テセウスの船 黒幕 みきお。 テセウスの船9話ネタバレあらすじ&感想 黒幕は村人全員?事件にすずが関係?

テセウスの船|加藤みきお(柴崎楓雅・安藤政信)が真犯人【黒幕の動機】|スマテレ

テセウスの船 黒幕 みきお

Contents• 音臼小学校で開催されていたお泊り会で、夕食時に出されたオレンジジュースに青酸カリが混入されていたことで39人の生徒と教師が病院に搬送されることに。 結果、21人が亡くなるという大惨事が巻き起こります。 しかも、この毒殺事件以外にも、この町ではさまざまな人たちが謎の不審死を遂げているのです…。 そして、その犯人として逮捕されたのが、この町の警察官・佐野文吾(鈴木亮平)。 主人公・心(竹内涼真)の父親です。 その逮捕理由は、なんと文吾の家から青酸カリの入った瓶が発見されたのです。 文吾は無罪を主張しますが、その後、死刑が確定。 それでも、文吾はずっと自分の無罪を主張し続けます。 というのも当然のことなのです。 だって、 文吾は本当に犯罪を犯していないからです。 この事件の真犯人によって、犯罪者へと仕立てあげられてしまった文吾…。 では、その黒幕・真犯人はいったい誰なのか!? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人はこの人! こちらが『テセウスの船』のキャスト相関図です。 tbs. みきおは鈴に恋心を抱いており、鈴のためならどんなことでもする子でした。 鈴をいじめた子を殺すことだって、みきおにはどうってことなかったのです。 それくらい、みきおは純粋な鈴に陶酔していました。 みきおの生い立ちは、父親がおらず、母親に育てられていたのですがその母も死亡。 その後、祖母にずっと育てられてきました。 そして、 このみきおが大人になり成長した姿が、車いすの男・木村みきお(安藤政信)。 苗字が変わっているのは、育ててくれていた祖母の死後、教師の木村さつき(麻生祐未)に引き取られたためです。 そして、この教師の木村さつきは、みきおの犯行を後に知った上で彼のことをかばい続けます。 大人になったみきおは、今も大好きな鈴のそばにいるのですが… では、どうしてそんなに大好きな鈴の父親・文吾を陥れるようなことをしたのか? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人の犯行の理由 みきおが文吾を陥れた理由は、鈴への歪んだ愛情表現と、みきお自身の愛情不足が原因だと言えます。 両親は共に早くに亡くなり、自分を育ててくれていた祖母も亡くなり、みきおは天涯孤独の身となりました。 さらに、母親が生きていた時には虐待を受けていたという噂も…。 そんなみきおの心を救ってくれたのが、純真無垢な鈴の存在でした。 ですが、鈴はみきおに振り向いてくれませんでした。 そこで、怒りの矛先が向いたのが、鈴の理想の男性である父・文吾。 父親を犯罪者に仕立てあげることで、鈴の父親への尊敬の念を打ち砕き、気持ちを自分へと向けようとしたのです。 結果、2020年の現在、鈴はみきおのそばにおり、みきおの子を身籠ることとなるのですが…。 鈴は父親の事件を機に、顔も性格も、みきおが大好きだったあの頃とは全く別人になってしまっていたのです。 あの頃の、あの純粋なままの鈴が好きだったみきおは、過去の鈴に戻って欲しいと思うようになります。 そして、とあることをきっかけに、心が未来(2020年)からタイムスリップしてきたことを知り、新しい計画を練り始めるのです…。 鈴への愛情が歪んだ形で今回の事件を引き起こすこととなったのですが、そんな自分のせいで大好きな人の運命を変えてしまったみきお。 しかも、小学生がこんなに手の込んだ事件を起こすことができたのかと驚きさえ出てきます。 これも、みきお自身が愛情を注がれたことがなかったため、愛情の表現方法がわからなかったのでしょう…。

次の

テセウスの船のみきおの共犯者をネタバレ考察!黒幕はあざ有の鈴が怪しい?

テセウスの船 黒幕 みきお

音臼村で起こった事件で9話では、 文吾が犯人によって拘束された状態でいる時に心が手がかりを見つけに村を周る展開になりました。 その中でも怪しいと思われたのが、 石坂校長が初めて心に同じくらいの息子がいるという話をして、心のことを嘘をつかない正直な人という言葉を書ける場面がありました。 この校長が木村さつきに使う目配りの場面が一番の注目点で、石坂校長と木村さつきとの関係も疑われる場面から 二人は親族なのかということも考えられます。 文吾が居ない状態で心はみきおに会いにいくものの、木村さつきが現れてみきおのことを守ると言って心を追い払う場面がありました。 この場面から木村さつきはこの時期から佐野家を毛嫌いする展開が続いていくと思われました。 文吾が 椅子に縛り付けられている時に母親の和子がテレビで父親を家族が信じなくて誰が信じる?と大声で叫ぶ場面が見どころでした。 そして、文吾がやっと逃げのびて心に会いに来る際に イノシシ鍋をふるまい徳本と田中正志がいる場面がありました。 この場面が文吾が家族と一緒になる場面ですが、 この間に青酸カリのビンを佐野家に埋めているということも考えられます。 この場面以外では家族の佐野和子と慎吾と鈴がいるところで自宅に埋めようとするとバレてしまうので、 イノシシ鍋をふるまっている最中に青酸カリのビンを埋めたのでは無いかと思われます。 今回は 徳本卓也か田中正志かということに対してSNSの反応が多かったです。 今回出てきた話の展開も含め、チェックしていきましょう^^ ・僕がボイスレコーダーの事を黙っているのは未来で黒幕の命を奪ってしまっている事がバレるから? ・そしてキャンプ場に正志君が何故か居る…… …ふっふっふ…分かりましたよ…犯人は…田中正志!貴方です! みんなの考察を考察 校長の父親と息子の話、 自分の息子というより田中家の話だと思うんだが。 でも確証がない。 どう考えても正志につながるけど、キャスティングと現代で亡くなっているせいで、黒幕感全くない。 理由としては違う現代で 命を奪われるということがありましたが、このことが実は全ての事件のことを知っていて口封じで命を奪われたという考察がありました。 田中正志が黒幕という声も含め徳本卓也や井沢健次という声も目立ちました。 ほとんどこの3人の誰かが黒幕ということの予測が多かったです。 今後最 終話で誰が黒幕になるのでしょうか? 最終話前に黒幕のことを考察してみたいと思います。 ・田中義男議員がいずれの過去でも亡くなっていること ・2回目の新しい現代で加藤みきおによって命を奪われていること ・音臼祭でなくなったのは徳本の母親ということですが、田中正志の母親もそれに関連してなくなっていること ・イノシシ鍋をふるまった際に徳本が振舞っている隙に佐野家に行く時間があったこと ・田中正志を校長先生が怪しんでいること ・ボイスレコーダーを聴く機会があった場合には将来みきおに命を奪われることを知ること ・多くの生徒や住民達と話す場面があること ・佐野文吾がお前が真犯人かというのに相応しい年齢や恰好であること 様々な考察で 田中正志が一番黒幕として有力な情報や伏線が多いですね。 そこで 一番怪しいと思われる理由としては、やはりイノシシ鍋をふるまった際に田中正志であれば、佐野家に行き青酸カリのビンを土に埋めることができるということが決定的な理由です。 おそらく音臼祭りで 冤罪で亡くなった母親のことで佐野文吾に恨みを持ち、過去の事件から佐野文吾に毒を入れた食事の事故を佐野文吾に擦り付けるということを考えついたと思われます。 ただ、現在ではそのことを 加藤みきおに知られてしまい命を奪われることを知り、みきおを電気ショックで気絶させたという考察ができます。 カテゴリー• 116• 121• 179• 115• 161• 8 Twitter:よろしければフォローお願いします お問い合わせ.

次の

テセウスの船最新考察みきおと手を組む真犯人黒幕はあの人!

テセウスの船 黒幕 みきお

平均視聴率が3週連続で番組最高を更新し続けている俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)。 主人公の田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾(鈴木亮平さん)が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追うストーリーが展開され、6話で事件の犯人が加藤みきお(安藤政信さん、柴崎楓雅さん)だったことが判明。 「絵が趣味」という石坂が、たびたび鉛筆を削るシーンがあるほか、劇中に登場する奇妙な絵は鉛筆描きのように見え、実に怪しい。 また、視聴者からは、校長室に置かれていた人形と、6話のラストでみきお少年のワープロの奥に置かれた人形が似ていると指摘する声も上がっている。 ただ一方で、金丸茂雄(ユースケ・サンタマリアさん)が崖から転落する前、「こっちか」という口調で会話をしていたシーンがあり、「年上の人と会話するときにこういう口調になるのか」と疑問視する声もある。 みきおは心を襲った際に「先生のせいで死ななくていい人間が2人も死んじゃった。 母さん(さつき、麻生さん)に田中正志(せいやさん)」と明かしている。 正志の父で音臼村の名士だった義男は、火事が原因で亡くなるはずだったが、タイムスリップした心によって命拾い。 一度、助かった義男が再び命を狙われたことに、視聴者からは「なんらかの理由で義男が邪魔だったのでは……」という声も上がっている。 SNSでは「村人全員共犯なんじゃないか」「明音ちゃんも怪しい」といった声も。 第8話の予告映像では、村から出て行った和子(榮倉奈々さん)が運転する車の前に、野菜が入ったケースが置かれているシーンが収められている。 数箱のケースが置かれていることから、視聴者からは「子供一人では置けない量」と指摘し、村人が協力しているのではないかと推理している声もある。 お楽しみ会の中止をうながす文吾に必死に抵抗する姿を見せた井沢健次(六平直政さん)、軽トラックの荷台に大量の除草剤を積んでいた徳本卓也(今野浩喜さん)も怪しい。 共犯者が一体誰なのか、考察が激化している。 原作は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガだが、先日行われたイベントで、原作の東元さんが手紙で「原作と犯人が違うと聞いている」と衝撃の事実を明かしている。 そして、ドラマの渡辺良介プロデューサーは「真犯人はすでに、出ています……」とコメントしている。 ついに事件が起きる昼食の時間を迎えてしまい、毒が入れられているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため、ある行動に出る……というストーリー。 9話(同15日放送)からは、文吾と過去に因縁があり、心と文吾の敵となる宮城県警監察官室の馬淵(小籔千豊さん)が登場。 心と文吾は事件を阻止できるのか、犯人の狙いは……。 どんなストーリーが展開されていくのか、まだまだ目が離せない。

次の