うるおいボイス ダイマックス。 【ポケモン剣盾】のどスプレー考察と音技まとめ

【S4 最終828位】お祈りイーブイズパーティ【ポケモン剣盾シングル】

うるおいボイス ダイマックス

確実にねむり状態にする強力な技 次のターン終了時に『ねむり』にする あくびの効果は、あくびをした 次のターンの終了時に相手を『ねむり』状態にします。 この『次のターン終了時にねむりになる状態』のことを『ねむけ』状態と呼びます。 次のターンの終了時に眠るので、相手は 眠るまでに2回行動することができます。 交代したら効果が切れる なお、眠る前に相手ポケモンが 交代した場合は効果が切れます。 あくびをした側のポケモンは交代しても関係ありません。 同じ相手に連続で使うと失敗する ちょっと分かりづらいですが、あくびを受けてから眠るまでの間は、再度あくびを受けても技は失敗します。 例えば、ラムの実を持っている相手に対してあくびをするケース。 1ターン目にあくび 成功• 相手は交代せず行動• 2ターン目にあくび 失敗• 相手は交代せず行動• 仮に2ターン目に相手ポケモンが交代した場合は、交代先のポケモンにあくびが成功します。 ダイマックスにも有効 ダイマックス状態だと無効になる技が多い中、 あくびはダイマックス相手にも有効です。 対戦環境が整い始めてからあくび持ちの人気が急上昇してきたのは、ダイマックスを流せるのが大きな要因でしょう。 あくびを使うポケモン ソードシールドに登場する、あくびを使う代表的なポケモンを紹介します。 カバルドン• ブラッキー• ヌオー• カビゴン• トリトドン• シャワーズ 相手がこれらのポケモンを出してきたら、あくびを警戒しましょう。 あくびステロの組み合わせは鬼 あくびの対策 『あくび』は厄介な技ですが、対策する方法は色々あります。 対策には対面限定で有効なものと、後出しからでも有効なものの2パターンが存在します。 ちょうはつ 相手の変化技を封じる『ちょうはつ』は代表的なあくび対策です。 あくび持ちポケモンの多くは変化技メインのため、 挑発を撃たれると置き物状態になります。 ただし挑発のデメリットとして、 後出しからでは対策にならない点が挙げられます。 相手が『あくび』したのを見てから挑発持ちに交代しても、結局あくびループに持ち込まれてしまいます。 みがわり あくびはみがわりを貫通しない為、先攻でみがわりを使うことで逆に相手を起点にできます。 ただし、挑発と同様に 後出しからは使えませんので、対面時限定の対策です。 また、カバルドンは多くの場合『ふきとばし』を持っている為、みがわりを張ったからといって油断はできません。 ラムの実・カゴの実 後出しからでもあくびを無効化できる最も手軽な選択肢です。 状態異常を無効化するラムの実や、ねむり状態を無効化するカゴの実を持ったポケモンを交代で繰り出します。 次のターンで積み技を使うなり、攻撃して倒すなり好きに行動しましょう。 ラム持ちギャラドスを出して竜舞とか マジックミラー持ち あくびは特性『マジックミラー』で反射できます。 エーフィ、ネイティオ、ブリムオンなどが代表的です。 あくびを反射すると 相手側が逆にねむり状態になるため、マジックミラー持ちポケモンがパーティにいるだけで抑止力になります。 かえんだま・どくどくだま 眠る前に こちらから状態異常になってしまうという手段もあります。 ミロカロスやローブシン、ランクルスなど、『かえんだま』を有効活用できるポケモンで使える対策です。 場に出たターンの終了時に状態異常になる為、 後出しからあくびを無力化することができます。 ボルトチェンジ・とんぼがえり 『ボルトチェンジ』や『とんぼがえり』など、相手にダメージを与えつつ交代できる技を使うと、あくびループに付き合いながらもダメージを与えられます。 後出しからでも有効な手段ですが、攻撃に合わせて『まもる』を使われると 交代できずにねむり状態になってしまうので注意が必要です。

次の

【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論と対策【瞑想歌姫!優秀なフェアリー】

うるおいボイス ダイマックス

音の技とは 音の技の概要 技のタイプによる分類とは別で、 技ごとに音の技かどうかが設定されています。 本来みがわりで防がれる技でも、音の技の場合は、 みがわりを無視して技を当てることができます。 逆に言えば、音の技でみがわりは壊せないため、みがわりした相手を倒せずにこちらがやられてしまうと、相手はみがわりを残したままこちらの後続と戦うことになります。 音の技に関する道具 のどスプレー 持ち物 のどスプレーを持っていると、自分が音の技を使ったときに消費して、自分の特攻が1段階上がります。 音の技に関係のある技 じごくづき あくタイプ、威力80の物理技です。 じごくづきを受けた相手は、2ターンの間、音の技を使えなくなります。 音の技に関する特性 ぼうおん 特性ぼうおんのポケモンには、音の技は無効になります。 この特性のポケモン:バリヤード、ユキノオー、ジャラランガ うるおいボイス 特性うるおいボイスのポケモンが音の技を使うと、みずタイプの技になります。 この特性のポケモン:アシレーヌ パンクロック 特性パンクロックのポケモンが音の技を使うと、威力が 1. 3倍になります。 また、音の技で受ける ダメージを半減します。 この特性のポケモン:ストリンダー 音系の技一覧 音に関する技は以下の通りです。 物理技はありません。 特殊技 技名 [タイプ] 威力 効果 命中 いびき [ノーマル] 50 自分がねむり状態の時のみ 使用可能。 3割で相手をひるみ。 100 うたかたのアリア [みず] 90 相手のやけど状態を治す。 100 エコーボイス [ノーマル] 40 毎ターン、誰かがこの技を 使う度、威力が増す。 100 オーバードライブ [でんき] 80 追加効果なし。 100 さわぐ [ノーマル] 90 3ターン連続で攻撃し、 その間は全てのポケモンが ねむり状態にならない。 100 スケイルノイズ [ドラゴン] 110 攻撃後、自分の防御が 1段階ダウン。 100 チャームボイス [フェアリー] 40 必中技。 — バークアウト [あく] 55 10割で相手の特攻を 1段階ダウン。 95 ハイパーボイス [ノーマル] 90 追加効果なし。 100 ばくおんぱ [ノーマル] 140 追加効果なし。 100 むしのさざめき [むし] 90 1割で相手の特防を 1段階ダウン。 100 りんしょう [ノーマル] 60 同じターンに他のポケモンも りんしょうを使おうとすると、 最初に使用したポケモンに 続いて使用でき、最初以外の りんしょうは威力が2倍。 主にダブルバトル用。 100 変化技 技名 [タイプ] 命中 効果 いやしのすず [ノーマル] — 全ての味方の 状態異常を治す。 いやなおと [ノーマル] 85 相手の防御を1段階ダウン。 うたう [ノーマル] 55 相手を2~4ターン 実質1~3ターン 、 ねむり状態にする。 おたけび [ノーマル] 100 相手の攻撃と特攻を1段階ダウン。 きんぞくおん [はがね] 85 相手の特防を1段階ダウン。 すてゼリフ [あく] 100 相手の攻撃と特攻を1段階ダウンし、 手持ちのポケモンと入れ替わる。 ちょうおんぱ [ノーマル] 55 相手を1~4ターンの間、 こんらん状態にする。 とおぼえ [ノーマル] — 味方全体の攻撃を1段階アップ。 ないしょばなし [ノーマル] — 相手の特攻を1段階ダウン。 必中技。 なきごえ [ノーマル] 100 相手全体の攻撃を1段階ダウン。 ほえる [ノーマル] — 必ず後攻になり 優先度:-6 、 相手のポケモンを交代させる。 相手のまもる、みきり、トーチカ、 ニードルガード、ブロッキングの 効果を受けない。 必中技。 ダイマックス相手には無効。 ほろびのうた [ノーマル] — 3ターン終了後、この技の使用時に 場に出ていたすべてのポケモンは、 ひんし状態になる。 それまでに交代したポケモンは 効果が消える。

次の

【剣盾ダブル構築】まねっこチョロネコ始動トリパ【キョダイゲンガー】

うるおいボイス ダイマックス

普通のポケモンが2ターンかけてようやく可能な両壁貼りを、氷タイプで殴りつつできてしまう超性能の技です。 アタッカーとしてできる限りダメージを与えたいので極振り• ラプラスミラー意識の最速 特性 この型では、ダイストリームで雨を降らせて自己補完できる「うるおいボディ」を採用しています。 ウオノラゴンのエラがみを無効化できたり、受け出ししやすくなる「ちょすい」も良さそうです。 持ち物 オーロラベール対策の「 かわらわり」を、逆に活用することができる「 じゃくてんほけん」を採用して抜きエースとしての性能を上げています。 また、耐久無振りでもそこそこ耐久が高めなラプラスは、キョダイマックス後なら、 壁なしでC特化ロトムの10万を2耐えするほどの耐久力があります。 4倍弱点がなく、ダイマックスで実質弱点がなくなるため、比較的HPを温存した状態で抜き体制を整えることができます。 運用 基本的にはどんなポケモンと対面しても、初手「キョダイセンリツ」から壁を貼って殴り合います。 あくびもちのポケモンに対してはダイサンダーを打ったり、ダイストリームで雨を降らせて回復しましょう。 確定技 わざ 採用理由 かみなり ・高火力でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・雨下で必中になるので巨大ラプラスと高相性 10まんボルト ・命中安定でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・ダイサンダーの威力は雷より10下がる りゅうのはどう ・ダイドラグーンのAダウンで物理アタッカーとの殴り合いに有利 サイコキネシス ・命中安定エスパー打点 ・ラプラス対策で出てきた格闘への打ち合いに強く、ダイサイコでマッパを封じれる こおりのつぶて ・先制技 ぜったいれいど ・起点回避。 チョッキ受けなどに。 オーロラベールによる耐久力の強化は非常に強力ですが、ラプラスは素早さのあるポケモンではないのでキョダイマックスを使う際には有利対面を作り出すことが必須条件です。 オーロラベールさえ張ることができれば倒されてしまっても後続が動きやすい環境を作りだすことはできるので、裏には積みポケモンなどの抜きエースを選出しておきましょう。 もしフリーズドライを使うことでしか突破できない場面に遭遇した場合には、キョダイマックスに拘らりすぎないように注意です。 環境に多いオーロンゲなどの壁貼りポケモンのついでに対策しておきましょう。

次の