になった時の対処法を教えてあげることが良い方法になるのです。 元々の性格が、ネガティブでマイナス思考であり、行動に移すことにためらいがあるのでしょう。 自信を持たせることができなくても、悪い状況の対処法を教えてあげるだけでも、「だったらやるか」という気にさせることができるのです。 スポンサーリンク めんどくさがり 腰が重い人の心理的特徴としてあげられるが「めんどくさがり」ということでしょう。 精神的にも物理的にも、じっとしていることが好きなのです。 たとえば、腰が重い人は休日をアクティブに過ごすということがほとんどありません。 マメに家事をするとか、必要はなくても外出してショッピングを楽しむとか、スポーツをするということは、皆無ではないにしてもあまりないのです。 外出する必要がない限り、家でテレビを見たりして過ごします。 それは、家事をしたり外出したりすることがめんどくさいからに他なりません。 家族から、「たまには外食したい」と言われても、「めんどくさい」と感じてしまうために、腰を上げようとしないのです。 物理学に「慣性の法則」があります。 動いているものは動き続けようとし、止まっているものはその止まっている状態を保とうとする法則ですが、腰が重い人はまさに「止まっているものはその状態を保とうとする」という心理を持っていると考えていいでしょう。 じっととどまっている心理状態が心地よく感じられてしまう怠惰な性格なために、動き出すには、ふつうの人の何倍も大きなエネルギーが必要なのです。 スポンサーリンク ものごとに対する興味や関心が薄い 好奇心旺盛な人と正反対な心理を持っているのが、腰が重い人ということができるでしょう。 好奇心旺盛な人は、何にでも興味や関心を示します。 たとえば、自分が経験したことのないスポーツを趣味にしている人と友達になると、そのスポーツに関心を示して、自分もやってみようとするのが、好奇心旺盛な人です。 腰が重い人は違います。 人が楽しそうにスポーツをやっているのを直接見たとしても、そのスポーツにあまり関心を示しません。 もちろん、どんなに腰が重い人にも趣味や好きなことはあるでしょう。 その趣味や好きなことを楽しむということはあるはずです。 しかし、新しいことを始めてみようという意欲は希薄なのです。 自分の趣味には関心を持っていますが、それ以外のことに目を向けようとはしません。 それは、腰が重い人は、ものごとに対する興味や関心が薄いためと考えていいでしょう。 何かを見聞きした時に、「おもしろそうだな」と感じることが、ふつうの人に比べてきわめて少ないのです。 関心や興味をもたないのですから、やってみる気にならないのは当然です。 そのため、新しいことを始めようとしないのが、腰が重い人の特徴ということになるでしょう。 スポンサーリンク 思慮深く慎重 腰が重い人には、思慮深いというプラス面の特徴もあります。 何か新しいことを始めたり、チャレンジするのに時間がかかってしまうのが、腰が重い人です。 それは、そのことについて、時間をかけて考察するためと考えていいでしょう。 たとえば、同居しているパートナーから、「そろそろ引越したい」という申し出があったとします。 引越しというのは、時間もお金もかかる大きな出来事です。 軽はずみな人なら、よく考えもせずに、パートナーの申し出に飛びつくでしょう。 しかし、腰が重い人はかんたんに飛びつくということはしません。 引越す必要があるのかどうか、引越した場合のメリットとデメリットは何なのかなど、「引っ越し」をテーマにして、頭の中でさまざまな思考をします。 その結果、「やっぱりやめておいた方がいい」という結論に至ることが少なくありません。 そのため、パートナーからは「腰が重い」と思われてしまうわけですが、それはつまり、慎重な性格だからと考えていいでしょう。 ものごとを軽々に判断することなく、熟慮を重ねてから判断するために、どうしても結論を出すのが遅くなってしまうのです。 思慮深く慎重なために、結論を出すのに時間がかかるのが、腰が重い人の特徴なのです。 スポンサーリンク 腰が重い性格を改善するには いかがでしょうか。 腰が重い人は必然的にフットワークが重いということであり、その結果人間関係が固定されがちだったり、一匹狼だったりするタイプが多いようです。 自身のそんな性格に嫌気が差している人も少なくありません。 では、どうしたら腰が重い性格を改善することができるのか。 やるべきことはたった1つだけ。 それは「考える前に行動する」です。 なんだか腑に落ちない人もいるかもしれませんが、腰が重い人は行動する前にあれこれ考えたり、自分が行動した後の損得勘定をしてしまう癖を持っています。 改善するためには、そうなる前に行動する他ありません。 これはテクニックに頼るよりも、「フットワークが軽くなったことによるメリット」を強く意識することで劇的に改善できます。 人との関わり合いが増えることで得られるメリットをメインに考えてみましょう。 そのメリットをより具体的に思い浮かべることができれば、自然と になり、結果として腰が重い性格から抜け出すことができているはずです。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

「フッ重」とは?意味や使い方を解説

フットワーク 重い

ベースラインから大分下がったところにポジションをとり、大きく踏み込んで体重を乗せて打った後はステップバックしている事がよくわかります。 スイングやグリップばかりに気をとられ、フットワークを疎かにしてしまっていましたが、 「重いボールを打つ為にはしっかりと体重をボールに乗せる事が重要」だという事を思い出しました! 実践した感触と感想 今までのフットワーク テニス歴はそこそこなのに、恥ずかしながらこのフットワークを意識したことはほぼありませんでした。 ベースラインから一歩後ろくらいのところにただ突っ立っていて、来たボールに合わせて打っていた感じ。 フットワークという概念なし・・・ 相手のボールが浅く入れば、踏み込んで体重を乗せて打つ事が出来ていましたが、サービスラインとベースラインの中央よりも深く入ってくるとタイミングを合わせて一生懸命凌ぐだけになってしまっていました。 なので、ストローク力がある相手と試合をすると、一生懸命返しているだけで自分から展開が出来ない状況になる事が多々あります。 今までより2歩下がったところからスタートし、前後のステップを意識したら・・・?• 今まで合わせて返していたような深さの球も踏み込んで体重を乗せて打つ事ができる• 相手の速い 強い ボールに対してもワンテンポ余裕が生まれ、落ち着いて対応ができる• 振られた球に対してもボールの後ろから入れるようになりコントロール性がup! たった一回の試合を含めた練習で感じた内容です。 ただこの日の練習相手が正統派のストロークプレーヤーで、ガンガン打ってきたのでこのフットワークで感触良く対応ができたのですが、サーブ&ボレーヤーや異様に遅い球を打ってくる人に対し上手く対応できるかは不明です。 今までも大して上手く対応できてないので変わらないか・・・ ナダルだから後ろにいるのか?と思いフェデラーと比較 ストローク戦を好むナダルだから後ろにいるのかな?と思いフェデラーの練習と立ち位置を比べてみました。 ナダル練習 後ろから.

次の

内向的な人見知りは行動力がない!フットワークを軽くする方法!

フットワーク 重い

フットワークが軽い人。 思いついたらすぐに行動を起こせる人。 そんな彼らには、いくつかの共通点があるようです。 経験が多彩なので、対応が柔軟 行動力が高い人は物事の切り替えも早く、方向転換も素早いのが特徴。 仕事にはその影響力の広さが表れますが、その分蓄えている知識も多彩。 あらゆる経験を元に、柔軟な対応をすることができます。 新しい出会いもいっぱい!初対面でも物怖じしない フットワークが軽い人は、人が集まる場所へ出かけるのも積極的で新しい出会いのチャンスに恵まれており、初対面の相手にも緊張しません。 友人や異性との出会いだけでなく、普段出会えないような大物との出会いが多いのも、フットワークが軽い人の特徴です。 誰とでも、すぐに友達になれる 誰に対してもオープンなのでどんな人とも気軽に友達になれます。 年齢や社会的地位などに固執しないので、多くの友人関係を築くことができます。 読書も大好き! 意外に読書が好きという人も多いのが特徴です。 これはいろいろなことに関心を持ち、自分にない知識を本から吸収しようと考えています。 特定の分野ばかりではなく、様々な分野の本を読むのもフットワークが軽い人の特徴です。 趣味の幅が広い 好奇心が旺盛で、貪欲に何事も吸収しようと考えているため、多趣味な人が多いようです。 広く浅く、何にでもチャレンジする性格で、自分の世界観を広げていきます。 束縛は苦手、自分から行動! 友達も多く、豊富な人間関係を保つことが多いので、どこかに拘束されるような環境が苦手です。 引っ越しが多い人も。 突然の誘いも大歓迎! 積極的に、人の集まる場所へ出かけるのが好きなフットワークが軽い人は、急な誘いでも基本的にはレッツゴー! よほどのことがない限りは時間の都合をつけて、駆けつけます。 精神的にタフ!切り替えも早い 仕事をしていると、さまざまな問題が起こり精神的にストレスを抱えてしまう人も少なくありません。 しかし、フットワークが軽い人は、そんな時でも柔軟に対処ができます。 気持ちの切り替えが早いため、誰から見てもさっぱりしている印象が。 なぜか多い!幸運のチャンスをものにしている人 幸運の女神には後ろ髪がないと言われますが、チャンスが目の前にあるときいち早く行動を起こしモノにする瞬発力を持っているのかもしれません。 深く考える前に行動!当たって砕けろ精神 フットワークが軽い人は、いろいろ考える前にまず行動。 失敗したら、そこから解決策を探っていくのが特徴です。 行動を起こすことで自分の経験値も高まり、次への自信や実績に繋がります。 フットワークが軽い人との付き合い方 あまりべったりしすぎないことが大切です。 適度な距離を保ちましょう。 しかし、寂しがりやといった面もあるので、常に気をかけてあげる必要もあります。 動きが速いので、彼らを追いかけるのは大変な一面も。 しかし、学べることは多いかもしれませんね。

次の